マイカーはある程度の期間で買い替える必要があるため、購入費用を捻出するために毎日の節約を努力していく必要があります ...

最近では、マイカーを所持せずともカーシェアリングの選択肢があるため、自宅に駐車場が不要となる選択肢が可能です。その ...

出典:  日産デイズは、日産と三菱の合同会社を設立し共同開発している ...

出典:  ホンダ N-BOXは、室内の広さと開口幅が非常に広いスライ ...

出典:  ダイハツ タントは、広々とした室内でありながら、荷物の出し ...

お金をかけない生活習慣を心掛けるために節約できる部分を見直していく必 ...

 非常に便利であるため買い物をするときには車を出すことが多いはずです ...

お金がない状況を改善するためには、出来るだけコストを下げた生活レベル ...

常にお金がない状態で生活するようになると、様々な出費を抑える必要が出 ...

自動車を購入する場合にお金が必要ですが、その後にも維持するための出費が続きます。長距離を移動する手段としては全車よりも自動車の方がコストを下げることができたり、意図する場所まで自由に移動できるので断然有利です。そのため、楽に通勤ができたり休日にレジャーに出かけたりするために自動車を所持したいところですが、どれくらいコストがかかってしまうのか慎重に検討する必要があります。最近では、家族内においても大人の人数分だけ自動車を確保する場合や、逆に自動車を所持せずレンタルで対応するという考え方も広まってきています。

自動車を購入する時に考慮する事

自動車の運転免許証を所持しているのなら、自由に移動する為に自動車の購入を検討するはずです。その時に、ポイントになってくるのは生活にどれくらいの余裕があるかです。

毎月の給与の金額を使い切れずに貯金をしている段階においては、贅沢なお金を使っても良い状況にあるはずです。その場合は、自動車のグレードアップして見た目も装備もゴージャスな車両を選択することができるはずです。

新車を購入するべきなのか?

町中を見てみると、中古車を販売しているショップが目に付きます。人通りの多い通りには必ず中古車の販売店があり、ピカピカに磨かれた車を見る事があるはずです。

中古車は新車よりも手ごろな価格で手に入れることができるため、非常に魅力的なあるのですが「お得な買い物なのか?」と考えた場合には微妙な判断となります。どうしても予算が少ない場合には、中古車しか選択できませんが、新車を選べる段階においては維持費などを威嚇しながら考えていくべきです。

中古車を乗り継ぐ考え方もある

自動車を選択する場合、購入価格を最優先にするなら中古車を選択して車のデザインであったり、カラーや装備などに多少の妥協があったとしても、自動車購入の予算内におさめる事ができます。

しかし、中古車を買うときには必ず本来の中古車の価格にプラスして、販売ショップの利益が上乗せされるので、中古車を乗り継ぐスタイルは、新車よりも無駄な出費が増える事になります。

中古車を次々と乗り継ぐ選択は、自動車の購入予算が高くなりがち

新車を購入した場合は、車両の購入費用が1度あっただけで10年以上利用できる計算となります。その間、必要となる出費は車検の費用と自動車税となります。

自動車の下取り、中古車の購入の際には中古車販売業者の利益が加算される

毎年、新しい技術が採用されたデザインの良い自動車のリリースがありますが、目移りせずに1つの車を廃車まで乗り続けるスタイルが、自動車にかかるコストを最も抑える事になります。

自動車ローンは金利が上乗せされる

大きな買い物をするときには、全てキャッシュで支払いするのではなく分割払いをする対策があります。自動車購入時も自動車ローンを選択することが可能になるので、月々の支払いの金額を抑えて無理なく購入する事が可能です。

車両の購入時は自動車ローンを選択して分割払いの選択が可能

多くの人が自動車ローンを選択しますが、ローンにすると毎月金利を支払うことになり、返済期間を長くするとその分だけ金利が上乗せされる事になります。そのため、ボーナスなどを併用し短期間で完済できる自動車ローンを選択すべきです。

自動車にかかってくる税金など

自動車を所持していると、定期的に税金の支払いが必要になります。その内訳は以下となります。

  • 自動車税:毎月1回5月頃に支払います。これは車の所持者全員にかかる税金であり、車両に何らかの問題があって道路を走行できない状況が続いていても支払う必要があります。そのため、自動車を所持しているなら早めに制御して使用するか、売却する対策が必要です。
  • 自動車取得税:自動車を購入した際にかかる税金であり、規定では自動車の価格が50万円を超える場合に支払いが必要となります。そのため最も安い軽自動車を購入しても50万円以上となる為、全ての自動車の購入時に課せられる税金となります。
  • 重量税:自動車は新車購入から3年後に重量税の支払いがあります。その後は2年ごとに車検が必要であり、その際に重量税を支払います。この税金は自動車の重量によって金額に差があり、より重い自動車ほど多くの税金が必要となります。

その他、自動車を購入する際にも他の商品と同じように消費税が必要となります。新車の場合には200万円程度出費する可能性が高いので、数%の消費税が大きな金額になります。

自動車保険に必ず加入するように

自動車を所有するときに必ず覚えておきたいことが自動車保険(任意保険)です。自動車には自賠責保険が自動的にかけられるのですが、それだけでは補償が足りないので、対人や対物などの事故があったときにも対応出来る自動車保険に入っておくべきです。

自動車を所有する際は、自動車保険(任意保険)に必ず加入する

補償の内容を充実させると、保険料が高くなります。車両のサイズであったり、運転者の年齢なども保険料に関係してきます。

まとめ:自動車を購入するとき

自動車は生活には欠かせない道具であるため、家族で生活をしている状況では最低でも1台の車を所持する選択になるはずです。特に出かけたりする際には、移動コストが格段に安くなるのでトータルの維持費なども考慮して、経済面に優れた自動車を選択すべきです。

車検の際に必要となる費用や、自動車税、その他消耗品の交換などで常にコストがかかりますが、定期的にメンテナンスをしておけば大きな故障を回避出来る可能性があります。少しの出費で自動車の維持費を大幅に削減できる可能性があります。