財布の中身が少ない状態が続き、なかなかお金を増やすことができない時には、どのように対策をしていけばよいのか取り組む ...

今すぐお金が必要な状況に迫られることがあります。毎日、お金を使わない生活を意識しながら努力を続けていても、なかなか ...

 お金をくださいと真剣にお願いすると、お金を手にできる可能性がありま ...

質屋は、お金がない困窮した生活を続けているときには、もう一つ考え方を ...

将来の事を考えると不安で眠れなくなってしまう人もいる。 「収入が不安 ...

 あなたは今、お金に困っていて解決策を探していないだろうか?  必要 ...

 あなたは今、お金が欲しくて困っていないだろうか?  貯金が底をつい ...

お金を確保する方法は、労働だけでなく様々な手段が可能であり、ちょっとした時間に作業を継続していくだけで現金が調達できる可能性があります。その効果的な対策の内容と、作業の手間や効率などを考慮した有効な現金調達術を探していきます。

会社に必要な現金調達の手段とは

企業においては最も重要なのは設立当時に資本金の金額を大きく確保する事です。創業時にはある程度のお金を確保していないと、土地や建物、従業員の給与または原材料の購入、備品の購入費用など、用途が非常に多くあるため予定外の出費を考慮しても現金が足りない状態となります。

売上が軌道に乗るまでには多くの時間が必要であり、お金がうまく循環するまでに資金が尽きてしまうと会社を存続させることができなくなってしまいます。

会社設立時に可能な現金調達とは

法人を立ち上げた最初の段階には、資本金として利用できる代表取締役が用意する現金以外にも、出来るだけ多く準備する必要があります。

  • 株による現金調達 新株を発行することにより自己資本を増加させる事が可能です。最も簡単な方法ですが、株を購入する希望者(株主)からの評価が問われます。
  • 負債による現金調達 一時的にお金の借り入れをする対策。社長借りとして、社長の資金を追加する方法や、銀行やその他の融資してもらえる人を探します。

お金を貸し付けてくれる人を探すことは容易な事ではありません。会社や社長の信用が影響してくるので、予定の資金を調達するのは可なり困難となります。

親戚や友人からお金を借りる

現金を調達する最も簡単な方法は、知り合いからお金を借りる対策です。銀行などは長期的な取引がないとまとまったお金を貸してくれないので、新規で起業したばかりの会社に融資してもらえる可能性は低くなります。

信頼できる友人からの資金調達 借用証など契約内容を書面で分かるようにする

信頼できる人だからと言って、口約束でお金を借りると後でトラブルになる可能性があります。そのため、現金を借りた内容が分かるように書面で残しておく事が重要です。

ベンチャーキャピタルから出資してもらう

ベンチャーキャピタルとは、リスクが高くなる可能性があるがハイリターンを期待できる投資をする投資会社の事です。これから急成長しそうな企業(まだ上場していない企業)に投資をして、経営コンサルティングも同時に行います。そのため、高い成長率が期待できます。

事業計画を提案しベンチャーキャピタルから出資してもらう

企業を立ち上げて間もない時期においては、経営コンサルティングを依頼するコストを抑えるメリットがあるため、積極的にベンチャーキャピタルからの投資の条件をクリアする対策を考えるべきです。

取引先企業へ理解してもらう対策

新たな資金を調達する考え方ではなく、現状の資金繰りのルールを緩和していく対策を考慮します。その一つの対策は、取引先への支払いの期限を延ばしてもらう方法です。

現金の支払い期限を延ばしてもらうことで、自由に使える現金が増える

もう一つは、売掛金が早期に回収できるように働きかけて事も重要です。長期間、現金を所持できるようになると資金にゆとりがでます。

まとめ:現金調達をするときに

法人を経営している段階においては、安定経営のためには現金調達が大きなポイントになります。貸し付け可能な銀行などの金融関連企業や、投資家に働きかけていく対策などが必要になります。

信頼できる人から現金が調達できる場合も、返済の期日まで信用してもらうためにも、書面で借入金の詳細を残しておく事が重要となります。