葬祭費 埋葬料 両方もらえる?期限 いつ振り込まれる?後期高齢者

 近親者の葬儀があったときには、全国健康保険協会(協会けんぽ)など、加入している保険協会から・・

POINT

埋葬料としてお金をもらうことができます

 分かりにくいのは「埋葬費」「埋葬料」「家族埋葬料」のような名称がいくつもあることです。「誰が亡くなった時」に「誰が受取りできるのか」など、葬祭費・埋葬費にまつわる・・

  • 葬祭費 埋葬料を両方もらうには
  • 埋葬費・埋葬料の違い 後期高齢者が受け取るとき
  • 近親者が葬儀へ参加しない → 誰に支給される?

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

埋葬費(埋葬料 )の給付金制度とは

 まずは、「埋葬費」「埋葬料」の名称を特定するところからです。内容は同じ給付金ですか名称が違うのは、支給する保険協会に違いがあるからです。

「埋葬費」「埋葬料」の違い
埋葬費国民健康保険の被保険者が亡くなったとき
埋葬料全国健康保険協会(協会けんぽ)の被保険者が亡くなったとき

 被保険者とは、保険の対象になる人です。国民健康保険に加入している人(毎年 支払いをしている方)が亡くなった場合・・

亡くなった方が被保険者です

 日本に住んでおり企業に勤めているなら → 全国健康保険協会(協会けんぽ)などに加入、そうでない場合は国民健康保険のどちらかに必ず加入しているはずです。

 そのため、近親者が亡くなったときには、「埋葬費」または「埋葬料」のどちらかを申請できる状態にあるはずです。

支給される金額:後期高齢者であるとき

 亡くなった方が健康保険の被保険者である場合、埋葬を行う方(一般的には喪主)へ5万円が支給されます。これは社会保険に加入している場合でもほぼ同じなのですが、その違いが分かるようにまとめます。

国民健康保険の加入者「埋葬料」
国保加入者(75歳未満)後期高齢者であるとき
50,000~70000円30,000~70000円

 申請は市役所にある「国民健康保険」の窓口・「年金」の窓口となります。

 つぎは、国民健康保険の加入者でないとき。つまり企業に就職している場合の健康保険の被保険者だった場合です。一般的には「社会保険の加入者」と言っています。

社会保険の加入者「葬祭費」
加入者すべて(年齢問わず)
上限は50,000円。実際の領収書をもとに支給

 申請は、それぞれの健康保険協会の窓口となります。健康保険にまつわる封書が毎年のように届くので、そこに書かれている窓口へ問い合わせます。

 通常であれば 亡くなった方の配偶者・子供が喪主となることが多いですが、そうでなかった場合、「埋葬料」「葬祭費」を受け取る条件は「生計を維持していた方」となります。

受け取る条件:生計を維持していた方とは

 国からの給付金は、「子供」「2親等」・・のように血縁者が定義されている場合が多いですが、「埋葬料」「葬祭費」には細かな指定はありません。受け取る条件にあてはまるのは・・

亡くなった方が生計を維持していた方

 この条件だけです。そのため・・

  • 別の場所で暮らしている兄弟・子供・甥っ子
  • たまに生活費を援助してくれた親戚

 住居が別にあって同居していない場合でも、たまに援助してもらった方であるなら該当します。また、遺族ではない・親族ない方であっても該当します。

受け取る対象者が血縁で無い場合「埋葬費」

 「葬祭費」または「埋葬料」を受け取る対象は生計を維持していた方です。しかし、場合によっては受け取る近親者の該当者がいない状況もあり得ます。

 そんな時には・・

POINT

近親者でなくても埋葬行った方

 この方を対象に「埋葬費」が支給されます。

 つまり、血縁ではない方であっても、生前にとても縁のある方が埋葬を行ったのなら「埋葬料」を受け取ることができます。

埋葬費と埋葬料の両方を受け取ることは可能か?

 埋葬費、または埋葬料は必ず支給してくれることが分かりましたが、ここで質問する方がとても多い・・

埋葬費と埋葬料の
両方をもらえないの?

 2つの給付金を同時に支給できるのか?についてです。

 私たちは会社で仕事をしているなら「協会けんぽ」などに加入、そうでない場合には国民健康保険に加入(強制加入)しているはずです。

POINT

会社を退職 社会保険をぬける(脱退) → 国民健康保険に加入
会社へ就職 国民健康保険ぬける(脱退) → 社会保険に加入

 この手続きを必ず行います。そのため、すべての日本国民は どちらか1つにしか加入していません(両方に加入する事はできません)。そのため、申請できるのは現在加入しているところ1カ所だけです。

 つまり、埋葬費と埋葬料の両方を受け取ることはできません。

自分から申請しないと支給されない

 国から支給される給付金を頂くときは、必ず支給してもらうための申請書を提出します。何もせずに急にお金が振り込まれることはあり得ないことです。

亡くなったので、葬儀に使うお金をください

 この意志があることを申請書類に書いて提出する必要があります。協会けんぽなら「健康保険埋葬料(費)支給申請書」となります。

申請ができる期間・期限が設定されています

 葬儀が終わる頃には、やることがやっと終わり落ち着いた生活に戻ることができます。しかし、安堵感から葬祭費(埋葬料)の申請を忘れてしまいがちなので、覚えているうちに書類を提出しておくべきです。

 注意したいのは、埋葬費などを申請することができる期間は決まっていることです。

  • 埋葬費は、埋葬した日から2年間
  • 埋葬料は、死亡日から2年間

 このようになります。

 後で思い出して書類を書き始めると、忘れてしまった事をアレコレ調べなおす手間がかかって疲れてしまいます。そのため、楽に申請を終わらせるために早めにとりかかるべきです。

「家族埋葬料」と「埋葬料」の違いとは

 もう一つ、死亡時に支給されるお金に「家族埋葬料」があります。これは・・

「家族埋葬料」は被扶養者が亡くなったときに支給

 被扶養者とは、被保険者が扶養している方です。一般的な3人家族(父・母・子)を例にすると(父が仕事・母は主婦・子供は無職の場合)・・

「家族埋葬料」の対象者・受け取る方
被扶養者(対象となる)被保険者(受け取る)
母・子

 家族埋葬料を受け取れるのは、被保険者のみです。

まとめ:葬祭費 埋葬費 両方もらう いつ振り込まれる |2019年版

 「埋葬料」または「家族埋葬料」を受け取るためには・・

健康保険埋葬料(費)支給申請書

 これを提出する必要があります。一緒に暮らしていない方でも該当するので、支給条件について気になるなら市役所の国保窓口・または全国健康保険協会へ問い合わせてみます。

 以上、葬祭費 埋葬料 両方もらえる?期限 いつ振り込まれる?後期高齢者...についてでした。