災害の備え お金|地震災害時には現金の所持だけで大丈夫?

 日本に住んでいると、何処の地域であっても地震に関連した災害に見舞われる可能性があります。

 大陸の「地殻変動のひずみ」の影響が少ない地域が比較的安全と言われていますが、日本国内においては「地殻プレートの形状」から見ても絶対に安全な地域はどこにもありません。そのため、「災害に関する備え」が必ず必要になります。

 まず「災害時に備えるべきグッズ一覧」、そして「災害時の備えのお金(現金・その他のお金に替わるもの)」について見ていきます。

災害時に備えるべきものとは

 災害は急におきてしまうため、「備えておく」考え方が必要です。過去の東日本大震災があってからは、「災害時の防災グッズ」が多数リリースされており、ネット通販で手配することができます。

災害時に必要となるグッズ:災害の備えリスト
現金 公衆電話の利用。クレジットカード、銀行が復旧するまでの資産として
飲料・調理・応急手当の際に必要。十分な量を確保
携帯ラジオ 避難所の情報、食料・水の確保のためにも非常に重要な道具
ロープ 仮のテントを作ったり、生活スペースの確保する道具として
ヘッドライト 両手を空けることで、より作業に集中することができる
乾電池 ラジオ・懐中電灯・ヘッドライト利用のため。予備の量もキープする
作業用手袋 どんな作業にも対応出来る革手袋・軍手・ゴム手袋を用意
ランタン 明かりの確保は重要。軽量・明るさを考慮すると「LED」タイプを
非常食 火を使わない食べ物・栄養価のバランスも考慮して用意する
工具 ペンチ・ドライバー・ハンマーなど。仮の住居作り・解体作業に必要
ゴミ袋 排泄物専用の袋・調理・ゴミ用の袋など。数種類を用意
救急箱 消毒液、キズパッチ、包帯、常備薬、応急処置が分かる本なども
スマホ充電器 電気が確保できるならスマホを常時利用できることは重要
替えの衣類 大雨・怪我の際に。寒冷地なら厚手を複数用意して布団代わりに

 「地震災害時の災害・防災セット」を購入すると、お決まりで入っているのが「カンパン」と言われる食品です。この食品は長期保存が可能で有効ですが、その他にも日持ちのする缶詰、フリーズドライ食品、スナック類(ビスケット・キャラメル)なども用意します。

 その他、実印や通帳、証券、債券など、小さなスペースに入る物で財産となるものは「小さなポーチ」にでも入れて、すぐに持ち出せる状態にしておきます。

飲料水は最重要である

 災害が起きてしまった地域が、非常に寒い地域であるなら、毛布や暖房器具が最重要になります。そして、体温がキープできる季節であるなら、最重要なのは・・

POINT

飲料水

 となります。基本としては、1日1リットルあれば最低限の生活ができます。しかし、物資の移動やテント設営、がれき撤去などの作業をするなら、最低でも「1日あたり2リットル」を確保すべきです。

一人2リットル × 人数分 の飲料水を確保すべき

 災害が発生してから、災害対策チームに救助されるまでの期間を考慮すると、最低でも5日分の水を用意します。四人家族であれば、40リットルの水を災害対策として供えておきます。

災害に遭遇したときには

 災害の時に重要なのは、安全な場所に移動することですが、一時的に避難する場所を確保できた後には、食料品や水、暖房器具などの確保を優先します。その時に重要なのが・・

POINT

情報を正しく入手すること

 となります。スマホや携帯電話が利用できるなら、避難所の場所、安全なルートを調べます。もし、所持していない状態なら公衆電話を探します。その時のために「お金:小銭の準備」が重要になります。

 先に説明した「防災グッズ」を所持できていないなら、まずは避難所までのルートを知るためのラジオの情報、または、公民館からの緊急放送を待つべきです。

災害時に物を買う事ができるか

 災害が起きたときにも「お金の所持」は重要です。スーパーや小売店も被災していて営業していない可能性が高いですが、電気が来ている場所があるなら・・

自動販売機でドリンクが購入

 できます。食料が配給される場所に移動して落ちついた後でも、何かと必要なものが出てきます。その時のためにも現金の所持は必要です。

 銀行のATMでキャッシュカード、またはクレジットカードが利用できる日までを考慮すると、かなりの金額を現金で所持しておくべきです。

緊急時に使える現金の代わりとして

 災害時であっても財布の中に大量の現金を所持している人は多くないはずです。過去の災害時のデータを確認しても、実際に所持していた現金は1万円から2万円程度が最も多かったとされます。

 これは、財布の中にはクレジットカードや電子マネーなどのお金に替わる物を所持しているため、多くの現金を処理する必要がなかったという状況があります。そのため、災害時には手持ちのカードと現金でどうにかやりくりする必要があります。

  • 現金 どのようなショッピングにも利用できる
  • クレジットカード 電気とネット回線が必要
  • 電子マネー 電気があれば自販機で利用できる

 この中で、意外にも利用できるのが電子マネーである事が分かります。クレジットカードはネット回線から認証する必要があるため、利用するお店の電気とネット回線が利用できる必要があります。

電子マネーが利用できる可能性がある

 そして、電子マネーに関しては自動販売機などの電源がついていれば購入できる可能性があります。実際に災害時において、交通系の電子マネー(プリペイドタイプ)を所持していれば自販機でドリンクが購入できる状況がありました。

いつでも使えるようにチャージして手元に置いておく

 また、現金を所持していたとしても、自動販売機の釣り銭が足りなくなると利用できなくなる可能性があります。しかし、プリペイドタイプの電子マネーの場合には、釣り銭の有無に関係なく利用が可能となります。

災害時は現金と電子マネーを

 このように見てくると、災害時は現金を処理する事は最低限必要であり、安定した生活が出来るまでどれくらいの期間が必要であるか分からないので、最低でも5万円以上は所持しておきたい状況となります。

POINT

緊急時の出費として現金が必要である

 そして、クレジットカードは停電時は利用できない状況となりますが、依然として大量の現金を所持せずとも多くの商品を購入できる可能性があるため、電気の復旧やクレジットカードが利用な町に移動できる可能性を考慮すると、有効に利用できるはずです。

利用できるショップが多いカードを所持する

 災害時でも「電子マネー」が使える可能性があります。プリペイドタイプであれば、ネット回線がつながらなくても自動販売機で商品の購入が可能となるはずなので、最も普及しているタイプを災害時用として準備しておくようにします。

 保管しておく電子マネーには、1万円以上チャージして備えておくことが大事になります。

まとめ:災害時に必要なお金

 災害の時には、災害グッズを所持しておく事が非常に重要であり、その中にちょっとした保存食や水を含めて準備しておく必要があります。

 しかし、普通の生活に戻るまでどれだけの時間がかかるか分からないので、災害時に飲み水や食料品を購入するためのお金を所持しておく事はとても重要です。

 クレジットカードは、停電している地域では使い物になりませんが、使用できる環境を見つけることができれば高額商品を購入できるなど安心感はかなり高くなります。

 また、災害時の保証サービスが適用されるので、ゴールドカード以上の付帯保険の充実した安心のカードを所持していると、災害時に使用したお金が戻ってくる可能性もあります。

Posted by mon