将来に備えて生命保険に加入した方が良いと考える人は非常に多くいます。将来何が起こるか分からないので、その時の為に保証を充実させておくことは ...

 日本に住んでいると、何処の地域であっても地震を中心とする災害に見舞われる可能性は高くなります。何処の地域が危険であるかについては、様々な ...

年齢が高くなってくるにつれて、お金の消費を抑えながら生活するスタイルだけでなく、将来に向けての貯金の金額を考慮していく必要があります。 現 ...

自動車ローンや住宅ローンなどの返済を完了して、借金がないリラックスした老後を目指すことが重要です。余裕のある老後を目指すには、生活資金の全 ...

お金に対して執着したりするのは、仕事とプライベート、そして出費と貯金のお金に振り回されているからです。将来に必要なお金を早めに確保していか ...

将来に自分がどのような生活をしてるのか予想しながらシミュレーションしていくと、現在必要な収入の金額、そして来年に向けて貯蓄の金額をどれくら ...

不意なイベントの1つに交通事故があります。交通事故は想定外に急に起きてしまうので、その後の対応に慌ててしまいます。 事故の内容が人身事故で ...

老後に必要な資金をシュミレーションしてみると、蓄えるべき貯金の金額が分かってきます。年金を当てにせずに多くのお金を確保する対策が必要です。貯蓄型の保険が人気ですが、本当にお得なのか考えてみる事が大事です。

年齢が高くなるほど医療機関にかかる可能性が高くなる

yahoo-shopping
出典:aflac http://www.aflac.co.jp/

現在のところ日本人の平均寿命は、男性が80歳、女性の場合は87歳あたりとなっています。医療技術が日々高くなる事により、深刻な疾患になってしまい命を落とす危険性が減少してきています。

そうなってくると、将来に向けたお金を確保する対策も重要となります。予想外に長生きをしたものの、貯金の金額が底をついて困窮した生活になってしまうのは問題です。年金だけに頼らず老後に向けた保険のあり方なども考えていく必要があります。

老後の健康の維持を考える

年齢が高くなってくると、その分だけ病院にかかる頻度も増えます。生活環境の影響もあり、運動不足や肥満などが関係してくると動脈硬化となる可能性が高まります。この症状は高血圧になる可能性や、糖尿病の可能性も高めてしまいます。

中高年になると様々な病気になる可能性が高まる

長寿国の日本で長生きする為には、生活環境や医療機関などの設備が整った地域で暮らしていくことが重要です。そして、それよりも重要なのが老後のお金を確保しておく対策ができているかです。

固定費を減らして出費の範囲を縮小する

高齢になればなるほど、毎月の出費を減らしていくことが可能になります。何らかの病気になって医療費が発生してしまうことは仕方がないことですが、それ以外の生活の基本のお金を最小限まで抑えることが重要となります。

生活に必要となる固定費を減らしていく

固定費とは、家賃や水道光熱費などが該当しますが、毎月の家賃を10,000円でも減らすことができれば、年間あたり12万円の節約が可能です。利用していない部屋、またはスペースの空いている賃貸住宅に住んでいるなら、よりコンパクトな部屋に引越しします。

最大の節約は健康でいること

老後に最も懸念することは、病気にならずに健康でいられるかです。長生きできたとしても重い疾患を患って、寝たきりで過ごす生活は精神的にも厳しいし、貯金の金額もすぐに使い果たしてしまいます。

そのため、老後にお金を節約する対策を考慮するのであれば、「健康で暮らすことができる」対策を最優先することです。

健康で生活できれば出費を大きく減らすことが出来る

年齢が高くなると、被服費や娯楽費に費やすお金が減少してきます。そして、食事に費やすコストも少なくなってくるため、変動費も抑える対策も十分に可能となります。医療費の出費を大幅に抑えることができれば、少ないお金をやりくりして生きていくことはそれほど難しいことではありません。

コミュニケーションが大事である

最近では都会で暮らしている高齢者の多くは一人暮らしである事が問題になっています。一人で暮らしていると、1日のうちで会話をする時間が極端に減少します。そのためコミュニケーションの能力が減少したり、脳の機能が低下しやすい状態となります。

老後に必要なのはコミュニケーションを取る相手と時間

会話をする仲間がいる事が、病気にならずに健康で生きていく上で非常に重要である事がわかっています。そのため、地域のコミュニティやサークルなどに参加し、積極的に外に出て周りの人達とコミュニケーションを取っていくことが、生活意識を高め、健康と医療費削減に有効となります。

貯蓄も可能な保険が増えてきた

老後の心配を考慮すると、保険料が安い若い年齢のうちに保険に加入して、保険料を払い続けて数十年後にまとまった受取金を手にする事を想定する人もいます。しかし、この保険が本当にお得なのか?よく考える必要があります。

貯蓄をしていくタイプの保険が本当にお得であるか?

退職金で大きく臨時収入があった場合、そのお金を老後の生活資金としていく事が重要ですが、そのまま銀行に預けるよりも投資していく対策を選択することも可能です。リスクを抑えて大きく増やす為の方法がいくつもあります。

優良保険会社と連絡先
日本生命保険相互会社 生命保険のお手続き:0120-201-021
富士火災海上保険株式会社 富士火災お客さまセンター:0120-228-303
ソニー生命保険株式会社 カスタマーセンター:0120-158-821
朝日生命保険相互会社 お客様サービスセンター:0120-714-532
アクサ生命保険株式会社 お客様相談室:0120-030-775
アフラック アフラックスクエア コールセンター:0120-5555-95
オリックス生命保険株式会社 お客様相談窓口:0120-227-780
三井住友海上あいおい生命保険株式会社 お客さま相談デスク:0120-324-386
チューリッヒ生命 お客様相談部:0120-860-129

大手保険会社のセールスマン、セールスレディの説明で納得するのではなく、ネットで多くの情報を集めて判断していく事が重要です。