家族カード 暗証番号は同じ?イオン 楽天 ヤフー クレジットカード

 「家族カード」について説明する前に、質問する方が多い・・

家族カードのクレジット番号は本会員カードと同じなのか?

 この質問と「家族カードの暗証番号」にまつわる気になること・・

  • 家族カードの番号(クレジット番号)の並びと意味・見分け方
  • 家族カードの暗証番号は同じなのか
  • 楽天カード・イオンカード・ヤフーカード 暗証番号の変更

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家族カードのクレジット番号・暗証番号は同じ?

 まず、家族カードは、本会員(メインで契約)しているクレジットカード番号と「違う番号」が使われます。

POINT

家族カードと本カードの番号は違う

 これが正解となります。

 家族カードは、家族それぞれの名前が刻印され「カード番号」「利用者の名前」ともに違うことになります。そして、暗証番号もそれぞれの家族カードごとに設定します(本カードと同じ暗証番号にすることも可能です)。

 まとめると、本カードと家族カードの違いは・・

  • クレジットカード番号
  • 利用者の名前
  • 暗証番号
  • セキュリティコード(裏面にある3桁の数字)

 このようになります。

 ここで、質問する方が多い「楽天カード・イオンカード・ヤフーカード」の家族カード暗証番号の確認・変更する方法について見ていきます。

楽天カード 家族カードの暗証番号を確認・変更

 楽天カードの現在の状態を確認・設定の変更をするには、楽天e-NAVIへログインして行います。

 パソコン・スマホ 両方から楽天e-NAVIへログインできます。暗証番号を確認・変更する手順はこのようになります。

楽天カード 家族カードの暗証番号を照会
パソコンスマホ
1会員ID・パスワードでログイン
2お客様情報の照会・変更お客様情報
3カード暗証番号の照会暗証番号の照会
4セキュリティーコードを入力

 楽天e-NAVIへのログインは、本カード・家族カードどちらからでも可能です。

 また、書面で受け取ることもできます。カード利用の明細書が届けられる住所宛に暗証番号が記載された はがきを送付してもらいます。

イオンカード 家族カードの暗証番号を確認・変更

 まずは、イオンカードの家族カード暗証番号を照会する方法です。

 イオンカードは、楽天カードのようにネットの会員ページへログインして参照することができません。自動音声応答サービスのテレホンアンサーからアクセス。家族カードの番号を入力して「暗証番号照会通知文書」を請求します。

イオンカード テレホンアンサー(自動応答サービス)
固定電話からスマホから
0120-223-2120570-064-750

 スマホからのアクセス:0570 はナビダイヤルなので、通話料金が高額になってしまいます。

 次は、家族カードの暗証番号を変更したいときです。これも書類を送付してもらい、記入・捺印した書類を返送する手続きとなります。

イオンカードコールセンターで「変更届」を請求する

 イオンカードコールセンターは、0570-071-090 (ナビダイヤル:有料)・または043-296-6200(有料)となります。

 本カードの暗証番号の変更であれば、ネットの会員ページ「MyPage」から受付することも可能です。

ヤフーカード 家族カードの暗証番号を確認・変更

 まずは、ヤフーカードの家族カード暗証番号を照会する方法です。ヤフーカードも登録住所へ暗証番号が記載されたはがきを郵送する手続きとなります。

ワイジェイカード コンタクトセンターから問い合わせます

 番号は0570-058200(自動音声サービス)となります。

 次は、暗証番号を更新するときです。暗証番号を更新するときには・・

POINT

家族カードを新しく再作成します

 申請書をワイジェイカードコンタクトセンターから取り寄せて必要事項を記入、そして返送します。

家族カードの見分け方とは

 ここで もう一つの疑問となるカード番号・名前も違うなら、本カード(普通のクレジットカード)と家族カードの違いはあるのか(見た目では同じになってるのか?)という部分です。

 家族カードは、「カード番号を見慣れた(熟練した)スタッフ」であるなら・・

家族カードを見分けることができます

 アメックス・ダイナース・JCBなど、国際ブランドによりカード番号となる数字のルールが異なりますが・・

カード番号内にある「家族カード」を意味する数字があります

 本カードなのか、家族カードなのか判別するにはここを見ます。

家族カードの情報である番号の位置

 多くの場合、本カードと家族カードに記載されている番号はとても近いのですが・・

POINT

カード番号の下3桁、または下4桁

 ここだけが違うはずです。最後の一桁の数字はチェックデジット(数字を計算して不正なカードでないか確認する)となるので・・

POINT

最後の1つの数字を抜いた2桁・または3桁

 これが「家族カード」の情報となります。下の図では「13」「14」「15」に「家族カード」の情報が記載される可能性が高くなります。

クレジットカード番号:前半
12345678
発行者識別番号「1~6」
クレジットカード番号:後半
910111213141516
会員口座識別番号「7~15」

 国際ブランドごとに決まっている「家族カード」を意味する番号は、公表されている内容ではないため記載しませんが、分かる人が見ると簡単に見分けがつきます。

クレジットカードを処理する端末でも分かる

 もう一つ、家族カードを判別できる方法があります。

 それは、買い物をした時にショップ店員へカードを渡す時です。スタッフは、カード決済が出来る端末にカードと通して情報をチェックしますが、その時に・・

「カードの素性」がカード会社から転送されてきます

 つまり、カード決済をするショップでは、利用可能なクレジットカードであるかチェックする際に、このカードが「家族カード」であることを知ることができます。

カードの素性をチェック:プリオーソライゼーションで家族カードと分かる

 クレジットカードのチェック(プリオーソライゼーション)は、海外のホテルにチェックイン時、デポジットの支払いに関連してくる重要なチェックです。

 ショップ側では「家族カード」が提示されても、本カード会員とまったく同様のサービスを提供します。

POINT

「家族カード・本カード」どちらでも対応は同じ

 このようになります。

家族カードで買ったものはバレるのか?

 次は、商品を販売するショップ店員の話ではなく、カードの所持者:家族カードを使う利用者についてです。旦那さんにバレないように・・

ブランドバッグの購入時に「家族カード」で払った

 この場合は確実に「家族カード」を使って購入した内容が本契約している旦那さんへバレます。

 家族カードは、本カードの名義がある方の支払いとなるため、名義人(本会員)である旦那さんへカード利用明細書の封書が届きます。その内容に・・

  • 購入した「家族カード」で支払いをした日
  • 販売したショップ名
  • 購入した商品
  • 購入した金額

 これらの情報が記載されています。

カード不正利用のチェックも必要

 利用明細書の封書が自宅に郵送される手続きにしていない場合でも、ネットのクレジットカード会員ページ(マイページ)へログインして、利用明細を閲覧することができます。そのため・・

POINT

家族カードで買った内容は確実に「バレます」

 クレジットカードは、「身に覚えのない請求:カード不正利用」のトラブルに遭遇する可能性があるため、毎月の引き落とし金額を常にチェックするべきです。

 そのため、意味不明な内容が記載されていないか、家族カードで購入した内容も全てチェックする習慣が必要です。

家族カードはキャッシングもできる

 家族カードを提供する企業にもよりますが、本カードと同じサービスが提供される時は、キャッシングも利用できます。

 例えば、本カードのキャッシング枠が50万円あった場合、本カードで全くキャッシングを利用していない場合・・

家族カードで50万円のキャッシングが可能

 このようになります。

 つまり、本カードと家族カードを合計したキャッシング枠が50万円という考え方になります。そのため家族カードでキャッシングしても、本カードの契約者の情報として扱われるので・・

POINT

本会員(旦那さん)へ言わずにキャッシングもバレます

 本会員のクレジットカード、そして家族カードと2枚のカードですが、カード会社での「利用情報」は全部同じ1つのカードとして扱われます。

 次は、「家族カード」の全般的な説明となります。

家族カードとは?

 家族カードは、カードの契約者の家族が利用できるクレジットカードであり、このカードは契約者本人の配偶者や子供、両親なども利用できるためカードの利用計画のバリエーションがかなり広がります。

家族カードは、配偶者、両親、子供などが利用可能

 基本的には本契約のカードを契約する際、または契約後に追加する形で家族カードを申請することになります。基本的には特別な審査は必要なく、発行できる枚数のカードがすぐに提供されます。

希望する分だけ発行される

 付帯サービスが充実した年会費が2,000円ほどのクレジットカードの場合には、サービスの質を高めるために、家族カードの発行においても500円前後の年会費が追加されるカードが多くあります。

 中には充実した特典がついていながら年会費が無料。そして、家族カードを何枚発行しても無料となるクレジットカードもあります。

年会費無料のカードは、家族カードの年会費も無料

 本契約のカードのサービス内容が気に入ったのであれば、家族の人数分の家族カードを発行して家族全員で使います。家族カードは審査がないので簡単に取得できます。

使用する家族の人数を限定する

 カードの規約によっては、必要な分だけ発行が可能となる家族カードですが、使用する人も限定して発行する必要があります。つまり、本カード以外に家族カードを1枚手に入れて、家族全員で使い回すような利用方法はできません。

POINT

家族カードは、使い回すことは出来ず、利用者を限定する

 このようなルールとなるので、配偶者のカード、両親のそれぞれのカードを申請します。

家族カードを3枚追加し、全部で4枚のカードになった場合
自分(本会員)配偶者専用父親専用母親専用

 このように、家族カードを3枚申請した場合、それぞれ申請した者だけが利用できる家族カードを受け取ることができます。子供の場合には18歳以上(ただし高校生は不可)で同居する子供に限定されます。

家族カードを契約する最大のメリット

 複数のクレジットカードを所有している方は増えていますが、コスパを重視するなら最も使い勝手の良いカードを基準にして、夫婦共に同じブランドで統一することが有効です。

夫婦で「本契約カード4枚」のコスト
夫の所持する本契約カード妻の所持する本契約カード
ライフカードゴールド10,000円ライフカードゴールド10,000円
楽天プレミアムカード10,000円楽天プレミアムカード10,000円
【年会費の合計金額:40,000円】

 このように夫婦で同じブランドのカードを2枚ずつ所有していると、カードの年会費が4万円必要となります。次は本契約を2契約、家族カードを2枚契約した場合の年会費です。

夫婦で「本契約2枚」「家族カード2枚」のコスト
夫の所持する本契約カード妻の所持する家族カード
ライフカードゴールド10,000円ライフカードゴールド無料
楽天プレミアムカード10,000円楽天プレミアムカード500円
【年会費の合計金額:20,500円】

 このようにほぼ半額で同様の付帯サービスの特典を得ることができます。

空港ラウンジを有意義に利用できる

 家族カードのメリットの1つは、本契約のカードと全く同様の付帯サービスを格安で得ることができることです。例えば、ゴールドカード以上のランクになると空港ラウンジが無料で利用できます。

 空港ラウンジサービスは、ゆったりとしたソファーに無料でドリンクを頂けたり、テレビを見ながらスマホの充電などもできるため、海外旅行に行く際にはかなりおすすめのサービスです。このサービスは家族カードを取得しておけばと家族も一緒に楽しめます。

家族カードがあると、家族全員で空港ラウンジでリラックスした時間を過ごせる

 そして、もう一つは海外旅行には欠かせない病気や事故、盗難などの様々な傷害保険サービスなどが充実している事です。クレジットカードの契約者でしか得られない多くのサービスが、家族カードを所持する事で家族も保証されます。

ポイントサービスを利用するメリット

 ショッピングをする際に狙っている共通ポイントや、マイレージがゲットできるお店を優先的に利用する方が増えてきました。

 要領よくポイントをゲットしていくためには、複数のクレジットカードを所有するよりも、1つのクレジット会社の家族カードに統一することにより・・

POINT

集中してポイントを獲得できるようになります

 クレジット会社によっては、家族カードの利用で大きなポイントが獲得できるキャンペーンを開催することがあるため、別々のカードを所持するよりも家族全員のカードを家族カードとして統一する方が、メリットがあるはずです。

まとめ:楽天カード 家族カード 暗証番号・イオン ヤフー|2019年版

 夫婦や両親もクレジットカードを所持している家族は多いはずです。様々な特典があるクレジットカードでも、お得になるポイントの集め方であったり、付帯する充実したサービスを共有していくのであれば、家族カードの利用が効果的です。

 本カード会員と全く同じ保証や付帯サービスを得る事ができつつ、家族カードは年会費が10分の1ほどに設定されている(または無料となる)カードが多くあります。そのため、得られる特典と年会費を比較するとメリットはとても大きくなります。

 以上、家族カード 暗証番号は同じ?イオン 楽天 ヤフー クレジットカード...についてでした。