出典:Ponta Web  ショッピングの際にカード払いを利用して、ポイントを集めている人は多いはずです。町中で見かけるいろいろなお店で利 ...

 コンビニにて「電子マネーを利用してポイントをゲット!」のような広告を目にすることがあるはずです。これは、ビデオレンタルショップやスーパー ...

有効にポイントを活用していく

ana-visa-card
出典:楽天Edy 使い方 https://edy.rakuten.co.jp/pointget/

最近では多くのショッピングセンターやコンビニ、ホテルなどカードで決済可能なショップのほとんどが何らかのポイントサービスが利用できるようになっています。ポイントサービスの特典とは・・

  • 購入した商品金額に応じてポイントが付与される
  • 次回の購入時に溜まったポイントを使用することができる
  • プール方式はマイルに置き換えることができ、ノンプール方式は次回の商品購入時に利用できます。多くの場合は家電量販店のサービスの基本スタイルとなります。どこのお店でもカードを提示すると貯めていくことができるので、どのサービスが利用できるか事前に調べて狙ったポイントに集めるようにする対策を心がけます。

    Tポイントカード、nanacoJAL マイレージバンク、ANA マイレージクラブなど、お得なサービスを選んで使用するカードを選択します。

    サービスの基本スタイル

    ポイントサービスは、基本的にお客さんを囲い込むことに利用するため、ポイントカードを発行する際は無料となります。もしくは100円程度のカード発行手数料が必要になる場合は、100円相当のポイントが事前に付与されます。

    ポイントサービスのカードは無料で発行される

    そして、最近ではデパートやショッピングセンター、コンビニやビデオレンタルサービスなど様々な店舗が提携して共通で利用できる「共通ポイントカード」を採用する企業が増えてきています。

    ポイントサービスで目指しているもの

    ポイントサービスを提携している企業このような目的でポイントサービスを運営しています。

    POINT
    • 顧客を囲い込む(常連のお客さんを逃がさない)
    • リピート客を増やしていく
    • 顧客の満足度をアップさせる
    • 定期的なキャンペーンを想定し、顧客数を把握したい

    ポイントサービスは、企業のマーケティング戦略としては欠かせない方法であり、常に常連客を確保する為の手段の一つとなっています。ライバルのショップも同様なポイントサービスを展開するので、対抗する優良なサービスを実施する必要があります。

    大きなグループができている

    ポイントサービスは、お客さんを他の店に流れないように取り込むために実施します。そうなると、ネットショップ、ガソリンスタンド、コンビニ、デパート、ビデオレンタルショップなどが、ライバル店が加盟していないポイントサービスに加盟します。

    POINT

    客の囲い込みをするためにライバルと違うポイントサービスを選ぶ

    町中で見かける、ポイントサービスで4大共通ポイントと言われるサービスがこの4つです。

    • 楽天スーパーポイント
    • Tポイント
    • dポイント
    • Pontaポイント

    Tポイントは、TUTAYAからスタートしたポイントであり、Pontaポイントはローソン。楽天スーパーポイントは、楽天市場で付与されていたポイントです。

    このように、ポイントサービスがスタートした企業は様々であり、そのポイントサービスを顧客を囲い込むために加盟していきます。

    ポイント利用時にもポイント付与される

    各共通ポイントのサービスは、獲得するときの還元率で比較することが多いですが、それだけではなく・・

    POINT

    利用時に獲得できるポイント

    についても考えるべきです。獲得したポイントは現金の代わりとして利用できますが、そのポイントを利用した際にもポイントが付与されるサービスがあります。

    楽天市場では全ての加盟店でポイント付与

    ポイントが多く付与される店では、楽天スーパーポイントが優れています。楽天市場でショッピングをする際に・・

    POINT

    ポイント利用でさらにポイントが付与される

    ため、ネットショッピングを楽天市場に限定することで、常にお得な価格で商品を購入することができます。

    Tポイントは多くの加盟店でお得になる

    Tポイントでも、「ポイント利用時にもポイント獲得」ができます。「ファミリーマート」「カメラのキタムラ」「ドトールコーヒー」「スリーエフ」「牛角」など、多くの店舗が対応しているので非常に使い勝手が良くなります。

    より節約をしていくために、「ポイント獲得」「ポイント利用」「加盟店数」などを比較していくと、Tポイントは他の共通ポイントに比べて非常にメリットが大きいことが分かります。

    まとめ:ポイントサービスの利用

    ポイントサービスは、大きな陣営に分かれて戦っている状態です。ですが、多少レートが悪くなったとしても移行したりすることも可能であるため、ポイント獲得のショップを限定せず、後で移動させるという考え方も可能です。

    特に大きなポイントを獲得できるのが、専用のクレジットカードを所持する場合です。そのため、メリットも多いショップが加盟しているポイントサービスを選び、最も効率的にポイントを獲得できるクレジットカードの契約がベストです。