在籍確認の電話あり?楽天カード アコム プロミス レイクなど

できるだけお金を使わないように生活をしていく基本となるのがクレジットカードの利用です。カードで決済をすることで、少しばかり安くなる場合があったり、ポイントを集める事で商品購入時に利用する事が可能です。

このようにして、お金の不安を少しでも解消していくことがベストな対策といえます。ですが、どうしてもお金が足りないときはお金を貸してもらえる企業に依頼する必要があります。

そのようなキャッシングやカードの申し込みをした際に、在籍確認があるかどうかがポイントとなります。できるだけ会社にはカードを作る事や、キャッシング会社へ申し込んだことがバレないようにしたいのでこの部分は重要となります。

在籍確認が必要となる場合

キャッシングを提供しているアコム プロミス レイク モビットなどに審査を依頼する際には以下のような情報を記載する必要があります。

  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 勤務している企業名
  • 所属部署

この情報を元に、本当に審査を依頼している無いように間違いが無いかを確認する為に、在籍確認の電話をします。

プロミス アコム モビット レイク などに審査を依頼すると在籍確認がある

在籍確認とは、会社に個人名で連絡をして、本当にその会社に申し込みをした人がいるのかどうか確認する電話となります。但し、多くの人が考えている在籍確認とは違っています。

在籍確認は慎重に行われる

申込者が在籍している企業に在籍確認をするときには、以下のような部分に最大限の注意を払います。

  • キャッシング会社からの連絡であるとバレないこと
  • 申込者の知り合いを装って個人名で電話する
  • 電話番号は非通知で在籍確認をする

このように、在籍確認の電話はキャッシング会社の担当者が行いますが、絶対にキャッシング会社であるとはバレないように話をします。電話番号も非通知設定なので、どこの企業から電話が入ったのが履歴が残らない状態となります。

このような状態で在籍確認が行われるので、基本的には会社側にはキャッシング会社に審査を依頼したことがバレないはずです。

在籍確認の内容とは

会社で勤務をしているときに、キャッシング会社の担当者から在籍確認の電話が入った場合、電話を取った事務員などには

「鈴木と申します。○○さんは出勤していますでしょうか?」

のような個人を装って連絡が来るので、会社の事務員は友人や知人などからの連絡として取り次いでくれるはずです。

不在だった場合でも、申込者の名前で電話をして本人が会社に在籍していることが確認できれば、それで在籍確認は終了となります。

「○○は現在席を外しております。」

このような内容が確認できれば、在籍確認が完了できたことになります。どちらの状況であったとしても、会社側の事務員には個人からの電話があったと言う事実しか残りません。

クレジットカードの申し込みの際には

次は、クレジットカードを申し込む際の在籍確認ですが、例えば以下のようなカードを所持している場合の在籍確認の可能性です。

どのカードも人気があり、多くの人が所持しているタイプですが、これらのカードを申し込む際には基本的に在籍確認が行われないことが多くあります。多くあるというのは、申し込みをした人によって状況が変わるからです。

例えば、発行枚数が非常に多い楽天カードの場合には、本人確認の電話があっただけでカードが発行される場合がほとんどです。そのため、勤務している会社在籍確認はないカードであると言えます。

カードを更新する際の在籍確認

もう一つ注意する必要があるのは、カードを更新する時です。カードを契約した時点から年数が経過しているので、勤務している会社も変わっている可能性があります。

そうなると、実際にカード登録時に記載した会社名と相違点がある事になります。このような状況は問題が出てしまう可能性があるので、早急に勤務先の登録情報を変更する必要があります。ただ、在籍確認については一般的には行われません。

カード更新時には在籍確認は行われない

これは、カード会社が重要視しているのは、カード所持者の返済能力であり、これまでカードを利用し引き落とし日に確実にお金を準備できている人であれば「返済能力があり信用のある人」と判断するので、会社の在籍状況はそれほど重要視していません。

まとめ:在籍確認がある場合

上場企業に勤めている際にクレジットカードを新たに発行したもらい、その際に「勤務している企業名」に記載した会社を辞めてしまったときには、できるだけカード会社に転職した情報の変更手続きをする必要があります。

ただし、無職になったからと言って、カードが取り上げられるようなことはあり得ない事です。これまでと同様にカード決済を利用し、引き落としの期日にしっかりと返済が可能であれば、カードの更新後にも同様に利用する事が可能です。

カード会社が見ているのはその個人の信用度であり、カードでショッピングやキャッシングを利用し、決められた期日に返済している人には在籍確認などをする必要がないのです。

Posted by mon