税金や社会保険のルールがコロコロと変わると、「何が変わったのか?」気になり調べることとなります。特に、結婚してる方なら「配偶者控除」につ ...

生活保護は特定の条件という受給ルールがあり、定期的に家庭訪問をして仕事・世帯人数・贅沢のチェックを実施します。このケースワーカーが訪れる時 ...

補助してもらう制度を見逃さないように

中小企業庁
出典:中小企業庁 補助金 http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/koubo/

困窮した生活をしているときには、定期的に市役所から届けられる「補助金」の通知に助けられることがあります。

国の制度による補助金や助成金、そして融資制度などを有効に利用していくことで、生活を豊かにすることが可能になります。これらは知らないと損をする部分もあるので、住民税が非課税世帯であるような所得の低い生活をしている場合、補助してもらえる制度をチェックすべきです。

様々な補助金制度がある

補助金に関しては、住んでいる地域によって補助金や助成金制度が変わってくるので、必要な補助金が自分の住んでいる市町村に存在するのかどうか事前にチェックする事が大事です。

  • 特別児童扶養手当 重度の障害のある子供をもつ父母に対する手当
  • 特別障害者手当 障害基礎年金1級程度の障害が重複している成人への手当
  • 重度心身障がい児養育手当 3才以上20才未満の重度障害の子供を在宅で養育する方への手当
  • 福祉タクシー利用助成事業 重度障害者がタクシーを利用する際に一部を助成
  • 人工透析患者通院費助成事業 人工透析療法のために通院する交通費を助成
  • 訪問入浴サービス事業 自宅での入浴が困難な身体障害者へサービスを提供する費用を助成
  • 声の広報発行事業 重度の視覚障害者へ市報を音声にて収録したCDを配布
  • 身体障害者用自動車改造費助成事業在宅身体障害者を介護するために必要な車両改造の経費の一部を助成
  • 高齢者の雪下ろし助成金 雪下ろしに要した経費の一部を補助する制度
  • 高齢者世話付住宅生活援助員派遣事業 シルバーハウジングに住む高齢者住宅への在宅生活を支援
  • 空き家利活用事業補助金 長期間空き家となっている物件の購入費用を補助
  • 地産木材使用住宅等建築奨励事業費補助金 地産木材を使用する住宅の建築費用を補助
  • 危険建物除却促進事業 低所得者へ住宅解体に必要な解体費用を補助
  • 公共下水道普及促進補助金汲み取り式のトイレから下水道に転換する工事費用を助成
  • 特定教育・保育施設における生活保護世帯の実費負担軽減補助金 認可保育所に入所している生活保護世帯の給食費・教材費などを補助

高齢者や障害者、そして土地や住居の条件などが適合しないと、これらの補助金は支給されません。適用条件の詳細を確認するには市役所などに足を運び、相談窓口で現在の状況を説明して確認してもらう事です。

そして、子育て支援に関する様々な支援事業(給付金)があります。

子育てに関する給付金は必ず受給するように

児童手当に関しては、何度もニュースで取り上げられることがあったので多くの人が知っています。しかし、児童手当支給事業以外にもいくつもの給付金を受けられる可能性があります。

これらは、事前に申請しないと支給されない場合が多いので積極的に情報を集める必要があります。

POINT
  • 児童手当支給事業 15歳の3月末(中学生)までの児童の養育の費用を支給
  • 児童扶養手当給付事業 離婚などにより、親と生活していない子供を養育する家庭へ支給
  • ひとり親家庭等医療給付事業 18歳以下のひとり親の父母へ子供の医療費を給付
  • 子育て支援医療給付事業 15歳の3月末(中学生)の医療費を給付
  • 未熟児養育医療給付事業 出生時の体重が2キロ以下で医師の認可した乳児の医療費を給付

子供の出生率の低下と共に、子育て事業に関する助成金が手厚くなってきています。出産を予定している家庭は、給付金の適用条件を確認しておくようにします。

まとめ:補助金や助成金をチェックする

健康な状態で生活ができない何らかの問題を抱えている家庭には、様々な補助金などが用意されています。これらは、自分で申請しないと給付されない仕組みである場合が多いため、どのような補助をしてもらえるのが随時確認することが大事です。

市役所などは、条件に当てはまる可能性がある家庭へ常に告知することはないため、生活に困った状況を改善するためにネットで補助金の支給について記載されている市役所の情報ページをチェックしておきます。