便利なクレジットカードの利用頻度を高めていくためにも、お金を使わずショッピングをする対策を更に高めていくことが有効となります。このようなシ ...

デートの際には多くの現金を所持するよりも、カードを利用する方が何かと便利です。 カードで決済をすることで信頼のある人であるとアピールする事 ...

最近は、電子マネーやクレジットカードなどのカード払いをメインとしているお店や、自動販売機、鉄道関連のシステムが増えてきました。そのため、便 ...

家族カードは、カードの契約者の家族が利用できるクレジットカードであり、契約者本人の配偶者や子供、両親なども利用できます。

未だにクレジットカード決済が導入していない飲食店は多くあり、かなり機会損失している状況にあります。どれくらいの被害損失であるのか、様々な情 ...

今すぐお金が必要なときにキャッシングできたり、後払いができるショッピングが利用できるのがクレジットカードのメリットです。しかし、カードを使 ...

できるだけお金を使わないように生活をしていく基本となるのがクレジットカードの利用です。カードで決済をすることで、少しばかり安くなる場合があ ...

デートの時に食事やレジャー施設、ホテルなどで利用頻度が多いのがクレジットカードです。お得な特典を探して様々なカードをチェックするようになる ...

クレジットカードは、商品を購入する際にお金を準備しなくても良いため非常に使い勝手が高く、本当にお金がなくて厳しい状況にあるときに、キャッシ ...

旅行やデートなどの際にお金を所持せずクレジットカードを利用していくと、使い勝手も良くて現金を紛失してしまう危険性を減らせるため重宝します。 ...

財布の中に、多くのプリペイドカードや電子マネーのカードなどが増えすぎて困ってしまい、対策を考えている人は多いはずです。その方法の一つに、カ ...

友人たちと遊ぶためにお金をうまくやりくりするには、毎月の家計のお金の流れをしっかりと把握していく必要があります。その時に重要なのは、毎月の ...

ポイントサービスや付帯サービスを確認し、自分のライフスタイルを豊かにしていくステイタス感の高いベストなクレジットカードを契約するための情報について。審査の段階で必要な情報や、電話連絡による本人確認、そしてカード作成に大きく関係してくる年齢制限など、契約の段階で重要な審査にかかる期間やその内容を確認しておくことが重要です。最近ではリボ払い専用カードが多くなってきているため、審査を依頼するカードの使い勝手や付帯サービスの情報なども十分に確認しておくことが重要です。

審査の基準を知っておくと落ちたときに納得することができる

ob_wrench1

手持ちのお金が乏しい状態となり、困ってしまう状況で考えられるのは、お金をどこから調達するかという対策になります。銀行に預けているお金を確保しても必要な金額に足りない場合には、借入を検討するしかなくなってしまいます。

その対策以外にお金がないときにどうするのか、出来る方法を考慮しておく事は非常に重要です。借入をする優先順位を出来るだけ下げることが重要であり、他の方法でどうにかお金を工面して支払いなどの状況をクリアしていく対策が必要になってきます。

他の方法が見つからない場合には借入をする事になりますが、その時に問題になってくるのは審査の基準です。自分が希望している金額を融資してもらえるのかについては、審査の内容によるからです。

審査で見ているところはどこなのか?

審査で基準となる部分がどこなのか知っておく事は重要であり、この部分が分からずに悩み続ける事も多くなるはずです。一般的には仕事をしていればお金の貸し付けは可能な状態となるので、仕事をしている状態であれば自信を持って審査に望む事です。

審査でポイントとなりそうな部分は以下になります。

  • 審査の時に書き込む書類に誤字や脱字などが含まれている場合
  • 総量規制の対象になっている状況
  • 年収や勤務先などの現在の状態に何らかの問題がある
  • 過去に借入をした時期が近かったり回数が多い場合
  • 過去に滞納を繰り返したり自己破産の利益がある

このような部分が審査が通らないかもしれない要点となります。特にブラックと呼ばれる過去の滞納を繰り返してる場合は、高い確率で借入が拒否されてしまう可能性が高いのです。

過去の借入の返済については、キャッシングで借り入れた内容だけでなく、オートローンや、家電製品を購入する際のローンなど、全ての商品の分割ローンなどの支払いが該当しているのです。審査に通るかどうかは、商品を買ったりお金を借り入れた場合に約束通りにお金を返しているかの信用をチェックされるのです。

審査の最も重要視される基準が総量規制である

総量規制とは

  • 年収の三分の一まで借入が可能である

という決まりであり、一般的には消費者金融の全てはこの決まりに従っています。これは、1社からの借入だけでなく、全ての借入の合計金額が年収の三分の一以下という範囲内で計算する必要があるのです。そのため、現在借入している金額がどれくらいあるのか申請する必要があります。

このあたりで嘘の申告をするとすぐに分かってしまうので、総量規制の概念のある借入であるのかどうか借り入れ先をチェックする考え方も必要です。ちなみに、銀行は総量規制に従う必要は無いので、別の審査基準で貸し付けが可能であるか審査することになっています。

このあたりの審査基準のあり方を知ることにより、自分が現在借入が可能な会社がどこの範囲であるのか知ることが重要になります。

現在の年収が審査に大きく関わる

当然のようにお金を借りるのですから、返済能力が必要となってくるので、毎月の収入がどれくらいあるのかが大きな審査の分かれ目になってきます。借入を希望してる金額にも寄りますが、年収が十分にある人の場合には、ある程度の金額まで貸し付けが可能となる可能性は高いのです。

アルバイトやパート、派遣社員などであったとしても年収の金額がそれなりに高ければ、借入が可能となる可能性は高いのです。少なくとも、キャッシングが可能なカードが発行される可能性は非常に高くなります。つまり審査に通る可能性が高いのです。

信用が必要である

実際にローンに必要なカードを手にした時に、貸し付け可能な金額が確認することができます。審査を依頼した最初の段階においては、信用がないので相当に低い借入上限額が設定されている場合があります。

この金額は、何度か借入をして完済をしたりする回数が多くなると、借り入れた能楽が上昇してくる可能性があります。これは、信用度が増したと言う状態となります。

多くの場合、融資する会社が広告に記載している融資可能な上限額がありますが、それが信用度が高まり最大限貸し付けが可能になった状態の限度額となります。多くの場合、審査をした最初の段階でこの限度額まで融資が可能となる可能性は少ないと言えます。

過去に借入をした時期が近すぎる

何度も借入をすると、信用度が増す可能性がありますが、それは全て完済できた場合です。つまり、現在も借入している状況でありながら、他社に借入の審査を依頼するのは完全に間違った対策となります。

審査をする前の段階で、他社から借り入れている金額を記載する欄があるので、ある程度の金額の借入がある現状で、更に借入の申し込みをしている現状が確認できるので、審査に通る可能性はありますが、貸し付け可能上限額は低く設定される可能性があります。

まとめ:審査の基準とは

基本的には、借り入れしている現状よりも年収の金額をベースに考慮されるので、他社から借り入れている現状の金額がそれほど多くない場合には、審査が通る可能性は十分に高い可能性があります。

そして、もう一つの問題はブラックと認定されている場合です。これは、借入の契約をして返済までの期間などを設定した後に、その期間を守れずに滞納を繰り返したりするとブラックの状態と認定されてしまいます。

このような返済の約束を守れない人は、審査を通るか通らないかをチェックする前の段階で問題外とされます。どこの金融関連の企業でも同じように門前払いになってしまう可能性は高いのです。