ボーナスなしの企業を選んではいけない理由とは?

abandoned

生活のお金が厳しくなってきたときに非常に嬉しいのがボーナスの支給です。サラリーマンは6月と12月にボーナスが支給される事が一般的に常識となっている状況があるため、中小企業などにおいてもボーナスを支給する会社が多くあります。

そのため、求人情報誌をチェックして新たな就職先を探す時にも、賞与が支給される企業を選択する傾向が強いはずです。ただ、現状において中小企業の全てがボーナスを支給しているわけではなく、ボーナスの支給されない会社に在籍している人もいるはずです。

年末にお金が欲しいと会社に依頼しても、急にボーナスを支給してもらえるはずもないため、これが非常に不満だと感じるのであれば、転職を考えてみるのもとその対策となるはずです。

ボーナスを支給する義務はない

法人を経営するにあたり、従業員にボーナスを支給する義務はありません。ボーナスとは奨励金として支給されるため、会社側が期待しているような業績に達成していないと判断した場合、支給しないという決断をしても法律違反などにはなりません。

しかし、大手の企業などの場合には業績悪化が厳しい状態だったとしても、ボーナスカットに踏み切る企業はあまり多くないのです。少なくともボーナスの支給は継続して行われ、ボーナスの倍率が下がるなどのコントロールをする場合が多いのです。

大手企業などの場合には、従業員のボーナスのコストも全て人件費の中に含められて商品の利益を計算します。そのため、売上が低迷している段階においても、ボーナスをカットせずともどうにか対策を見つけていく事ができると判断するのです。

ボーナス無しの企業は3割程度である

中小企業の場合には、どうにか会社を維持することが精一杯となるので、奨励金としてのボーナスを支給できない会社もあります。このような会社は従業員も会社を存続させることを第一に考えるので、ボーナスが支給されない企業であることを了承して勤務しています。

本来はボーナスを支給する予定の企業であったとしても、業績が悪い段階において賞与を出すことは非常に困難です。中小企業の場合には保有している財産や資金がないので、赤字の状態が長く続くと企業自体を継続できない可能性が出てきます。

このようなボーナスを支給していない企業は3割程度あります。会社側からするとボーナスを支給したくても余裕がなくてどうしてもできない状況があります。

ボーナスはモチベーションの維持に必要である

多くの企業がボーナスが支払われていることが分かると、ボーナスの支給のない企業で働くサラリーマンはストレスを感じながら勤務する事になります。労働する時間が同じでも勤めている企業によって支給される報酬が大きく変わってくると、不満を抱えながらの勤務となります。

しかし賞与を頂けない企業においてもいくつかのメリットは残されています。ボーナスが支給されない企業のメリットは以下のようになります。

ボーナスが支給されない分だけ月額の基本給が多少高い
残業を長時間するようになると、基本給が高いので残業の倍率をかけると毎月の給与がかなり高くなる

このようなメリットがあります。つまり、ボーナスを支給しない分だけ月額の給与が多くなっている可能性があります。ボーナスも少なくて基本給も少ないのであれば、多くの人が退職してしまうはずです。そうではなく、スタッフがモチベーションを高めながら業務を継続できているのであれば、基本の給与が高めに設定されている可能性があります。

残業の多い企業の場合は基本給が高い方が良い

特に中小企業の場合には、仕事が終わる定時でタイムカード押して帰るスタッフはほとんどいないはずです。人件費を削減するために多くのスタッフを雇わない企業が多くなっており、その分だけ仕事が残ってしまうと残業で片付けてしまう対策となります。

会社側からすると、従業員が増えると社会保険料の支払いが大きくなってしまうし、労災関連の支払いも増えます。そして、スタッフが増える分だけ交通費の支給量なども増えるので、現状のスタッフでどうにか対応して欲しいと考えるのです。

そうなると、残業が必然的に多くなるため、毎月の手取りの給与の金額が高めになり、年間トータルで計算すると、賞与を頂いている企業で働くスタッフよりも年収が高くなる可能性もあります。

まとめ:ボーナスなし

年中行事としてボーナスが支給される月には小売業は儲け時となり、様々なキャンペーンを行って、支給されたボーナスで高額の商品を買ってもらおうと広告を多く出すようになります。

ボーナスが支給されない中小企業で働くスタッフは、他の企業に転職するとボーナスがもらえるようになる可能性もあります。ボーナスは、仕事に対する奨励金であり大きくモチベーションを高める効果があります。

そのため、いつまでもボーナスが支給されない会社に在籍することが、かなり不満に思うようになるはずです。そのような時は、勤めている企業と同業者で、より高い報酬が頂ける求人情報をチェックしてキャリアアップになるのかどうか検討していくのも良い考え方となるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする