現在、非正規雇用で働く人は非常に増えてきており、時代の流れと共にその年齢も高くなってきています。 35歳 フリーター 就職先が見つからない ...

 「ワーキングプア」という言葉が使われるようになる前までは、低所得者層が注目されることはあまり多くありませんでした。  国税庁の「民間給与実 ...

無職の時だからできる「楽しみ方」「自分磨き」「貴重な体験」に時間を使っていくための、今だからできる対策をまとめます。無職はそのうち飽きるので ...

年収が低いままで印象が悪くなる派遣社員の「やる気」「態度」が社内の同僚へ悪影響を与えてしまう問題に関するまとめ。長期的に低所得層から抜けられ ...

転職の時に注意する求人募集

転職の際には、求人募集の情報を良く見ることが重要です。定期採用の募集であるのか、または必要なスタッフに欠員が出ているために臨時募集であったり、予定の人員よりも増員目的で募集している場合もあります。

長期的に勤務が希望であれば、正社員の募集でありながら、納得の給与、そして勤務地に拘るべきです。転職は何度も行うと心証が悪くなる傾向があるため、頻度を抑える必要があります。その分だけ転職先を慎重に検討します。

転職先の仕事内容を比較する

仕事を探すときには、転職先で何をやりたいのか明確にしておく必要があります。まず、最初に決めておく必要があるのは就職先のジャンルです。現在所有している資格を有効利用できる企業であったり、新たな分野の仕事に挑戦する考え方もあるはずです。

  • 転職先でやりたい事を明確にしておく
  • 給与面でどれくらい変わるのか
  • 会社で拘束される勤務時間帯の違い
  • 福利厚生の充実度を比較する
  • 通勤手当、通勤手段を調べる

現在勤務している企業よりもメリットが多くなければ転職するメリットはないはずです。「何故転職すると決断したのか?」について明確な答えを出しておくことが重要です。転職先企業の面接官も理由について知りたがるはずなので、納得出来る答えを出しておくようにします。

能力に見合った報酬を得るために

転職を決断する理由の多くは、以下のような問題を解決するためであることが多いはずです。

  • 仕事をする勤務時間帯を希望の時間へ調整したい
  • 給与待遇を更に良くしたい
  • 出世しやすい(能力を発揮しやすい)職場環境にしたい
  • 通勤時間が短縮されると自由な時間が増える
  • 親しく付き合っている友人(先輩)などがいる

求人の情報は大量にあるため、情報を比べていくと希望に近い待遇の企業を見つけることができるはずです。給与の金額だけにとらわれずに「長期的に勤務できる企業であるか」を考慮する事が重要となります。

有効な転職にするために

転職先で有意義に仕事を継続していくためには、自分の性格に合った良い企業を選ぶ事が重要です。特に自分の好みの職種があれば、企業が求める職種に合わせる事が重要となります。

  • 人と接する(会話する)職種が好みである
  • 会話が得意でないため営業職に向いていない
  • 物作りが好きであるため製造業を中心に探す
  • クリエイティブな企画系の仕事に向いている

面接官にも自分の好みの職種やその理由を説明することで、希望の部署に配属してもらえる可能性が高まるはずです。転職の目的は「気に入った仕事で満足のいく給与を得る事」であるはずなので、妥協しない選択が重要となります。