将来に向けてお金を増やしていく対策を考慮していく際に、嬉しい臨時収入として還付金があります。 すでに納めている税金が払いすぎているために戻 ...

ふるさと納税という言葉がニュースなどでも取り上げられるようになりました。地元の特産品がお得に手に入ると言うことで、様々な地域で特色あるふる ...

何をするにしても税金がかかってしまうので、大きなお金を動かすと損をしてしまいます。少しばかりのお金に困った状況においても税金を支払う必要が ...

節税対策の方法(免税制度、非課税の範囲、所得税対策)などを確認し、無駄な税金を納めのようにするための知識を増やしていきます。税金を減らすための対策が節税であり、税務署に情報を隠して税金対策をすることが脱税となります。その境界線を知ることで、効果的な節税対策を考慮する事が可能です。不動産を購入する時や、転職をして会社からの給与の金額が変化する際には、課税金額が大きく変動する可能性があります。何処に問題があり大きく課税されているのか事前に調べて対策をすることが重要です。

節税をする意識を高めていく

社会人であれば誰でも収入を得るために仕事をして、生活をするために商品を購入するはずです。このような暮らしに必要となる活動の全てに税金がかかってきます。

「納税の義務」は、日本国民であれば当たり前の事であると考えることが出来ますが、何も考えずに税金を払い続けていると損をしている可能性があります。

税金の支払いを逃れる対策を考えると脱税になってしまうとマイナス思考になってしまう人が多いですが、実際の所は賢く税金を見ていく事はとでも重要な事です。

節税とは?

会社から給与を頂いたときに、所得税が引かれるはずです。給与をもらう人から均一の割合で税金が徴収されるのですが、給与が少ない人は少なめに、より給与が多い人は多くの割合を税金でもっていかれます。

税金は収入に応じて負担割合が変わる

収入が少ない人は、生活のお金をやりくりする事が非常に困難となるので、税金の割合を大きく下げることは非常に重要です。そして、豊かな生活を維持できる人は負担が多くなる事は避けられない状況となります。

仕事のやる気が下がってしまう

税金の負担割合は収入が多ければ多いほど増えます。収入が少ない人と比べて同じ比率で税金が増えるという考え方ではなく、比率も大きくアップしてしまうので、世界的に有名な映画俳優やスポーツ選手などは、収入の半分を税金で取られてしまう状況となります。

収入の多くを税金で納める事になると仕事の意欲が減退する

このような状況になるため、より多くのお金を残す為には仕事の給与アップの努力に加えて節税対策も力を入れていく必要があります。

節税とは所得隠しではない

節税のことを説明する際に、必ず出てくるのが脱税との違いです。

  • 節税 税務署にすべて公開できる範囲内で税金の金額を最小限に抑える対策
  • 脱税 法に触れる範囲に踏み込んだ税金のかからない(最も抑える)対策

節税は、税金の支払うべき範囲を確認し、その最小限の税金になるように試行錯誤する事です。積極的に節電対策をすることによって生活が豊かになり、納めるべき税金の知識が高まるので財産を増やしたり、売却したりする時にも無駄な税金を抑えることができます。

年末になると備品を購入する

社内で節電対策をするときに最も利用されるのが、経費にて残ったお金を買ってしまうという考え方です。利益の金額を残した状態だと、法人税として大きな金額を納める必要が出てしまいます。それを回避することが大きな節税対策となります。

大きな利益を残すよりも備品を購入して納める税金を減らす

税金としてお金がなくなるよりも、仕事に使う備品がグレードアップする事は仕事の効率アップにも有効に働く可能性があります。しかし、節税対策として多くのお金を使う事を優先するようになると、無駄な買い物が増えてしまう可能性があります。

法人税などで納税する範囲は利益の半分程度なので、半額で購入しても損をするような者を買ってしまうと間違った節税対策になってしまいます。

税負担を極力減らすために

節税対策は、年度末に急いで対策をするのではなく年間を通して「どの時期にどのような備品を購入する(または入れ替える)のか?」を考慮しながらやっていくべきです。節税対策は以下のようなやり方があります。

  • 控除の制度をフルに利用する
  • 免税制度の利用
  • 非課税制度をチェックする
  • 借り上げ社宅で所得税対策

特に住居関連の節税対策はかなり大きな効果を期待することができるので、親戚や信頼できる友人が法人の上司になっている場合には、住居関連費用のコストを下げるための対策を提案してみるのも一つの方法となります。

借り上げ社宅の方法とは?

借り上げ社宅の情報は以下の国税庁のホームページを確認すると規定されている内容を確認できます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2597.htm

  • 社員が住む住居を会社側が賃貸契約をする
  • 社員は会社に賃貸費用の一部を支払う
  • 会社側が社員の賃貸料を経費に計上できる
  • 社員は給与の支給額が減る(所得税を減らすことが出来る)

このような流れになります。ポイントは社員が住んでいる住居を会社側が賃貸契約するという部分です。会社側が提供する物件を事前に用意する方法であったり、物件を所有している大家さんが知り合いであるならすぐに手続きが完了できるはずです。

まとめ:節税対策を考える

住宅ローンの支払いの利息が軽減される対策であったり、あらゆる免税制度をチェックして利用できるか考えるなど、節税対策は非常に多くあるため、自分の現在の状況を確認してどの部分を節税できるのか情報を集めることが大事です。

市販の書籍などの情報を確認していけば、税金の支払いが必要となる範囲が分かるはずです。その情報が確認できれば税金や保険料など、どれくらいの金額を維持できれば節電対策になるのか自分なりの理想の数字が分かるようになってくるはずです。