格安SIMカードの利用でデータ通信と通話の費用を安くする

節約生活を目指して、auやdocomo、ソフトバンクなどのキャリアが設定している料金を見直しても、なかなか安くなりません。

しかし、キャリアを変えずにいると安い料金設定を考慮しても限界があります。より大きく節約していくためには格安SIMを利用していく対策が効果的です。この格安SIM事業者の使い勝手や、安くなる料金設定などをチェックしていきます。

格安SIM事業者とは?

格安SIMを提供してる会社をまとめて「モバイルバーチャルネットワークオペレーター:仮想移動体サービス事業者」と言います。あまりにも長いので短縮してMVNOと言われます。

大手の携帯電話会社となる、auやドコモ、ソフトバンクと同様のサービスを提供するとなれば、新たな無線通信サービスのインフラ整備を始める必要があります。

それには膨大なお金がかかってしまうので、大手(auドコモソフトバンク)の事業者のサービスを借り受けてサービスを提供しているのが、MVNOとなります。

MVNOはドコモやauの回線を利用する

格安SIMにて安く通信や通話が可能となるためには、大手のキャリアの回線を又貸しするだけでは利益を出すことは難しくなります。そのため、価格を下げる必要が出てきます。

  • 大手の携帯電話の毎月の料金:7,000円
  • 格安SIM利用時の毎月の料金:1,600円

これくらいの差になるように料金を設定しています。ここまで料金を下げることができるのは、提供しているサービスの中身が大きく変わっているからです。

格安SIMで料金が下がるしくみ

大手の携帯電話会社と比較して、格安SIMが安くなるのは通信速度を制限することで安く提供することができています。

格安SIM = 通信制限をして価格を安くする

大手の携帯電話会社と比較するとこのようになります。

大手の携帯電話会社と格安SIMの違い
業者名 データ通信の容量 音声通話
大手携帯電話会社 無制限 可能(同じ)
格安SIM事業者 3ギガバイトまで 可能(同じ)

音声通話の品質などは全く変わらず、データ通信の容量を大幅に抑えて1人あたりの通信料を控えることによって、サービス全体の料金を下げることが可能となっています。

通信スピードを抑えるしくみ

格安SIMをを利用して、携帯電話の使用料金を抑える為には、自分の使用用途によってデータ通信料を制限します。格安SIMを契約する際にコストをできるだけ抑えながら快適に利用できるプランを選択する事が重要です。

データ通信量によって料金が変わる
低速プラン 980円 0G
1Gプラン 1,200円 1G
3Gプラン 1,600円 3G
6Gプラン 1,900円 6G
15Gプラン 2,400円  15G

このように、データ通信量を抑えていく事で安いプランの料金設定にすることが可能となります。

選択しているプランのデータ通信量を使い切った後には、通信速度が送受信最大200Kbpsに制限されるようになります。

制限速度の200Kbpsとは?

格安SIMを利用する時に最も重要視すべきなのが、データ使用量です。これまで毎月10ギガ程度利用している人が、3ギガプランに申し込むとすぐにデータ使用量の上限まで使い切ってしまいます。

その後は200Kbpsへ制限されますが、この速度では以下のようなサービスが利用可能です。

  • メールでデータの送受信
  • LINEで文字情報の送受信
  • LINEで音声通話
  • Skypeで音声通話

ブラウザでネット検索をする事も可能ですが、1ページが表示されるまで30秒程度待たされる可能性があります。写真が多くなればその分だけダウンロードの時間がかかるので、ページの表示が遅くなりイライラする事になります。

ですが、友人から連絡を着信待ち(メールやLINEで連絡をする)程度の使い方では十分な速度であるため、自宅と会社でWi-Fiが利用できる環境であれば、5ギガ程度のプランでも十分な人はかなり多くいるはずです。

動画の閲覧は無理である

200Kbpsの通信速度では、ユーチューブなどの動画を閲覧する事も可能ですが、相当にデータ量が抑えられた軽い動画しか閲覧出来ません。しかも、ダウンロードするまでかなり待たされる可能性があります。

ストレス無く利用する為には、フルスピードのデータ通信が可能になるので、予想外に早く設定されているプランのデータ通信を使ってしまった場合、1ギガ単位でフルスピードの容量を購入する事が可能です。

ですが、最初からデータ通信量のプランで選択しているよりも割高の料金でデータ量を購入することになります。

まとめ:格安SIMカードでデータ通信コストを抑える方法

格安SIMのサービにおいては、音声通話は大手の携帯会社と全く同様のサービスとなるため不満に感じることはないはずです。ただ、データ通信量だけはどうしても制限した分だけ料金が安くなるので、ギリギリを狙うようになります。

格安SIMの事業者によっては、最初からプランを選定することなくフリープランの状態で利用できる業者もあります。例えば、3ギガを超えてしまうと、料金プランが5ギガのプランへ自動的に切り替わるような自由度の高い料金設定になっている業者もあります。

Posted by mon