被服費の年間平均とは 洋服代の節約 経費と勘定科目

年間を通してお金を使わない賢い生活を続けていくにはためには、自分なりの無駄遣いを避けるルールを作っておくことが重要となります。食料品のコストや、交通費、その他の公共料金などの支出を考えて、やりくりしていく対策が必要となります。

そんな中で、重要になってくるのが被服費です。いつまでも古い服を着ていては周りの人達からの印象も悪くなってしまうので、定期的に新しい服を買い替える必要があります。

被服費とは

被服費とは、簿記の勘定科目で使われる項目であり、業務で使用する衣類を経費として計上するかどうかが考えどころとなります。基本的に被服費として購入する衣類などは、個人事業の経費として認められない物がほとんどです。

被服費は経費として認められない

家計簿を付ける際には、被服費は家族の衣類の全てが該当します。靴や帽子は被服費で、バッグやアクセサリーなどを別の勘定科目として計算すると無駄遣いをチェックする事も可能になります。

被服費を経費として計上する

被服費については、仕事に使用するために購入した衣類を経費として計上したいと考える事が多くなります。経費として考える為には「業務に必要な衣類である」というルールを守る必要があります。

業務上必要な衣類は経費となる

そのため、スーツなどについては業務上必要となる制服として利用していけば、経費として計上することが可能となります。制服とするためにはスーツに、会社名などの刺繍を入れて制服という考え方を徹底する必要があります。

洋服代の節約を考慮する

家庭の被服費については、年間平均の被服費の数字を計算していく事が重要になってきます。洋服は毎年いくらかの費用をかける事になりますが、よく考えていけば購入しなくても生活ができる範囲があります。

被服費の平均額を減らすことは可能である

下着や靴下のような定期的に洗濯すると痛みが激しい衣類に関しては、定期的に入れ換えて行く必要があります。そのため下着などに関しては年間を通して必要となる出費となるはずです。問題となるのはそれ以外の洋服代となります。

アウターの被服費

ジャケットにジャンパー、スラックスやスカートのような衣類に関しては、洗濯やクリーニングなどの回数がそれほど多くないので、1年程度ではそれほど痛まないはずです。つまり、1年を通して衣類の購入を抑える事も可能となります。

アウターの衣類は購入を抑えることができる

今年のトレンドカラーや、流行のファッションを追い求めたりしなければ、去年まで来ていたが衣類をそのまま着回すことが可能なはずです。贅沢をせずに必要なお金を確保していく為には、洋服を買わない努力が重要となります。

着回しのできる衣類だけを買う

トップスやボトムスなど、素材やカラーやデザインでコーディネートする衣類に関しては、購入した後に思ったよりも出番がない衣類が必ずあるはずです。

購入後に出番の少ない衣類がある

このような衣類が無駄遣いとなるため、購入する時にはコーディネートを考えて、出番の多い衣類を購入することが重要です。着回しのできるカラーでありながら、季節を通して利用できる素材の衣類を購入することも重要となります。

自宅の衣類の在庫をチェック

なかなか着回しすることがない衣類などを確認していくと、タンスの中に意外と多くの衣類を所有している事を確認できるはずです。この衣類の在庫を知ることが最も重要であり、被服費を抑えるポイントとなります。

タンスの中にある衣類を再チェックしてみる

季節別にトップスとして着回しできる衣類の数をチェックし、様々なシーンで着こなすことができる衣類の数を確保できていれば、新たに買い足す必要はありません。

本当に必要となる(出番が多くなりそうな)購入すべき衣類の範囲を限定することで、出番の少ない衣類を購入する頻度を減らすことができます。

被服費の平均金額

大まかな計算方法ですが、総務省のデータによると住宅ローンを返済している途中の世帯においては、年間あたりの被服費(1月あたり)は1万5000円程度となっています。そして、住宅ローンのない家庭の場合は、少し安くなり1万3000円程度となります。

被服費の平均は1万4000円(1月あたり)

年間を通してみると15万円程度を被服費に充てている事になります。この金額は平均の金額である為、数年以内にスーツを購入したり、バッグや装飾品などを購入すると急激に上昇する可能性があります。

下着や靴などは痛みが早いので、毎年必ず購入するはずです。その金額を考慮すると、贅沢なファッションアイテムを購入する金額はそれほど多くない事が分かります。

古着を探す考え方

衣類をファッションアイテムとして考えると、楽しみながら着回すことができる衣類の種類が増えると、生活のモチベーションを高めることができます。

これは、新品の衣類を購入するだけでなく、アウトレットなアイテムを探す事でも欲求を満たす事ができるはずです。ネットのオークションを利用する考え方であったり、古着専門のショップに足を運び、お宝アイテムを見つける考え方も有効です。

アウトレットショップで購入費用を抑える考え方

最近では、古着ではなく新品でありながら有名ブランドのB級品を格安で提供しているお店などもあります。何処のショップと連動しているお店であるのか情報を確認して商品を探すと、品質の良い納得出来る範囲のB級品を見つけることができます。

ユニクロ・GU・しまむらを活用

高級ファッションブランドでなくても、清潔感のある綺麗なカラーコーディネートは十分に可能です。優良な素材でありながら着心地の良いファッションアイテムを安く購入するには、ユニクロ・GU・しまむらの活用が有効となります。

ユニクロ、GU、しまむらで被服費を抑える

これらのショップは、素材も良くデザインも十分なアイテムでありながら、見た目よりも安い価格で提供しているため、家計を考えた衣類を購入するときには非常に助かります。

オンラインショップで更にお得に

これらのお得なファッションアイテムを購入できるお店には、ネットショップでも購入が可能です。店頭で販売している商品だけでなく、レギュラーサイズよりも大きめなXL、XXLサイズであったり、より小さめサイズが品揃えしているなど、店頭よりも自分に合うアイテムを見つけやすかったりします。

ネットショップは、レギュラーサイズ以外も品揃えしている

また、GUなどは、サンクスクーポンが定期的に配布されるので、これを利用して更にお得に商品を購入することができます。5,000円以上購入すると送料無料となりますが、ベーシックTシャツや靴下、パンツなどの肌着類をうまく組み合わせると、すぐに5,000円以上になるはずです。

まとめ:被服費を抑える

生活に必要なお金を作り出す対策の一つとして、被服費を少なめにしていく考え方があります。

肌になどは、洗濯の回数も多いので痛みやすいため買い替える頻度がどうしても多くなります。このような衣類を購入するときには、良い品質でありながら価格の安いショップを利用する事が有効です。

そして、現在所有している衣類の在庫を再確認し、着回しできる素材の良いアイテムを少量ずつ揃えていく事で、毎年の被服費を減らしていく事ができるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする