出典:Yahoo!公金支払い  公共料金の支払い(引落し)の予定日の前に支払い額を口座へ入金するために、銀行に足を運ぶとがあるはずです。この ...

通知のはがきに記載される「預金者都合」「預金取引なし」「残高確認要」などの不能理由とコードについてまとめています。コンビニATMなどを利用し ...

公共料金の支払い対策

大事なお金を増やしていくためには、無駄な出費を抑えていくスタイルが重要となります。その為に、家計簿の数字をチェックしたりして、どこを改善したら良いのか見直す時間も多くなるはずです。

また、ネットの情報で節約生活の効果を高めていくための対策を探していくと、公共料金のコストを下げることが有効であると言う情報がいくつも見つかります。この公共料金とは何を指しているのでしょうか?

公共料金の内訳を確認していくと新たな発見があります。厳しい環境でお金の確保を目指していくためにも公共料金を知ることは有効な対策の一つとなります。

公共料金の定義とは

まずは、公共料金がどのような規定で分けられているのかを知ることからです。消費者庁のページではっきりとその内容が記載されています。

公共料金とは 多くの商品やサービスの価格を決定する段階において、政府、または地方公共団体が価格に影響を与えている物が公共料金となります

政府が価格に関連している物が全て該当してくるのですが、その中でも税金であったり社会保険に関しては、サービスや商品の価格ではないので該当しない事になります。これを基準に生活の中で見えてくる様々な商品やサービスをチェックしてくると、どれが公共料金であるのか分かってきます。

生活をする上で支払っている公共料金

家計簿をつけてお金の流れをチェックしていると、どうしても公共料金の支払いは避けられないため、このコストを減らすための対策を試行錯誤するようになります。

  • ガス料金
  • 電気料金
  • 水道料金
  • 固定電話の料金
  • 公立学校の授業料

ガス、電気、水道の三つに関しては毎月のように支払いがあり、節約生活をするために試行錯誤して生活費を残す為に努力する部分となります。ただ、これらの基本料金などの決定を政府の機関が行っているので、公共料金の基本料金が値上げされてしまう事も多くあります。

最近では携帯用の通話端末を一人一台所有している状況があるため、若い家族の場合には自宅に固定電話を設置しない場合も多くなってきています。

また、少子化になるにつれて、一人の子供に使える学費が増える傾向にあるため、公立学校へ行かずに私立の学校を目指す子供が増えてきています。そのため、公立学校の授業料を支払う家庭は減少傾向にあります。

移動手段などの多くが該当する

公共料金は家庭内で使うサービスだけでなく、移動にて使う乗り物の大半が公共料金となります。

このように、公共交通機関の全てが公共料金に該当します。政府が利用者数に応じて設備を増強したり運賃を調整している状況にあります。経済の流れを良くしていくためにも出来るだけ低コストで多くの人が利用できるように整備されているという事です。

生活するお金を増やしていく為には、公共の機関を利用してコストを落としていく考え方が有効です。マイカーを処理するには最初に多額の購入費用が必要であり、メンテナンスにもある程度のコストが必要です。これを取り除いて、公共の交通機関を使っていけば、生活は楽になる可能性があります。

支払い方法を選択してコストを減らす

これらの公共料金に関しては、生活をしていくためにはどこの家庭でも支払っている基本的な費用となるはずです。この公共料金の支払いをクレジットカードで行うと毎月多くのポイントを得ることができます。

同様に、ネットバンクなどのサービスにおいても、公共料金の支払いの口座に指定することで様々な特典を得ることが出来ます。

公共料金は毎月必ず支払う物であり、生活していれば一生必要なコストとなります。そのため、これらの支払いに利用する口座に指定するということは、毎月運用していく口座として使い続けるという意味になります。このような口座を増やしていく事が、銀行やクレジットカード会社にはかなりのメリットとなります。

NHK受信料は公共料金に該当するのか?

公共料金の意味は基本料金がある程度固定されているという考え方が基本ですが、使用する時間や用途を限定してコントロールしていけば使用料金を減らしていく事が可能です。少しの金額であっても、これを継続していく事で、生活を楽にしていくことが可能です。

もう一つ、良く話題になるNHK受信料についてですが、政府が定めた金額という意味では該当するのですが、社会保険などと同じように「対価性がない」という意味で、公共料金という範囲からは外すべきという考え方が一般的になっています。

家計簿の数字という意味の考え方からすると、毎月決まった金額が引き落とされるので、公共料金と見てもなんら問題はない範囲ですが、言葉として使う時には適切でない場合も多くなってきます。

まとめ:公共料金の支払い

賃貸アパートなどを借りて生活を始めると、必ず必要になるのが公共料金です。値上げのニュースなどが頻繁にあると、段々と厳しい生活を求められる現状であることが分かってきます。

公共料金はクレジットカードで支払ったり、口座振替を利用すると便利ですが、特定のサービスにおいては「公共料金の支払い口座」へ設定する事でお得なポイントが加算されるなどの特典があります。

そのため、少しでもポイントを増やして生活を楽にしていく対策を考えていく事が重要となります。