できるだけお金を使わない生活をするときには、銀行のお世話になる事が多くなります。使わないお金は手元に置かずに、銀行 ...

現金を確保する為にヤフオクなどを利用するようになると、銀行振り込みの利用回数が多くなります。相手に振り込んでもらう ...

メガバンクにて口座を作ることが良い選択だと言われます。それはどうして ...

 お金をうまく使っていくには毎月の給与を銀行に振り込んでもらい、そこ ...

 お金を出し入れするために銀行に行って手続きをすることになりますが、 ...

今すぐお金を調達しなければいけない時、多くの場合は銀行から融資可能で ...

景気が悪くなるとお金を使ってしまうと更に生活が苦しくなる状況が考えら ...

久しぶりに銀行の預金(ゆうちょ銀行の場合は貯金)をチェックすると、思 ...

会社から給与を頂く時や、手持ちのお金が多すぎるときには、銀行に依頼する事でスムーズにお金の出し入れができ、無理に大金を所持しなくても安心して生活することができます。銀行は経済全体の流動性を高めるためにも重要な働きをしており、政府が経済の活性化を図ったり、企業運営の円滑化にも銀行の役割は欠かせません。それ以外にも、インフレになったり、デフレになったりと経済全体をコントロールする為に非常に重要な働きをしています。銀行が提供しているサービスや、様々なタイプの銀行の違い等をチェックしておく事が重要です。

銀行が私たちに提供しているもの

pillared

銀行は、安心してお金を預ける事ができる必要があります。そうでないと誰も銀行にお金を預ける事が無くなるので、銀行の本来の営業ができなくなってしまいます。銀行は、簡単には潰れてしまわないように国が保護してくれるので、預けたお金が消えて無くなる可能性は少ないのです。

銀行は、個人や企業などからお金を預けてもらい、そのお金を融資が必要な企業などに貸し付けています。その金利が銀行の利益となります。そのため銀行は、企業などにお金を貸付経済活動に貢献し、そして利用しやすいように店舗数を増やし、個人の預金を預かる業務を行っています。

銀行はいくつかの括りがある

私たちが一般的に利用している銀行は、地域に密着した地方銀行である場合が多いはずです。都道府県内に多くの店舗があり、ショッピングセンターやデパートなどでもATMが設置されているため、何処でもお金の出し入れができるため、給与の売り込み口座として利用している銀行もあるはずです。

地域に密着した店舗数の多い銀行が地方銀行である

そして、いくつかの都市銀行があります。都市銀行は全国的に店舗数が多くあり、何処の道府県でも利用できるため地方に出張に出かける頻度が多い人などは、都市銀行の口座を利用しキャッシュカードを所持しているとストレス無くお金の出し入れができるはずです。

信託銀行やネットバンクに地方銀行

銀行は以下のような系列になっています。

中央銀行:日本国のお金をコントロールする銀行

日本銀行

都市銀行:大都市に店舗があり全国的に利用できる銀行

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行

信託銀行:信託業務を中心に営業している銀行

三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、オリックス銀行、しんきん信託銀行、あおぞら信託銀行、 ニューヨークメロン信託銀行、中央三井アセット信託銀行、新生信託銀行、日本マスタートラスト信託銀行、野村信託銀行、 農中信託銀行、日証金信託銀行、日本トラスティ・サービス信託銀行、資産管理サービス信託銀行、新銀行東京、株式会社SMBC信託銀行、新生銀行、 あおぞら銀行、シティバンク銀行

その他、ネットバンクなど:ネットサービスを中心とする銀行など

楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、イオン銀行、セブン銀行、ソニー銀行、大和ネクスト銀行、第二日本承継銀行

地方銀行:北海道地域、東北地域

北海道銀行、青森銀行、みちのく銀行、荘内銀行、山形銀行、秋田銀行、北都銀行、岩手銀行、東北銀行、七十七銀行、きらやか銀行、北洋銀行、仙台銀行、福島銀行、北日本銀行、東邦銀行、大東銀行

地方銀行:北陸甲信越地域

北越銀行、第四銀行、北陸銀行、富山銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、長野銀行、富山第一銀行、北國銀行、福井銀行、大光銀行、福邦銀行

地方銀行:関東地域

千葉銀行、群馬銀行、八千代銀行、常陽銀行、千葉興業銀行、足利銀行、栃木銀行、東京都民銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、東和銀行、東日本銀行、京葉銀行、横浜銀行、東京スター銀行、神奈川銀行

地方銀行:東海地域

大垣共立銀行、スルガ銀行、清水銀行、三重銀行、百五銀行、十六銀行、静岡銀行、愛知銀行、名古屋銀行、静岡中央銀行

地方銀行:近畿地域

近畿大阪銀行、池田泉州銀行、滋賀銀行、但馬銀行、関西アーバン銀行、京都銀行、南都銀行、紀陽銀行、大正銀行、みなと銀行

地方銀行:中国地域、四国地域

山陰合同銀行、中国銀行、もみじ銀行、百十四銀行、広島銀行、鳥取銀行、山口銀行、伊予銀行、香川銀行、西京銀行、阿波銀行、徳島銀行、四国銀行、島根銀行、トマト銀行

地方銀行:九州地域、沖縄地域

北九州銀行、福岡銀行、長崎銀行、西日本シティ銀行、佐賀共栄銀行、熊本ファミリー銀行、佐賀銀行、親和銀行、大分銀行、筑邦銀行、肥後銀行、宮崎太陽銀行、宮崎銀行、鹿児島銀行、福岡中央銀行、十八銀行、南日本銀行、豊和銀行、琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行

銀行は仲介の業務である

銀行は預金者から現金を預かる金融仲介の業務を行っています。この業務で調達した資金を企業に貸付しています。直接、預金をする個人から企業にお金を貸し付けるよりも、銀行が仲介することにより安心した取引が可能となります。

そしてもう一つは決済の機能があります。本来は現金を下ろしてお金を他の金融機関に送金したりする手続きが必要ですが、銀行間で振り込み手続きを完了させるだけで、現金を操作せずに送金や振込、または自動引き落としの手続きなども可能です。

銀行は信用創造という信用のお金を作り出す事ができます。実際に現金を動かすのではなく銀行に貸し付けたお金(または借りたお金)を企業間で貸し借りする事で、銀行内に現金を置いたまま手続きが完了します。このような信用創造によって実際の現金の供給量を少なくすることができます。

予定がなければ銀行へ預けるように

仕事の報酬などで頂いた給料などのお金をキープしていく対策として、銀行を利用する事が一般的です。とりあえず予定がないのであれば銀行に預ける事が基本であり、手持ちで現金を所持しているよりも安全である事が分かっています。

そして、予定外に大きなお金が必要になり、他の対策でお金の調達が無理な場合には、銀行から借り入れを検討する場合もあるはずです。

このようにお金を貯金したり借りたりするときの基本となる銀行は、使い勝手を優先して選びますが、様々な人口がある中でどのように利用していけばメリットが多くなるのか知ることも重要となります。

地方銀行と都市銀行の違いであったり、どこに預けていれば利息が多くなるかなど、ほんの少しの違いではあるのですが、利便性やその他のメリットなどを比較してより良い銀行との付き合い方を考えていく事が重要になってくるのです。

銀行とはどのような仕事をしているのか

私たちが銀行を利用する時には、給料が銀行の普通預金口座に振り込まれて、そこから家賃やガス料金など光熱費などが支払われていきます。そして、毎月の食費や娯楽費など様々な費用を使う為に、その都度銀行から下ろすようになります。

通常は手持ちの現金として大きなお金も所持しないように心がけるので、銀行のキャッシュカードを利用しこまめにお金を出し入れするようになります。そのあたりを考えていくと、いつも使っている銀行のATMが自宅の近くにあることが望ましく、ATMの手数料がかからない時間帯に、すぐにお金の出し入れが可能となる事がベストなスタイルとなります。

銀行は一般企業と同じく法人なので利益を追求する目的の会社となります。

  • 多くの人の預金を預かる
  • 法人にお金を融資する
  • 為替の取引が可能である
  • インターネットバンキングのサービスが可能
  • モバイルバンキングを提供する
  • デビットカードの発行が可能である

このような仕事が銀行の業務となります。

どこの銀行を利用しても同様のサービスとなる

会社ではお金の借り入れ先として重要であり、そして、個人としては給料が振り込まれる場所として利用し、とりあえず自分のお金を全て銀行に預ける事が生活のスタイルの基本となります。

銀行はどこの銀行を利用しても同じようなサービスであり、しかも普通預金でお金を預けていると、利息の金額もほとんど変わらないことからどこの銀行も同じような仕事内容だと考えることがあります。しかし、銀行は営利目的で営業しているので、独自のサービスを打ち出して経営することも珍しいことではありません。

しかし、銀行が提供する利息の金額も、日本銀行が操作している状態となるため、どこの銀行にお金を預けてもほとんど差が無く利息も一律となります。

銀行が15時に閉まってしまう理由とは

基本的に銀行の窓口は15時になると閉める決まりがあります。これは、昭和56年に制定された銀行法によって決められた内容となります。各銀行が施行した規則によっては15時以降の窓口の継続は可能な状態となっており、地方銀行などで15時以降まで窓口を開けている銀行があります。

このようなサービスの違いがあれば、利息が同じ銀行であったとしても使い勝手が変わるので、より便利な銀行を選ぶ一つの指標となります。

一般的に15時で窓口を閉めてしまうのはちゃんとした理由があります。それは、照合作業という当時繋いで取り引きがあった全ての業務内容をチェックして、実際の現金の数字と合わせる仕事があります。

お金の照合作業に時間がかかる

この仕事にかなり時間を取られてしまうので、15時で窓口を閉めるのは業務終了の時間を予測すると当然のことなのです。銀行の入り口のシャッターが閉まった状態で、夜間まで銀行の明かりがついているのを見たことがあるはずです。

日によっては取引量が以上に多くあり、その照合作業に多くの時間を費やしてしまっているか、もしくは金額が合わない場合が考えられます。銀行の場合は1円でもミスは許されない条件での仕事となる為、銀行員は全ての業務を見直してどこにミスがあるのか確定するまで帰れないのです。

まとめ:銀行とは

銀行においては、その日に取り引きをした全ての書類と現金、手形や小切手などが全て金庫に格納されることになっています。必要な資金を残して、現金の残高が足りない支店に送ったり本店に輸送したりする業務があります。

これらの作業を同日中に全て終わらせることを想定しているので、15時で業務が終了するという考え方もあります。銀行は営業してる時間以外は、お金は全て金庫に保管される状態となります。つまり、営業開始の早朝にそれぞれの窓口にて使用する現金がセットされていきます。

このように業務に使用した伝票が一枚たりとも足りないと再確認が必要であったり、1円でもズレると業務が終わらないなど銀行に関しては厳しい管理が徹底しているのです。

プライバシーに関わる伝票やその他の情報を一切外に出さずに安心してお金を預ける事ができることが銀行の強みとなります。このような安心感があるので、全ての人は給料を銀行に振り込むようになります。