株式投資の基礎を分かりやすく教えます

生活に対するお金を確保していく為には、家計簿をつけるなどしてお金の流れを把握し無駄を無くしていく対策が必要となります。そして、家計に余裕が出てくると株式投資を始めることも可能になります。

最近では投資信託などの情報が広く知られるようになり、投資をするときにはそれほど大きなお金が必要でないことが分かってきたはずです。ただ、株式投資に関してはある程度まとまったお金が必要になるので、簡単に始めることができる投資で経験を重ねてから株式について影響していくことが重要です。

また、お金を貸してもらって資金を調達するという考え方は株式投資には向かないやり方です。株式投資は長期的に資産が増えるかどうかを考慮していく投資となるので、お金を借り入れた段階で利息で支払うべき金額を確保出来なくなってしまう可能性があります。

株式投資とは?

多くの人が株式投資の情報を聞いたことがあるはずですが、株式のトレーダーになる為には多くの知識が必要で敷居が高いものであると認識してしまいます。テレビのニュース番組においても、毎日の株価の終値の情報を必ず伝えるようになっています。

これは、投資家達が現在の株式市場が安定してるかどうかをチェックする為の指標の1つであり、毎日のニュースの1つとして最重要な情報なので必ず伝えるようにしているのです。

株式投資を分かりやすく解説する為に、順番良く解説していきます。

株式とは企業が集めるお金のこと

企業は、土地や建物を借りて営業をはじめ、利益が出て会社が大きくなってくると土地を買い占めて、更に大きな建物を建設して設備を整えていきます。そのためには多くの資金が必要になるのですが、会社設立の段階においては開業資金はそれほど多く確保できないため、少ないお金のやりとりとなります。

資金がもっとあれば、設備を増やし従業員を多く雇って売上を増やしていくことが可能になります。そのために一般の人達からお金を集める必要があります。そのために株式を発行することで、お金を確保することができるのです。

企業の利益が増えると株の購入者が増える

企業が利益を上げる事ができれば、投資した人は利益の中から少しばかりのお金を頂く事が出来ます。このような、利益を継続して出してくれる会社であるなら、株を買いたいという人も増加してくる傾向があるはずです。

株に対する人気が高まってくると株価が上昇します。多くの人が購入する前の段階で株式を買っていた人からすると、株価が上昇してきた段階で手持ちの株式を売却すると投資家の手元に、株の売買益が入ってくることになります。

このような流れが株式投資の一般的な流れであり、お金を投資した投資家が将来的に企業が増やした利益から恩恵を受けるのが株式投資のメリットとなります。

株式の購入はコンビニでおやつを買う感覚で

株式投資の最も難しい部分は、どの銘柄を購入したら安全なのかと言うことです。株式は購入した時の価格よりも減少する可能性が必ず有るので、そのリスクを回避するために最大限の努力が必要となります。

では、どのような株式を買ったら良いのか?と悩む事になりますが、その答えは

良い銘柄を安いときに買う

これだけです。とても簡単なことのように思いますがその中には多くの努力が必要であり、将来に手にするお金が大きく変わってくるのでより慎重になる必要があります。ですが、やらなければいけないことは基本の良い銘柄を安く買うことだけです。

証券会社に登録することから

証券会社に口座を開設すると株式の取引が可能となります。ネットで証券会社の情報をチェックして初心者でも安心して利用ができる会社を調べていく事が大事になります。

オンラインですぐに証券口座が開設できるネット証券も多いので、初心者の場合には口座維持費がかからないネット証券を利用する事が基本となります。ここまで来ると最初のハードルは乗り越えて、次に最大のポイントとなる銘柄選びとなります。

最も重要なのは自分の知っている会社を選ぶことです。どれくらいの従業員で何を販売し、現在注目を集めているかどうかを市場調査します。将来の展望が明るそうな企業で、内部事情を詳しく知っている会社なら間違う可能性は低くなるはずです。

証券会社に株式を購入する注文を出す

銘柄が決まったら株式を購入したい値段を入力します。そして、株式を売りたい人と買いたい人の条件をすり合わせて、条件があった段階で売買が成立となります。

これで無事株式を所有することができたので、ここから先は株価の情報を日々チェックするようになります。株価が上昇して値上がり益を確保する事が最終目標となる為、株を売却する時期がいつなのかを考慮する為には、毎日のように株価を追い続ける必要があります。

そして、重要になってくるのはその会社がどのような経営状態にあるかです。大ヒットの商品が生まれると株価も急上昇する可能性があります。株価が上昇しどこまで上がるのかを予測して売却する時期をじっくりと考えるのが株式取引となります。

まとめ:株式投資とは

株式投資には様々なメリットがあるので、銀行にお金を寝かせておくよりは積極的に投資をすることが大事になります。ただ、闇雲に好きな銘柄を購入すると失敗手しまう可能性を高めます。

要点は、人気になる前の段階で株式を購入する事であるため、まだまだ注目されていないようなベンチャー企業であったとしても、どのようなスタッフがいて何を目標としている企業であるのか常に情報をチェックして、株式を購入する企業として値するかどうか考慮していく時間が必要となります。

Posted by mon