短期の副業などで臨時ボーナスを手にしたときには、以前から欲しかったブランド物を購入したいと考える人は多いはずです。女性ではブランドバッグが ...

毎日の食べるものを確保するのも難しいような状況にあったとしても、本当にお金が無い厳しい環境を改善するために起業するという考え方があります。 ...

「あの人はセレブなのでお金をしてもらえるかもしれない」などと言うことがあります。高級車に乗っていればセレブなのか?または、大きな家を所有し ...

 将来に「贅沢がしたい」という思いで仕事をがんばっている人は多いはずです。現在のところお金がない状態が続いていても、贅沢ができる状況を目標 ...

贅沢をせずにお金を使わない生活を継続していても富裕層になる可能性はかなり低いといえます。その理由は、お金の流れが変わらないのでちょっとした ...

常にお金の不安をかかえながら生活をしている人は多いはずです。給与が少なすぎる不満があったとしても、とりあえず現状維持で生活を継続する必要が ...

思うようにお金が貯まらず悩み続ける人も多くいます。お金に困ったら仕事に集中していけば、いつかは大金持ちになれるのではないかと考える人は少な ...

過去を振り返ると、無駄な物にお金を使ってもったいないと思う事があります。今となればもったいないお金の使い方だと感じるのですが、その時にはお ...

少ない給料で生活をしていると、お金がないときにどうすれば良いのか?と考える事も多くなります。どんなに悩んでも収入の金額が固定されているので ...

現状の生活水準に不満を感じている場合があります。とりあえず仕事をして給与を頂いており、プライベートの時間もある程度確保できて貯金の予定がで ...

近年は、特別な技術や経験がないと高額の給与が頂ける求人は見つからず、標準的な給与が頂ける正社員の求人募集も減少しています。その多くは、パー ...

お金がない貧困な生活を続けていると、心まで病んでしまい普通の生活をしてる人達と会話も困難になってきます。最近では貧困女子が増えてきており、トイレの水を流さないなど非常識な生活習慣が話題になる事もあります。

富と貧困の良さを知る必要がある

貧困状態の生活になってしまうのは、お金の仕組みをよく分かっていないことが原因です。仕事をしてお金を儲ける対策と、遊びのお金、そして病気になった機能貯蓄など、人生において必ず必要となってくるお金のバランスをよく考えることが大事です。

困窮した生活を余儀なくされる人の多くは、昔から貯金について考えない貧困な生活をしている場合が多くあります。つまり、貧困な生活になってしまうのは、これまでの生活習慣を変えることができないことが要因となっています。

貧困層の人達に学ぶこと

貧困な人達は、少ないお金をうまくやりくりして生き延びる術を知っています。毎日当たり前にやっていることであるため、特に裏技的な対策では考えていない場合が多いのです。

困窮した人たちは少ないお金で生活のやりくりが上手である

食費に関しては、どうしてもある程度のお金を確保する必要がありますが、より安く食材を調達していくためには、安売りをするスーパーの情報などを随時確認している必要があります。スマホは必要なく、自分の足で歩いて情報収集していけば、コストを抑えた食材調達も可能です。

車がないと普通の生活ができないのか?

「貧困な状態が問題である」と考えるのは、多くの収入を得ていないと将来のマイホームを購入することができないし、普通にマイカーを所持する事も困難であるからです。

しかし、考え方を変えていくと「マイホームが本当に必要なのか?」そして、整備に多くのコストがかかるマイカーを所持する事がプラスであるのか良く考える事です。

近年は若い人がマイカーを所持しない「車離れ」が進んでいますが、必要な時だけレンタカーを使ったり、カーシェアリングを利用するのは合理的な対策だと考えることもできます。無駄なお金を使わずに、手持ちの現金だけでやりくりする困窮した貧困生活は、節約生活でもあります。

まとめ:貧困な生活は問題なのか

同年代の人達と比べて、平均以上の給与を得ている人は、真面目に貯金をして将来の不動産購入を考えている人と、収入が多い分だけ気分が楽になり、お金を使いたがる人がいます。

つまり、困窮した生活をする人は少ないお金でやりくりできる抵抗力が備わっており、収入が多い人は多くのお金を使わなければ生活ができない習慣が定着します。

そのため「無駄遣いではないのか?」と考慮するボーダーラインも人によって変わってくる事や、幸せな生活が送れているか?についても、人によって基準が変わるので判断する事は困難です。