消費者金融 どこも貸してくれない どこからも借りれないときは?

出典:レイク http://lake.jp/index.asp

 このページに来ている方が調べたいことが・・

消費者金融・・・
どこも貸してくれない

 または、「消費者金融以外でも どこからも借りれない」という質問が圧倒的に多いため、消費者金融の概要を説明する前に

POINT

消費者金融にて どこも貸してくれない・どこからも借りれない問題

 を解消する(借りる方法)から先に説明します。

消費者金融が どこも貸してくれないとき

 まずは、消費者金融が どこも貸してくれないときです。この時、おそらく間違いない理由として・・

総量規制(年収の3分の1までしか借りれない)

 の制限にかかっています。例えば年収が180万円なら、3分の1となる60万円まで「すでに借りてしまっている」のです。消費者金融では、他社で借りている金額の情報を確認してから申込み審査の結果を出すため・・

現在 借りている金額は、すべての金融業者が分かる

 ことになります。この「規制」では抜け道はないので、総量規制を守るべき金融業者(消費者金融など)では、「どこも貸してくれないとき」は、消費者金融系はダメと判断する事ができます。

どこからも借りれないのか?

 消費者金融系がダメな場合、銀行カードローンを検討する事も可能です。銀行の場合、年収の3分の1までの規制(総量規制)の範囲外となるため・・

借りれる可能性が残っている

 事になります。しかし、審査の基準が違うといっても、すでに年収の3分の1の借入をしていて「返済できない厳しい状態」となっているのなら、審査に通ってお金を手にできる可能性はそれほど多くありません。

考え方を変えて借りなくてもよい状況へ

 「どこからも借りれない」と悩んでしまう理由は、生活で使うお金が足りず借り入れ先が見つからない状況であるはずです。この問題を解消するときには、考え方を変えて・・

POINT

借りなくてもよくするための対策

 を考えます。つまり借金を全て無くしてしまう「債務整理」をする方法です。借入が理由で生活ができなくなるほど苦しんでいる多重債務に陥っているなら、借金を減額したり、チャラにしてくれる「債務整理」を検討すべきです。債務整理とは・・

  • 任意整理 ・・ 弁護士が借金の減額・免除してくれる
  • 個人再生 ・・ 裁判所にて決めた弁済計画にて借金を減額し返済
  • 自己破産 ・・ 裁判所での手続き後 借金を帳消しにする

 このような手続きとなります。自己破産の手続きが完了した後でも、毎日の生活は保障され、通勤に使う車も確保できます。そのため、周りの人から見ると何ら変わらない生活を続けることができます。

 ただし、5年ほど借入ができない(金融ブラック)の状態になります。借り入れ不能でも、借金の利息に追われる事はなくなるので困らない生活となるはずです。

自己破産をして間もないとき

 自己破産の手続きをすると、これまでの借金が消えて無くなるので、安心して生活が出来る状況となります。しかし、またしてもお金が必要な状態になると、借り入れ先を探す事になります。しかし、自己破産して間もない金融ブラックの期間だと・・

消費者金融以外でも どこも貸してくれない

 状況です。自己破産の情報はどこの金融機関もすぐにチェックしているので、どこも貸してくれないはずです。しかし、そんな中でも貸してくれる業者があります。

フクホー株式会社 ・・ ネットから申込み可能

 少額(10万円まで)の融資であれば審査が比較的簡単であると言われる業者です。ヤミ金などではなく、「貸金業協会」へ登録しています。創業50年であることからも、多くの人に支持されている業者である事が分かります。

延滞には厳しい金融業者である

 普通は貸してくれない方へ融資してくれるので、審査事情などが緩いように思われがちですが、他社の借入などでも「延滞」したことがある情報は厳しくチェックしており・・

POINT

他社借り入れにおいても延滞履歴のある方は契約できません

 との注意事項があります。つまり、返済期日を厳守してくれる人にしか融資しない業者である事が分かります。

フクホーは、借用書での借り入れとなる

 現在は、どこの消費者金融でも、審査を通過するとATMでお金の出し入れができる「ローンカード」を受け取ります。そのカードを中心にお金の借り入れ・返済を行いますが、フクホーでの借入では「カード」は発行されません。

POINT

借用書にサインし、印鑑を押して契約完了

 ネットからの申込みが可能ですが、書類などの郵送に時間がかかるため、申込日から融資が可能になるまで一週間以上見ておく必要があります。

 どこも貸してくれない厳しい状況での借り入れ先では、フクホー以外にも、スカイオフィスアローなどでも審査を検討してみるべきです。

条件の悪い借り入れ先がある

 先の自己破産などを利用せず、すでに他者からの借入が年収の3分の1に到達している状況で借り入れ先を探すときには、貸付業者の基準を緩くする(悪化させる)ことで見つかる可能性があります。そのような金融業者は・・

ヤミ金・街金といわれる

 業者になります。窓口(オフィス)が無かったり、「貸金業協会」に登録していない(番号が無い)業者となります。町中で見る大きな看板のある業者は「貸金業協会」へ登録された「消費者金融」であり、ヤミ金とは違います。ヤミ金を利用すると・・

  • 法外な利息がかかる
  • 違法な取り立てがある

 など、生活でのトラブル(夜中の取り立てで眠れないなど)が続いてしまう可能性があります。そのため、街金などに期待するのはやめるべきです。次に「どこからも借りれない時」にできることをまとめます。

どこも貸してくれない時の対策ランキング

 金利が3%~10%あたりの目的別ローン(自動車・住宅・教育など)ではなく、何に使っても問われないフリーローンの融資先です。消費者金融を含めて「どこも貸してくれない時」に融資を依頼すべき業者のランキングです。

POINT

  1. 消費者金融(サラ金):自己破産後も融資可能な業者
  2. 街金:消費者金融の個人など小さな業者(違法な取り立て)
  3. ヤミ金:貸金業法を守らない業者(高金利)
  4. ネットの個人間融資:ルールがなく詐欺にあう可能性

 なお、サラ金(サラリーマン金融)とは、過去に言われていた消費者金融の名称です。つまり「サラ金 = 消費者金融」となります。

 街金については「悪徳業者」として言われる事が多いですが、金利や貸付ールールも消費者金融と変わらない「優良な金融業者」であることもあります。ここから先は、消費者金融の概要についてです。

消費者金融とは?

 消費者金融とは、消費者(個人)への金銭の貸し付けをしている貸金業者のことです。一般的には無担保で融資事業を中心としている業者の形態を意味しています。

消費者金融とは、消費者に対して小口(少額)でお金の貸し付けをしている貸金業者

 子供の学費の支払いに少しお金が足りなかったり、月末の家賃の支払いのお金に困っていたり、ちょっとした冠婚葬祭などで現金が必要なときに気軽にキャッシングできるのが消費者金融の良いところです。

闇金(ヤミ金)の業者と混同してる人が多い

 消費者金融と聞くと「ヤミ金」または「サラ金:サラリーマン金融」として敬遠する人が多くいます。何十年も前は消費者金融はサラリーマンに対して融資を行う金融業者の通称として用いられていました。

 しかし、現在はサラリーマンだけでなく、主婦やアルバイトをしている学生なども融資の対象となっている事から一般的に「消費者金融」と言われるようになっています。

POINT

  • 消費者金融:法律に沿ってお金を貸している
  • サラ金:消費者金融と同じ(昔に使われていた名前)
  • ヤミ金:貸金業の決まりに従わずお金を貸している

消費者金融と同様に消費者向けに融資を行っている金融業者の中でも、問題となるのは法外な利息で貸している業者だけです。テレビでCMを流しているような有名な大手の消費者金融は、安心して利用できる貸金業者となります。

「サラ金地獄」という言葉が一般的に流行った

 現在は総量規制という(以下で説明)借りすぎを防止する決まりがあるので、複数の業者から借入をして多重債務に陥る可能性は格段に減っています。しかし、その規制がなかった時期には、借りすぎて返済不能に陥る人が増加しました。

 借りすぎの状態:サラ金地獄とは・・

  1. ちょっとした買い物に必要なお金を消費者金融(サラ金)から借りる
  2. 借入限度額まで余裕があるので完済する前に再び借りる
  3. 返済が難しくなり他の消費者金融から借り入れて返済する
  4. 2カ所の返済の支払金額を他の消費者金融でカバーする(借入れ先が増える)
  5. 同じサイクルで雪だるま式に借入が増える(サラ金地獄になる)

 このような状態になってしまうと、平均的な年収となる企業に勤めいる資金力だけでは返済不能となります。このようなサラ金地獄に陥る人が増加するにつれ、消費者金融のイメージが悪くなっていきます。

安心の業者を利用するように

 貸金業を営業するには、貸金業法(平成22年6月18日に完全施行)を守る必要があります。金融庁によると「多重債務の問題を解決して、安心して借りることができる貸金市場を作る必要がある」としています。そのために守る必要があるのはこちらです。

  • 総量規制:借りすぎを防止する為の決まり
  • 上限金利の引き下げ:現在の最大の金利は20%です
  • 金業者の規制の強化:国家資格の貸し金業務取扱主任者を置く

 この中でも最も重要視するべきなのが総量規制です。これはバブル崩壊の影響や、法外な利息で貸付をする業者が現れる事で(返済能力以上の借入をしてしまう)多重債務者が増加してしまい、破産者が急増したことが要因です。

 収入金額に比例した借入可能金額の上限を設定する事で、多重債務者を減少させることが狙いとなります。

グレーゾーン金利の廃止

 かつて消費者金融からの借入においては、金利の上限が29.2%に設定されていました。しかしその後、この金利はあまりにも高すぎるとしてグレーゾーン金利が廃止され、現在の上限金利は20%となります。

POINT

グレーゾーン金利とは、出資法で罰則を定めている29.2%未満の金利

 そのため、金利の金額を算出して20%を超える金利で貸し出している業者は、貸金業法の規定に沿っていない事になります。当然のように違法なので注意が必要です。

取り立てが違法な業者は処分される

 消費者金融の悪いイメージが定着したのは、返済が滞っている債務者へのお金の取り立てにもあります。融資したお金の回収を強化するあまり、違法となり得る手段で取り立てを金融業者が多くありました。

私生活の妨げになる違法な取り立ては貸金業法の第21条で規制されている

 違法な取り立てとはこのような場合です。

  • 就寝する時間とされている21時から翌朝の8時までの間に電話をする
  • 張り紙などで債務者の借入の情報を他人に分かるように提示する事
  • 借り入れた債務者以外に他人に債務者の返済を依頼する
  • 勤務先に電話をする行為の停止を聞き入れてくれない

 このような違法な取り立てに関しては、債務者が安心して生活ができるように貸金業法で厳しく規制されています。

「違法の取り立てではないか?」と感じた場合には、所定の手続きをすることで、違法な貸金業者は刑事罰を受けたり、営業停止に追い込まれる可能性もあります。

消費者金融をうまく利用する為に

 生活に必要な資金が足りなくて困った時には、親戚や友人などにお金の融資を頼むこともあるはずです。その際に、お金を貸してくれる人がどうしても見つからない時には消費者金融にお世話になる事もあるはずです。

 この時、借入の理由が「他社からの借入を返済する」目的である場合、借入金額が雪だるま式に増えて・・

POINT

返済不能の状態に陥ってしまう可能性

 があります。 この状況を回避するには、金利の安いローンに借り換える「おまとめローン」という金融商品が有効となります。多重債務を完済していくための方法としてはベストな対策となります。

完済までの対策とは

 うまく消費者金融と付き合っていくためには、利用する前に注意点をチェックしておく事が大事になります。収入の金額や返済のプランを考慮する「計画的な融資と返済」がポイントとなります。

  • 完済するまでの期間と金額の流れを想定する
  • 必要な金額(最低金額)のみ借入をする
  • ネットで借入と返済の手続きがするように
  • 予定通りに返済できない場合は、早急に相談する

 最も重要なのは、予想した返済プランが不可能となっている状況を自分で判断できるかどうかです。毎月のように借入の金額の方が増えていく状況であれば、何らかの対策を考慮しないと借入金額がどんどん増加してしまいます。

無利息期間のサービスを提供している消費者金融

出典:消費者金融のアコム https://www.acom.co.jp/

 お金を借り入れる様々な業者と比較すると、消費者金融を利用するメリットの1つに無利息融資のサービスがあります。

POINT

消費者金融では初回の融資に限り30日間無利息融資となるサービスがある

 この無利息融資のサービスは、設定された期間内に全て完済する事ができれば、利息を全く支払わずにお金の借入てが可能となります。1円も利息を払わずにお金を調達する方法は、他ではなかなか見つかりません。

審査に通りやすいのは消費者金融である

 もう一つの消費者金融の特徴として、銀行労働金庫信用金庫などに融資の依頼をするよりも、消費者金融の方が最も審査に通りやすくなります。

POINT

消費者金融は他の金融業者と比較すると審査に通りやすい

 ただし、現在は銀行と消費者金融の企業が提携しているスタイルが多くなっている事から、銀行系の消費者金融の審査基準は各社に違いがあります。そのため「実際に審査を依頼してみないと分からない」状況にあります。

即日キャッシングが期待できる

 もともと消費者金融はサラリーローンを前提にしていることから、融資が必要な時に審査を依頼しすぐに結果を示して、借入が可能となるローンカードを即時発行するというサービスになります。

 そのため、他の金融関連のサービスと比較すると審査から融資までのスピードが格段に速いことがメリットとなります。

消費者金融は即日キャッシングが可能となる

 金利の低い融資を依頼する場合には、数日間の審査期間や追加の提出書類などを依頼される場合などがあり、すぐに現金が必要なときには対応できない場合が多くなります。

即日キャッシングが可能となる消費者金融
プロミス アコム モビット アイフル

Posted by mon