出典:「auかんたん決済」でチャージ au  便利に利用できる電子マネーですが、全てが同じような方法でチャージできるわけではありません。質 ...

出典:スターバックス カード|スターバックス コーヒー ジャパン  気の合う仲間やカップルなどで「おしゃべりしたい」ときに気軽に利用したい ...

出典:電子マネー majica(マジカ)  激安の家具・家電・食品などの情報をネットで調べていると、よく見かけるのが・・ ドンキで399円 ...

 財布に電子マネーやクレカがあるならカードをかざすだけで支払いが完了するため、とても便利です。このような「カードをかざすだけで決済が完了」 ...

 最近では、公共交通機関はSuicaなどの電子マネーを利用する事によって、券売機に長蛇の列ができる事もなくなりました。小銭を探す時間がなく ...

海外への送金のコストを下げるには「PayPal」が有効であり、ネットショップの加盟店数・安全性など多くのメリットがあります。ネット決済でク ...

現金を使わないスタイルの情報だけでなく、支給された交通費などの経費(仮払金)を置いておく振り込み口座について。海外では現金を持ち歩かずにキ ...

Visa payWaveは他の電子マネーにはない優れた特徴があるため、デメリットが分かっていても所持しておきたいカードです。国内・海外問わ ...

おサイフケータイが「うざい」理由と、問題を解消するために スマホ(アプリ)の設定を見直すポイント・対策についてのまとめ。「Apple Pa ...

「auウォレット」が使えるガソリンスタンドは「エッソ・エネオス・シェル・出光」のどこなのか?使える給油所と利用のポイントとは?出光サービス ...

出典:Suica:JR東日本  交通機関を便利に利用できる電子マネーに「Suica」があります。  プリペイドタイプなので年齢制限もなく、 ...

出典:WebMoney  オンラインゲームを楽しむようになると、ゲーム内での熱中度を高めるアイテムを購入するために、オンラインゲーム内で利 ...

出典:楽天ペイ  スマホをかざすだけで決済できる「おさいふケータイ」は、10年以上前にサービスが開始となったのですが、利用者はそれほど増え ...

 ショッピングにて便利に利用可能な電子マネーですが、コンビニやデパートなどで利用するだけでなく、公共交通機関で利用する際にもかなり便利です ...

 散歩やウォーキングなど ちょっとした用事に軽装で出かける時には、「スマホ」と「自宅のキー」だけを持って出ることが多いはずです。しかし、財 ...

出典:Yahoo!マネー 手数料  ヤフオクなど「Yahoo!のサービス」を利用して支払いをする時には、「銀行振り込み」や「クレジットカー ...

出典:LINE Pay  モバイル送金や決済にて利用できる「LINE Pay」ですが、2018年5月にポイントシステムなどが大きく変わりま ...

交通機関や買い物に便利に利用できる

calendula
出典:WAON https://www.waon.net/

電子マネーは、現金に変わる決済手段として様々なお店で利用できるようになりました。コンビニやショッピングセンターのチェーン店は、ライバル店を意識した相互利用可能な電子マネーのポイントサービスを採用する傾向があります。

駅の券売機だけでなく、自動販売機やその他の現金が必要であった取引に変わる決済方法として、電子マネーが広く利用されるようになってきています。

交通系の電子マネー

毎日の移動手段に電車を利用しているなら、電子マネーを使う事でスムーズに利用できるようになります。交通系の電子マネーは、コンビニやその他スーパーなどでも利用できるようになっているため、総合的な使い勝手が高まっています。

  • Suica  首都圏を中心に交通機関で利用するなら必ず所持したい電子マネー
  • ICOCA JR西日本の発行する電子マネーであり、京阪神から岡山エリアがメインとなる
  • PASMO 関東の私鉄や地下鉄、バスなどを利用する際に便利な電子マネー
  • PiTaPa 関西周辺の私鉄、地下鉄、バスで利用できる電子マネー
  • TOICA JR東海の発行する電子マネーであり、名古屋、静岡などのエリアとなる
  • manaca 名古屋をカバーする電子マネーであり、私鉄、地下鉄、バスに利用できる
  • SUGOCA JR九州が発行する電子マネーであり、オートチャージ機能に対応する「JQ CARD」がある
  • はやかけん 福岡市交通局が発行する電子マネーであり、地下鉄や福岡市の多くの施設で利用できる

ショッピング系の電子マネー

ショッピングで利用できる電子マネーは提携ショップが非常に多くありますが、コンビニで利用できる系列が違ってくるので、メインで利用する電子マネーを選択する時には、提携しているスーパー、デパート、コンビニ、アミューズメント施設などを比較します。

加盟店(利用可能ショップ)の多い電子マネー
楽天Edy 40万店以上の加盟店があり、有名なスーパー、家電ショップ、ファーストフード店などで利用可能
WAON イオングループで利用可能な電子マネーであり、ミニストップ、イオンの買い物で割引き特典がある
iD NTTドコモが提供する電子マネーであり、早くから普及したため利用者が多い。後払い(ポストペイ)タイプ
nanaco イトーヨーカドー、デニーズ、セブンイレブンなどで利用できる電子マネー
QUICPay JCBカードが提供している電子マネーであり、古くからサービスを提供している。後払い方式

ファストフード店などは、チェーン店全体で電子マネーを採用していない場合が多く、特定の店舗だけ例外的に利用できる電子マネーがあります。

手軽に早く決済できるメリットがある

電子マネーのメリットは、小銭を使わずに少額の決済が可能である事です。スーパーやコンビニ、薬局などで利用できる電子マネーを所持しておけば、財布を持たずに外出することも容易に可能となります。その他にも以下のようなメリットがあります。

  • レジで待たずに数秒で決済が完了する
  • ポイントサービスで買い物がお得になる
  • 特定の施設の利用料金がサービスされる

電子マネーの種類は非常に多くなってきており、複数枚の電子マネーを常に所持するのは管理が煩雑になってしまうデメリットがあります。そのため、最も利用頻度の高い電子マネーへ集約して多くの特典を得られるお店だけを利用する対策が有効となります。

小銭を持たずに出かける事が可能

財布の中身を見て本当にお金がない厳しい状態になった場合でも、電子マネーのチャージ金額が残っている場合には商品を購入できる可能性があります。電子マネーはまだまだ現金やクレジットカードに変わるためには利用しにくい部分が残っていますが、小銭も持たなくて良い場面が増える為メリットが多いのです。

電子マネーは地域によって復旧しているタイプが変わっているので、自分の住んでる地域で人気になっている電子マネーを積極的に利用する事が良い対策となります。ただ、当然のように現金を所持していないと買い物が出来ないお店もあるので、現金を必ず持ち歩く必要は当然のようにあります。

そのあたりも考慮して電子マネーが本当に便利であるのかチェックしていく事で、今後どの電子マネーを利用した方が良いのか分かるようになります。最近ではキャッシュレスで決済ができるスタイルが浸透してきていますが、まだまだ複数のカードを所持していないと困る状況があります。

電子マネーは手軽さが非常に良い

電子マネーが復旧してきたのは、従来の財布を所持して現金を出す買い物をするよりも簡単に決済が可能となっているからです。レジで消費の代金が提示された後に、電子マネーのカードを取り出してかざすだけです。

小銭を受け取って財布の中にしまう必要も無いので、これまでの現金で買い物をしていた時間がかなり短縮され、小銭の受け取りの間違いなども無くなるので非常に買い物が楽になります。

決済スピードを速める良い対策

人気のある小売店の場合には、昼食時間などを短い時間に多くの人が買い物をする場合に長蛇の列ができることがあります。このような時に、電子マネーで決済する人はレジでの手続きが非常に簡略化されて早く終える事が分かります。

そのあたりを多くの人が見ていると、レジでの決済を素早く終わらせるために電子マネーを所持しようと考えるようになります。

最近ではポイントが注目されるようになってきた

電子マネーのもう一つのメリットはポイントを集める手段となっている事です。従来はクレジットカードで利用できるおまけのような感じでポイントを集める人がいましたが、最近ではどの電子マネーにおいてもポイントを多く集めていけばかなりお得になる事が分かっています。

そのポイントは、クレジットカードに付随していてカード決済をしたときにポイントが増えるシステムと、電子マネーの中にポイントが蓄積されていくスタイルがあります。そして、電子マネーには二種類のスタイルがあります。

  • プリペイド型(チャージをする必要がある)
  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco
  • PASMO
  • Suica

このようになります。どちらにもメリットがあるので、両方のタイプを所持している事が望ましいのです。

プリペイド型の電子マネーを利用する

プリペイド型の電子マネーのポイントとしては、財布の代わりになる為買い物が非常にスムーズになる事、そして海外でも使える事や、ポイントが貯まるシステムが有効となります。

そして、プリペイド型の最大のデメリットが、チャージをしなければいけないことです。事前にお金を入れておかないと電子マネーとして利用できないので、定期的にチャージして使える状態にしておく必要があります。

もう一つは、紛失をしたときに他の人に勝手に使われることです。チャージをすると言うことはそのカードを所持している人が自由に使える状態になります。本人の認証なども全く無いので、プリペイド型の電子マネーを落とした時点でお金を紛失した事になります。

多くのプリペイド型は、返金をすることが出来ないシステムとなります。つまりチャージをすると現金として使用することができないお金に替わってしまうことになります。

ポストペイ型の電子マネーの特徴とは

ポストペイ型の最大の特徴はチャージが必要無い事です。どれだけ残高が残っているのか気にする必要が無いため非常に気楽に使う事が可能となっています。電子マネーとして利用できますが、クレジットカードに付帯しているタイプがほとんどとなる為、クレジットカードの信用度があります。

その為、高額な商品を購入するときにもポストペイ型の電子マネーが向いているのです。ただしい、ポストペイ型の電子マネーに関しては利用が開始できるまでに審査があります。このあたりもクレジットカードと同じような考え方になります。

まとめ:電子マネーとは

電子マネーは非常に使い勝手が良いため多くの人が使うようになっていますが、メリットとデメリットをそれぞれ見ていくとどちらも一長一短な状態である事がわかります。これに加えてクレジットカードを複数枚所持していれば、便利なを使うスタイルで十分に対応出来ます。

ただ、チャージが必要な電子マネーに関しては定期的にお金を入れる必要があります。お金を使いすぎる人にとっては、1週間分のお小遣いを想定してチャージをする考え方もあります。電子マネーだけで好きなものを買って良いことにすると、使いすぎを防止する事ができます。

チャージには上限額があるので、大量にお金をチャージしておくことはできません。紛失の危険性もあるのでちょうど良いバランスに設定されているのです。このあたりの特徴を知った上で電子マネーを使うようになると、便利な特長を生かすことができるはずです。