「 健康・食事 」一覧

食事にかかる費用は毎日大きな割合を占めており、食材購入のコストを抑えお金を確保していく対策が可能です。毎日食べる食事の量や食材の品質が低下すると健康を損なう可能性があります。栄養価の高い食事と健康維持に必要な知識を探していきます。

食事と健康がお金に大きく関係している

昼食の時間になると美味しい者を食べる為に、外に出かけたりコンビニなどで美味しい者を探すことがありますが、その時にできるだけお金を使わないように努力すると、菓子パンなどを選択する事が多くなるはずです。

できるだけお金を使わないように気をつけて生活をすると、どうしても栄養バランスを調整する事が困難となってきます。安い食べ物を選ぶ事は、貯金をするためには有効だと考える方法もありますが、実際の所は無駄にお金を使う可能性を高めてしまいます。

健康を維持することが節約になる

女性の場合で考えると、カップラーメンや菓子パンなどを買って、食事のコストを抑えるようになると、栄養バランスが崩れるので、肌荒れがしてきたり、生理の周期がおかしくなったり、便秘や肥満の状態になり何らかの対策が必要となります。

お金を使わない食事は健康を損なう可能性がある

体調が優れない状態をそのままにしていると、病気になってしまう可能性があります。そうなると病院に通院する費用も交通費もかかってしまうので、お金のかからないケチな食事習慣を心掛ける事が、かえって出費を増やしてしまいます。

食事の内容を見直す必要がある

ビタミンやミネラル、そして食物繊維などのバランスが取れていないと、肥満の状態になる可能性が高まります。体重が増加すると、腰痛や肩こりの可能性も増えたり、冷え性になってしまう問題も出てきます。

これらの症状を緩和させるために、ビタミンやミネラル成分のサプリメントを飲み始めたり、温泉に行き体調管理をする頻度も増えるはずです。

体調を改善させる為にお金を使うようになる

特に肌荒れなどが気になってくると、値段の高い保湿クリームや乳液、または性能の良い化粧品を使うようになります。この費用がかなり高いので、食事の費用を抑える対策が無駄になります。

長期的にお金を節約するのはより良い食事から

長期的にみても、健康を維持できることがお金を使わない有効な対策となります。そのため、毎日の食事の内容を良い物に切り替えていく事が重要となります。

インスタント食品ばかりを食べているなら、自炊をすることから始め、野菜や穀物類、海藻類や魚介類や大豆食品など、それぞれの食材に含まれる栄養素を考慮しながら、より良いバランスで摂取していく対策が有効となります。

バランスの良い食事が求められる

毎朝、オリジナルのスムージーを作ったり、栄養価を高める為にヨーグルトにフルーツや穀物類のシリアルをトッピングして腸内細菌を活性化させたり、血行促進効果を高めるなどの有効な対策を考慮していく事が求められます。

年齢が高くなると生活習慣病の可能性も

生活習慣病とは、運動不足やカロリーの高い食事が影響し、血液中の脂肪分が増加してしまう疾患です。血流の流れが悪化することで心臓疾患になる可能性が高まります。

不摂生な生活が生活習慣病となってしまう

もしくは高血圧が要因となる疾患となる可能性が高まり、常に病院に通い薬を飲む生活が続く可能性が高いのです。こうなると、通常の生活よりも医療費が増加するため、お金のかかる生活が続いてしまいます。

優良な食材を調達する

お金がかからず健康にも有効となる食材はいくつもあります。例えば大豆食品などは、お肉を食べるよりも脂肪分を減らしながら良質なタンパク質を補給することが可能です。

  • 納豆:4パックで100円以下で購入できる優れた食品
  • 豆腐:栄養価の高い大豆食品の中でも料理のレパートリーが豊富
  • 切り干し大根:栄養価が高く、繊維質を摂取できるので美容にも有効

切り干し大根は、100グラム程度でも水煮戻すと何十倍もの了に膨らみます。食べ応えもあるので少ない食材でお腹を満たすことが可能です。つまり、健康の面から考慮してもお金を使わない食材として最適となります。

ほうれん草、小松菜などは、見た目の鮮やかさもよくなり、栄養価も十分ある優良野菜です。そしてトマトは、体の抵抗を高めてくれるので病気にかかる可能性を減らしてくれます。医療費の可能性を減らすことは大きな節約となります。

まとめ:健康と食事がお金に関係している

毎月の食費を抑えたい考え方があったとしても、栄養価のバランスまで崩してしまうと、後に大きな出費につながってしまう可能性があります。

節約を念頭に生活費を抑えていくためには、外食をする頻度をできるだけ少なくして、食事の中身を改善していくように心がけるべきです。昼食は自分でバランスの良い弁当を作ることが最善であり、冷凍食品やインスタント系の食品を多用する手抜きの食事は、あまり有効な対策とは言えません。