クレジットカードや、au、ドコモ、ソフトバンクなどの携帯電話の使用料金が引き落とされる日までに、現金の確保ができなかったときには非常に困ってしまいます。

 お金 ...

出典:Yahoo!マネー

 ヤフオクなど「Yahoo!のサービス」を利用して支払いをする時には、「銀行振り込み」や「クレジットカード決済」、「Tポイント」など様々な支払い方法が ...

ちょっとしたお小遣として使うお金が欲しい時には、お金を確保する考え方ではなく、ポイントをゲットしてお金と同じように使っていく考え方があります。最近では、電子マネーの書類も多く ...

利用明細書の中身をチェックしていくと、身に覚えがない請求が見つかることがあります。この時、自分以外の誰かがカードを不正利用している可能性があるため、分からない項目はしっかりと ...

便利なクレジットカードの利用頻度を高めていくためにも、お金を使わずショッピングをする対策を更に高めていくことが有効となります。このようなショッピングをする時に注意したいのが、 ...

 オンラインゲームを楽しむようになると、ゲーム内での熱中度を高めるアイテムを購入するために、オンラインゲーム内で利用できるお金に課金することがあります。

 ゲーム ...

出典:げん玉 

 すぐにお金を作る方法についてネットで情報を探すと、よく目にするのが「クリックポイントでお小遣いを稼ぐ」方法です。

 メールの広告を閲覧してポイント ...

 ショッピングにて便利に利用可能な電子マネーですが、コンビニやデパートなどで利用するだけでなく、公共交通機関で利用する際にもかなり便利です。

今となっては、毎日の ...

デートの際には多くの現金を所持するよりも、カードを利用する方が何かと便利です。

カードで決済をすることで信頼のある人であるとアピールする事ができるし、ゴールドやプ ...

最近は、電子マネーやクレジットカードなどのカード払いをメインとしているお店や、自動販売機、鉄道関連のシステムが増えてきました。そのため、便利に決済をするためにカードを所持する ...

出典:楽天カード 

 様々なタイプのクレジットカードがリリースされる中で、高いポイント還元率が得られるカードは非常に人気となる傾向があます。その中でもカード契約者数が伸び続けて ...

今すぐ現金を調達する必要があるときには、クレジットカードのキャッシング枠を利用することが可能となるため非常に助かります。そして、毎日のショッピングも少しばかりポイントが付いて ...

お金が足りないときには、クレジットカードを利用してキャッシングをすることが可能であったり、ショッピングでも効果的にポイントを集めて、買い物に使用するお金の負担を軽減する事が可 ...

家族カードは、カードの契約者の家族が利用できるクレジットカードであり、契約者本人の配偶者や子供、両親なども利用できます。

手持ちのお金が足りないときに便利に利用できるのがクレジットカードであり、現金で購入するよりもお得な特典がいくつも付いています。

話題の「JMBローソンPontaカ ...

未だにクレジットカード決済が導入していない飲食店は多くあり、かなり機会損失している状況にあります。どれくらいの被害損失であるのか、様々な情報を集めて確認してみる対策が必要です ...

 初めて利用するお店で クレジットカードが利用可能であるが分からず困ることがあります。海外においては「Visa」や「MasterCard」の加盟店が多いため、「カード決済でき ...

出典:クレディセゾン セゾンカードが使えない!お困りの時

 外食をするときには、多くの現金を財布に入れずカード払いが利用できるお店を選べばスマートに会計をすることができます。事 ...

クレジットカードを利用するには、利用した金額を指定された支払日に引き落とす手続きがあります。その時にお金が足りないために残高不足となってしまうことがあります。

引 ...

今すぐお金が必要なときにキャッシングできたり、後払いができるショッピングが利用できるのがクレジットカードのメリットです。しかし、カードを使いすぎると多額の請求が来ます。この金 ...

「審査・契約」カテゴリ 審査・契約とは?【お金がないときの対策】

クレジットカードを利用する事により、現金を所持していなくても商品やサービスを得ることができます。小銭のやりとりがなくなるので非常に便利であり、ポイントサービスや電子マネーと連動してキャッシュレスの暮らしが可能となります。

クレジットカードでお金にゆとり ネットでの使い方など

ana-visa-card

クレジットカード(Credit card)は、商品購入時に現金の代わりに利用できる決済手段の1つであり、商品代金を後払いするための本人確認のためのカードとなります。

クレジットカードの表面には、カードの登録番号、契約者の名前(英語表記で記載)、カードの有効期限が記載されています。クレジットカードは定期的に契約内容が更新され、その際に新しいカードが送付されます。古いカードは利用期限が来た時点で使用不可となります。

クレジットカードには、契約者の番号、名前、有効期限が記載される

重要なポイントは、商品を購入する際に「本人のみが利用できる」決まりとなっているため、クレジットカードを他人に貸したりすることはできません。

カードブランドの違いとは

重要になってくるのはクレジットカードのブランドです。国際ブランドの違いによって加盟店の数が変わってきます。特に外国では、加盟店の多い国際ブランドが変わってくるので、利用しやすいくれじっとカードを処理する対策が必要となります。

クレジットカード 国際ブランドの違い
  • VISA 世界中に3000万店以上の加盟店のある世界のスタンダード
  • MasterCard VISAに近い30%程度のシェアを誇る有名ブランド
  • JCB 日本初のブランドであるため日本国内では利用価値が高い
  • アメックス 審査が厳しくステイタス感の高い人気ブランド
  • ダイナース 富裕層が所有している世界最高レベルのステイタス感

国際ブランドの基本はVISA、またはMastercardであり、国内においてはどちらかが入っているカードを作れば、ほぼ全てのショッピングサイトやホテル、コンビニやドラッグストアなどで使えるため、使用できるお店であるか迷うことはないはずです。

クレジットカード所持者とショップの両方にメリットがある

クレジットカードは、支払いを後払いにすることが可能になるので、カードを利用する人にとってはいくつものメリットがあります。最も多いクレジットカードのメリットは以下となります。

  • 商品やサービスを先に受け取りながら、支払いはクレジットカード使用料金の引き落とし日まで先送りできる
  • 現金を所持せずにショッピングに行けるためセキュリティー面で安心
  • カードを紛失すると電話連絡で支払いをストップすることができる
  • 身分証(IDカード)のように利用できる
  • 電子マネーや、交通機関で利用できるプリペイドカードなどの機能が利用できる

そして、クレジットカードの加盟店側は、クレジットカード決済が利用できるお店であると宣伝する事によって、便利に利用したいお客さんを集めることが可能となります。特に海外のお店の場合は、現金の支払いよりもクレジットカード決済を重要視します。

クレジットカード決済の流れ

商品を購入する際にクレジットカードを提示すると、ショップ側はクレジットカードリーダー(ICカードリーダー)にて情報を読み取り、本人確認のためにレシートにサインを求めたり、暗証番号を入力する端末から番号を入力して照会します。

  1. 利用者がクレジットカードを提示して決済を終える
  2. クレジットカードの加盟店は、決済の内容をカード会社に転送します。
  3. 利用者は、1月分をまとめた「月額使用料金」を翌月以降のクレジットカード引き落とし日に準備します。
  4. 引き落とし日に、利用料金が引き落とされ商品の支払いが完了します。

クレジットカード加盟店は、後日、カード会社から顧客が利用した分のクレジットカード利用料金の支払いを受けます。この時、カード会社が手数料(2%~5%程度)を徴収します。これがクレジットカード会社の利益となります。

現金で支払う客との違い

クレジットカードの加盟店側の考え方からすると、現金で商品代金を支払ってくれるお客さんと、クレジットカードで決済するお客さんを比べると、最終的にお店側に入ってくる金額に違いが出てきます。

  • クレジットカードを提示して決済したお客さん=商品代金の97%を徴収できる
  • 現金で商品を購入したお客さん=商品代金の100%を徴収できる

このように、同じ商品を販売した状況において、クレジットカードを使用して販売したお客さんの場合、クレジットカード会社に手数料を支払う必要があるので、最終的に受け取る金額が少なくなります。

この数%のカード利用手数料がネックとなるため、クレジットカードが利用できるお店であることを告知しないショップもあります。価格競争や仕入れ原価の高騰の問題を考えると、手数料の3%の支払いはかなり厳しい選択となります。

有効にクレジットカードを活用していく

ネットショップにおいては、クレジットカードが利用できるお店が大半を占めています。その理由は、従来のような銀行口座へ商品代金を振り込む手続きをする場合、振込手数料の金額がかかる事や、振込金額の確認に時間がかるデメリットがあったからです。

そして、クレジットカードを利用するメリットはまだまだあります。

  • クレジットカードで商品を購入するとポイントを獲得できる
  • 会員限定の割引きセールや記念品を頂けることもある

多くのネットショップでクレジットカードが利用できますが、自社のブランドで発行しているクレジットカードを利用したお客さんには、限定的に料金が安くなったり多くのポイントが付与されるなど、特別な待遇で利用できる事もあります。

多くのユーザーに支持されるクレジットカード

年会費無料タイプ、学生も申込みが可能であったり、国内外の旅行保険が充実しているタイプのクレジットカードが人気となります。特にネットショップで利用頻度が多い人は、専用のクレジットカードを選ぶ事で、付与されるポイントが2倍以上になるのでかなりお得になります。