出典:はてなブログ  オリジナルの動画:YouTubeをアップロードして稼ぐ「ユーチューバー」が、「子供がなりたい仕事」の上位に来ています。 ...

 専業主婦から大学生、フリーター、そして 定年退職後のお小遣い稼ぎとして注目されるようになってきているのが・・ 在宅ワークで稼ぐスタイルです ...

出典:メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ  手軽に始めることができる副業に「転売」があります。  転売は、安く商品を仕入れて高く売ると ...

 毎月頂く給与明細書に目を通すときに・・ あれだけ残業したのに・・これだけ?  と落胆してしまうことがあるはずです。  将来にも ずっとこの ...

 バイトが禁止となっている正社員でも、チョットしたお小遣いをゲットしたいと考えることがあるはずです。仕事の帰り際などの「少しの時間」を上手に ...

出典:ストックフォト iStock  普段から写真を撮影してインスタへアップしている習慣があるなら、スマホよりも性能の良いカメラを用意するだ ...

出典:ホンダ スーパーカブ  少しの空き時間を利用して収入を得る方法で、比較的 誰でも簡単にはじめることができるバイトが・・ 新聞配達のバイ ...

 ネットで副業の情報を探していると・・ 不労所得で月30万円ゲットできます!  このような広告を見ることがあります。不労所得のノウハウをゲッ ...

出費の分だけバイトをする生活

fall-trees

最近の若い学生などの生活スタイルは、お金を貯める目標が特になく「必要な分だけバイトをしてお金を稼いでいけば生活できる」という気楽な考え方を持つ人が増えてきています。そのため、多くのバイト情報をもとに最適な空き時間を有効利用する対策が効果的です。

空いている時間にバイトを入れる生活が有効である

コンビニなどでバイトの情報が掲載された週刊誌を確保する方法と、求人情報を提供している企業がネットで随時最新のバイト情報を提供しているため、これらの情報をスマホでチェックする事で、最適なバイトを探すことが出来ます。

アルバイトとはどのような仕事のスタイルなのか

良く勘違いされるのは、仕事をする種類の中で、正社員と準社員の比較があります。準社員は雇用形態が少し違うだけで、正社員の使用期間と考える事ができます。その反面、アルバイトとなれば給与の計算方式も大きく変わってくることが考えられます。

この時疑問になるのは、アルバイトとパートの違いです。パートタイマーも時間制限がある仕事のスタイルとなるため、どのような内容が変わっていて言い方が変わるのかしておく事が重要となります。アルバイトの定義とは以下のようなものになります。

  • 契約期間が短い仕事である
  • 企業が定めた正社員の就業時間よりも少ない時間の仕事に従事する
  • 学生などの本業が他にある人

このような違いを定義している企業が多いのです。一般的には、時間給として計算する給与体系のスタイルは、アルバイトという名前を決める要因にはなっていないのです。そして、求人情報誌などでアルバイトの分類で求人募集広告を出すときには以下のような分類になっています。

  • 高校生から大学生までの学校に在学している
  • 34歳までの未婚である場合
  • 固定給の概念がなく時間的な給与で働く仕事

このようになります。求人情報誌の場合には時給の計算方法が考慮されます。企業側からすると、正社員が仕事をして残業をした場合、給与がつかない無料奉仕の時間も加えてしまうと、アルバイトとさほど給与が変わらないような場合もあります。

現在はこのような奉仕残業を無くすように徹底されるようになっていますが、実際のところは自分の責任払いの仕事が終わらない状態で帰宅することができないので、残業の時間が制限されている場合には、タイムカード押した後にも仕事をするスタイルの会社は多いはずです。

法律上でアルバイトはどのような考え方になるのか

アルバイトは、一週間の所定労働時間が基本の社員よりも短いこと

とされています。規定はこれだけであり、呼び方にパートやアルバイトなどの細かな規定はないのです。その為、求人募集で契約社員として募集することや、アルバイトとして募集することも可能となります。

仕事を探している側からすると、アルバイトという名称よりも契約社員の方がより際に近いようなイメージになります。しかし、法律上はどのような名称にしても良いので、求人募集を出す際にはアルバイトという名前は余り使わない方が印象的には良くなるはずです。

アルバイトと契約社員の違いとは

契約社員の場合には、一般的には仕事の期間が定められており、その中で有能な社員は正社員として抜擢する可能性もあるていどとなるはずです。アルバイトの場合にはいつまでもアルバイトの規定の給与が与えられて、昇級の金額もごく僅かである可能性が高いのです。

そのあたりを考慮すると、一般的に言われるアルバイトの状態で契約せずに、他の契約スタイルを考慮する事が大事に思えてきます。契約社員として従業員を募集してる際には、正社員への登用制度などの考え方を聞いておくことが重要となります。

勤務地に拘らないスタイルで選ぶ

よりフレキシブルにバイトを選ぶことが出来るようになったので、自分の住んでる地域のバイトを限定するだけでなく、交通費を支給してくれるバイトを選び、大きく収入アップを狙う対策も可能となります。

地域に縛られないバイトを選ぶことが出来る

これも、多くの情報をまとめて閲覧出来るようになっているため、時間帯を限定して情報をソートする事ができます。そして、最も重要となる時間給の情報や、時間外手当の金額などを比較していけば、毎月のバイト代を想定する事が可能です。

長期バイトよりも短期バイトをかけもちする

大学生など、特定の学校に通っている人の場合、学校に縛られる時間はごく僅かであるため、残りの時間をバイトの時間とする事が可能です。当然のように仲間と食事やレジャーなどに出かけるイベントも多くなりますが、その費用をカバーするバイトを随時入れていきます。

  • 長期バイトで時給アップを狙う方法
  • 空き時間を有効利用するバイトの対策
  • 曜日ごとにバイトを掛け持ちして飽きずに続ける

バイトを複数掛け持ちするメリットは、様々なジャンルの友人が増えるので、LINEなどのツールで情報交換をする仲間の輪が広がり、遊びのスタイルが多様化することと、もう一つ重要なポイントがあります。

バイトで知り合った人から次のバイトを紹介

知り合いが増えていくと、多くの人からの情報が集まるようになります。面白そうなパーティーなどのイベントがあったり、お祭りなどに参加するようになると、バイトをする働き口をより多く見つける事ができます。

つまり、バイト先で知り合った人から更に時給の高いバイトを紹介されたり、ちょっとした空き時間に勤務可能なバイトが簡単に見つかることもあります。そのため、より効果的に収入アップを狙っていくことが可能となります。

goldhorses2

賢く仕事を探すことができないと、貯金のお金が尽きてしまい正しい判断ができない生活になってしまう可能性があります。そうならない為にも、自分に最適な仕事をすぐに見つける対策が1用になってくるのです。

正社員の仕事を目指して努力を続ける事も有効ですが、学生の時に真面目にバイトを探して、良い経験を積むことが重要であり、様々な経験から自分の将来の仕事のあり方が分かるようになります。

学生を卒業する前の段階で就職活動を始めますが、その時にこれまでの職歴について興味深いエピソードと共に話ができる事が重要となります。仕事に対する熱意や学んだことをしっかりと話すことができれば、より高い報酬が得られる企業に就職出来る可能性が高まります。

その為にも、より良いバイト探しをすることが重要であり、多くの情報を集めて今できる正しいバイト探しが重要となってきます。

バイト探しの基本は、ネットの情報をチェックする

自由な時間をお金に換えて蓄えていく対策を考慮していくには、希望のジャンルを特定してより多くの情報を探すことが必要になってきます。

ネットにはバイト探しに有効な情報が溢れていて、求人募集サイトや求人関連の掲示板などを覗くと、様々な募集内容を確認することができます。この時、重要になってくるのは時給をベースにしたバイト探しとなりますが、生活の時間を確保しながら、空いた時間に労働するようなスタイルを心がけます。

バイト探しの専門サイトに自分のアカウントを登録し、スマホで随時チェックする事で、新しい求人募集が出ていないがチェックする事ができます。より良い仕事は面接依頼が殺到して早めに埋まってしまう可能性があるので、ゆっくりと探す時間を設けることが大事になります。

毎月生活に必要な給料が止まることが問題である場合は、とりあえずのバイトをすることで給与を、その途中で次のバイト探しをするスタイルが有効です。バイトの仕事のメリットは、連絡をすれば翌月月末までに退社することが可能な事です。

都合良く時間を使うことができるので、待遇の良い仕事に切り替える事が可能となります。

バイト探しは職種を絞ることからはじめる

バイト探しの基本は、自分に合ったスタイルの仕事を見つけることです。多くの場合ショッピングセンターやスーパー、コンビニ、レストランなどの場合は、シフト制で多くの人が時間を分担して作業に入っているはずなので、自分の希望するシフトの時間の仕事を探すべきです。

主にナイトワークに分類される仕事は求人募集サイトでも、別のジャンルに分類されているはずなので、昼間の仕事を中心に考えているのであれば、自分の希望する時間帯をベースにバイト探しをすることが可能となります。

バイトの情報を検索して地域で絞り込み、そして希望のシフトの時間帯を絞り込んでいきます。そうすることで自分の希望するバイトが見つかる可能性が高まるのです。

そしてもう一つは、重要となる時給で絞り込む方法ですが、多くの場合はじめてバイトをするときには最低賃金がベースとなるので、この部分は余り考えずに仕事選びをすることです。

勤務地選びが重要となる

バイト探しの重要な部分は、勤務地となります。例えば、コンビニチェーン店は年中バイトを募集している傾向があり、県内の1カ所の面接会場で面接をする傾向があります。そこで採用が決まった後に、自分の希望する地域に近い店舗に配属されるような状況になるのです。

コンビニなどは、数ヶ月ごとに店舗が出店し、または閉店する場合があるので、その都度スタッフが希望する地域に移動することになります。そのような状況となるので、1つの店舗に狙いを定めてバイト探しをするのではなく、多くの店舗を持つチェーン店の場合にはとりあえず面接をして採用が決まってから、勤務地の相談をすることが有効な方法となるはずです。

店舗の閉店などがなかったとしても、自分が希望する地域で働きたいと申請していれば、好きな店舗に移動ができるかもしれないのです。そのあたりを考慮する場合、大手のレストランチェーンやスーパーのチェーン店などに在籍する言葉、希望の勤務地で働けるかもしれないメリットがあります。

バイトを探しに役立つサイト

目的のバイトを探すためには、地域の情報紙だけでなくネットの情報も参考にしていくことがじゅうようです。

まとめ:バイト探しで迷ったら

ポイントになってくるのは毎日同じような問い合わせが来てしまうので、仕事の時間が憂鬱な状態になってしまう可能性があります。つまり、時給の良い仕事はなかなか長続きしない可能性があるので、数ヶ月後にはまたバイト探しをしている可能性が高いのです。

しかし、様々なバイトをしてプラスの要因やマイナスの部分なども知ることが重要であり、経験者となれば次に仕事をするときに心構えが可能となるので、より精神力もアップして長い期間仕事を継続できる可能性が高まるはずです。