ダイナースクラブカードが欲しい|魅力・グレード・安く・発行日数

 ダイナースクラブカードは、国内外でも最高レベルの付帯保証サービスがついている魅力のカードです。

POINT

  • 旅行保険が最高で1億円
  • 商品の盗難は年間500万円まで保証

 このような充実したサービスを提供しています。高いステータスを誇るグレードの高いカードであるため、高品質のサービスを受けることができます。ただし、その分だけ年会費は高めに設定されています。

ダイナースクラブカードとは?

 ダイナースクラブカードは、三井住友トラストクラブ株式会社(資本金 1億円)が提供する、優待サービスが充実している大人のカードであり、誰もが欲しくなる魅力の1枚となります。

ダイナースクラブカード
入会金 カード発行事務手数料 年会費
無料 無料 2万2,000円+税

 年間2万2,000円の年会費は割高に感じられる金額ですが、国内外で利用できるサービスや保証などについて検討していくと、非常に高いグレードのサービスであることが分かります。

申し込みできる条件

 ダイナースクラブカードで審査の基準として提示しているのはこれだけです。

POINT

入会の目安:年齢27歳以上の方

 この条件以外は伏せられていますが、他のクレジットカードの審査よりも若干厳しくなります。年会費2万円以上となるカードは他社の基準からするとゴールドカード以上のグレードとなるため、審査基準はこの程度になることが予想できます。

  • 年収が500万円以上
  • 正社員、期間社員、自営業の方

 ここで気になるのは、パートやアルバイトなどの雇用形態であるときです。パートタイマーで300万円以上の収入を得るのは難しいため、審査の通過は困難と考えるべきです。同様に、年金受給者も難しくなることが予想できます。

ご利用可能枠が存在しない

 ダイナースクラブカードが他社と違うのは、カードの利用枠(上限金額)の設定です。

POINT

ご利用可能枠:一律の制限無し

 とても簡素な決まりですが、利用上限がない無制限という意味ではありません。

 そのため、カードの審査に通ってからすぐに高額商品を立て続けに購入することは難しいはずです。どこまで利用できるかについては、利用者の利用履歴や収入などに応じて判断されていると見るべきです。

ダイナースクラブカードが欲しい・・その魅力とは

 ダイナースクラブカードは、他のクレジットカードよりもカードグレードはワンランク上になります。その違いは付帯サービスを見ると明らかです。まずは海外旅行保険です。

POINT

  • 海外旅行保険
  • 自動付帯分:最高5千万円
  • 利用条件分:最高5千万円

 そして、更に保証が充実している国内旅行保険です。

国内旅行傷害保険:傷害死亡、後遺障害 最高1億円

 たった年間あたり2万2,000円+税を支払うだけで、これだけの保証が付くのは驚くべき事だと言えます。

ショッピングは90日間の保証がある

 ダイナースクラブカードは、ショッピングに関する保証も充実しています。

ショッピングリカバリ:年間500万円限度

 買い物する時には 常にダイナースクラブカードを利用しておくことで、購入した日から90日間の盗難や破損の保証が受けられます。

 その金額の上限は年間トータルで500万円であるため、普段の生活で必要となる買い物は全て保証範囲内に入るはずです。

グレードの高い独自のサービスを提供する

 ダイナースクラブカードは、グレードの高いサービスを提供しているため、「欲しいクレジットカード」のアンケートでも常に上位に位置しています。

  • レストランでコース料理が無料になる(一人分のみ)
  • シェフ(またはオーナー)から特別なサービスをしてもらえる
  • 予約が困難のお店にダイナースクラブが予約してもらえる
  • 食事を終えた後サインの必要が無い
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • 空港送迎のタクシーが片道分優待
  • 空港パーキングが旅行期間中無料となる
  • 宿泊サイトHotels.comにて合計室料が8%優待

 ゴールドカード以上のグレードのカードと比較しても、ダイナースクラブカードの魅力は圧倒的に高くなります。ダイナースクラブカードのステータスは十分満足出来る物ですが、更に上のグレードのカードも存在します。

インビテーションシステムとは

 クレジットカードのインビテーションシステムとは、ゴールドカードからプラチナカードへ、またはプラチナカードからブラックカードへとアップグレードする際に、「規定の利用条件を満たしているカードホルダーのみ招待する」というものです。

  • ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーション条件は公開されていない

 プラチナ以上のクレジットカードの審査においては、年間あたりカード利用金額が規定されていたり、年収のボーダーライン、持ち家がある、その他いくつもの指標が考えられます。

 ダイナースクラブ プレミアムカードだけでなく、他社の高グレードのカードも審査の基準を公開していないので、実際にカードを所持しているカードホルダーからの情報が有力な手がかりとなります。

お知らせの情報が気になる

 このような最高のサービスを提供してもらえるDiners Clubですが、楽しく海外で楽しむためにはいくつか注意するポイントがあります。その一つが複数カードの所持です。

海外に渡航の際は、万が一ダイナースクラブカードをご利用いただけない場合に備え、現地通貨の現金や他の国際ブランド(VISAMasterCard)のクレジットカード(SuMi Trust Clubカードなど)も含めた代替の決済手段を携帯いただく事をおすすめしています。

引用:Diners Club 海外でのクレジットカードのご利用について

 上記はDiners Clubのホームページからの引用ですが、Diners Clubの会員の方でも「海外で決済ができない可能性がある」という内容です。

渡航先の地域や業種などの理由

 によっては、ダイナースクラブカードのご利用可能額の範囲内でも利用金額の上限があり、「使えないかもしれない」ということです。

国内のダイナースクラブ加盟店を検索する

 ダイナースクラブカードが利用できるショップ(国内加盟店)についてはこちらからチェックする事ができます。

 上記のページにおいては、加盟店をジャンル別にチェックする事が可能ですが、同時に「未加盟店」の情報の窓口にもなっています。今後利用したいお店の情報を伝えておくことで、加盟店推進活動の参考にしてくれます。

安くダイナースクラブカードを所持するには

 人気のステータス感・グレードの高い付帯サービスなどが充実しているため、魅力のダイナースクラブカードを欲しい方は多くいます。審査に通過できそうなら、次に気になるのは・・

POINT

安くダイナースクラブカードを所持すること

 になります。現在、ダイナースクラブカードはこのようなラインナップになっています。

ダイナースクラブカード ラインナップ
カード名称 年会費
ダイナースクラブカード 22,000円
ANAダイナースカード 27,000円
JALダイナースカード 28,000円
銀座ダイナースクラブカード 25,000円
ニューオータニクラブダイナースカード 22,000円
BMWダイナースカード 25,000円

 22,000円~28,000円が年会費となりますが、この中でも特徴的なのが「銀座ダイナースクラブカード」です。他のダイナースクラブカードは「家族カード」を発行すると、5,000円~9,000円の年会費が発生するのですが・・

POINT

銀座ダイナースクラブカードの家族カードは無料

 となっています。そのため、家族カードを複数枚発行する予定であるなら、銀座ダイナースクラブカードを選択する方がかなり安くなります。また、その他に本会員の年会費を安くする方法があります。

本会員の年会費が安くなる

 ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブが提供するプロパーカードだけでなく、提携カードが存在します。一般的なクレジットカードは、付帯サービス内容が異なることが多いですが、ダイナースクラブカードは同様のサービスを提供しています。

 「三井住友信託銀行」に銀行口座を開設しているなら、「三井住友信託ダイナースクラブカード」を申し込む事ができます。このカードの最大の魅力は・・

条件により本会員の年会費22,000円が12,000円へ安くなる

 という年会費優遇サービスがあります。年会費特典が適用される条件はこのようになります。

POINT

  • 初年度の入会3ヶ月以内のカード利用金額が20万円以上
  • 次年度以降の年間カード利用金額が50万円以上

 これくらいの金額であれば、コンビニ・スーパーの買い物などの際にも ダイナースクラブカードを常に提示していれば、楽にクリアできるはずです。

まとめ:Diners Clubカードが欲しい 魅力 グレード 安く発行日数

 Diners Clubのカードは、ANAやJALと提携しているカードがラインナップしています。マイルが貯まりやすい特典と、国内旅行保険のサービス内容がさらに優遇されています。

 会社経営者ならダイナースクラブ ビジネスカードがあります。ダイナースクラブビジネスラウンジが利用できるほか、資金調達の際にはローンサービスが利用可能です。

 このようにダイナースクラブカードは、用途に合わせて付帯サービスを更に充実させる事も可能です。高いグレードのカードに魅力を感じるなら、ダイナースクラブカードはとても良い選択になるはずです。

Posted by mon