災害備えの現金|非常時のお金はいくら必要なのか?

 日本に住んでいると、何処の地域であっても地震を中心とする災害に見舞われる可能性は高くなります。何処の地域が危険であるかについては、様々な情報がある中で安全な地域はない事だけは間違いない事が分かっています。

そのため、災害時の備えをしておく事は非常に重要であり、大きな災害があった後には災害に対する意識を高くすることが重要であることが何度も言われてきました。

実際に災害に遭遇したときに困ってしまうのは、水や食料などを調達することができるかです。その時に重要となるのは食料品を交換するために必要となる物です。つまり現金やそれに変わる物を所持しておく必要があります。

災害に遭遇したときには

災害の時に重要なのは、安全な場所に移動することです。災害時の避難場所であったり、二次災害を防ぐための心得などは周りの人達に相談することで多くの情報を得ることができます。

自信があった後でも、スマホや携帯電話などで通話が出来る可能性は高いため、情報の伝達に関してはそれほど心配する事ではありません。多くの人がいる場所に移動すれば正確な情報を得ることができるようになるはずです。

安全な場所に避難することができたとして、問題はそこからです。災害時には緊急を要する人から先に救助されていくため、大量の人が全て救助されるまで何日かかるか分かりません。

災害時に物を買う事ができるか

とりあえず安全と思える場所が確保できたなら、今度は生き延びるために必要なものを確保すべきです。それは水となります。水分がなくなると2日程度で動きが取れなくなり3日で命の危険が出てきます。

救助隊が到着して物資が補給されるまでどれだけの時間がかかるか分からないので、現状で確保する対策が必要です。そのためにはお金が必要となります。

停電しているお店でも現金があれば商品を売ってもらえる可能性があります。また、稼働している自動販売機が見つかったのであれば手持ちの現金で購入できる可能性があります。

緊急時に使える現金の代わりとして

常に財布の中に大量の現金を所持している人は多くないはずです。過去の災害時のデータを確認しても、実際に所持していた現金は1万円から2万円程度が最も多かったとされます。

これは、財布の中にはクレジットカード電子マネーなどのお金に替わる物を所持しているため、多くの現金を処理する必要がなかったという状況があります。そのため、災害時には手持ちのカードと現金でどうにかやりくりする必要があります。

  • 現金 どのようなショッピングにも利用できる
  • クレジットカード 電気とネット回線が必要
  • 電子マネー 電気があれば自販機で利用できる

この中で、意外にも利用できるのが電子マネーである事が分かります。クレジットカードはネット回線から認証する必要があるため、利用するお店の電気とネット回線が利用できる必要があります。

電子マネーが利用できる可能性がある

そして、電子マネーに関しては自動販売機などの電源がついていれば購入できる可能性があります。実際に災害時において、交通系の電子マネー(プリペイドタイプ)を所持していれば自販機でドリンクが購入できる状況がありました。

いつでも使えるようにチャージして手元に置いておく

また、現金を所持していたとしても、自動販売機の釣り銭が足りなくなると利用できなくなる可能性があります。しかし、プリペイドタイプの電子マネーの場合には、釣り銭の有無に関係なく利用が可能となります。

災害時は現金と電子マネーを

このように見てくると、災害時は現金を処理する事は最低限必要であり、安定した生活が出来るまでどれくらいの期間が必要であるか分からないので、最低でも5万円以上は所持しておきたい状況となります。

緊急時の出費として現金が必要である

そして、クレジットカードは停電時は利用できない状況となりますが、依然として大量の現金を所持せずとも多くの商品を購入できる可能性があるため、電気の復旧やクレジットカードが利用な町に移動できる可能性を考慮すると、有効に利用できるはずです。

利用できるショップが多いカードを所持する

そしてもう一つが、電子マネーとなります。プリペイドタイプであれば、ネット回線がつながらなくても自動販売機で商品の購入が可能となるはずなので、最も普及しているタイプを災害時用として準備しておくようにします。

保管しておく電子マネーには、1万円以上チャージして備えておくことが大事になります。

まとめ:災害時に必要なお金

災害の時には、災害グッズを所持しておく事が非常に重要であり、その中にちょっとした保存食や水を含めて準備しておく必要があります。

しかし、普通の生活に戻るまでどれだけの時間がかかるか分からないので、災害時に飲み水や食料品を購入するためのお金を所持しておく事はとても重要です。

クレジットカードは、停電している地域では使い物になりませんが、使用できる環境を見つけることができれば高額商品を購入できるなど安心感はかなり高くなります。

また、災害時の保証サービスが適用されるので、ゴールドカード以上の保障の充実した安心のカードを所持していると、災害時に使用したお金が戻ってくる可能性もあります。

Posted by mon