お金に困った時に便利に利用できるのがオークションです。国内最大手のヤフオクを利用する事によって、ちょっとしたお金が ...

ちょっとしたお小遣として使うお金が欲しい時には、お金を確保する考え方ではなく、ポイントをゲットしてお金と同じように ...

お金を使わず節約を心がける生活を続けている状況においては、クレジット ...

手持ちの現金が少ない時に買い物がしたい時に便利に利用できるのがクレジ ...

オンラインゲームを楽しむようになると、ゲーム内で面白さをアップさせる ...

すぐにお金が必要なときには、お金を作る方法についてネットで探したりす ...

 買い物をする際に便利に利用可能な電子マネーですが、コンビニやデパー ...

デートの際には多くの現金を所持するよりも、カードを利用する方が何かと ...

最近は、電子マネーやクレジットカードなどのカード払いをメインとしてい ...

出典: 今すぐお金が必要な時にすぐに手配できるのがクレジットカードの ...

今すぐ現金を調達する必要があるときには、クレジットカードのキャッシン ...

お金が足りないときには、クレジットカードを利用してキャッシングをする ...

確実にお金を増やす対策の1つに、クレジットカードを徹底的に使い込む対 ...

手持ちのお金が足りないときに便利に利用できるのがクレジットカードであ ...

将来的にお金を増やす為の対策としてクレジットカードを利用している人も ...

 クレジットカードを利用するようになると、その便利さからカード決済の ...

飲食店で食事をするときには、できるだけお金を使わないようにする人は多 ...

クレジットカードを利用するには、利用した金額を指定された支払日に引き ...

今すぐお金が必要なときにすぐに調達できるのがクレジットカードの良さで ...

遊びのお金を少なく抑える事や、毎日の生活に必要な買い物のコストを抑え ...

できるだけお金を使わないように生活をしていく基本となるのがクレジット ...

お金が足りないときでも便利に決済できるのがクレジットカードの良いとこ ...

クレジットカードを利用する事により、現金を所持していなくても商品やサービスを得ることができます。小銭のやりとりがなくなるので非常に便利であり、ポイントサービスや電子マネーと連動してキャッシュレスの暮らしが可能となります。

クレジットカードでお金にゆとり ネットでの使い方など

waterfall

クレジットカード(Credit card)は、商品購入時に現金の代わりに利用できる決済手段の1つであり、商品代金を後払いするための本人確認のためのカードとなります。

クレジットカードの表面には、カードの登録番号、契約者の名前(英語表記で記載)、カードの有効期限が記載されています。クレジットカードは定期的に契約内容が更新され、その際に新しいカードが送付されます。古いカードは利用期限が来た時点で使用不可となります。

クレジットカードには、契約者の番号、名前、有効期限が記載される

重要なポイントは、商品を購入する際に「本人のみが利用できる」決まりとなっているため、クレジットカードを他人に貸したりすることはできません。

カードブランドの違いとは

重要になってくるのはクレジットカードのブランドです。国際ブランドの違いによって加盟店の数が変わってきます。特に外国では、加盟店の多い国際ブランドが変わってくるので、利用しやすいくれじっとカードを処理する対策が必要となります。

クレジットカード 国際ブランの違い
  • VISA 世界中に3000万店以上の加盟店のある世界のスタンダード
  • MasterCard VISAに近い30%程度のシェアを誇る有名ブランド
  • JCB 日本初のブランドであるため日本国内では利用価値が高い
  • アメックス 審査が厳しくステイタス感の高い人気ブランド
  • ダイナース 富裕層が所有している世界最高レベルのステイタス感

国際ブランドの基本はVISA、またはMastercardであり、国内においてはどちらかが入っているカードを作れば、ほぼ全てのショッピングサイトやホテル、コンビニやドラッグストアなどで使えるため、使用できるお店であるか迷うことはないはずです。

クレジットカード所持者とショップの両方にメリットがある

クレジットカードは、支払いを後払いにすることが可能になるので、カードを利用する人にとってはいくつものメリットがあります。最も多いクレジットカードのメリットは以下となります。

  • 商品やサービスを先に受け取りながら、支払いはクレジットカード使用料金の引き落とし日まで先送りできる
  • 現金を所持せずにショッピングに行けるためセキュリティー面で安心
  • カードを紛失すると電話連絡で支払いをストップすることができる
  • 身分証(IDカード)のように利用できる
  • 電子マネーや、交通機関で利用できるプリペイドカードなどの機能が利用できる

そして、クレジットカードの加盟店側は、クレジットカード決済が利用できるお店であると宣伝する事によって、便利に利用したいお客さんを集めることが可能となります。特に海外のお店の場合は、現金の支払いよりもクレジットカード決済を重要視します。

クレジットカード決済の流れ

商品を購入する際にクレジットカードを提示すると、ショップ側はクレジットカードリーダー(ICカードリーダー)にて情報を読み取り、本人確認のためにレシートにサインを求めたり、暗証番号を入力する端末から番号を入力して照会します。

  1. 利用者がクレジットカードを提示して決済を終える
  2. クレジットカードの加盟店は、決済の内容をカード会社に転送します。
  3. 利用者は、1月分をまとめた「月額使用料金」を翌月以降のクレジットカード引き落とし日に準備します。
  4. 引き落とし日に、利用料金が引き落とされ商品の支払いが完了します。

クレジットカード加盟店は、後日、カード会社から顧客が利用した分のクレジットカード利用料金の支払いを受けます。この時、カード会社が手数料(2%~5%程度)を徴収します。これがクレジットカード会社の利益となります。

現金で支払う客との違い

クレジットカードの加盟店側の考え方からすると、現金で商品代金を支払ってくれるお客さんと、クレジットカードで決済するお客さんを比べると、最終的にお店側に入ってくる金額に違いが出てきます。

  • クレジットカードを提示して決済したお客さん=商品代金の97%を徴収できる
  • 現金で商品を購入したお客さん=商品代金の100%を徴収できる

このように、同じ商品を販売した状況において、クレジットカードを使用して販売したお客さんの場合、クレジットカード会社に手数料を支払う必要があるので、最終的に受け取る金額が少なくなります。

この数%のカード利用手数料がネックとなるため、クレジットカードが利用できるお店であることを告知しないショップもあります。価格競争や仕入れ原価の高騰の問題を考えると、手数料の3%の支払いはかなり厳しい選択となります。

有効にクレジットカードを活用していく

ネットショップにおいては、クレジットカードが利用できるお店が大半を占めています。その理由は、従来のような銀行口座へ商品代金を振り込む手続きをする場合、振込手数料の金額がかかる事や、振込金額の確認に時間がかるデメリットがあったからです。

そして、クレジットカードを利用するメリットはまだまだあります。

  • クレジットカードで商品を購入するとポイントを獲得できる
  • 会員限定の割引きセールや記念品を頂けることもある

多くのネットショップでクレジットカードが利用できますが、自社のブランドで発行しているクレジットカードを利用したお客さんには、限定的に料金が安くなったり多くのポイントが付与されるなど、特別な待遇で利用できる事もあります。

多くのユーザーに支持されるクレジットカード

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • Orico Card THE POINT
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • エポスカード
  • ライフカード
  • 三菱UFJニコス VIASOカード
  • 楽天カード
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ACマスターカード
  • セゾンカードインターナショナル
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • イオンカードセレクト
  • NTTグループカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • REX CARD(レックスカード)
  • ビュー・スイカ カード
  • ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
  • コスモ・ザ・カード・オーパス
  • セブンカード・プラス
  • セディナカード
  • ファミマTカード
  • JALカードSuica
  • 三井ショッピングパークカード:セゾン
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • 楽天PINKカード
  • DCカード Jizile
  • シェル-Pontaクレジットカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • PARCOカード
  • ルミネカード
  • 出光カードまいどプラス
  • JCB CARD EXTAGE
  • ANA VISA Suicaカード
  • MUJI Card
  • 大人の休日倶楽部ミドルカード
  • JCB EIT
  • JAPANカードセゾン
  • R-styleカード
  • アトレビューSuicaカード
  • セディナカード Jiyu!da!
  • MileagePlusセゾンカード

年会費無料タイプ、学生も申込みが可能であったり、国内外の旅行保険が充実しているタイプのクレジットカードが人気となります。特にネットショップで利用頻度が多い人は、専用のクレジットカードを選ぶ事で、付与されるポイントが2倍以上になるのでかなりお得になります。