消費者金融 どこもお金を貸してくれない 融資してくれない場合

 このページに来ている方は・・

消費者金融 どこも
貸してくれない・・

もうどこからも借りれない
どうしたらいい?

 このような「お金が必要なのに消費者金融・カードローンなど、どこも借り入れできない」ときの答えを探しているので、消費者金融についての概要を話す前に・・

  • どこも貸してくれない時にできること
  • 借りられないのではなく、見方を変える
  • ヤミ金・街金をさけて借金問題を解決

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

消費者金融など どこも貸してくれないとき

出典:レイク

 まずは、消費者金融が どこも貸してくれないときです。この時、最大の理由となっているのが・・

総量規制(年収の3分の1までしか借りれない)

 この制限にかかっている可能性です。例えば年収が180万円なら、3分の1となる60万円まで「すでに借りてしまっている」という状況であるときです。

消費者金融の審査では他社の借入額を見る

 消費者金融では、審査をするときに他社で借りている(返済途中の借入も含めて)金額の情報をチェックします。消費者金融、銀行、カードローン、自動車ローン、住宅ローンなど、全ての借入の情報を参照します。

他社からの借入額は、すべての金融業者は分かっている

 年収の3分の1に到達しているなら、総量規制を守るべき金融業者(いわゆる消費者金融系)は難しいと判断する事ができます。

 だだ、全部がダメではなく、借入を検討できる業者は他にもあります。

消費者金融からの借入が困難なときには

 私たちが町中で「消費者金融の看板」として見ている貸金業者の中には・・

  • 消費者金融(昔からの個人向けローンの業者)
  • 銀行系カードローン(銀行と手を結んで貸付をしている)

 この2つがあります。

 「知っている消費者金融は?」と聞かれて出てくる名前の中にも、イメージは消費者金融(実際は銀行系カードローン)ということがよくあります。この違いは・・

POINT

銀行系カードローンは総量規制(年収の3分の1まで)ルールが無い

 つまり、年収の3分の1まで借りていても融資してくれます。そのため・・

どうせ ここもダメだろう

 このように思っていた 金融業者の中にも「貸付けOK」となる、お金を貸してくれる業者が残っています。

簡単診断で融資可能か見てみる

 まず、現在のところ年収の3分の1まで借入してない状況なら、借り入れ先を見つけるのは さほど難しくありません。

≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

 ネットからの申込みに対応している キャッシング【アロー】 「日本貸金業協会会員 第005786号」では、いくつかの条件をクリアできれば借入できます。まず、借入の特典からです。

POINT

  • 最大200万円まで対応できます
  • 原則・担保は不要、保証人も不要です
  • これまでに債務整理(または破損)した方も相談ください
  • 全国・24時間ネット申込みができます

 とても魅力のある借入先ですが、こちらの条件をクリアする必要があります。

  • 現在の勤務先に1年以上働いている
  • 年齢が25歳以上である
  • 自営業者なら確定申告の書類を提示
  • 企業に勤務しているなら年収を証明する書類の提示



 貸付け条件にクリアできないときは、もう一つ別のネットキャッシングを検討できます。毎月の「返済額を2,000円」にできる特典が魅力です。

返済は毎月2,000円から可能:「プラン」とは?

 ネットキャッシング(店頭へ行かずにネットで申込みから契約・お金を手にできる)サービスに、全国から24時間受付できる「キャッシュサービス プラン」があります。

 日本貸金業協会の会員であり、大阪に複数の店舗があります。貸し付け条件はこのようになります。

POINT

  • ご来店不要(ネットから申込み・融資)
  • 最高50万円まで融資します
  • 最短で即日融資に対応
  • 10万円以内の借入なら月の返済額を2,000円に指定できます

 担保・保証人は不要です。身分証明書(運転免許証 または 健康保険証)が必要です。



借り入れの申込みに疲れたときに

 どこも融資してくれないので 借り入れの申込みに疲れてしまったときには・・

借り入れ先を探してくれる業者へ丸投げ

 このやり方があります。

「ご融資どっとこむ」のオンライン申込みフォームに情報を入力して待っていると 融資してくれる業者・最適なプランを提示してくれて、そのまま借り入れできます。

ご融資どっとこむ株式会社

 「ご融資どっとこむ 株式会社」は、貸金業協会の会員(総合貸金業)なので安心して相談できます。

ご融資.com概要PC
ご融資.com概要SH

借りなくてもよい状況に:悩みが消える方法

 どこからも借りれない理由が「借りすぎ」の状態であり、「もうどこからも借りられない」と判断したときには・・

POINT

最後の決断 → 借金をチャラにしてくれる方法

 これを試すしかありません。

 「借金の踏み倒し」「夜逃げ」などではなく、正々堂々と裁判所を味方につけて このような命令を出してもらいます。

  • 借金の取り立てを禁止しなさい
    (消費者金融への返済を終了)
  • すべての借金を無くしなさい
    (借りたお金をすべてチャラに)

 裁判所が指示するので、消費者金融などの「お金を貸した業者」はすべて命令に従います。

 これは「債務整理をして自己破産を選ぶ」という方法なのですが、普通の生活に戻るにはベストな選択です。

「借金をチャラ」の手続きをプロに丸投げ

 借金がなくなって、悩みがない普段の生活にもどるためには、裁判所へ提出する書類、借りている消費者金融業者への手続きなど、いくつものハードルがあります。

 これを自分で調べて書類を作っていくこともできるのですが、正しく手続きできるか不安になります。そんなときは・・

借金問題を解決するプロへ依頼する

 この方法があります。

岡田法律事務所

 後で手数料を払うことになりますが、「どこもお金を貸してくれない最大のピンチ」を解決するには 正しい判断となるはずです。

 借金がチャラになって普通の生活に戻ったなら、手数料は大きな負担にはならないはずです。初期費用はかかりません(無料)。日本全国どこでも対応・休日も対応します。

 ここから先は「債務整理」についての内容を説明します。

「債務整理」とはどのようなものか

 すでに何社からも借入ており、どこの消費者金融も融資してくれない場合には、融資してくれる方法を探すことは終了して、借金のない生活へ戻るための・・

POINT

「債務整理」をして問題を解決する

 この段階に来ていることを認識すべきです。債務整理とは、おおまかに3つの対策に分類できます。

  • 任意整理 ・・ 弁護士が借金の減額・免除してくれる
  • 個人再生 ・・ 裁判所にて決めた弁済計画にて借金を減額し返済
  • 自己破産 ・・ 裁判所での手続き後 借金を帳消しにする

 このような手続きとなります。

 もし自己破産の手続きとなった場合でも、毎日の生活は保障されます。通勤に使う車もこれもで同様に所有できます。そのため、周りの人から見ると以前と何ら変わらない生活を続けることができます。

 ただし、5年ほどお金の借入ができない(金融ブラック)の状態になります。借金はすべて無くなっている状態なので、借り入れ不能であっても通常の生活で困ることはないはずです。

債務整理ではなく危険な業者から借りるとき

 債務整理の手続きに入らずに、「もうどこからも借りられない」状態であるにもかかわらず、貸してくれる業者を探した場合を想定します。

 通常の貸金業者が「融資不可」となっているときでも、貸してくれそうな業者はこれくらいしかありません。

POINT

  1. 一部のサラ金:金融ブラックでも融資する
  2. 街金:消費者金融の個人など小さな業者(違法な取り立て)
  3. ヤミ金:貸金業法を守らない業者(高金利)
  4. ネットの個人間融資:ルールがなく詐欺にあう可能性

 サラ金(サラリーマン金融)とは、過去に言われていた消費者金融の名称です。つまり「サラ金 = 消費者金融」となります。

 街金については「悪徳業者」として言われる事が多いですが、定められている金利・貸付のルールを守っている消費者金融と変わらない優良な業者もあります。

取り立てが違法な業者は処分される

 過去に消費者金融の悪いイメージが定着したのは、返済が滞っている債務者へのお金の取り立て方にありました。融資したお金の回収を強化するあまり、違法な手段で取り立てをする金融業者がありました。

違法な取り立ては貸金業法の第21条で規制されている

 違法な取り立てとはこのような場合です。

  • 就寝する時間とされている21時から翌朝の8時までの間に電話をする
  • 張り紙などで債務者の借入の情報を他人に分かるように提示する
  • 借り入れた債務者以外に他人に債務者の返済を依頼する
  • 勤務先に電話をする行為の停止を聞き入れてくれない

 このような違法な取り立ては、債務者が安心して生活ができるように貸金業法で厳しく規制されています。

 「違法の取り立てではないか?」と感じたなら、所定の手続きをすることで違法な貸金業者は刑事罰を受けたり、営業停止に追い込まれる可能性があります。

 ここから先は、消費者金融の概要についてです。

「サラ金地獄」という言葉が一般的に流行った

 現在は総量規制という(以下で説明)借りすぎを防止する決まりがあるので、複数の業者から借入をして多重債務に陥る可能性は格段に減っています。しかし、その規制がなかった時期には、借りすぎて返済不能に陥る人が増加しました。

 借りすぎの状態:サラ金地獄とは・・

  1. ちょっとした買い物に必要なお金を消費者金融(サラ金)から借りる
  2. 借入限度額まで余裕があるので完済する前に再び借りる
  3. 返済が難しくなり他の消費者金融から借り入れて返済する
  4. 2カ所の返済の支払金額を他の消費者金融でカバーする(借入先が増える)
  5. 同じサイクルで雪だるま式に借入が増える(サラ金地獄になる)

 このような状態になってしまうと、平均的な企業の年収だけでは返済不能となります。

 返済のカラクリに無知である「お金にルーズ」な方は、無意識のうちにサラ金地獄から抜け出せないようになります。このような方が増えてしまい消費者金融のイメージが悪くなっていきました。

貸金業法には多重債務の問題を解決する決まりがある

 貸金業を営業するには、貸金業法(平成22年6月18日に完全施行)を守る必要があります。金融庁によると「多重債務の問題を解決して、安心して借りることができる貸金市場を作る必要がある」としています。そのために守る必要があるのはこちらです。

  • 総量規制:借りすぎを防止する為の決まり
  • 上限金利の引き下げ:現在の最大の金利は20%です
  • 金業者の規制の強化:国家資格の貸し金業務取扱主任者を置く

 この中でも最も重要視するべきなのが総量規制です。これは法外な利息で貸付をする業者が現れる事で(返済能力以上の借入をしてしまう)多重債務者が増加してしまい、破産者が急増したことが要因です。

 収入金額に比例した借入可能金額の上限を設定することで、多重債務者を減少させることが狙いとなります。

ブログで過払い金の情報を集める

 本来、過払い金の計算を自分ですることも可能ですが、自分で計算して借り入れた貸金業者と相談すると、過払い金の金額が減らされてしまったり、対等に話し合ってくれない可能性もあります。そのため・・

専門の司法書士や弁護士に依頼します

 司法書士に相談する時には、事の段取りを間違いないようにするためにも・・

事前に過払い金返還請求を成功した方のブログをチェックする

 この対策が有効です。他の方がどのような段取りで過払い金問題を解決したのか、あらかじめ知っておくべきです。

まとめ:どこもお金を貸してくれない 借りれない時|2019年版

 どこも貸してくれない多重債務の状態に陥ってしまったときには、債務整理などを検討するのも良い対策となります。ひとまず、過去の借入を精算し落ちついて生活を始めることが最重要です。

 そのような「どこからも借りれない」時であっても、条件によっては貸付が可能となる業者が見つかる可能性があります。高額の借り入れは無理でも、次の給料日までのつなぎのお金を確保する事はできるかもしれません。

 以上、消費者金融 どこもお金を貸してくれない 融資してくれない場合...についてでした。