被服費の意味 年間平均とは?割合・年収 ・靴 経費と勘定科目

 お金を使わず賢く家計をやりくりしていくときに、予算を抑えやすいのが被服費です。新たなファッションアイテムの購入を我慢して、既存の服で着回しできるなら、他の出費に使いたい予算へお金を回す事ができます。

 被服費は一般家庭の年間平均の金額を参考にしながら、目標を決めていきます。

被服費の平均金額

 総務省のデータを集計した大まかな計算においては、住宅ローンを返済している途中の世帯においては、1月あたりの被服費は14,000円程度となっています。

  • 被服費の平均は1月あたり14,000円。年間では15万円ほど

 現在、住宅ローンを利用していない家庭では、少し安くなって1月あたり13,000円となります。

 その他、「二人以上で生活している世帯」、「共働き」、「高齢者世帯」などの基準から、「被服費の平均値」を見ていきます。

被服費が占める割合とは:二人以上の世帯

 同様に総務省のデータ「二人以上の世帯(勤労者のいる世帯)の家計収入」によると、消費支出の平均額:月あたり消費支出31万円の内訳を見るとこのようになります。

二人以上世帯(勤労者あり) 全体 31万円 前半
食料
24.2%
住居
6.1%
光熱
6.7%
家具
3.5%
被服
4.2%
二人以上世帯(勤労者あり 後半
保健
3.6%
交通
15.8%
教育
6.3%
娯楽
9.7%
その他
19.8%

「被服・履き物含む」は全体の4.2%、金額では「13,020円」となります。

共働きの家庭の被服費

 次は共働きの家庭の場合です。総務省データ「夫婦共働き世帯の家計収入」によると、消費支出の平均額:月あたり消費支出33万円の内訳を見るとこのようになります。

夫婦共働き世帯 支出全体 33万円 前半
食料
23.1%
住居
5.4%
光熱
6.0%
家具
3.3%
被服
3.3%
夫婦共働き世帯 後半
保健
3.5%
交通
16.2%
教育
8.1%
娯楽
9.9%
その他
20.0%

 通勤に必要となる交通にかかる費用とともに、被服費も多少増加しています。「被服・履き物含む」 4.5% を金額で見ると「14,850円」となります。

高齢夫婦・無職世帯の被服費

 次は高齢夫婦・無職世帯の場合です。総務省データ「高齢夫婦・無職世帯の家計収入」によると、消費支出の平均額:月あたり消費支出23.7万円の内訳を見るとこのようになります。

高齢夫婦・無職世帯 全体 23.7万円 前半
食料
27.3%
住居
6.2%
光熱
7.9%
家具
3.8%
被服
2.8%
高齢夫婦・無職世帯 後半
保健
6.3%
交通
10.6%
教育
0%
娯楽
11.1%
その他
24.0%

 教育にかかる費用は全くなく、消費支出全体の金額が減少している中でも被服費の割合はかなり減少しています。「被服・履き物含む」 2.8% を金額にすると「6,636円」となります。

被服費に含めるもの、含めないもの

 「身につけるもの = 被服費」という考え方が基本ですが、以下のものは「被服費」の範囲で当たっているでしょうか?

被服費の範囲に入れるルールにするか迷うもの
帽子 ファッション用キャップ・すでに20個所有
アクセサリー ネックレス・ブレスレット、プライベート用
作業服・作業靴 職場から指定される店・指定ブランドのみ
スーツ 仕事用・外国製ブランド10万円・すでに10着あり
革ジャン・高級コート おしゃれ専用5万円越え・すでに10着あり
腕時計 正常に動く5万円越えを10個所有
バッグ 仕事では持ち歩かない・10万円越えを複数所有

装飾品は「お小遣い」の範囲に含めるべき

 バッグや腕時計が高級品であったとしても、普段から身につけているなら「被服費」の考え方にあてはまりますが、すでに

ブランドバッグ・腕時計を10個以上所有している

 状態であり、使わずに飾っているなら、「お小遣い」、「娯楽費」、「おしゃれ費」などに分けていかないと、改善点が見つけにくい家計簿になってしまいます。

 また、仕事用に使う(必ず購入する)「スーツ」・「作業服」などを被服費(仕事用)としてまとめたり、プライベート用の「Tシャツ」・「靴下」などは被服費(自宅用)として分けておくと、より分かりやすい家計簿になります。

ユニクロ・しまむらが大人気に

出典:しまむら

 「被服費」を減らすためには、良い商品を安く購入できるファッションショップを利用します。

安さ・品揃え・高品質で人気のファッションショップ
しまむら 子供から年配の方まで全年齢のアイテムが揃う。大きめの3L、4L、5Lサイズも含めて肌着からジャケット・靴・バッグまでが低価格で揃う。安い服を買うならこのお店を基準とするべき
サンキ 「しまむら」より店舗数は少ないが、ファミリー向けの品揃えと良心的な価格が魅力のお店。裏地が簡素な服や、丈が短めのパンツなど、安く売る理由を分かって買うなら、満足度は高い
UNIQLO 素材の品質、機能性を重視したベーシックなデザインのファッションアイテムが豊富。家計に優しい優良店だが、多くの人が利用する人気店であるため「ユニクロの服」だとバレやすい
GU ユニクロの低価格なブランド。誰もが好む基本アイテムが中心となるため、まとめ買いしたいアイテムが多い。見た目ではユニクロとの違いは分からないが、「価格なり」の商品もあり
H&M 安さばかりでなく、デザイン性の高いアイテムが豊富。有名デザイナーを採用しているので、大量生産で安い価格ながら、流行色やトレンドが反映されており人気が高い
無印良品 派手さはなく、着心地が良い服が揃っている。価格帯と品揃えはユニクロに近く、カラー・素材・肌触り・デザイン・価格においても満足度は高く、希望している服が安心して買える
アベイル しまむらグループのショップ。しまむら、ユニクロより高めの価格で、若い女性向けのファッションを意識した品揃えとなる。流行のアイテムがブティックよりも安く買える

 「しまむら」は価格と品質で優れているため、普段着を「しまむら」で揃えている家庭は多いはずです。そのため、安い「しまむら」の服だとバレないか気になる方もいます。

 しかし、しまむらはサイズ欠品しても追加で入荷しない「売り切り」のスタイルとなるため、同じデザインの服を見かける頻度は少ないはずです。

ユニクロで「1,980円」以上は高く感じてしまう

出典:ユニクロ ヒートテック

 ユニクロと繊維メーカーの「東レ」が共同開発した「ヒートテック」という新素材は、速乾・保湿・保温に優れており、薄くて着ぶくれしないため人気です。この優良素材のインナーは 990円で提供しており、かなりお買い得感があります。

 そんな中、「ユニクロでは1,000円以上の服は買わない」という方も多くいます。季節が終わりに近づくと、良品が「500円・790円のワゴン」で次々と処分されるため、「2,980円」で売られている定番商品は とても高く感じてしまいます。

デザインジャケット・ブルゾン・ジーンズ 3,990円 は高い印象

 過去にウルトラライト(軽量)ダウンベストが流行ったことがありましたが、3,000円より高いアイテムは「他で買った方が良いのでは?」と慎重になる方が多くいます。やはり高品質だと分かっていても「ユニクロ = 安い服」という印象がマイナスに働いてしまいます。

規格外サイズは、ユニクロ オンラインショップで

出典:ユニクロ オンラインストア http://www.uniqlo.com/jp/

 ユニクロの店舗で売られている商品は、「ユニクロ公式オンラインストア」にて購入することもできます。店頭では見かけない大きめの XXL~4XLサイズであったり、より小さめの XSサイズも品揃えしているので、お手頃価格でピッタリサイズのアイテムが見つかります。

  • ネットショップは、規格外サイズの品揃えがある
  • GUでは、サンクスクーポンが定期的に配布され、更に安く買える

 ユニクロ・GUのネットショップは 5,000円以上の商品を購入しないと送料無料となりませんが、Tシャツ、パンツ、靴下などの500円前後の品揃えが豊富なので、まとめ買いでも困らないはずです。

古着を探して被服費を抑える方法

出典:ZOZOUSED http://zozo.jp/zozoused/

 近年は、古着をファッショナブルに着こなすテクニックに注目が集まっています。「古着屋めぐり」を趣味としている芸能人やモデルも多く、服の購入に使ったお金と仕上がりのギャップが雑誌の記事になります。

  • 被服費を抑えるために古着で調達する
  • 手持ちの古い服を下取りしてもらい購入費用を増やす
  • 掘り出し物を探す趣味としての楽しみがある

 趣味に使う娯楽費、被服費のどちらも減らせる良い対策です。人気のフリマアプリを覗いたり、ヤフオクで「不要品を大量処分したい出品者」を見つけると相当にお得になれます。

 ただ、掘り出し物を即決で買うようになると、必要以上にお金を使いすぎる習慣には要注意です。

まとめ:被服費を抑えるためには

 生活に必要なお金を作り出す対策の一つとして、被服費を少なめに抑える考え方があります。

 肌着は洗濯する回数が多いため、ヨレヨレになるまでの期間が短くなってしまいます。そのため、多少価格が高くても「品質重視の肌着」に切り替えてみると、長く使えてコスパが良くなる可能性があります。

Posted by mon