チャージ:お金を入金 au WALLET Suica WAON LINE Pay

ちょっとしたお小遣として使うお金が欲しい時には、お金を確保する考え方ではなく、ポイントをゲットしてお金と同じように使っていく考え方があります。最近では、電子マネーの書類も多くなり、還元率の高いサービスを利用すると出費を少しでも抑える事ができます。

プリペイドタイプの電子マネーの場合にはチャージをする必要があります。チャージは手間のかかる作業ですが、クレジットカードから自動的にオートチャージの設定ができないカードに関しては、仕方がない作業となります。

しかし、カードを紛失してしまった場合には、オートチャージ機能がついているカードはすぐに停止する必要があったり、セキュリティー面で心配な部分があります。

その点から考えても、少額のお金をチャージして子供でも所持できるタイプの電子マネーが便利となります。

チャージが出来るお店

これらの電子マネーなどは、コンビニでチャージをすることができます。ただ、提携している電子マネーしかチャージできないので、よく利用するお店を限定して電子マネーを選んでいく対策が求められます。

チャージは提携しているお店で可能となる

ショッピングセンターなどの場合、レジで使用する時にはチャージされた上限金額までしか買い物ができません。レジでチャージすることができないサービスの場合、店舗内のチャージ専用の端末で入金する必要があります。

レジでチャージできない電子マネーもある

このようなチャージのルールは、電子マネーの種類の分だけ覚える必要があります。手間のかかる作業ですが、お得なポイントをゲットする事が可能となるため、コンビニやショッピングセンターなどをチェックして利用しやすい方法を探すことも重要です。

Suicaは交通機関以外でも利用可能

共通交通機関にて利用が可能なSuicaは、Amazonや楽天などのネットショッピングなどにおいても利用できる電子マネーとなります。買い物をすることによってポイントを貯める事もできる便利なカードとなります。

通学で電車を利用する場合には、Suicaを所持しているだけでお金の支払い面でかなりのメリットがあります。そして、クレジットカードが所持できない未成年でも利用できるため、かなり利用頻度は高くなります。

Suicaはクレジットカードを所持できない学生でも利用しやすい

Suicaは印字情報を書き換えることで、定期券として利用できます。チャージは基本的に駅の券売機で行います。

チャージができる自動精算機

Suicaのチャージは、券売機や自動精算機、定期券発売機で可能となります。その他、コンビニやキオスクでもチャージが可能となります。

Suicaはローソン、ファミリマート、ミニストップなどでチャージできる

チャージは、1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円の金額が可能となります。クレジットカードの「ビューカード」を所持していれば、自動改札機にタッチするだけでオートチャージをする設定が可能となります。

au WALLETへチャージする

au WALLETは、auの携帯電話を所持している場合には、「auかんたん決済」を利用していれば、オートチャージの設定が可能となります。

auかんたん決済で上限の10万円までオートチャージできる

また、じぶん銀行からのチャージ、クレジットカードからチャージする方法、そしてau WALLET チャージカードを利用する方法があります。au WALLET チャージカードは、最寄りのauショップで購入できます。

チャージと利用で二度ポイントが得られる

au WALLETがお得なのは、auかんたん決済を利用してチャージをすることによって、チャージポイントが1%つきます。そして、MasterCardの加盟店などでau WALLETを使用すると、ポイント還元率が0.5%となります。

au WALLETはチャージと利用の際にもポイントがつく

このお得な特典を利用できるのは、auの携帯電話やauひかり(固定インターネットサービス)を契約している必要があります。スマホアプリでau WALLETのサイトにアクセスし、簡単にチャージすることが可能です。

WAONにチャージする

ショッピングの利用で電子マネーを使う時には、ポイント還元率の高いサービスを利用する事が有効です。その点から考えるとイオン、マックスバリュにて利用できるWAONはお得な電子マネーとなります。

WAONにチャージをするときには、イオン、マックスバリュの店内にある「WAONチャージャー」、または「イオン銀行ATM」を利用します。また現金チャージは、ファミリマートやミニストップなどでも可能です。

WAONのチャージはイオン店内の端末やコンビニで可能

イオン銀行に口座を持っている場合には、イオン銀行の普通預金口座からチャージすることが可能です。WAONネットステーションからの手続きでチャージすることができます。

WAONのオートチャージ

自動的にWAONにオートチャージをするためには、イオンカード、または三井住友カードWAON、JMB WAONなどのWAON提携のクレジットカードが必要となります。

WAONのオートチャージはイオンカードなどのクレジットカードが必要

イオン、マックスバリュにおいては、20日、30日のお客様感謝デーには5%オフとなります。イオンカードからWAONにチャージし、WAONで商品を購入すると合計で6%還元となるため、非常にお得なサービスとなります。

LINE Payは利用価値が高い

LINE Payは、LINEアプリを利用して友人や知り合いなどに送金をする事ができたり、LINE Payと提携してるショップにて買い物が可能となります。

LINEアプリにて友人間でお金のやりとりができる

現在においては電話やメールよりも、LINEを使用する人が圧倒的に多いため、LINE Payの様々なサービスを利用できます。例えば、イベントなどで仲間達が集まったときにお店の支払いが必要になると「割り勘」機能を使って均等に請求することも可能です。

LINE Payへチャージする

LINE Payへのチャージは、銀行口座を登録しておき必要に応じて口座からチャージします。または、Pay-easyからのチャージ、コンビニでチャージすることも可能です。

LINE Payは銀行口座、コンビニでチャージできる

利用可能なコンビニは、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマートなどです。LINE Payでは、支払い依頼にて受け取ったお金を銀行へ振り込むサービスがありますが、出金には216円の手数料がかかります。

まとめ:チャージをする方法

様々な電子マネーのチャージ方法を見ていくと、便利に利用する為にはオートチャージの設定が有効です。しかし、そのためにはクレジットカードの所持が必要となってきます。

銀行口座やクレジットカード、そしてコンビニなど多くのショップでチャージができると使い勝手がかなり高くなります。

多くの加盟店で利用できる使いやすい電子マネーでありながら、チャージできる手段が多いタイプがお得になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加