クレジットカード 使えない店|VISA JCB クレカ 使用できない理由

 国内の町中で小さめのお店に入ると、クレジットカードが使えない店であったりします。ですが、お店によってはカード決済がOKとなるレジを導入しているにもかかわらず・・

POINT

「カード払いはできません」という注意書きがある

 こんなお店を見かけることがあります。

 その他にもカード払い可能なショップで、使えるはずのクレジットカードを提示しても・・

このクレジットカードは使えません

 このように言われることがあります。今回はカード払いできないお店にまつわる・・

  • クレジットカードが使えない店の理由とは
  • 国内のクレカ:VISAカード・JCBカードが使用できないとき
  • 今時 カードが使えない店の現状 多すぎな理由

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレジットカードが使えない店とは

 空港の近くに立地している商店街(飲食店やお土産品店、雑貨店やドラッグストアなど)では、観光客が訪れる可能性を考慮して、カード払いが利用できるシステムを導入する傾向があります。

POINT

観光客の割合が多い観光地はカード払いの設備を導入済み

 都会から離れるに従ってカード決済のシステムがまだ導入されていないお店は増えますが、問題なのは「設備が整っているお店」でありながら、カード払いが使えない状況に遭遇することです。

カード払いが使えない時間帯がある

 レストランや喫茶店、軽食屋など食事を提供するお店は、昼間の時間帯に「ランチメニュー」を設定している場合があります。そんなお店では、このような注意書きを見ることがあります。

ランチメニューはカード払いができません

 ランチメニューを注文すると「現金払いのみ」受け付けるということになっていて、他のレギュラーメニューを注文したときには「カード払いができます」となります。

 このようなルールにしているのは、商品を販売したときの利益率が関係しています。

カード払いは決済時に手数料が発生する

 クレジットカード会社は、カード払いが発生する事に、商品の料金に対して2%~4%程度のカード利用手数料を徴収しています。これが、カード会社の主な利益となっています。

カード払いの売上時にカード会社へ手数料の支払いが必要

 このようになります。

 そのため、昼間のランチタイムにライバル店に負けないように低価格のセットメニューにして(利益を減らして)提供しているランチメニューの場合には、カード会社への手数料を捻出するのは難しいのです。

ラーメン店の支払い時に注意する

 飲食店の中でも、クレジットカード払いの手数料が大きく影響してくるのがラーメン店です。1食あたり800円あたりでライバルの店と価格競争をするので、クレジットカード払いに応じて3%の手数料を引かれるだけでも大打撃となります。

利益の少ないラーメン店ではカード払いに対応できない

 お店を構えるために借りる「貸店舗」の賃貸料は、住居向け賃貸料よりもかなり高額です。そのため、極限までコストを削減しないと赤字になってしまうため「利益の少ないメニューだけでもカード不可」として、利益を確保しようとします。

イオンカード・楽天カード・Yahooカードは使えるか

 実際はカード払いは何の問題もなくOKなのに、質問の内容(問いかけのやり方)によっては相手に伝わらないことがあります。

 「クレジットカード払いが可能であるか」これを質問するときには、自分の所持している「クレジットカードの名称」を言うのは間違っています。

POINT

  • イオンカード払いは可能か?
  • 楽天カード払いが可能か?
  • エポスカード払いが可能か?

 このように質問されると困ってしまいます。お店のスタッフが店長から聞いているのは、このアクセプタンスマークにある5大ブランド・・

 これならOK「利用できる」という内容だけかもしれません。そのように教えられているスタッフを相手にこのように言ったときは・・

楽天カードは使えますか?

 お店のスタッフ → VISA・Master・Amexじゃないので・・

使えません

 こんな単純ミスであることもあり得ます。

「クレジットカードが使えるか」の正しい質問とは

 自分の所持しているクレジットカードで支払いできるか聞くときには、カードの表面に印字されている国際ブランドのマークを確認して このように問い合わせます。

POINT

  • 楽天カードで支払い可能か? → MasterCardで支払いできますか?
  • イオンカードで支払い可能か? → VISAで支払いできますか?
  • エポスカードで支払い可能か? → VISAで支払いできますか?

 クレジットカードは非常に多くの種類があるので、自分の持っている「Amazonカード」「セゾンカード」「JALカード」を全員が知っているかのように問いかけても伝わりません。

自分のカードの国際ブランドを知っておく

 複数枚のカードを所持しているなら、各カードのブランドを覚えておくべきです。利用者の多い有名なクレジットカードは、この国際ブランドがついています。

VISAブランドのクレジットカード
P-one Wizイオンカード
REXCARD(レックスカード)三井住友VISAプライムゴールドカード
ANA VISA Suica カードセディナカード
エポスカード三井住友VISAデビュープラスカード
MasterCardブランドのクレジットカード
三菱UFJニコス VIAO(ビアソ)カードオリコカード・ザ・ポイント
ライフカードdカード GOLD
NTTグループカードSBIカード
JALカードOrico Card THE POINT
楽天カードACマスターカード
JCBブランドのクレジットカード
セブンカード・プラスJCBカードEXTAGE
Yahoo! JAPAN JCBカードJCB EIT
「ビュー・スイカ」カード楽天PINKカード
ファミマTカードJCB GOLD EXTAGE
アメリカエキスプレスブランドのクレジットカード
ANAアメリカン・エキスプレス・カードセゾン・プラチナ・アメックス
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードデルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

 このように分類できますが、多くのクレジットカードは複数の国際ブランドから選べるようになっています。

まとめ:今時 カードが使えない店 多すぎ JCBカード|2019年版

 カード払いが使えるお店であったとしても、時間帯によって使えない事があったりします。特定のメニューだけ「現金払い」となっているルールは、常連さんでなければ なかなか分かりません。

 最近の飲食店は、ホームページで紹介している事が多いため、利用する前にカード払いできる(使えるお店・使えないお店)を判断して、もしカード払いが利用できない場合の現金も準備しておくべきです。

 以上、クレジットカード 使えない店|VISA JCB クレカ 使用できない理由...についてでした。