楽天カード 支払い拒否|paypal クレジットカードが使えない理由

 支払いが楽になるクレジットカードですが、いつものようにカードを提示したときに・・

POINT

支払い拒否(決済ができない状態)

 これが分かって慌てることがあります。

 信用しているクレジットカードを断られるとショックであると同時に、他のカード・または財布の中に現金がないとピンチになります。最近では楽天カードの支払い拒否・paypalの利用で悩んでいる方が多いので・・

  • 楽天カードの支払い拒否:使えない理由とは
  • 楽天市場でトラブルに遭遇するときに
  • paypalにて楽天カードの決済が失敗(取引を完了できませんでした)と出る

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天カードでの利用拒否に遭遇する理由

 まず、どうして楽天カードを利用しているユーザーに利用拒否で悩む人が多いかについてです。まずは、ごく普通の簡単な理由からです。

 楽天カードは契約者数がとても多く、国内でクレジットカードのシェアがNo1です。その分だけ、トラブルに遭遇する人も多くなります。また・・

審査にパスしやすいクレジットカード

 このように言われており、審査落ちする方が少ないのです。

 他のクレジットカードでは、年収・支払い履歴(信用)の評価点が低いことが理由で 審査に通過できない方も多いのですが、楽天カードのボーダーラインはそれほど厳しくないため、比較的パスする方が多くなる傾向があります。

パスしやすい分だけ落とし穴が・・

 しかし、その代わりに利用中に身に余る行動をする(ルールを守らないユーザー)を利用停止などの処分にするなど、ふるいにかけて優良な利用者を残す方針であると言われます。そのため、トラブルの報告を多く見かけます。

POINT

  • ショッピング限度額に到達しているため 支払い拒否
  • 海外のサイトで高額商品の購入のため 支払い拒否
  • カード利用に問題 → 限度額減少による 支払い拒否

 楽天カードに限ったことではありませんが、ちょっとした不注意のために・・

セキュリティ対策で強制的にストップする

 この状態になることがあります。短時間のうちに楽天カード決済を連続で行ったり、いつもとは違う(母国語が異なる)ネットショップで高額商品の購入時に「支払い拒否」のアクションに遭遇してしまいます。

楽天市場でのトラブルがとても多い

 楽天カードのメリットを最大限に生かすなら、楽天スーパーポイントを大量に獲得できる利用スタイルが有効です。

ネットで買い物をするなら楽天ポイントをゲットできるお店で

 このように考えているユーザーは圧倒的に「楽天市場」を利用しているはずです。そのため、楽天カードを取得した後にトラブルが最も発生しやすいのが楽天市場でショッピングをして、楽天カードで支払う時です。

楽天市場で買った商品を返品したい

 楽天市場とは、多くのネットショップが1つに集まっているショッピングモールのようなスタイルで運営されています。言い換えれば、ヤフオクの出品者が大量に集まって商品を提供している市場のようなサイトです。

 そんな楽天市場のショップで買い物をしてみたら・・

購入した商品が不良品という状況に遭遇する

 慎重に商品を選んでいても、不良品を手にする可能性は少なからずあります。この状況に遭遇したときの対応が問題となります。

楽天市場:楽天カードでショッピングのトラブル
1楽天市場で買った商品が不良品
2返品・返金処理を連絡する
3返品・返金を受け付けず・支払いを指示される
4楽天カードへの引き落とし(支払い額)を拒否
5楽天カードからの督促・利用停止
6楽天のサポートへ対応を依頼
7しかし、購入代金の支払いを指示される
8消費者センターに連絡し対応依頼

 このような流れになってしまう事があります。楽天で購入した商品なのに、返品手続きが拒否され、楽天カードから支払い命令が来るのは非常に理不尽です。

 しかし、ここでの重要なポイントは・・

POINT

楽天市場のショップ = 楽天カードの企業

 これでは無いのです。

 楽天市場でのショッピングを楽天カードで決済なので、楽天が全部サポートしてくれそうですが、予想とは違っているところがあります。

楽天という名前がついていても別の会社

 楽天市場は、ショッピングモールを提供しています。お金を出して楽天のスペースを借りて運営しているショップは、楽天の社員ではありません。

 また、楽天カードを提供している会社(楽天カード株式会社)はクレジット専門の会社であり、楽天市場の運営と関わりはありません。つまり「楽天カード」という名前ですが、楽天の社員ではなく別のクレジット会社と考えるべきです。

 販売ショップと別のカード会社と見ると・・事の経緯と問題点が分かってきます。

楽天市場のショップと楽天カードのやりとり
1楽天市場ショップで楽天カードで商品が売れる
2楽天カードが楽天市場ショップへ商品代金を払う
3引き落とし日に楽天カードが購入者から引落し
4購入者が引落の支払いを拒否
5楽天カードから 督促・利用停止の処置
6カード信用情報にマイナス(ブラックに)

 トラブルの根本的な要因は、不良品を販売してしまった楽天のテナント(ショップ)の問題です。しかし、楽天カードは販売手続きの処理を終えており(商品を売ったお店にお金を払っている)、すでにキャンセルできない状態にあります。

 そのため、商品の返品手続き(返金作業)などをする前に、すでに支払っているお金を購入者から口座引落で調達する必要があります。

同じ楽天なんだから内部で調整したらいいのでは?

 このように考えていると、問題が一向に解決しないのです。

楽天市場のテナント出店が終了しているとき

 先に書いたように、楽天市場で出店しているショップは、高額な場所代(賃貸料のような費用)を支払って楽天市場の看板(楽天市場店)を運営しています。そんな事から、経営が悪化すると・・

POINT

楽天市場店を閉店する

 この対策をすることがあります。つまり、赤字が続き家賃が払えないので撤退を決めます。

 すると、楽天市場で買った商品の返品の依頼ができなくなります。このトラブルに遭遇したときにも、楽天市場で楽天カードで支払った買い物なので・・

「楽天カードで返品拒否」されてしまったトラブル

 このように解釈してしまいます。お客さんの目線からすると、全部に「楽天」の文字が入っているので「楽天カード側がおかしい」トラブルという判断になります。

 楽天カードでのカード払いでお金が取られてしまうので、楽天カードにネガティブな印象を持ち、その話題がネットにも広がります。つまり、このトラブルの根本的な要因は・・

POINT

  • 楽天市場の商品提供・返品のルールを理解する
  • 楽天市場側のトラブル対応の遅れ
  • 【楽天】と名前のつくサービスを全部一緒だと思っている

 これらの要素が関係しています。

楽天カードで100万円の借金を背負わされた

 ネットのブログで「楽天カードに身に覚えのない100万円の借金を背負わされた」という記事をアップしている方がいます。びっくりな内容なので割と有名になっていて、多くの方がコメントを寄せています。

 その100万円の借金ができた概要はこうです。

楽天カードで100万円の借金を背負わされた
1600円のお菓子を購入時に楽天カードを出す
2「このカード使えません」と言われる
3アプリで調べると99万9千円利用中と分かる
4カード利用枠上限は100万円なので上限に到達
5カスタマーセンターにどんな事態なのか電話する
6「お客様は自動リボをされている」と告げられる
7自動リボとは「一括払い」でも常にリボ払い確定
8毎月1万円のリボ設定で、利息は毎月1万以上に
9気がついたら借金100万円になっていることが発覚

 楽天カードで決済をしようとしたら、ナゼか「支払い拒否に・・」という奇妙な体験の日記です。この借金100万円の原因になったのが、楽天市場でショッピングをするときに目につく・・

楽天カードを「自動リボ設定」にするとポイント2倍

 この頻繁に目にする「広告のボタン」です。

 ポイントをゲットするためにクリックして、自動リボ設定を(気軽な気分で)選んでいたのです。この「自動リボ設定」は期間限定キャンペーン時には、ポイント4倍・または6倍になることもあります。

自動リボ設定でリボ天丼になってしまう

 楽天カードはポイントがザクザク貯まるカードとして注目を集めるカードなので、「リボ設定でポイント2倍」に釣られて反応した方も多いはずです。しかし、自動リボの設定とは・・

POINT

払えるお金があっても借金をずっと続ける

 このようなルールになっています。

 例えば、銀行口座へ50万円があるときに、カード払いのショッピング利用金額が20万円あるときは、このようになります。

自動リボ設定(1万円)のとき、20万円の引きとし
リボ設定引落し前の残高引きとし口座の残高残りの借金
あり50万1万49万19万
なし50万20万30万0

 20万円を引き落とせるのに、1万円だけにして、残りは繰り越します(その分だけ利息を支払います)。つまり、自動的に借金がドンドン増幅していくルールです。

 毎月の引き落とし額が「1万円だけなので楽」と考えていると、いつの間にかショッピング利用額の限界まで到達して、カード払いが拒否(限度額までMAXの借金を背負っている)という状態になってしまいます。

お金やカードの契約・設定に無頓着だと損をする

 「ポイント4倍キャンペーン」「3,000円キャッシュバック」などの特典があるときに、すぐに飛びつくのは問題です。

 クレジット会社が、お金やポイントを多く与えるということは・・

それ以上に売上が見込める(集金できる)サービスに登録させる

 このような下心があります。会社は設けがないと倒産してしまいます。なので・・

POINT

高額のキャッシュバック = 後で高額の支払いがある

 このように見て間違いありません。

 楽天カードだけでなく クレジットカードを提供している企業は、ポイントがザクザク貯まるサービスと引き替えに、利息(手数料)で利益を得ています。このあたりに無頓着だと、ずっと損をする事になります。

利用拒否されてしまう理由とは

 カード支払い拒否を お店側が決めていることもあります。

 食事を提供するお店の中には、クレジットカード加盟店でありながら・・

お昼のランチの時間帯だけカードの利用を拒否

 こんなルールにしている店があります。

 その理由はクレジットカードを提供している企業へ支払う「カード決済手数料が高い」ことが関係しています(約3%から6%前後の手数料となる)。

  • 通常メニューは利益が得られるのでカード決済を受け付ける
  • ランチメニューは、利益が少ないのでカード決済手数料を取られたくない

 お店側はこのように考えています。

 そのため、VISAMasterCard、JCBなどのブランドロゴのステッカー(アクセプタンスマーク)が貼られている カード加盟店であっても、お店の方針で部分的にカード利用拒否となっている可能性があります。

カード利用のためのレシートとは

 現金払いをする金額を持ち合わせていないので、カードしか払う手段が無いことをお店側に伝えると・・

POINT

カード払い専用の手数料が上乗せされたレシートが出てくる

 このようなお店もあります。夜のお酒を提供するお店でありがちです。

 このカード決済手数料(約3%から6%前後)を食事代金の中から抜いてしまうと利益が減ってしまうので、売上金に手数料を上乗せして「食事代金 + 手数料」を請求します。

カードを提供する企業の禁止行為である

 このようなクレジットカード加盟店でありながら、対応するべきクレジットカードを利用拒否している状況は、VISAやMasterCard、JCBカードなどの「カード提供企業のルールにおいては禁止行為」となっています。

  • 加盟店のメニューごとのカード利用拒否は禁止している
  • 手数料上乗せのレシートを提示するのは加盟店規約違反

 この決まりがあるため、加盟店でありながらカード利用拒否をする店舗に関しては是正指導が行われます。

 そのため、予想外にカード利用拒否の問題に遭遇してしまったら、お客さん側からカードを提供してる企業に連絡してもらうように呼びかけています。

海外通販でカード決済が拒否されるとき

 海外に旅行に行ったとき、または海外ネットショップにて日本のクレジットカードを使用すると、「利用拒否」に遭遇することがあります。これは・・

POINT

スキミングや盗難で得た不正なカードを拒否する

 このシステムがあるからです。

 カード番号や名前、裏面にあるセキュリティーコードは、盗難した(または拾った)クレジットカードがあれば入力できます。そのため、セキュリティー対策に「問題あり」と判断したときは、利用拒否となってしまいます。

海外でもクレジットカードを使うためには

 セキュリティー対策のためにクレジットカードが使えないときには、カード会社独自のセキュリティが利用できる決済手段を選びます。

POINT

VISA、MasterCardなどはオンライン認証で本人確認をする

 これは、認証サービスが本人の携帯電話に(数分だけ有効な)ワンタイムパスワードを送信します。そのパスワードを決済画面で入力すると本人確認が完了するという仕組みです。

 または、クレジットカード会社独自の認証ページに移動してもらい、IDとパスワードの入力を求めます。この認証が完了すれば本人であるとし、カード決済が可能となります。

クレジットカードの本人認証サービス
国際ブランド本人認証サービス
VISAVisa認証サービス
MastercardMastercard SecureCode
JCBカードJCB J/Secure

 海外のショッピングサイトを利用する時には、これらの認証サービスなどセキュリティ対策に優れたサイトを利用することで、フィッシング詐欺などを回避することができます。

Paypalを使ったクレジット決済をする方法

 世界でも利用者が非常に多くなってきた決済サービスの「Paypal」にて決済できる海外サイトでなら、簡単にクレジット決済が可能となります。

Paypalで無料アカウントを作り、クレジットカード情報を登録しておく

 クレジットカードで直接決済するのではなく、間に「Paypal」を経由する事によって・・

  • 決済の手続きが簡単
  • セキュリティも優れている
  • 加盟店(利用できるショップ)が多い

 このようなメリットがあります。Paypalは、海外サイトにクレジットカード番号を送信しないので「カードに関するトラブルを回避」できるので安心なのです。

 しかし、このPaypalを利用する時も楽天カードが使えない(利用拒否)の状態になってしまうことがあります。

Paypalにて楽天カード決済ができないトラブル

 Paypalは、クレジットカードを紐付けして利用できます。そのクレジットカードとして楽天カードを設定していると、思いがけずトラブルに遭遇することがあります。

お客さまが選択されたカード「楽天カード」にて取引を完了できませんでした

 こんな内容をを見た時に考えられる要因はこのあたりです。

POINT

  • カードの利用限度がいっぱいになっている
  • Paypal以外の要因で利用停止の状態である
  • 特に問題が無い場合

 まずは、楽天カードが止めている場合です。

楽天カードがPaypalで拒否されてしまうとき

 Paypalで楽天カードが拒否されてしまうときは・・

申し訳ございませんが、Visa(楽天カードの番号)は拒否されました。他のクレジットカードを追加して、買い物を完了してください

 こんな内容が出たときには、楽天カードが停止する要因を考えます。

 特に思い当たらない場合は、楽天カードのサポートへ電話して内容を聞いてみます。多くの場合は・・

  • 普段よりも決済金額がかなり大きい
  • いつも使っていない海外のネットショップでの決済

 このような、不正かもしれない疑わしいときに利用を停止します。これは楽天カードに限らず、どのクレジットカード会社でも普通にあることです。

 利用する状況を楽天カードのサポート窓口へ伝えて、利用できる状態にしてもらいます。

落ちついて時間をおいてからPaypal決済を試してみる

 もう一つのケースは、問題のある使い方をしていない(停止される覚えがない・カード会社も停止していない)ときです。つまり、クレジットカードは使える状況なのに Paypal決済ができないときです。

 海外のネット通販におていは、ネットショップの裁量によるセキュリティ対策で →「一時ストップ!」の状態になることがあります。

Paypalで拒否されるのは なんで?

 このように考える前に、一息ついて(一通りの再チェックをして)から 時間をおいて再度同じようにPaypal決済を試してみます。

まとめ:ペイパル paypal 支払い拒否 使えない理由|2019年版

 海外サイトでショッピングするなら、セキュリティ面で安心できるpaypalを利用すべきです。そのため、国内で最も利用者の多い楽天カードをpaypalの支払いカードとして登録している方が多くいます。すると・・

ペイパルに楽天カードを使うと支払い拒否に!

 こんなトラブルがあったことを報告する方が多くいます。その内容は クレジットカード決済においては よくある事例がほとんどであり、楽天カードのサポート窓口へ問い合わせることで解決できることばかりです。

 以上、楽天カード 支払い拒否|paypal クレジットカードが使えない理由...についてでした。