出典:楽天Edyストラップ(リラックマ):楽天Edyオフィシャルショップ  散歩やウォーキングなど 気軽に出かけるときは、「スマホ」と「自宅 ...

出典:スターバックス カード|スターバックス コーヒー ジャパン どこのコーヒーチェーンが好きですか?  という質問の答えでは、「ドトールコ ...

ケンタッキーで使える「KFCカード」へクレジットチャージをする方法、安く購入、残高移行をする方法についてまとめています。利用できる・できない ...

出典:クレジットカードの解約・退会 三井住友VISAカード  何枚ものクレジットカードが財布にあるのに、電子マネーばかり使うようになっていて ...

出典:カードのご案内 - アクアカード  ホームセンターチェーンの「コメリグループ(コメリパワー、コメリホームセンター、コメリハードアンドグ ...

出典:WebMoney  オンラインゲームを楽しむようになると、アイテムを購入するためにオンラインゲーム内で利用できるお金を課金することがあ ...

出典:「auかんたん決済」でチャージ au  電子マネーを利用できるショップはどんどん増えており、コンビニの電子マネー端末・またはレジからの ...

出典:「1,000円プレゼント」キャンペーン | PayPay株式会社  最近では、電子マネーカードやクレジットカード+暗証番号のような手間 ...

出典:高齢者でもクレジットカードは作れる?|三井住友VISAカード  定年退職をする直前の時期(55歳・58歳)あたりなら 年収がもっとも高 ...

 ショッピングをしている時に、お会計を支払うために いつも利用しているクレジットカードをお店のスタッフに渡したら・・ このカードは使えません ...

楽天カードをアピールする楽天カードマンの「正体は?」「それは違反!」「スタンプ新作」などの秘密にしている情報のまとめ。SNSでも楽天カードマ ...

出典:エポスデザインカード  クレジットカードやキャッシュカード、デビットカードを いくつも持つようになると、財布に収まりの良いカード(出し ...

 町中では電子マネーで決済ができる自動販売機を見かけることが多くなってきました。タクシーも電子マネーが使えるようになるなど、さらに「現金払い ...

出典:楽天ペイ  スマホをかざすだけで決済できる「おさいふケータイ」は、ICチップを読み取り決済するシステムであり、多くの電子マネーが対応し ...

出典:LINE Pay  モバイル送金や決済にて利用できる「LINE Pay」ですが、2018年5月にポイントシステムなどが大きく変わりまし ...

出典:Origami - こんにちは、キャッシュレス。  海外では財布を出さずに スマホでQRコードを読み取って支払いができるサービスが人気 ...

出典:MUFGカード 銀聯(ぎんれん)カード 三菱UFJニコス  最近ではコンビニなどにおいても、クレジットカードの新たな国際ブランド・・ ...

「auウォレット」が使えるガソリンスタンドは「エッソ・エネオス・シェル・出光」のどこなのか?使える給油所と利用のポイントとは?出光サービスス ...

出典:クレディセゾン セゾンカードが使えない!お困りの時  ショッピングの支払いが簡単・便利になるクレジットカードですが、いつものようにカー ...

クレジットカード解約後、再加入申請が可能であるか、その審査の難易度、強制解約後に再審査が可能であるかについて。カード会社ごとに審査の基準が違 ...

クレジットカードでお金にゆとり ネットでの使い方など

ana-visa-card

クレジットカード(Credit card)は、商品購入時に現金の代わりに利用できる決済手段の1つであり、商品代金を後払いするための本人確認のためのカードとなります。

クレジットカードの表面には、カードの登録番号、契約者の名前(英語表記で記載)、カードの有効期限が記載されています。クレジットカードは定期的に契約内容が更新され、その際に新しいカードが送付されます。古いカードは利用期限が来た時点で使用不可となります。

クレジットカードには、契約者の番号、名前、有効期限が記載される

重要なポイントは、商品を購入する際に「本人のみが利用できる」決まりとなっているため、クレジットカードを他人に貸したりすることはできません。

カードブランドの違いとは

重要になってくるのはクレジットカードのブランドです。国際ブランドの違いによって加盟店の数が変わってきます。特に外国では、加盟店の多い国際ブランドが変わってくるので、利用しやすいくれじっとカードを処理する対策が必要となります。

クレジットカード 国際ブランドの違い
  • VISA 世界中に3000万店以上の加盟店のある世界のスタンダード
  • MasterCard VISAに近い30%程度のシェアを誇る有名ブランド
  • JCB 日本初のブランドであるため日本国内では利用価値が高い
  • アメックス 審査が厳しくステイタス感の高い人気ブランド
  • ダイナース 富裕層が所有している世界最高レベルのステイタス感

国際ブランドの基本はVISA、またはMastercardであり、国内においてはどちらかが入っているカードを作れば、ほぼ全てのショッピングサイトやホテル、コンビニやドラッグストアなどで使えるため、使用できるお店であるか迷うことはないはずです。

クレジットカード所持者とショップの両方にメリットがある

クレジットカードは、支払いを後払いにすることが可能になるので、カードを利用する人にとってはいくつものメリットがあります。最も多いクレジットカードのメリットは以下となります。

  • 商品やサービスを先に受け取りながら、支払いはクレジットカード使用料金の引き落とし日まで先送りできる
  • 現金を所持せずにショッピングに行けるためセキュリティー面で安心
  • カードを紛失すると電話連絡で支払いをストップすることができる
  • 身分証(IDカード)のように利用できる
  • 電子マネーや、交通機関で利用できるプリペイドカードなどの機能が利用できる

そして、クレジットカードの加盟店側は、クレジットカード決済が利用できるお店であると宣伝する事によって、便利に利用したいお客さんを集めることが可能となります。特に海外のお店の場合は、現金の支払いよりもクレジットカード決済を重要視します。

クレジットカード決済の流れ

商品を購入する際にクレジットカードを提示すると、ショップ側はクレジットカードリーダー(ICカードリーダー)にて情報を読み取り、本人確認のためにレシートにサインを求めたり、暗証番号を入力する端末から番号を入力して照会します。

  1. 利用者がクレジットカードを提示して決済を終える
  2. クレジットカードの加盟店は、決済の内容をカード会社に転送します。
  3. 利用者は、1月分をまとめた「月額使用料金」を翌月以降のクレジットカード引き落とし日に準備します。
  4. 引き落とし日に、利用料金が引き落とされ商品の支払いが完了します。

クレジットカード加盟店は、後日、カード会社から顧客が利用した分のクレジットカード利用料金の支払いを受けます。この時、カード会社が手数料(2%~5%程度)を徴収します。これがクレジットカード会社の利益となります。

現金で支払う客との違い

クレジットカードの加盟店側の考え方からすると、現金で商品代金を支払ってくれるお客さんと、クレジットカードで決済するお客さんを比べると、最終的にお店側に入ってくる金額に違いが出てきます。

  • クレジットカードを提示して決済したお客さん=商品代金の97%を徴収できる
  • 現金で商品を購入したお客さん=商品代金の100%を徴収できる

このように、同じ商品を販売した状況において、クレジットカードを使用して販売したお客さんの場合、クレジットカード会社に手数料を支払う必要があるので、最終的に受け取る金額が少なくなります。

この数%のカード利用手数料がネックとなるため、クレジットカードが利用できるお店であることを告知しないショップもあります。価格競争や仕入れ原価の高騰の問題を考えると、手数料の3%の支払いはかなり厳しい選択となります。

有効にクレジットカードを活用していく

ネットショップにおいては、クレジットカードが利用できるお店が大半を占めています。その理由は、従来のような銀行口座へ商品代金を振り込む手続きをする場合、振込手数料の金額がかかる事や、振込金額の確認に時間がかるデメリットがあったからです。

そして、クレジットカードを利用するメリットはまだまだあります。

  • クレジットカードで商品を購入するとポイントを獲得できる
  • 会員限定の割引きセールや記念品を頂けることもある

多くのネットショップでクレジットカードが利用できますが、自社のブランドで発行しているクレジットカードを利用したお客さんには、限定的に料金が安くなったり多くのポイントが付与されるなど、特別な待遇で利用できる事もあります。

多くのユーザーに支持されるクレジットカード

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • Orico Card THE POINT
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • エポスカード
  • ライフカード
  • 三菱UFJニコス VIASOカード
  • 楽天カード
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ACマスターカード
  • セゾンカードインターナショナル
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • イオンカードセレクト
  • NTTグループカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • REX CARD(レックスカード)
  • ビュー・スイカ カード
  • ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
  • コスモ・ザ・カード・オーパス
  • セブンカード・プラス
  • セディナカード
  • ファミマTカード
  • JALカードSuica
  • 三井ショッピングパークカード:セゾン
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • 楽天PINKカード
  • DCカード Jizile
  • シェル-Pontaクレジットカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • PARCOカード
  • ルミネカード
  • 出光カードまいどプラス
  • JCB CARD EXTAGE
  • ANA VISA Suicaカード
  • MUJI Card
  • 大人の休日倶楽部ミドルカード
  • JCB EIT
  • JAPANカードセゾン
  • R-styleカード
  • アトレビューSuicaカード
  • セディナカード Jiyu!da!
  • MileagePlusセゾンカード

年会費無料タイプ、学生も申込みが可能であったり、国内外の旅行保険が充実しているタイプのクレジットカードが人気となります。特にネットショップで利用頻度が多い人は、専用のクレジットカードを選ぶ事で、付与されるポイントが2倍以上になるのでかなりお得になります。