キャッシングはお金を確保する方法で最も利用しやすい対策

 日々の生活の中で自由に使えるお金を増やすために苦労を重ねてもなかなか結果につなげるのは困難となります。毎日同じような生活を続け、給与から生活費を使っていくと、最終的に余裕のあるお金が残らない状態となってしまいます。

このような生活に使用可能となる現金が足りない場合が多くなってくると、借入に頼る必要が出てくる事もあります。キャッシングで借入をする場合には、キャッシングの返済に追われてしまう可能性があるので、翌月以降の返済が続くような状態になってしまいます。

お金を確保する手段はいくつもある

これを回避する為にもキャッシングをできるだけやらずに、お金を調達していく対策を考慮する事が重要です。お金を確保する手段はキャッシングだけと考えていると、いつまでも返済が終わらずに利息だけを支払ってしまう生活が続いてしまう可能性が高いのです。

お金の調達方法を考えた場合、ネットで様々な情報をチェックすることがありますが、その時に必ずキャッシングの対策が最終的な手段である事がわかります。手持ちの現金がなくなった場合には、支払いに間に合わすためにキャッシングなどでお金を調達ル必要があります。

そのキャッシングで調達したお金は、分割払いで翌月から返済を続けていく事になりますが、最近はどこの会社も返済の金額を出来るだけ低く設定するようになっています。これは、無理なく返済をするという考え方となりますが、実際はキャッシングがいつまでも完済しないような状態が続いてしまうのです。

キャッシングとはどのような条件を言うのか

お金を借り入れる時には、キャッシングの審査や金利など様々な条件をチェックするようになりますが、元々キャッシングとはどのような条件を指すのか知っておく必要があります。

  • 融資が可能な限度額まで何度も借入と返済を繰り返す事が可能である
  • 一般的には保証人などが必要無く、担保も不要である
  • 融資する限度額がそれほど大きくない
  • 設定されている利息が高めである

このような条件がキャッシングとなります。

ローンとはどのような借入であるのか

キャッシングとは別に一般的にローンについては以下のような借入となります。

  • 担保が必要な場合がある
  • 融資する限度額はキャッシングよりも多くなる
  • 利息は大幅に下げられている
  • 長期間の分割払いとなる

一般的には、住宅を購入する際のお金を借り入れて少ない利率で長期的に支払い続けるといった考え方になります。車を購入するときにも同様であり、それ以外の家電製品など高級な物品を購入するときにはローンとなります。

保証人が需要ないのがキャッシングである

この部分が一番ポイントになるはずです。毎回借り入れる際に保証人を立てて借入の契約書の手続きをすることは非常に面倒となります。その為、保証人が必要無いキャッシングは、必然的に借入の限度額が低く設定されています。

限度額付近までキャッシングをした後に、予定通り全ての金額を完済できた場合、後に利用限度額が増える可能性があります。つまりキャッシングで貸し付けても良い金額が増えるという事は信用度が増したと言うことになります。

これは嬉しい事であり、キャッシングを提供している会社が信用してもらっている状況が考えられます。このようなキャッシングの利用頻度が多くて信用度が高くなってくると、更に金利が低いタイプのキャッシングの契約を勧められる可能性が高いのです。

つまり、従来よりもより待遇の良い借入が可能となります。しかし、多くの場合キャッシングで頻繁に借りる事を想定する人は多く無いので、借入の金額を全て完済した後は、キャッシングの借り入れ先を変えるために新たな契約をする可能性は低くなるはずです。

キャッシングの限度額が低い理由

キャッシングをする際には上限額が設定されています。これはおもに現在の年収の金額から算出されています。キャッシングをする会社によってこの基準が変わってきますが、一般的には銀行が提供している金融商品の場合には独自の審査基準があり、それ以外の消費者金融などは総量規制があるため、貸付限度額が決まってしまうのです。

総量規制とは、年収の三分の一まで貸し付けが可能というルールであり、年収の金額を確認できる収入証明書などをチェックできれば、その金額から貸付限度額が設定されます。

年収の金額の3分の1の金額を上限として借入れできる

多くの場合書類を提出する必要はなく、キャッシング会社のスタッフと電話で連絡して現在の年収の金額を設定するような感じになります。その為、現在の年収をチェックしたときの収入金額がずっと設定されることになります。

この時に貸し付け可能な上限額が決まります。借入の上限までキャッシングしてしまうと、今度は別の会社から借り入れしようと考えるようになりますが、基本的にはどこの企業から借り入れをしても、年収をベースにした借入限度額が設定されているので、借入が不可となる可能性が高いのです。

まとめ:キャッシングとは

キャッシングをする際には、借入が可能なカードを提示する事によって、提携している銀行のATMなどから簡単にお金を引き出すことが可能となります。通常の銀行のキャッシュカードを使ってお金を引き出している状態と全く同じように借入が可能となるので非常に便利なのです。

そして、返済の際にも銀行が開いている時間にATMを利用すれば、手数料がかからず利用できる提携銀行などもあります。そして、ショッピングセンターなどに設置されているキャッシングの貸し借りを可能となるATMがあれば、夜中でもすぐに借り入れる事が可能となります。

このようにキャッシングをする際には利便性などをチェックして、借り入れ先をえらぶ事が重要であり、毎月少しずつ返済をしたり、また借入が発生したりと何度もキャッシングをする可能性があれば、利用しやすいATMが近くにある会社を利用する考え方も有効となるはずです。

Posted by mon