小さい頃に、100円玉や10円玉などの硬貨を触って遊んでいると、「汚いのでやめなさい」のように言われたことがないでしょうか? お金はバイ菌 ...

大学の受験に必要な資金を捻出するためには、多くの貯金が必要となります。進学する大学によっては入学時に多額の入学金や授業料の支払いが必要とな ...

子供を育てるときには多くのお金が必要であり、子供が生まれた時点で買い揃えておかなければいけないものがいくつもあり、それに加えておむつやミル ...

生活の資金に余裕がない事を理由に結婚を先延ばしにする人が増えており、婚期が高齢化するにつれて子供の出生率も低下していく一方となっています。 ...

将来に向けて必要な資金を調達することが重要となりますが、なかなか予定通りにお金が増えていかないことも多いのです。生活資金を出来るだけ少なく ...

子供が高校へ進学すると、これまでよりも更に子育てのお金が必要になってきます。高校生にもなると学校の行事に必要なお金とスマホの通信料金以外に ...

子供と一緒にコンビニに言ったときに、お菓子をねだられることになるはずです。子供のアピールに負けて買ってあげますが、後で見てみるとお菓子は手 ...

夫婦2人で生活をしているときには、将来の子育てに必要となる費用を予め予想して貯金をする対策が必要です。生まれて間もない時期にはおむつや粉ミルクなどのコストが大きくなりがちですが、まだまだ大きな出費とはならないので、将来の子供の学費を考慮した貯蓄を考慮します。特に私立大学などを目指す場合には、早い段階で予備校の資金を確保する必要があったり、同時に部活や習い事を多く学ばせていく対策を考慮するなら、更なる資金を確保する対策を考慮する必要があります。

子育てに多くのお金を確保すべき

独身生活を長く経験してから家庭を持つようになると、様々な出費が増えることを実感できるはずです。そして、子供が生まれて家族が増えると子育てに必要な出費は更に増えていきます。

特に子育てのコストは必ず確保する必要があるため、子供の将来を考慮すると今のうちで可能な限り節約していく暮らしに切り替えていく事が重要となります。

子供に関する出費はかなり多い

子供が生まれると、毎月のお金が必要となる範囲が増えます。ミルク代が母乳で済むこともありますが、おむつは常に必要となります。

  • 粉ミルク
  • おむつ
  • 離乳食
  • 衣類

乳幼児の場合には、生活のコストを大きく切り詰めたりする必要はありませんが、子供が段々と大きくなるに連れて子供のための生活予算を大きく増やしていく必要があります。

年齢が高くなるとおもちゃとお菓子にお金を使う

子供が小学生になる頃には、可愛い子供を楽しませるために様々なおもちゃを買い与えることになります。将来の学力アップを期待して「勉強できるお遊びグッズ」を選ぶようになります。

  • 正しい言葉を覚えるためのおもちゃ
  • 恐竜や昆虫、動物、魚や花などの知識を増やすための図鑑
  • スマホやタブレットで知識が増えるゲーム
  • コミュニケーション能力を高めるための習い事
  • スポーツ能力を高める基礎体力を高めるおもちゃ

オリンピックに出場できるような能力の高い子供に育てるためには、早い段階から様々な能力を高める子育てが最重要とされるため、特にスポーツ関連を伸ばしたいのであれば低学年のうちに多くの予算を考慮する必要があります。

食事の量が飛躍的に増える

特に男の子などは小学校の高学年になる頃には、大人以上に食べるようになります。成長期なので「もっと食べたい」と常に言うようになるため、食事の予算が大幅にアップします。

  • 食事の量が大人並みに増えてくる
  • 明確に将来の目標が分かってきて習い事が必要になる
  • 有名大学を目指すなら早めに塾に入れるべき
  • お菓子を買う量が増えて食費を更に圧迫する
  • スポーツクラブの遠征費用などが必要になる

特にレトルト食品やインスタント食品などの需要が高まってくるので、常に自宅にストックする食料品を確保しておく必要があります。また、成長期なので栄養バランスなどを考慮すると、適当な野菜と肉だけではなく優良食材を調達するように心がけていく必要があります。

被服費がかさむようになる

まだ10代の子供であるなら、親がチェックした衣類を買い与えておけば大丈夫ですが、中学生頃の年代からは自分でファッションアイテムを買うようになるため、被服費の予算を大幅に確保する必要があります。

子供が買いたい靴や服を買ってあげる予算

学校の制服+ジャージなどの予算だけでなく、部活動などで使うユニホームの予算、そして消耗していくスポーツの道具を買い替える予算を準備する必要があります。

高学歴を目指す子育てとは

大学進学を目指すのであれば、高校進学前までに基礎学力を高めておくことが最重要となるため、ライバルの子供達が通っている塾ではなく、より高額な質の高い塾に行かせる対策が必要となってきます。

学習塾の費用+模試のコスト+参考書の費用の確保

進学校であれば、通常の学校の授業時間に加えてより多くの勉強時間を確保できる特進クラスに通う事ができるはずです。この場合、塾のコストを大幅に下げる事が可能なので、子供にかかる費用を抑える為の対策として有効となるはずです。

子育てを考えた生活費

これまで夫婦で暮らしていた家庭において、子供の人数が増えると毎月必要となる予算のバランスが大きく変わってきます。

  • 将来のマイホーム資金(または住宅ローンの支払い)
  • 子供の学資保険(または会社の積立・定期預金)
  • 食費の増加、医療費の増加、被服費の増加

最も問題になってくるのは、子供が自分だけの「子供部屋がほしい」と言うようになった時です。まだ賃貸住宅などを借りている時には、引越しを考慮する必要があります。

新築の一戸建てやマンションなどを購入する予定がある場合は、子供の成長に合わせてプランを考慮していく必要があります。特に子供の学校を転校することになる状況においては、より神経質に考える必要があります。

まとめ:子育てに必要なお金

子供が生まれて成長をする段階においては、子育てを中心とした良い環境を整えていくことが重要になります。両親が共働きの場合でも家庭内に誰かがいるように考える必要があるし、子供の人数が増えた分だけの居住スペースを確保するお金のやりくりが必要になります。

また、成長期の子供は食欲が増進するので、食費がとたんに増えます。食費の増加は子育てのコストを大きく増やすので、子供の人数と収入のバランスを考える必要があります。

食事が嫌いな子供の場合、お菓子ばかり食べるようになると、子供であっても生活習慣病の可能性が高まるため、カロリーの低いお菓子を選ぶ等の手間も必要になります。

医療費の支出を減らすためにも、子供の健康を考えた環境を整えていくことが大事になります。そのために、将来に必要となる子育ての貯金と、子供が成人して就職するまでに必要なお金を考慮する必要があります。