デビットカード ださい・使わない・いらない理由|見た目・不要論

 近年は若い人を中心にデビットカードを持つ方が増えてきています。しかし、そんな中でも・・

デビットカードはダメ
ダサいのでいらない

 このように感じる方がいます。

 見た目はクレジットカードなのに、デビッドだと「できない」ことに不満だったり、または 逆にそのデメリットが好都合と感じる方もいます。そんなデビットカードの・・

  • なぜダメなのか・ダサいと言われる理由
  • デビットカードを財布に入れる必要性
  • クレジットカードがあればいらないのか

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デビットカードは ダサいのか?

 クレジットカードを所持できない人でも、銀行口座を開設できればデビットカードを持つことができます。つまり、「クレカを持てない人が所持するカード」と見られるかもしれないので・・

ダサい・見せるのが恥ずかしい

 この考え方をする人がいます。

 そして、デビットカードの中には、デビットカードだとすぐに分かるように カード表面に「DEBIT」の文字が刻印されています。そのため・・

「DEBIT」の文字を消したいと希望する方もいます

 最近では銀行ならどこでもデビットカードを発行しており、券面デザインもバリエーションが豊富です。そのため、デビットカードとは分からないデザインのカードが選べます。

デビットカードの使い方はクレカと同じ

 日本のデビットカードは、電子マネーと同じようにカード表面の凸凹加工(エンボス加工)がありません。そのため、ショップ店員はカードを手に取った時点でデビットカードである事が分かります。ですが、利用する際には・・

POINT

  • カードで払います
  • VISA 1回払で・・

 この言葉だけなので、手順としてはクレジットカードと同じになります(VISAデビットカードなどの場合)。そして、ネットで見かける・・

デビットカードは「いらない」

 このように言われる理由についてですが、この言葉には二つの意味があります。

デビットカードはナゼ「いらない」のか?

 デビットカードがいらないと言われる時には・・

  • 機能が劣っているので「いらない」
  • 優秀なので逆にクレカが「いらない」

 両方の可能性を考えて機能を比較すると、このような違いが関係していることが分かります。

  • 審査なしですぐに入手、クレカと同じ使い勝手 = クレカいらず
  • 機内販売など利用できないのでダサい = デビットカードはいらない

 デビットカードは、クレジットカードが利用できるお店の全てで使えるわけではありません(使い方を制限されます)。これに不満を持つ方がいます。

スーパーで決済できるならデビットカードで十分である

 一方で、いつも利用しているコンビニ・ショッピングサイトでちゃんとカード払いができて、そのお金は銀行に預けている自分のお金を消費するので・・

精神的に楽である

 このように感じる方もいます。

 何でもデビットカードで事足りるので「クレジットカードがいらない」と感じます。若い方にはクレジットカードの申込みを考えたことが無い「不要だ」と考えている方も多くいます。

 次は、クレジットカードとの比較を表形式で見ていきます。

デビットカードとクレジットカードの違い

 デビットカードとクレジットカードは、機能面で比較するとこのような違いがあります。

デビットカードクレジットカード
支払い即時支払い翌月以降口座引き落とし
限度額口座残高のみカードの設定限度枠内
分割払い不可リボ払いが可能
審査なしあり

 デビットカードは、キャッシュカードを持っている人であれば誰でも取得でき、年齢制限や審査もありません。15歳以上(中学生を除く)であるなら、利用できる条件にあてはまるはずです。

 イオンデビットカードでは、18歳以上(高校生を除く)を発行可能年齢としています。

リボ払いはクレジットカードでしかできない

 リボ払いとは、毎月一定額を引き落とししていく分割払いのサービスです。

 長期にわたって返済を続けるので、カード保持者の「信用」がないと利用出来ません。そのため・・

POINT

デビットカードではリボ払い設定はできません

 デビットカードは見た目はクレジットカードと相違ないですが、銀行の口座に(現在ある)お金を引き出して買い物をするカードです。そのため、銀行口座に「存在する金額の範囲内で一括払い」しか選べません。

デビットカードの種類

 現在のところ、デビットカードといえば・・

POINT

  • Visaデビットカード
  • JCBデビット

 このどちらかを指している場合が多いはずです。

 そして、日本国内では利用できる店舗がまだ少ない・・

Mastercardデビットカードがあります

 VISAと同じく安心の国際ブランドですが「海外で使うことを視野に入れたデビットカード」となります。

 そしてもう一つ、国内で利用できる加盟店が急激に増えている・・

POINT

中国銀聯ちゅうごくぎんれん:UnionPayのカードがあります

 「中国最大のクレジットカードブランド」のように情報が広まっていますが、実際のところはデビットカードが大半を占めています。

Visaデビットカードとは

 Visaデビットカードは、クレジットカードの国際ブランドであるVISAの加盟店で利用できるデビットカードです。やはりデビットカードの人気は「Visaデビットカード」であり、海外でも利用しやすいことがポイントとなります。

POINT

海外200国以上のVisa加盟店(およそ3,800万カ所)で利用できる

 普通預金口座があり、15歳以上なら所持できます。無職となる(収入がない)状態でも、クレジットカードと同じように使えるデビットカードが持てます。

先にお金を入金しておくこと

 デビットカードがクレジットカードと決定的に違うのは、銀行の口座へあらかじめ「お金を入金しておく」必要があることです。

POINT

銀行の預金残高がないと デビットカードは利用できない

 銀行に残金がある場合には、ATMまで足を運んでお金を下ろしてくるのではなく、そのままデビットカードで支払いができるので手軽で便利です。デビットカードで支払いを済ませると、銀行口座内にあるお金がリアルタイムに減少します。

デビットカードはATM手数料を節約できる

 銀行預金の範囲内でしか利用できないデビットカードですが・・

一時的にクレジット会社がお金を立て替えて支払っているわけではない

 こうなるので、お金の貸し借りが発生せず利息もかかりません。お金が入っている「銀行のATMからお金を下ろす → レジで支払う」と同じ手続きが簡単にできます。

ATMが近くにあれば「デビットカード」は不要か?

 ATMが近くにあっても、デビットカードを使うメリットがあります。それは、お金を下ろしたい時間が夜間になってしまったときに・・

ATMの夜間手数料を払わずに済みます

 財布に多額の現金を所持していると、財布を落としてしまった時に損失が大きくなります。この時の損失を軽減するためにも、お金は銀行に入れておきデビットカードを所持しておきます。

POINT

デビットカードは盗難保障が付いている

 誰かに拾われてデビットカードが無断で利用される(カード不正利用)となった場合にも補償されます。

家計の節約に利用できる

 銀行からお金を下ろして現金払いで買い物をした場合は、今月使ったお金がどれだけなのか?そして何にお金を使ってしまったのか調べるには、レシートの数字を集計して家計簿をつける必要があります。

 しかし、デビットカードの明細をスマホのアプリからチェックするだけで、どのようなお金の使い方をしているのか分かるのです。そのため、銀行に置いてるお金をきっちりと管理したい人にとっては、デビットカードを利用する事で・・

POINT

利用した履歴を残しやすいのです

 また、デビットカードにて決済をしたときには、登録メールアドレスに取り引きがあった内容のメールが届きます。つまり、カード不正利用があった時には、すぐに問題を発見して早急な対応ができます。

まとめ:ださい 使わない いらない理由 見た目|2019年版

 銀行の利用はキャッシュカードで事足りるので、デビットカードはいらないと感じる方が多くいます。

 デビットカードは15歳以上で所持できる事がメリットがあるものの、使い勝手に関してはクレジットカードよりも使いにくい部分が気になります。

 以上、デビットカード ださい・使わない・いらない理由|見た目・不要論...についてでした。