出典:昭和40年の1万円を、今のお金に換算|日本銀行 Bank of Japan  お金というのは・・  この2種類があります。これらのお金 ...

出典:MD Anderson Cancer Center  映画・ドラマ・小説は、いつも お金で買えないものをテーマにしています。  現金で ...

 見た目が思わしくない(良い印象を与えない)状態にしている人の事を・ あの人は着こなしが無頓着(むとんじゃく)である  と言うことがあります ...

 仕事の効率について話をしているときに「タイムイズマネー」という言葉を聞くことがあります。日本語に訳すと・・ 「時は金なり」となります  小 ...

 中国やインドのようなアジア諸国を旅行していると、物乞いの子供達を目にすることがあります。観光客を乗せたバスが到着すると、あっという間に物乞 ...

お金にだらしがない人に共通している物ごとの考え方、傾向・心理についてよく知り、今後改善していけるポイントを探ります。給与振込口座の管理、クレ ...

いつも「お金の話ばかりする」のはなぜなのか?親・同僚・彼氏・彼女など男女の心理、真相の違いについてまとめています。何故だかどこにでもいるお金 ...

 毎日、楽しい日々を送るために一生懸命になり苦労する事も多いはずです。お金がない人は決まって・・ 世の中はお金だ!  と言います。  毎日の ...

 外車に乗っているような男性とつきあってみたら、予想外にいつも金欠病で貯金もなく、ただの「見栄っ張りな男」であったということがあります。   ...

 インテリアやライフスタイルを特集する雑誌に「質素な暮らし」と書かれていることが多くあります。質素とは・・ 身なり・暮らしぶりにお金を使わな ...

出典:厚生労働省 採用情報  生きていくためにはお金を稼ぐ必要があります。仕事が嫌いであっても、何かの労働に従事しなければ報酬を頂くことはで ...

お金の所持と性格の影響とは?

大金持ちの人は、大富豪の家系である場合や、起業家であったりと何か意図とは違った大きな要素が必ずあります。

普通のサラリーマンの仕事をしている人であっても、マイホームを建てることは可能であるし、貯金の金額を大きく増やしていく事は誰でもできる事です。しかし、性格が影響してなかなかお金を貯める事ができない人がいます。

性格がどのように影響するのか

なかなか貯金が出来ない人の多くは、自分がどれくらいお金を使っているのか判断できない場合が多くあります。

お金を確保出来ない人は計画性がない

最も大きな要因の一つが、安易にお金を使ってしまう性格です。仕事をしてるので年に2回は賞与があり、その「ボーナスで会社しまえば大丈夫」という考え方があるので、気に入った物があったらとりあえず買ってしまうという考え方になります。

テレビの広告や、町中で様々なお店に入ると、常に新しい商品がリリースされて魅力的にアピールしていることが多くあります。その後の商品を見ると、買いたくなる物がいくつも出てしまいます。

これらの商品を「買ってしまう」のか、または「買いたいのだが翌年以降まで我慢する」のかによって、お金を確保できるかが大きく変わってきます。

楽観的な性格が関係する

「お金はそのうち増えていく」という楽観的な考え方は、ストレスが溜まらないので健康にプラスな要素もありますが、将来的に貯金を確保していくという観点からするとかなりのマイナスとなります。

とりあえずお金を使うという考え方が毎日続いてしまうので、お店で魅力的な商品を見るとつい買ってしまう習慣が定着してしまい、いつも財布の中にお金が残らない状態となってしまいます。

このような性格が関係してお金を使ってしまう状況を改善するためには、自らお金を使えないような状況にしていく対策が必要となります。

財布の金額を調整するように

商品を購入したくても財布の中に現金が足りない状況である時には購入することができません。このような厳しい環境を自分で作り上げることが、お金を無駄遣いしないようにするための1つの対策となります。

お金を使ってしまわない状況にする

ただ、この習慣が定着するまでには他の人にお金のやりくりについてチェックしてもらう必要があります。「どうしてお金が貯まらないのか」自分で考えてもなかなかマイナスポイントを見つける事ができない可能性があります。そのため、知人や家族などに手伝ってもらいます。

目の前の事だけ考える性格

給料日が来るとウキウキしてしまうという人は、お金に対するストレスが常にあり、そのストレスから解放される日を楽しみにしています。つまり、給料日が来たらお金を使う方法をあれこれと考えて想像しながら楽しむ事ができます。

休業日が楽しい人は計画性がない性格である

毎日の暮らしに使っていくお金が足りない状態で過ごしていると、給料日がとても楽しくなります。それは、逆に言えば「給料日には楽しい事をする為にお金を使う」という事になります。

つまり、無駄遣いかもしれないお金を給料日に使ってしまう可能性が高くなります。この楽しみがないと日々の仕事のストレスに耐えられないと考えてしまうと、どうしてもお金を使う判断となってしまいます。

他人と比較する正確が影響している

高級車を乗っている人を見て「年収が高い人っていいな・・・」と思うことがあるはずです。収入が多ければ、その分だけ自分の楽しみにお金を使うことが可能となります。しかし、自分の現状を考えると裕福な生活になる可能性が低いことが分かります。

  • いつまで経っても年収が増える可能性がない
  • 平均年収調査の数字と比較するとかなりの差がある
  • 贅沢をする可能性は、宝くじなどで一攫千金しかない
  • 楽しみを得るためにはボーナスまで我慢するしかない
  • ブランドのファッションアイテムをしている友人が羨ましい
  • 独身時代のお金を自由に使える状況に戻りたいと思っている

お金がない自分の状況と他人を比べて「ひがみっぽい」状況になってしまうのは、常にお金を使いたいというストレスが大きい事が影響しています。いつも何か欲しいものがある状況が続く人は、短期的にパッとお金を使ってしまいたい欲求が常にあります。

まとめ:性格とお金の関係

お金をなかなか貯める事ができない人の多くは、友人の数が少なかったり、過去にお金を持っていたときの自慢話をする傾向があったりと、自己中心的な性格である人が多くいます。

周りの人達にお金を持っていることをアピールしたいという欲求があるので、人気の自動車やファッション、または旅行に行ったりする遊び方などにもこだわりがあります。お金は限られているのに、多く使いたいという欲求が常に続いてしまうので、お金がない状態が継続してしまいます。

地道に貯蓄額を増やして将来に備えるお金の使い方をしていけば、まとまったお金を確保できる可能性がありますが、性格が影響してどうしてもお金を無駄遣いしてしまう状況になります。