多くの貯金を期待しても、なかなか欲しい金額に到達出来ない生活が続いてしまう事があります。このようなお金のやりくりに困った時こそ投資に乗り出 ...

お金を無駄に使わない節約した生活を心がけていても、なかなか予定しているようなお金を作ることができない環境に悩む事もあります。 これは、大き ...

ある程度の時の金額があるときには、更に将来に必要となるかもしれないお金を作るために対策を考えることが多くなるはずです。その対策の一つに株を ...

自分の将来の為にお金を使う自己投資を若いうちからやっておく事が重要となります。生活に使うお金が足りなくて、知り合いにお金を貸してほしいと問 ...

将来の事を考えると銀行にお金を預けていることが有効であるか気になる事があります。昔であれば銀行にお金を預けて利息が増えて将来に安心ができる ...

生活に対するお金を確保していく為には、家計簿をつけるなどしてお金の流れを把握し無駄を無くしていく対策が必要となります。そして、家計に余裕が ...

人生において常にお金が足りない時間が長くなってくるとお金のやりくりが間違ってるのではないかと考えることも多いはずです。どうして予想したよう ...

お金を増やしていく投資を考慮した場合、株式を選択する人や、不動産を購入して家賃収入を得るなどの対策が非常に人気がありますが、これらの対策で ...

近年は、何処にお金を預けていても安定した元金を確保する為の方法では大きな金利を得ることが難しい状況となります。そのため多少のリスクを考慮しながらも投資を検討していく対策が有効となります。投資は多くの知識が必要であると考えられがちですが、投資のプロに全てを任せる投資信託などからはじめていけば、不動産売買や株の購入などあらゆる情報を身近にしていくことができます。海外も視野に入れて債権や株式対策を考慮していけば、資金を増やしていける可能性は更に高まるはずです。

ゆとりがあれば投資を始めるべき

将来に向けてお金を増やしていきたいなら、銀行をあてにしていてはいつまでも目標の金額まで到達しないはずです。

銀行の金利が0に近い状態が今後も長く続く可能性が高いので、お金を大きく増やしていくには投資を考えていくべきです。

投資とは?

投資とは、現在所有している現金で金融商品などを購入し、時間の経過と共に金融商品の価値を変動させ財産の総額を高めていく対策です。当然のように、予定通りに財産が増えるはずもなくリスクを伴う対策となります。

  • 金融商品を売買することでその差益(利益)を増やしていく対策
  • 株などを購入し所持している事により、定期的な配当金(またはお得なサービス)を得る

特に株式を多く所有していると、株主の特典として、グループ会社のお店で常に商品が割引になる等、財産が増える以外にも大きなメリットがあります。特に、利用頻度の高いショッピングセンターやレジャー施設などの株式を狙っていくのは非常に有効な対策となります。

どのような投資が有効であるか

「投資と言えば株を購入すること」と考えている人も多いですが、実際の所は様々な金融商品があり、国内外に目を向けていけば、短期的に値上がりしそうな金融商品も非常に多くあります。

株式や不動産投資などは海外の株式や物件を狙う事も可能です。いくつかのハードルがありますが、最も利益が得られそうな金融商品にお金を変えていく対策が有効です。

投資は将来を見据えた資金繰りである

最近では家計をやりくりする専業主婦でありながら、切り詰めて蓄えた貯金を投資に回していくという賢い主婦が増えています。

投資は、ギャンブルのようにお金が増える銘柄に賭けるのではなく、所有している不動産や金(ゴールド)などと同じように将来に向けて価値が上昇するかもしれない財産に切り替えていくという考え方になります。

  • 投資は財産を現金から価値のあるものに切り替えていく対策である
  • マネーゲームとして投資を考えるのは間違っている

低金利の状態が長期的に続くと、短期的に利用する予定がないお金が増えると保有しているよりも積極的に投資したほうが良いと言われるようになります。

雑誌などでも投資に対する特集が組まれる頻度が多くなると、素人でも誰でもできる投資をやってみようと考える人が増えます。この時、最も重要なのは「投資は資産運用である」という考え方を基本にすることです。

投資はマイナスのイメージが大きい

「投資をして失敗した・・・・」のようなニュースを度々見るので、投資で失敗すると人生に失敗してしまったような印象になります。そのため、投資に対してネガティブな考え方が根強い人も多いのです。

  • 人気のある銘柄でも元本割れのリスクが常に伴う
  • 無くなっても良いお金で遊ぶ裕福な人達の道楽
  • ニュースにならないだけで、実際は財産を減らしてしまった人が多い

テレビなどで話題になる「投資で儲けた人」というのは、成功した人にスポットが当たっただけであり、成功した人がいる分だけ「投資に失敗した人がいる」と考えることもできます。そのため、誰でも投資で財産を増やすことができる分けではない事は間違っていません。

リスクを伴う部分をどう考えるか

金利が低い状態であっても、銀行の定期預金にお金を入れておけば元本割りすることはあり得ない事です。つまり、手元に所持してるお金が減少することは絶対にない事です。

しかし、株式投資を始めると、様々な勉強をする必要がある反面、多くの時間を費やして株式や不動産の購入ができても、予定通りに価値が高くなっていかない可能性もあります。

投資は手間と時間をかけた分だけ利益が出るわけではない

ただ、利益を大きく期待するのであれば、その分だけリスクが大きくなるし、時間や手間も大きくなる事を事前に承知してから投資を始めるべきです。

不動産投資はメリットが大きい

投資の中でもメリットしかないベストな対策が「不動産投資」です。家賃収入を得るまでには長期的にコツコツと投資のための資金作りが必要ですが、賃貸用の物件を手に入れた後は安定収入を期待することができます。

  • 不動産を所有後には価格暴落(所持する債券が紙切れになる)のような大きな損失の可能性がない
  • 将来の年金に頼らずに安定収入の仕組みを作ることができる
  • 売り時、買い時のチャンスのために時間を使わなくてよい
  • 経済ニュースなどの情報のアンテナを広げる必要が無い
  • 誰でも資金を確保できれば投資できる(特別な知識や経験は不要)

不動産会社へ管理を依頼することで、以下のような問題で悩む必要もありません。

  • 入居者が家賃を滞納している
  • なかなか入居者が入ってくれない
  • 家賃の滞納があったときの対応
  • 付近の物件の価格が下落している
  • 火災、地震など天災があったときの対応

入居者がなかなか決まらない場合には、付近の物件の相場と比較しながら調整していく対応が必要となります。不動産屋の担当者がそのあたりのアドバイスや調整を常にやってくれるため、詳細を気にせずに運用が可能となります。

投資セミナーに参加するように

物件に投資する際には、長年にわたって貯金をして資金を確保する対策が基本ですが、ある程度の試算があれば「投資の資金を借りる」対策が可能です。借りて投資するサイクルを繰り返すと資産拡大のスピードが格段に早くなります。

投資のために資金を借り入る対策

借金をしたことがない人は、投資目的で融資依頼をすることに躊躇してしまいますが、確実に自分の所有物件が増やす事ができるため、次々に担保にして借入金額をアップしていくと投資できます。

このような基本的な考え方は、投資セミナーに参加するか不動産投資についての書籍から学ぶ事ができます。重要なのは、投資へ使える資金の総額であり、安定収入が維持できれば、毎年資金を確保できます。

まとめ:投資をするときに

運任せで多くのお金をゲットできるかもしれない方法の一つに宝くじがあります。年末に夢を膨らませるという考え方で購入する女性も多いのが特徴です。

しかし、集められたお金のうちで主催者が取る運営量は50%にも達するので、集められたお金の半分を配当しているだけになります。そのため、投資にお金を費やしたときよりも大幅に「損をする」お金の使い方となります。

そのため、投資で資産が増えていく可能性は、リスクはあるにしても他のギャンブルと比較すると「圧倒的に高い」と考えることもできるはずです。