お金の受け渡しが必要となるサービスの手続きをしようとするとき、注意事項に・・  という言葉が使われていることがあります。  犯罪について ...

 通貨が偽造できれば、大量に紙幣を増刷して大富豪になれるかもしれませんが、当然のようにお金の偽造に関しては重い刑罰が処されることになります ...

駅や病院、ゴルフ場やスーパーなどにおいても、精算をする際に多くの行列ができてしまう可能性がある店舗の場合には、自動化をすることによってスピ ...

 企業に勤めて収入を得ているにもかかわらず、生活に必要なお金が足りずにキャッシングをする人はいくらでもいます。  そのような状況になってし ...

お金がない社会は実現可能なのか?

日々生活をしていると、いつもお金の事で考える事が多いため「お金がない社会」であれば様々の支払いに悩まされる事もないと考えることがあるはずです。実際にお金がない社会というのは可能なのか?考えてみる事が大事だといえます。

お金がない社会=商品やサービスの物々交換が基本となる

本来、通貨が流通していなかった時代においては、自分の所有物を交換してお互いに利益を得ている社会がありました。その時代の状況から考えると、お金がない社会というのは「可能性が無い」とは言えない状況である事がわかります。

社会が安定するために最重要となるもの

お金がある事によって、必要とするものを購入する事が容易に可能です。今ではネットで海外のショッピングサイトから通販する事も可能であるため、現金(またはキャッシュレス決済の手段)がない状態になってしまうと、商品を購入できる範囲が大きく狭まってしまいます。

通貨のない社会は、商品を手に入れる範囲が大幅に減る

いつも近所の人達と物々交換をするだけの社会になってしまうと、美味しい食材を調達して豪華な夕食を作る事や、趣味の道具や商品の発売日に手に入れることも出来なくなる可能性があります。

インフレとデフレの問題

日本においては、長期的なデフレが続いてしまっています。マイナス金利政策を打ち出しても、なかなかタンス預金を使う人が増えずに、いつまでも物価が安い状態が続いてしまいます。 低所得者層にとっては、安い商品が出回ることは非常に助かる事ですが、結局は給与が上昇していかないので、いつまでも景気の悪い状態が続いてしまいます。 国民全員に、一定金額のお金を配るというベーシックインカムの考え方であったり、年金制度を大幅に見直すなどの対策が望まれていますが、なかなか実現できない状態が続いています。

まとめ:社会的に重要となるお金

必要なものを手に入れる為にお金を所持する事は最低限必要なことです。社会的にもお金がない状態なら、様々な問題が生じてしまい、複雑な取引が一切できない状態となります。そのため、お金を確保する為に追われることは無くなりますが、より一層不便な社会になります。

お金の価値観にとらわれる人が多くなり、社会的にも窮屈に感じる事がありますが、現状の「当たり前の暮らし」を維持していく為には、現金や電子マネーなどの貨幣価値のある物を使わなければ、窮屈な社会となってしまいます。