仕事の結果を最重要とする場合、その作業にかかる時間を短縮することが最も重要となってきます。少ない時間で多くの結果を出し続けることが多くの利益を生むことになります。

 お金に対して常に神経質になっていないと、お金が欲しいときに冷静に対応できなくなってしまう可能性があります。お金は急に増える事はあり得ないので事前にお金を確保できる対策を早い ...

月末まで日数が残っているのに給料を使い切ってしまい、「生活のお金がない」と相談をもちかけてくる人がいます。このような貧乏生活に悩まされる要因に「お金にルーズである」性格が関係 ...

出典:厚生労働省 採用情報

 生きていく為にはお金を稼ぐ必要があります。仕事が嫌いであっても、何かの労働に従事しなければ給与を頂くことはできません。友人など知り合いにお金が欲し ...

将来に必要となる貯金を想定していても、なかなかお金を増やすことができない状況が続くことがあります。

これは、毎日の生活スタイルがお金を使ってしまう習慣に定着してし ...

 
 ショッピングをする際に、支払い金額を減らすために「値引き交渉をする」ことを考慮に入れるべきです。

 ただ、何処のお店でも値引き交渉ができる

銀行にお金を預けても利息が全くつかない状態が続いているので、現状では銀行にお金を置いておくメリットはほとんどありません。そのため、現金を銀行に預けずに手持ちで所有してる人も多 ...

観光地などに観光客が乗っているバスが到着すると、すぐに現地の物売りの人達に遭遇して囲まれてしまう事があります。

魅力のある(お土産にしたい商品)であるなら購入して ...

ショッピングに必要な資金を捻出するために、日々お金を作る努力を続けている人も多いはずです。節約生活をしていると家賃やその他の支払いを確保すると、残りのお金はほんの僅かとなりま ...

 「手持ちの現金がないから・・」と遊びに行くのを断ったり、「臨時収入があった!」としておごってもらったりする事があるはずです。

 多くの人は、自分の収入が増えたり ...

 インテリアやライフスタイルを特集する雑誌に「質素な暮らし」と書かれていることが多くあります。質素とは「お金を使わない一定レベルの生活」を指しており、食事が質素となれば、高級 ...

 外車に乗っているような男性とつきあってみたら、予想外にいつも金欠で貯金もなく、ただの「見栄っ張りな男」であったということがあります。

 そのような彼氏(または彼 ...

最近はお金の価値がよくわからない若い人が増えている状況があります。実際に社会人となって仕事を始める年齢になっても、お金の価値がよくわからないために、給料を頂いたときの喜びが分 ...

「お金で買えないものはない」という名言があります。小説やドラマなどに何度も出てくる言葉なので何度も聞いたことがあるはずです。

生活水準や、宗教的な考え方も関連しま ...

「性格の影響」カテゴリ 性格の影響とは?【お金がないときの対策】

なかなかお金を貯める事ができないときに、自分の周りの環境が問題であると考える人がいます。多くの場合、同じ仕事を長く継続する事ができない状況であったり、給与で得たお金をすぐに使ってしまう習慣などは、自分の性格が大きく関係しています。他人の影響で貧乏な生活になっていると感じている人は、お金のやりくりがなかなかできない自分の性格を疑問視する必要があります。健康で時間さえあれば収入はいくらでも増やしていける可能性があるため、これまでの習慣を改善していく対策を考慮します。

お金の所持と性格の影響とは?

3-doors-castle

大金持ちの人は、大富豪の家系である場合や、起業家であったりと何か意図とは違った大きな要素が必ずあります。

普通のサラリーマンの仕事をしている人であっても、マイホームを建てることは可能であるし、貯金の金額を大きく増やしていく事は誰でもできる事です。しかし、性格が影響してなかなかお金を貯める事ができない人がいます。

性格がどのように影響するのか

なかなか貯金が出来ない人の多くは、自分がどれくらいお金を使っているのか判断できない場合が多くあります。

お金を確保出来ない人は計画性がない

最も大きな要因の一つが、安易にお金を使ってしまう性格です。仕事をしてるので年に2回はボーナスがあり、その「ボーナスで会社しまえば大丈夫」という考え方があるので、気に入った物があったらとりあえず買ってしまうという考え方になります。

テレビの広告や、町中で様々なお店に入ると、常に新しい商品がリリースされて魅力的にアピールしていることが多くあります。その後の商品を見ると、買いたくなる物がいくつも出てしまいます。

これらの商品を「買ってしまう」のか、または「買いたいのだが翌年以降まで我慢する」のかによって、お金を確保できるかが大きく変わってきます。

楽観的な性格が関係する

「お金はそのうち増えていく」という楽観的な考え方は、ストレスが溜まらないので健康にプラスな要素もありますが、将来的に貯金を確保していくという観点からするとかなりのマイナスとなります。

とりあえずお金を使うという考え方が毎日続いてしまうので、お店で魅力的な商品を見るとつい買ってしまう習慣が定着してしまい、いつも財布の中にお金が残らない状態となってしまいます。

このような性格が関係してお金を使ってしまう状況を改善するためには、自らお金を使えないような状況にしていく対策が必要となります。

財布の金額を調整するように

商品を購入したくても財布の中に現金が足りない状況である時には購入することができません。このような厳しい環境を自分で作り上げることが、お金を無駄遣いしないようにするための1つの対策となります。

お金を使ってしまわない状況にする

ただ、この習慣が定着するまでには他の人にお金のやりくりについてチェックしてもらう必要があります。「どうしてお金が貯まらないのか」自分で考えてもなかなかマイナスポイントを見つける事ができない可能性があります。そのため、知人や家族などに手伝ってもらいます。

目の前の事だけ考える性格

給料日が来るとウキウキしてしまうという人は、お金に対するストレスが常にあり、そのストレスから解放される火を楽しみにしています。つまり、給料日が来たらお金を使う方法をあれこれと考えて想像しながら楽しむ事ができます。

休業日が楽しい人は計画性がない性格である

毎日の暮らしに使っていくお金が足りない状態で過ごしていると、給料日がとても楽しくなります。それは、逆に言えば「給料日には楽しい事をする為にお金を使う」という事になります。

つまり、無駄遣いかもしれないお金を給料日に使ってしまう可能性が高くなります。この楽しみがないと日々の仕事のストレスに耐えられないと考えてしまうと、どうしてもお金を使う判断となってしまいます。

他人と比較する正確が影響している

高級車を乗っている人を見て「年収が高い人っていいな・・・」と思うことがあるはずです。収入が多ければ、その分だけ自分の楽しみにお金を使うことが可能となります。しかし、自分の現状を考えると裕福な生活になる可能性が低いことが分かります。

  • いつまで経っても年収が増える可能性がない
  • 贅沢をする為には、宝くじなどで現金をゲットするしかない
  • 楽しみを得るためにはボーナスまで我慢するしかない
  • ブランドのファッションアイテムをしている友人が羨ましい
  • 独身時代のお金を自由に使える状況に戻りたいと思っている

お金がない自分の状況と他人を比べて「ひがみっぽい」状況になってしまうのは、常にお金を使いたいというストレスが大きい事が影響しています。いつも何か欲しいものがある状況が続く人は、短期的にパッとお金を使ってしまいたい欲求が常にあります。

まとめ:性格とお金の関係

お金をなかなか貯める事ができない人の多くは、友人の数が少なかったり、過去にお金を持っていたときの自慢話をする傾向があったりと、自己中心的な性格である人が多くいます。

周りの人達にお金を持っていることをアピールしたいという欲求があるので、人気の車やファッション、または旅行に行ったりする遊び方などにもこだわりがあります。お金は限られているのに、多く使いたいという欲求が常に続いてしまうので、お金がない状態が継続してしまいます。

地道に貯金をして将来に備えるお金の使い方をしていけば、まとまったお金を確保できる可能性がありますが、性格が影響してどうしてもお金を無駄遣いしてしまう状況になります。