貯金するお金が欲しい時には、質素な食生活と節約を念頭に家計簿をつけていく対策が有効ですが、生活費として支払っている家賃やその他の生活のサー ...

現在、賃貸アパートに住んでいるときには自分の住んでる地域のアパートの価格が気になることもあるはずです。賃貸アパートの入居申し込みのをチェッ ...

生活のお金をチェックしていくと収入と支払い全ての金額を合計すると、お金がほとんど残っていないこともあります。つまり、毎月の給与の金額をその ...

現在の収入が少ない状態でも、将来的には会社の給料も昇級して次第に高くなって行く事が考えられます。その為、お金のやりくりに困難な時期であった ...

住居を購入する際には、住宅ローンを利用する人が圧倒的に多いはずです。 住宅ローンを借りた場合、その後10年間にわたり所得税が控除される制度 ...

結婚や就職、単身赴任など生活環境が大きく変わるときに、引越しをすることがあるはずです。引越しは多くの費用がかかってしまうので、有名な業者に ...

毎月必ず支払っている固定費の中でも、家賃の費用は最も大きな出費となります。このお金をどうにか抑えることができれば、経済面で余裕が出てくるた ...

家賃の支払いをすると、月末までに必要となる現金を準備出来ない場合があります。お金がない状態で生活をするようになると、水道光熱費や食費、その ...

居住スペースを安く借り受ける対策や、一軒家やマンションを効率よく購入する為のお金の貯め方など将来設計を考慮します。また、不動産投資をするためには多くの資金が必要となり、その資金を確保する積立や資金繰りについて考慮します。

希望の住居を購入する条件とは

人生において大きなお金が必要になるのが住居です。社会人に成り立ての頃にはワンルームの賃貸アパートで十分な暮らしが可能ですが、結婚をして子供が増える状況においては、より快適に暮らすことができる住居を探していく必要があります。

現在の収入を見直して、毎月どれくらい貯金ができてるのかを計算していけば、5年後や10年後の貯蓄の金額を予想する事ができます。その金額を基にマンションや一戸建てを購入できるかどうかを想定していきます。

住居を確保する為には

最も重要となるのは、結婚をして新しい住まいで生活を始める時にどれだけの貯金額を確保できているかです。この時点でそれなりの金額を確保できているなら、賃貸住宅を選択せずに思い切って物件を購入してしまうという考え方もあります。

ただ、2人で済む事を考えると、まだまだ余裕があるので貯金をがんばって継続していくという考え方が一般的になります。そうなると、マイホームを確保する時期は、子供が生まれて部屋が手狭になってきた状況となります。

住居の購入を決断するのは子供の成長と見ながら

ポイントになってくるのは、子供が小学校などに進学するようになると学校の友達とのつながりが強くなります。その時点で、新しい住居のために引越しが必要になると子供のストレスに影響を与えてしまいます。

子供の校区を考えて、新築の住居を探すか、もしくは小学校に進学する前にベストな土地と建物を選択して決定する考え方が有効となります。

暮らしやすい住居を最優先に考える

長年生活する可能性が高い住居を選ぶ時には、理想の住まいを確保する事が最優先となります。

最も理想的な住まいを確保する事を優先すべき

ここでポイントになるのは部屋の広さとなるはずです。できるだけ広い部屋を望むなら、住居の購入に必要な予算を大幅にアップする必要があります。

住居のコストは坪数、そして築年数に大きく影響してくるので、新築の物件を購入する際に広さがネックになるなら、中古の一戸建てやマンションも視野に入れる必要があります。

その他にも優先すべき事

不動産屋に足を運び物件の情報をチェックするときに、なかなか分からない部分は自分の足で歩いて情報収集をすることが重要です。忘れがちなポイントは以下となります。

  • 食料品のスーパーが歩いて行ける距離に複数ある
  • 八百屋さんや、肉屋さん、ドラッグストア、コンビニが多い
  • 子供が通う学校(小学校・中学校・普通高校)が歩いて行ける距離にある
  • 大型の総合病院、または小規模の小児科、耳鼻科、皮膚科などがある
  • 駅、バス停、市役所、公園までの距離が遠くない

子供が成長してくると、遊ぶための場所へ毎日通うようになります。大きな公園までが遠すぎたり、鉄道や大きな幹線道路がいくつも通っている地域の場合、安全面などが気になるようになります。

また、夜間になると居酒屋やスナック街のような繁華街になる地域は、生活のトラブルを回避する意味でも優先順位を下げるべきです。

結局は住居の購入費用を優先する

いくつもの条件を基に優良な住居を探すようになると、結局はお金が足りなくて断念しなければいけない物件が多い事が分かってくるはずです。

理想の物件を購入するには、多くのお金が必要である

毎日の暮らしに大きく影響してくるのが、駅からの距離です。あまりに遠いと電車通勤が困難となるため、マイカーを所持するマイカー通勤が基本となります。都会に近いほど通勤ラッシュの影響も大きいため、仕事に影響する生活時間も大幅に変わってきます。

このように、1日に仕事のために確保すべき時間が多くなると、プライベートの時間が圧迫されてしまいます。住居の購入資金をもっと増やすことができれば、休日の時間を多く確保することができると考える事も可能です。そのため、住居に関するお金を貯金するのは非常に重要な部分となります。

まとめ:住居の確保に必要なお金

将来に必要となる住居の確保は非常に大きな問題です。しかし、厳しい条件をチェックて快適な新居の購入を決断するまでには様々な苦労がありますが、最終的に希望の物件を手に入れることができる喜びがあります。

広さや立地条件を最優先とするなら、中古の物件を選択肢に含める事も必要かもしれません。築年数だけに拘るのではなく、優良な物件を希望の土地で購入する事を最善の対策にしていく必要があるはずです。