自分の親を選ぶ事は誰にもできません。生まれ育った環境が貧乏であるときには・・ 結婚して新しい家庭を作ってもずっと貧乏  になってしまう可能 ...

出典:Oyster Perpetual ロレックス公式サイト  世界でも有名な高級時計にロレックスがあります。すばらしい品質と過去の実績、愛 ...

近年は超富裕層が急増しており、その「理由」「暮らしぶり」「将来の予測」「準富裕層になるための対策」をまとめています。アベノミクスの効果から今 ...

 マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問:ビル・ゲイツ氏や、「ZARA」で有名なインディテックス社の創業者:アマンシオ・オルテガ氏など、世 ...

セレブリティを短縮した「セレブ」が使われますが、本来の意味とは違って使われる事も多く、その違いと間違う理由について。海外のゴシップがそのまま ...

 理想的な生活を手に入れるためには、将来に向けた貯金が必要であったり・転職・引越しなど、何かを変えて対策していく必要があります。その方法の中 ...

 社会人になって給料を頂くようになり、自分で自由に使えるお金をやりくりするようになると、周りの人達との・・ お金の使い方:お金に対する考え方 ...

 会社で言われたように真面目に仕事を続けていても、収入は去年と変わらず「大金持ちになれる可能性はない」と考えている人は多いはずです。しかし・ ...

富と貧困の良さを知る必要がある

貧困状態の生活になってしまうのは、お金の仕組みをよく分かっていないことが原因です。仕事をしてお金を儲けるライフスタイルと、遊びのお金、そして病気になったときの貯蓄など、人生において必ず必要となってくるお金のバランスをよく考えることが大事です。

困窮した生活を余儀なくされる人の多くは、昔から貯金について考えない貧困な生活をしている場合が多くあります。つまり、貧困な生活になってしまうのは、これまでの生活習慣を変えることができないことが要因となっています。

日本はまだまだ学歴社会であり、高学歴でないと就職が困難となる職業が多くあります。そのため、大卒を目指す必要があるのですが、塾の費用や学費などを賄う費用を工面できない低所得者の子供は、高学歴となる可能性が低くなってしまいます。

そのような家庭では、奨学金を有効に利用すべきです。大学の入学だけでなく、高校や専門学校のの学費のために借りることも可能です。

貧困層の人達に学ぶこと

貧困な人達は、少ないお金をうまくやりくりして生き延びる術を知っています。毎日当たり前にやっていることであるため、特に裏技的な対策では考えていない場合が多いのです。

困窮した人たちは少ないお金で生活のやりくりが上手である

食費に関しては、どうしてもある程度のお金を確保する必要がありますが、より安く食材を調達していくためには、安売りをするスーパーの情報などを随時確認している必要があります。スマホは必要なく、自分の足で歩いて情報収集していけば、コストを抑えた食材調達も可能です。

住民税 非課税世帯が多くなっている

毎日、困窮した生活を送っている世帯のことを、住民税の支払金額から比較していくと「住民税 非課税世帯」と見ることが出来ます。

これは、給与収入でボーダーラインを設定することもできますが、副業をしていけ大きな損失を出したなどの場合には、その損失も補填してのトータルでの収入を基に計算されます。

そのため、200万円近い所得があったとしても、いくつもの損失が重なる事で、「住民税 非課税世帯」となる可能性があります。

車がないと普通の生活ができないのか?

「貧困な状態が問題である」と考えるのは、多くの収入を得ていないと将来のマイホームを購入することができないし、普通にマイカーを所持する事も困難であるからです。

しかし、生活する為のお金のやりくりを考えていくと「マイホームが本当に必要なのか?」という疑問と、消耗品などの購入とメンテナンスにコストがかかってしまうマイカーを所持する事がプラスであるのか良く考える事です。

近年は若い人がマイカーを所持しない「車離れ」が進んでいますが、必要な時だけレンタカーを借りる事や、カーシェアリングを利用するのは合理的な対策だと考えることもできます。無駄なお金を使わずに、手持ちの現金だけでやりくりする困窮した貧困生活は、節約生活でもあります。

まとめ:貧困な生活は問題なのか

同年代の人達と比べて、平均以上の給与を得ている人は、真面目に貯金をして将来の不動産購入を考えている人と、収入が多い分だけ気分が楽になり、お金を使いたがる人がいます。

つまり、困窮した生活をする人は少ないお金でやりくりできる抵抗力が備わっており、収入が多い人は多くのお金を使わなければ生活ができない習慣が定着します。

そのため「無駄遣いではないのか?」と考慮するボーダーラインも人によって変わってくる事や、幸せな生活が送れているか?についても、人によって基準が変わるので判断する事は困難です。

生活保護については、健康な方の場合には簡単に受給できないので、あてにするのは間違った考え方となります。