フリーケアプログラム JCB イオン ANAのからくり|評価 解約 有料

 クレジットカードや電子マネーを利用している方には・・

「フリーケアプログラム」という封書が届くことがあります

 これは、保険の勧誘についてのパンフレットと申込書が同封されています。依頼してもないのに届けられる事や、別の会社からも同じタイプの「フリーケアプログラム」の封書が届くのがナゼなのか気になります。

  • フリーケアプログラムのからくりとは
  • JCB イオン ANA 楽天など複数から届く理由
  • 加入するメリット・デメリット・評価とは

 これらの疑問と注意点、解約する方法について見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーケアプログラムとは?

 クレジットカード・電子マネーを所有していると それぞれの会社からフリーケアプログラムの封書が届くことがあります。

POINT

  • 楽天カード フリーケアプログラム
  • JCB フリーケアプログラム
  • エポスカード フリーケアプログラム
  • イオン フリーケアプログラム
  • クレディセゾン フリーケアプログラム
  • ポンタカード フリーケアプログラム

 その他にも「JALカード」・「anaマイレージクラブ」・「ファミマカード」・「セゾンカード」・「nanaco」・「オリコカード」など、住所・氏名を登録している契約があると封書が届くことがあります。

 最近ではインターネット回線・携帯電話の契約など、保険とは関連がなさそうな企業からも「フリーケアプログラム」へ勧誘する封書が届きます。

楽天カードのフリーケアプログラム

 例えば、利用者の多い楽天カードを例にすると、フリーケアプログラムの中身は「チューリッヒ保険会社」が提供する交通事故傷害保険となります。保険の内容はこのようになります。

POINT

  • 入院一時金:30,000円が受け取れる
  • 保証期間は3年間

 注意事項をよく見ると・・入院をする理由:条件にはこのように書いています。

交通事故などで「5日間以上入院する場合」

 交通事故へ遭遇 + 5日入院することが条件です。

補償の範囲はそれほど大きくない

 補償内容を見てみると、生命保険会社が提供している通常タイプの保険プランと比較すると、ずいぶん軽めの補償内容となっています。それもそのはず、重要になってくるのはフリーケアプログラムのこの部分です。

フリーケアプログラムは無料で加入ができる

 無料と聞くと「お得な条件で契約するチャンスだ!」と考える方もいるはずです。

 しかし、ダダほど高いものはないと言われるように、何らかのデメリットがあるなど「裏があるのでは?」とからくりを疑ってしまいます。

どのような「からくり」なのか:無料で提供の理由

 フリーケアプログラムに無料で契約した方が、交通事故に遭遇して保険適用範囲に適合する入院があったとします。

 すると、保険会社は契約した内容に従って「入院一時金として30,000円」を支払います。つまり、提供している保険会社は・・

毎月お金を頂いていないにもかからわず、事故の時には保険料を払います

 ここまでを見てすぐに分かるのは、保険会社は圧倒的に損をしています。

 マイナスしかないように見えるこの契約ですが、それでも保険会社が積極的に無料の契約者を募集するのは・・

保険に興味がある人を選別したい

 この狙いがあるからです。

 赤字になることを分かっていて無料の契約者を増やすことは、保険会社の(有料となる)高い保険プランを勧誘しやすくなるメリットが大きいのです。

保険に興味がある人の名簿が完成する

 保険会社の営業マンが、未加入者を保険に勧誘して契約をゲットするまでには多くの道のりがあります。

保険の契約を一つ取るまでの段取り
アプローチ話を聞いてくれる未加入者
手当たり次第の勧誘100人 → 10人
契約プランの説明10人 → 3人
実際に契約する人3人 → 1人

 保険に「興味があるのか・ないのか」分からない100人に、手当たり次第に「保険の重要性・他社よりもお得な特典・メリット」を説明すると100人分のエネルギー・時間・人件費が消費されます。それよりも・・

POINT

[無料]フリーケアプログラムで 100人 → 3人まで絞り込む

 このやり方の方が断然にスマートであり、営業マンを雇って給料をたくさん払うよりも安上がりです。つまり、フリーケアプログラムを無料で提供するからくりは・・

営業マンの給料 > 入院一時金に30,000円を支払う

 このコスト的なメリットがあるからです。

興味があって加入しようと考えるのはこんな方

 フリーケアプログラムに加入する方は・・

POINT

  • 事故に遭遇したときにお金が心配
  • 保険のシステムに興味がある
  • 安くて大きな補償があるなら契約する

 これらの行動をすることが分かっている「充実した補償をゲットしたい(あと一押しでお金を出す)未加入者」となります。

 営業マンを多く雇い(給料を払って)100人の未加入者へ順次勧誘していくよりも・・

事故った時、条件が合う方へ30,000円払います

 このような おいしい特典をアピールして「未加入者100人 → 保険に契約しそうな3人」まで絞り込めることは、保険会社には大きなメリットがあります。

 営業マンの給与25万円よりも、たまに入院日3万円を支払うバランスとなっている「フリーケアプログラム:無料でお得!」を作って、住所・氏名が分かっている顧客へどんどん送付します。

契約しそうな方の名簿は価値がある

 フリーケアプログラムは、「3年間無料で保証します」のような期限が儲けられています。この3年間の間に・・

  • 交通事故損害保険の有料プラン(より保証が充実)
  • 生命保険の有料プラン
  • ガン保険の有料プラン

 このような保険の勧誘の封書が立て続けに届きます。保険会社は、この勧誘がしたいので「無料プランのフリーケアプログラム」を提供していて・・

フリーケアプログラムの契約者への優待プランです

 このような特典を設けて、次々に「期間限定の優待キャンペーン」へ勧誘します。

 すでにお得な無料プランに飛びついた方なので、今だけ少ない費用で大きな保証がゲットできるとなれば、有料プランを契約する可能性は高くなります。

3年のプランが終了した後には・・

 「無料」のフリーケアプログラムプランを契約して、3年間の無料期間が終了して契約解除となった後でも・・

有料保険に契約しそうな人

 この情報が保険会社のパソコン内データベース(名簿)へずっと残ります。つまり、勧誘しやすい名簿に住所・氏名が残るので、今後もずっと何かのサービスへ勧誘する封書が届けられる可能性があります。

フリーケアプログラム契約中に届く追加保証プラン

 フリーケアプログラムを契約中に届けられる保険のプランはこのような内容です。

追加保証プラン:月額500円で最高1,000万円の保証

 無料プランから、少しだけ保険費用を支払うだけで充実した補償を獲得できるとアピールします。毎月「たったの500円!」(月額500円 掛け捨てタイプ)のように記載されていますが、年額で計算するとこのようになります。

POINT

  • 年間あたりの保険料:6,000円
  • 10年間保険に加入し続けると:6万円

 このような出費になるので、本当に必要であるかよく考える必要があります。

無料の期間が過ぎるとどうなるのか

 フリーケアプログラムを契約する前には、文字がズラズラッと書かれている「契約内容」について目を通す必要があります。その契約内容の中には・・

POINT

補償期間3年がすぎると保険は自動終了

 このように書かれているはずです。

 つまり「フリーケアプログラム」に契約していたことを忘れて 3年が過ぎてしまったときでも・・

自動的に有料プランへ移行することはありません

 もし、忘れているうちに有料プランへ自動に移行して予想外の保険料が請求されたら、ネットでも大不評となって叩かれるはずです。そんなことは契約内容にはないため安心できます。つまり・・

無料の期間だけフリーケアプログラムを契約する

 この考え方は、有効であるといえます。

フリーケアプログラムの解約

 先に説明したように、フリーケアプログラムは、補償期間3年の間には支払いが一切発生せず、3年が終了した時点で自動的に契約満了となり、契約は解除されます。そのため・・

POINT

フリーケアプログラムの解約

 という手続き自体不要である事が分かります。ただ、支払いが一切発生していない状態でも、保険の契約期間中となるので、新たな保険プランを勧誘する封書が続けて届きます。

 これが不満である時には、解約の手続きをすることを検討します。ただし・・

新たに保険契約をする際に 保険料が高くなる場合がある

 というマイナスの要素もあります。しかし、もともと補償内容が必要ないと判断しての解約なので、再契約の心配をする必要はないはずです。

 また、クレジット会社のフリーケアプログラムを解約しても、電子マネーやネットサービスの企業から「フリーケアプログラムの申込み」についての封書が届くはずなので、解約のデメリットは全くないとも言えます。

チューリッヒ生命のフリーケアプログラムを解除する

 多くのカード会社などが提携しているフリーケアプログラムは、チューリッヒ生命です。チューリッヒ保険会社のフリーケアプログラムを解除する方法は・・

  1. カスタマーケアセンターへ連絡する
  2. 保険契約解約請求書が送付されてくる
  3. 必要事項を記入して返送する

 このような手続きとなります。

フリーケアプログラムの補償内容

 無料プランの保証内容をチェックしてみると、なかなか良さそうな内容である事が分かりますが、実際にこの条件で保険が適用される可能性はかなり低いといえます。

POINT

  • 保証の範囲は交通事故によるケガのみである
  • 5日以上の入院をする可能性はかなり少ない
  • 5日以上の大けがなのに、3万円補償は少なすぎる

 保証の内容を詳しく見ていくと、25歳あたりを過ぎると交通事故に遭遇する可能性がかなり低いだけでなく、実際に車両が接触する事故があっても・・

車の修理だけで収まる事故が大半である
怪我・むち打ちで翌日退院などが多い
とても大きい事故なら死亡している

 条件は、「交通事故のみ」「4日以内で退院なら該当せず」となります。このプランは死亡の補償ではないため・・

5日以上入院する大けがでありながら、死亡しない程度

 という事故が「保険適用」の範囲になります。つまり、かなりレアケースのみあてはまるので、保険会社からお金が支払われるケースは少ないといえます。

任意保険の補償内容と重複している場合

 さらに気になるのは、保険について真剣に考えている方は、別途 任意保険に加入しているはずです。その任意保険の中でフリーケアプログラムが補償する条件が全てカバーされている可能性があります。

現在加入中の任意保険でカバーできている

 このような状況から考えても、フリーケアプログラムは、無料で小さな補償であり、保険会社から見ると保険に興味のある人を見つけるためのプランであるといえます。

まとめ:JCBフリーケア イオン 楽天 オリコ チューリッヒ|2019年版

 「フリーケアプログラム」に魅力を感じるなら、無料の範囲よりも補償が充実した有料プランまで視野に入れて、満足のプランにして契約した方がお得になるはずです。

 また、交通事故を補償する付帯サービスが付いているクレジットカードには、フリーケアプログラムでカバーできる範囲の保証がついている可能性があります。それ以外にも、契約中の任意保険のの保証範囲を再チェックしてみるべきです。

 以上、フリーケアプログラム JCB イオン ANAのからくり|評価 解約 有料...についてでした。