ブラックカード 知名度がさらに上|すごいほしいお金持ちカード

 ブラックカードの内容を説明する前に、ブラックカートよりも「さらに上」のグレードになるお金持ちカードの情報を調べている方が多いので、「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」について先に説明します。

POINT

アメックスセンチュリオンスパレイティブカードはブラックカード以上となる最上級カード

 アメックスセンチュリオンは、アメックスプラチナの利用実績を積み重ねてインビテーションが来るカードです。このブラックカードを所持するだけでも非常に高いステイタスが得られますが、近年は「さらに上のカード」が存在することが分かっています。

すごいほしいお金持ちカード:入会金は200万円

 「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」はブラックカードのさらに上のグレードとなるので、入会金や年会費の額が桁外れに高くなっています。アメックスセンチュリオンのホルダーになるには・・

  • 入会金:200万円
  • 年会費:100万円

 が必要となります。ブラックカード(アメックスセンチュリオン:年会費50万円)を長年所持して実績を重ねないとインビテーションが来ないので、桁外れにお金持ちでなければ「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」のホルダーにはなれません。

 最上位のホテルメンバーシップが提供されるので、常に最高の海外旅行を楽しむことができます。スパレイティブカードは、「会員制クラブ」として運用されるので、クレジットカードの付帯サービスとは比較にならない、最上級のおもてなしが期待できます。

 次はブラックカードの概要についてです。

ブラックカードの知名度が上昇してきた

 クレジットカードで最上のステイタス感を得るためには、最高のサービスが受けられるカードを所持する必要があります。最上級グレードに「ブラックカード」と設定しているクレジットカード会社は多いため、誰もがブラックカードを狙います。

 ブラックカードを手にできれば、レストラン・国内・海外旅行においても最上級のサービスを楽しむ事ができます。

日本国内で手に入るブラックカード

 国内で発行されるクレジットカードの中で「ブラックカード」のランクとされているのはこのようなカードです。

 どのカードも年会費がかなり高く設定されていますが、最高の付帯サービスがつきます。

ブラックカードを手にする条件

 ブラックカードを手に入れる為の最大のポイントは年収となります。審査基準の最重要項目が年収であり、その基準をクリアできないと、どのような職種の仕事に就いていたり、これまでのローンでの信用があってもカードを発行できない可能性があります。

ブラックカードの審査を通過するための年収の基準
年収1,500万円以上(最低でも1,000万円)

 主に審査の基準は、過去にローンで未払いなどのマイナスの記録がないかを調べ、そして、年収の金額と勤務先などの情報も参考的な要素として利用します。

年収だけでなく多くのステータスが影響する

 場合によっては300万円台の年収であっても、過去のカード決済の利用金額が多額であり、支払いの滞りがない場合にはブラックカードが発行されたというケースもあります。

ブラックカードの審査条件には過去のカード払いの総額も考慮される

 そのため、ブラックカードの審査を通過する最大のポイントは、年収が基準値を超えているか、大量にカード決済を利用するライフスタイルである事です。当然のように、カード利用金額の引き落とし日には滞りなく支払いを完了する必要があります。

申し込み条件:センチュリオンカード

 アメリカン・エキスプレスが提供するセンチュリオンカードは、世界的にも知名度が高く、ブラックカードといえば「アメックス・センチュリオンカード」を連想する方が多くいます。

 以前のアメックス・センチュリオンカードの年会費は16万円でした。その後、サービスの増強と年会費の増額が決定し35万円へと値上がりしました。そして現在は更に値上がりし・・

年会費 50万円

 となっています。会員をふるいにかけて本当の富裕層に所持して欲しいというアメリカン・エキスプレスの狙いが見えてきます。また、噂によると・・

POINT

「アメックス・センチュリオンカード」の会員数は日本国内で3,000人

 と言われています。会員数を増やさずに質を高めることで最上級のサービスが提供でき、アメックスブランドの価値が維持されます。

誰でも欲しければ獲得できるものではない

 このようにブラックカードの取得条件などを見ていくと、欲しいからと言ってすぐに手に入るわけではありません。カードを提供する企業の方針や厳正なる審査を通過する必要がありますが、その条件は公表されていません。

 人気のブラックカードである「ダイナースクラブプレミアム」(年会費は10万円以上)に関しても、必要な年収の条件は記載されていません。

 しかし、ダイナースクラブのカードに関しては一般のカードでも600万円以上の年収が条件とされているため、更に高い年収が必要である事は間違いないことです。

保有している資産残高を重要視している

 世界的に有名なブラックカードに関しては、詳細な年収の金額が提示されていない場合が多いのです。しかし、実際に取得している人達の年収をチェックしていけば・・

最低限のボーダーラインが1,000万円

 と見られています。その他にも銀行系でブラックカードを提供している企業では、「個人が保有している資産残高を重要視している」というデータもあります。これらのポイントを考慮していくとと、ブラックカードを取得できる条件はこのようになります。

  • 年収が1,000万円を超えている
  • 毎年多額のカード決済を利用している
  • 不動産など多額の資産を保有している

 ブラックカードを手にする事が出来る条件は、多くのカード決済をしても、問題無く支払いができる経済的な余裕が必要となります。特に、過去に多額の買い物をカード決済で行った履歴が最重要とされているため、ブラックカードが欲しいのであればプラチナカードなどで多くの買い物をすることです。

ブラックカードを提示すると驚かれるのか?

 プレミアム感の高いカードをまだ所持してない人達が気になるのは、ブラックカードを実際に使用する時にお店の人達の反応が変わるのか?という部分です。

 実際にブラックカードを利用している人達の意見をまとめていくと、「全く変わらない」というのが答えとなります。その理由はいくつもありますが大まかには以下となるはずです。

ブラックカードを提示しても反応がない理由
カードのプレミアム感でサービスの質を変えてはいけないと教育されている
スタッフがカードの色を見てもステイタス感の高いカードだと認識していない

 このどちらかになる可能性が高いはずです。つまり、カードを提示した側からすると反応は全くないはずです。

ブラックカードを見たスタッフの考え

 ホテルやレストラン、アミューズメントパークなどの支払い時にカードを提示し、従業員が一時的にカードを手にする時間があるはずです。そのちょっとした時間に

POINT

  • ブラックカードだ!
  • 初めてセンチュリオンカードを見た!
  • 大企業の社長なのかも?

 のような考えをするスタッフはほとんどいないはずです。接客にあたるスタッフは若い方であることが多いため、プラチナやブラックカードを見たことがない(興味が無い)人が多くいます。

 それよりも、VISAやMaster、TポイントWAON、Pontaなどの国際ブランドや付帯サービスの印をチェックする事が多く、時にはハローキティやポケモン、エヴァンゲリオンのデザインに目を奪われる程度となるはずです。

まとめ:知名度さらに上 すごいほしいお金持ちカード

 ブラックカードを所持するのは最高のステイタス感を得るベストな方法です。年間あたり30万円から50万円の年会費が必要となりますが、自分をより高めるために欲しいと考える人は多くいます。

 ただ、ブラックカードのステイタスについては、ゴールドやプラチナカードを所持している人しか分からない事が多くあります。若い人達は、ゴールドの色をしたカードに反応するため「ブラックカード」に気がつかない方も多いのです。

Posted by mon