仕事・収入があれば貸してくれる消費者金融 でもダメなときは?

日本円。1万円札6枚で60000円

 お金が必要なのに 借り入れ先がなかなか見つからないことがあります。

消費者金融 どこも
貸してくれない・・

もうどこからも借りれない
どうしたらいい?

 家族・友人に迷惑をかけない方法で、お金の借り入れしたいときに気になる・・

  • どこも貸してくれない時にできること

  • 借りられないのではなく 見方を変える

  • ヤミ金・街金を利用すると危険な目に!

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

消費者金融など どこも貸してくれないとき

どこもお金貸してくれません Yahoo

 まずは、消費者金融など どこも貸してくれないときです。このとき最大の理由となっているのが・・

総量規制(年収の3分の1までしか借りれない)

 この制限にかかっている可能性です。例えば年収が300万円なら、3分の1となる100万円まで「すでに借りてしまっている」という状況であるときです。

消費者金融の審査では他社の借入額を見る

現金8万5983円。1万円紙幣が8枚と1000円紙幣が4枚

 消費者金融では、審査をするときに他社で借りている金額:返済途中の借入も含めて情報を集めます。他の消費者金融・銀行カードローン・自動車ローン・住宅ローンなど、全ての借入の情報を参照します。

現金の借入れ+ローンの総額はどれくらい?

 お金を借りること、そして商品を買ってローン払いにすることも返済していくことには変わりなく、毎月の返済能力は大丈夫か?の指標となります。

消費者金融からお金を借りれない時は

 私たちが町中で「消費者金融の看板」として見ている貸金業者の中には・・

  • 消費者金融

  • 銀行系カードローン

 この2つがあります。

 「知っている消費者金融は?」と聞かれて出てくる名前の中にも、イメージは消費者金融ですが実際は銀行系カードローンということがよくあります。この違いで大きなポイントになるのは・・

POINT審査の基準にする法律が異なります

 これがあるので、消費者金融はダメだったが銀行系カードローンで借り入れOK。または、その逆の結果を経験する方もいます。アイフル株式会社の説明を引用すると・・

銀行カードローンと消費者金融・信販会社のカードローンでは、適用される法律が異なります。 消費者金融や信販会社では「貸金業法」に則った融資を行います。

一方の銀行では「銀行法」に則って融資を行います。よって、総量規制の対象ではありません。

 総量規制とは「年収の3分の1まで」という制限です。ただし、銀行系ならいくらでも貸し付けOKという意味ではありません。借り入れの審査では、申請をした方をスコアリングして(点数をつけて)比較します。

  • 年収、持ち家があるか

  • 仕事・勤続年数

  • 現在の借金合計額

  • これまでの借金の返済歴

 これらのポイントを合算して「審査が通る = 貸し付けOK」となりますが、すべての企業が同じ点数の配分で線引きしているわけではないので、各社で違いが出てきます。

どうせ ここもダメだろう

 このように思える金融業者でも、貸し付け可能とする所があるかもしれないということです。

借り入れするには収入があること

 まず前提としてお金を借りるということは、これから返済を開始して いつか完済できることを示す必要があります。つまり・・

仕事(アルバイト・パート)をしていて、続けて収入がある

 これが前提です。

 正社員はOKだが・・パートタイマーはNGのような線引きはありません。収入があって返済の目処が立つ方なら、借り入れの申請をして、融資OKとなる可能性はあります。

どこで借入できるのか分からないとき

1万円札を表にまとめた札束と裏にまとめた札束

 どこに申し込みをしたら貸してくれるのか・・借り入れについて詳しくなくて困っているなら・・

専門業者が見つけてくれる

 このサービスを利用するとスムーズに借り入れできるかもしれません。

10000円札を表に2枚並べている

「ご融資どっとこむ」のオンライン申込みフォームに情報を入力して待っていると 融資してくれる業者・最適なプランを提示してくれます。借入する内容がOKであるなら そのまま借り入れできます。

↓すぐ解決したい!
【こちらから】↓

ご融資どっとこむ株式会社

 「ご融資どっとこむ」を運営している「令和カード株式会社」は 東京の総合貸金業者であり、全国どこからでも相談を承っています。貸金業協会の会員なので安心して依頼できます。

令和カード株式会社の概要

借りなくてもよい状況になりたい:悩みが消える方法

 どこからも借りれない理由が「借りすぎ」の状態であり、もうどこからも借りられないときには・・

POINT最後の決断 → 借金を無しにしてくれる方法

 これを選択することもできます。

 「借金の踏み倒し」「夜逃げ」などではなく、正々堂々と裁判所を味方につけて このような命令を出してもらいます。

  • 借金の取り立てを禁止しなさい
    (金融会社への返済を終了)

  • すべての借金を無くしなさい
    (借りたお金をすべて帳消しに)

 これは債務整理の自己破産の場合ですが、裁判所の指示があるので お金を貸した業者はすべて従います。

「債務整理」とはどのようなものか

現金6万8320円。1万円紙幣と100円、50円、10円硬貨

 この債務整理とは、おおまかに3つの対策に分類できます。

  • 任意整理 ・・ 弁護士が借金の減額・免除してくれる

  • 個人再生 ・・ 裁判所にて決めた弁済計画にて借金を減額し返済

  • 自己破産 ・・ 裁判所での手続き後 借金を帳消しにする

 このような手続きとなります。

【債務整理】任意整理やってみた|借金で悩む

 もし自己破産を申請した場合であっても、毎日の生活は保障されます。通勤に使う車も(現在価格が20万円を超える財産でないなら)所有できます。そのため、周りの人から見ると以前と何ら変わらない生活を続けることができます。

 ただし、5年ほどお金の借入ができない いわゆる金融ブラックの状態になります。しかし借金の返済にまつわる悩みはすべて無くなっているので、借り入れ不能であっても通常の生活を続けられるはずです。

債務整理ではなく危険な業者から借りるとき

危険な業者

 債務整理の手続きを選ばず、「もうどこからも借りられない状態」なのに貸してくれる業者を探した場合を想定します。

 通常の貸金業者(テレビCMで有名・街中で看板を出している)が「融資不可」となっているときに、貸してくれそうな業者はこれくらいしかありません。

POINT
  1. 一部のサラ金:金融ブラックでも融資する
  2. 街金:消費者金融の個人など小さな業者(違法な取り立て)
  3. ヤミ金:貸金業法を守らない業者(高金利)
  4. ネットの個人間融資:ルールがなく詐欺にあう可能性

 サラ金(サラリーマン金融)とは、過去に言われていた消費者金融の名称です。つまり「サラ金 = 消費者金融」となります。

 街金については「悪徳業者」として言われる事が多いですが、定められている金利・貸付のルールを守っている消費者金融と変わらない優良な業者もあります。

取り立てが違法な業者は処分される

現金合計6万9284円。1万円札と1000円札の上に硬貨を集めている

 過去に消費者金融の悪いイメージが定着したのは、返済が滞っている債務者へのお金の取り立て方にありました。融資したお金の回収を強化するあまり、違法な手段で取り立てをする金融業者がありました。

 違法な取り立ては貸金業法の第21条で規制されています。

貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たって、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

  • 就寝する時間とされている21時から翌朝の8時までの間に電話をする

  • 張り紙などで債務者の借入の情報を他人に分かるように提示する

  • 借り入れた債務者以外に他人に債務者の返済を依頼する

  • 勤務先に電話をする行為の停止を聞き入れてくれない

 これらは債務者が安心して生活ができるように貸金業法で厳しく規制されています。

仙台まで借金の取り立てに!警察を呼ばれ職務質問

 「違法な取り立てではないか?」と感じたなら、所定の手続きをすることが大事になります。つぎは、消費者金融の概要についてです。

「サラ金地獄」という言葉が流行ったことがある

サラ金地獄

 総量規制のルールがなかった時代には、複数の業者から借入をする多重債務に陥る方が沢山いました。

  1. ちょっとした買い物に必要なお金を消費者金融(サラ金)から借りる
  2. 借入限度額まで余裕があるので完済する前に再び借りる
  3. 返済が難しくなり他の消費者金融から借り入れて返済する
  4. 2カ所の返済が厳しいので3カ所目から借りる
  5. 同じサイクルで雪だるま式に借入が増える(サラ金地獄になる)

 このような状態になってしまうと、一般的なサラリーマンの年収だけでは返済不能となります。

アコムに全額返済を試みた結果

 返済していく余裕がまったく無くなった「やばい状況」を判断できないと、サラ金地獄から抜け出せなくなります。

貸金業法には多重債務の問題を解決する決まりがある

現金1万円紙幣が29枚。290000円

 全国銀行協会によると・・

目の前の借金を返せず、ほかから借り入れた借金で返済する状態こそが多重債務に陥るメカニズムです。

 こうあります。借りる側が返済の段取りをよく考える必要があるのですが、お金を貸す貸金業者も同じように多重債務に陥いらないようにチェックするルールになっています。

  • 総量規制:借りすぎを防止する制限

  • 上限金利の引き下げ:現在の最大の金利は20%です

  • 金業者の規制の強化:国家資格の貸し金業務取扱主任者を置く

 この中でも最も重要視するべきなのが総量規制です。これは法外な利息で貸付をする業者が現れる事で(返済能力以上の借入をしてしまう)多重債務者が増加してしまい、破産者が急増したことが要因です。

 収入金額に比例した借入可能金額の上限を設定することで、多重債務者を減少させることが狙いとなります。

まとめ:どこも融資してくれない どこも借りられない|2021年版

 どこも貸してくれない多重債務に陥ったなら、債務整理を検討するのも悪くないはずです。借入をすべて精算すると落ちついた生活を取り戻せます。そして最近では、SNSで「お金をください」という書き込みを見ることがあります。

 しかし、何の見返りも無くお金を差し出す方はめったにいません。ネット経由の詐欺に遭遇する可能性が高いので、慎重に判断する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました