海外発行 クレジットカードが使えない!日本で使う 手数料 外国人

 海外ではクレジットカード決済が浸透しているために、外国人が日本を訪れたときにもカード払いを希望します。しかし、日本では まだクレジットカード決済のシステムを導入していないショップがあるので・・

POINT

外国人観光客の不満の1つになっています

 また、これ以外にも深刻なのが、海外発行のクレジットカードが使えないことです。どうして世界共通の国際ブランドのクレジットカードが使えないのか?海外カードの問題にまつわる・・

  • 海外発行のクレジットカードが日本で使えない理由
  • ホテル・飲食店のカード決済の普及率
  • クレジットカードの海外事務処理手数料

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外のカードはJRの自動券売機が使えないことも

 外国人が券売機の前で困っている姿を 見たことがないでしょうか?

 券売機などの自動精算機やATMには、「VISA」「Master」などのアクセプタンスマークが記載されているので分かりやすいのですが、マークを提示している国際ブランドのカードをATMへ差し込んでも、使えないという困った状況になることがあります。

このカードは海外で発行されたものなので利用できません

 VISA・MasterCardは、世界中に加盟店が多く日本でも最も利用しやすい国際ブランドです。しかし、安心の国際ブランドのカードでも海外で作ったクレジットカードであるために、利用できないこともあります。

 次は「利用できない理由:問題点」を見ていきます。

自動券売機はICチップのクレカのみに対応

 国内外において人気の VISA・MasterCardなどは、多くのクレジット会社がカードをリリースしています。そのため、現在においても古いタイプ「磁気ストライプで読み取るカード」が使われている場合があります。

 日本国内の自動券売機では、「磁気ストライプで読み取るカード:これまでの利用方法」ではなく、「ICチップ」を読み取るタイプしか利用できません。つまり、海外発行のクレジットカードで・・

ICチップのついてないカードはエラーになってしまいます

 ICチップとは、カード表に見えるキラキラした部分のことで、カード利用時にはサインではなく、4桁の暗証番号で認証ができるタイプです。

 ICチップ付きカードはセキュリティ面で優れていることから、世界的にもICチップ付きクレジットカードに移行している段階です。今後は海外のどのカードブランドでも、次のカードの更新時にはICチップ付きに切り替わるはずです。

 そのため、「旧タイプのクレジットカードなのでエラー」という状況に遭遇することは無くなります。

外国の銀行カード専用のATMを探す

 国内においても、利用者が多い大きめの駅では外国のクレジットカード専用のATMが設置されています。つまり、私たちが普段使っている通常のATMが利用できない状態にあります。しかし・・

  • 海外で発行したクレジットカードが使えない
  • 海外発行のクレジットカード専用ATMへの案内

 これらの案内が少ない傾向にあります。

 日本人が気がつかないほど情報が足りていないので、外国人が町中の情報をチェックして海外発行のクレジットカードが利用できる窓口へたどり着くのは難しくなっています。

空港に設置のキャッシュディスペンサー

 MasterCardは、主要空港の一部に専用キャッシュディスペンサーを用意しています。ここでお金を出さずに町中に移動してしまうと、海外発行のクレジットカードが利用できるATM探しで悩むことになります。

POINT

駅・空港を離れて住宅街に移動するとカードが使えない

 海外で発行されたクレジットカードを所持しているとき、「VISA・MasterCard」のブランドであっても 国内では使えないかもしれない事を覚えておくべきです。

 海外から友人を招くときには、利用できる窓口がある場所を事前に調べて教えておくべきです。

外国人が日本国内でカードを利用する場合

 クレジットカードで支払いができない問題で、次によく聞くのはこちらになります。

日本ではクレジットカードの普及が遅れている

 ヨーロッパ・アメリカではカード払い(キャッシュレス決済)が定着していますが、日本は海外と比較するとカード払いに対応できるショップは まだ充実しているとは言えない状態です。そのため、外国人が日本に観光に訪れたときには・・

クレジットカード使えますか?

 この日本語を必ず覚える必要があります。

外国人の不満は「カード利用不可のショップ」があること

 日本では、カード決済だと金回りが遅いので・・

現金商売だけ

 このポリシーを貫いている飲食店・食品販売・工芸品販売のお店がまだまだ多くあります。カード利用不可のまま営業していると、外国人観光客には不親切なショップとなるために、せっかく来店したお客さんを逃がしてしまいます。

 しかし、この数年で「クレジットカード決済システム」の導入に関するハードルは大きく下がっています。

POINT

  • 設備の導入コストが格安に
  • 金回りの改善(売上金の振込まで3日以内)

 カード読み取り端末を備えた「レジスターを購入する」方法ではなく、すでに所持している普通のタブレットにアプリをダウンロードするだけで、カード決済システムを開始できるサービスもあります。

 そして、カード決済の悩みどころであった「資金回収の遅れ」もかなり改善されているので、カード決済のマイナス要素は無くなりつつあります。

海外で利用すると為替手数料がかかってしまう

 クレジットカードが発行された国から、海外に出てカードを利用するときには・・

為替手数料がかかります

 これは、リボ払いによる分割払い手数料のような支払いの利息ではなく、海外のお金へ両替をするために発生する手数料です。

 この為替手数料は、国際ブランドによりパーセンテージが決まっています。

海外でカードを利用する際の為替手数料
国際ブランド手数料率
VISA1.63%
MasterCard 1.63%
AMERICAN EXPRESS2.00%
Diners Club1.30%
JCB1.60%

 ただし、クレジットカードを発行している企業によって、この手数料よりも高くなる場合があります。例として・・

  • ライフカード VISA → 2.00%
  • DCカード Master → 2.00%

 このようになっているため、海外で作ったクレジットカードの為替手数料については、カードを発行した・・

海外のクレジット会社の規定に準ずる

 このようになります。そのため、海外で発行したクレジットカードに関する質問によくある・・

日本国内で利用する
手数料はいくら?

 これに対する答えは、日本国内では見つかりません。カードを取得した海外の(カードを提供した)企業のホームページなどでチェックする必要があります。

まとめ:海外のクレジットカード 日本で使う 外国人|2019年版

 外国人が日本において「不満である」と回答した答えの中にはマクドナルドでクレジットカードが利用できないという意見がありました。この問題は現在ではすでに解決されています。(電子マネー+主要クレジットカード決済が利用可能)

 海外からの旅行客が、旅行期間中だけプリペイド電子マネーを利用するのは何かと不便です。そのため、空港や駅だけでなく、町中のどのATMでも海外のクレジットカードが読み込めるように改善する必要があります。

 以上、海外発行 クレジットカードが使えない!日本で使う 手数料 外国人...についてでした。