「 節約と貯金 」一覧

毎日のお金の消費を考慮していくと、節約を念頭においてお金のやりくりをしていかないと、なかなか貯金の金額を捻出することができない状況となります。近年は一般企業に勤める人達の給与平均の金額が減少傾向にあるため、家計の数字を安定させるためには、節約を念頭においた生活環境を整えていく対策が必要となります。そして、将来に向けて不動産の購入、または子供の学費を捻出するために貯金の金額も大きく確保していく対策が求められます。この節約と貯金を考えた生活設計が必要となります。

貯金を殖やすための節約習慣

厳しい家計を支えるためには、より大きな収入を得ていく必要がありますが、収入アップの為に職を変えることを考えてみると厳しい状況である事がわかるはずです。ヘッドハンティングされるような能力の高い人材であれば、どんどん転職をして収入を増やすことも可能ですが、なかなかそのようには行かないはずです。

そうなってくると、生活で必要なお金を確保する為に節約を心がける生活を目指す必要があります。

1年で100万円の貯金を増やす対策

貯金をするためには、目標を設定することが重要です。「使わなかったお金を貯金に回す」という考え方で貯金を考えていると、毎月月末になるとお金が残っていない状況が何度も続いてしまいます。

そのような状況を改善するためには、1年で貯金する金額を設定し、必要な金額を毎月給与出られたお金の中から隔離していく考え方が必要です。

給料日に年間の貯金に必要な金額を別の口座に移す

例えば、年間100万円の貯金を想定しているのであれば、毎月8万5千円程度のお金を「予定している貯金の金額」として別口座に移しておく対策が必要です。あまりにも厳しい金額を設定すると、節約を念頭においた生活でもストレスがたまってしまうので、ほどほどの予算を設定することです。

自動送金の手続きをしておくように

給与の振込口座にお金が振り込まれると、自分で金額を確認してお金を引き出し、他の口座に移動するという手続きが必要となります。しかし、これを自動でやってくれる「自動送金:または自動振替」というサービスがあります。

預金口座のお金の「貯金の予定金額」を自動的に送金してくれるサービスがある

将来の財形貯蓄を考慮しているなら便利に利用していきたい対策となります。このように時に必要な金額を分けることができたなら、今度は残ったお金で節約をするための家計管理を徹底していく対策が必要となります。

節約のためにできること

節約を徹底していく時に必要になるのは「お金を使う常識を買えていく」対策です。現在まで当たり前のように使っているお金を、使わずに貯金に回していく考え方に切り替えます。

  • 週末に家族で外食をする習慣を改めてお金を節約
  • のどが乾いたらコンビニで緑茶やコーラを買っているお金を節約
  • デパート、ショッピングモールに行かないようにし予定外に使ってしまおうお金を節約
  • 子供が食べるお菓子は、家で手作りをしてコストを下げる
  • 車は維持費がかかるため、家族で1台を共有するように
  • 知らずに出費が増えてしまう問題を解消するために家計簿アプリでチェックする
  • お風呂はシャワーの流しっぱなしにせず、溜めてから身体を洗うようにする
  • ダイエット食品を買わないためにも、ヘルシーな食材調達を心がける
  • お米は地域のスーパーの最安値店でまとめ買いをする
  • 缶詰はコストが高くなってしまうので買わない
  • ガスの使用量を節約する為に熱伝導の良い鍋に切り替える
  • LED電球への交換や、待機電力を最小にできる家電製品を選ぶ
  • ビデオレンタルを禁止し、大量コンテンツが見放題の格安動画配信サービスにする
  • 1円玉、5円玉など、小銭専用の貯金箱を用意して少額のお金も貯めていく
  • 昼食は自宅で自炊した弁当を持参すると、残り物を効果的に使って節約できる
  • スーパーでチラシに掲載される目玉商品だけを購入して節約する
  • ショッピングの際にはカートを使用せず、手持ちのカゴに商品を入れて重量を確かめる
  • 欲しいものがある時は、日にちをずらして再考してから購入を決断する

財布からお金を取り出す頻度というのは意外と多いので、「買っても良い物であるか?」と考えてから行動するように心がけるようにします。

まとめ:節約と貯金を考慮する時

節約と貯金は両立して考えていく事です。「何のために貯金が必要なのか?」を考えていけば節約をすることが当然である事が分かります。後は、趣味の買い物や食品など、当たり前に買っていた商品を我慢する習慣を心掛けるだけです。

服飾品や食料品などは、節約の効果が出やすいので、公共料金の支払いや、家賃に交通費など、節約の効果が期待できない部分は全く触らずに、よい高い節約効果が期待できる範囲を集中的に対策していきます。