ブラックカードとは|アメックス センチュリオン スパレイティブカード 条件

 ブラックカードについて触れる前に、ブラックカートよりも「さらに上」のグレードになるお金持ちカードについて調べている方が多いので、「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」について先に説明します。

アメックス カードの最高峰
カードの名称グレード
アメックス・センチュリオンカードブラック
アメックス・センチュリオン・スパレイティブ・カードブラックの上

 高いステイタスが魅力の「ブラックカード」を狙う方は多いですが、近年は「さらに上のカード」が存在していることが分かり注目を集めています。そのお金持ちカードと言われているのが、「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」です。

アメックスセンチュリオンスパレイティブカードは最上級のブラックカード

 「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」を手できる条件と、インビテーション(招待)の可能性を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラックカードのさらに上:入会金は200万円

 「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」はブラックカードのさらに上のグレードとなっており、入会金や年会費の額が桁外れに高くなっています。カードホルダーになるためには・・

  • 入会金:200万円
  • 年会費:100万円

 これだけの金額が必要という噂になっています。

 年会費が50万円となるブラックカード「アメックスセンチュリオン」を長年所持して実績を重ねないとインビテーションが来ないので、桁外れにお金持ちでなければ「アメックスセンチュリオンスパレイティブカード」のホルダーにはなれません。

 最上位のホテルメンバーシップが提供されるので、常に最高の海外旅行を楽しむことができます。スパレイティブカードは・・

POINT

会員制クラブとして運用されます

 そのため、クレジットカードの付帯サービスとは比較にならない、最上級のおもてなしが期待できます。

定員制であるという噂

 どこのカード会社も、最上級グレードのクレジットカードの概要を公開していないので、確実な入手条件をチェックすることは難しい状態になっています。ネットでの噂では・・

POINT

アメックス・センチュリオンカードは定員制である

 このような噂があります。過去・現在の顧客数が分からないので定員を維持するスタイルであるのか確認は困難ですが、ピタッとインビテーションが止まる時期があったりするので、定員制を疑う方は多くいます。

 もし、これが正しいのなら「アメックス・センチュリオン・スパレイティブ・カード」も更に顧客数を限定していると予想できます。ただ、疑問となる点がいくつもあります。

なぜ スパレイティブカードは未確認情報が多いのか?

 ここまでの情報をチェックして気になるのは・・

確実に分かっている事が少なすぎます

 ステイタスの高いカードは、インビテーションの条件について未確認となるのは当然ですが、その他の情報も分からない事が多くて憶測を上乗せした情報が飛び交っている状態です。

 長年アメックスカードを所持している方でも「アメックス・センチュリオン・スパレイティブカード」の情報を知らない方が多いため、これらの事から分かるのは・・

アメックス・センチュリオン・スパレイティブカードは存在しない

 これが有力でありそうです。

アメックス・センチュリオン・スパレイティブカードはウソ情報

 アメックスの最上位となるカードなので、一般情報がまったく出回らず・・

秘密のカードが存在した

 こうなると、ネットで憶測の情報が次々に出てきて盛り上がります。アメックス センチュリオン スパレイティブカードの情報は・・踊らされた人達を見て楽しみたいブロガーの「ガセネタ」であるといえます。

 ただ、今後「アメックス・センチュリオン・カード」の上位グレードになるクレジットカードがリリースされる可能性はあるはずです。そのカード名が「スパレイティブカード」であったならビンゴ → 真実になります。

 次は、ブラックカード(国際ブランドを限定しない)概要についてです。

ブラックカードの知名度は上昇してきている

 クレジットカードで最上のステイタスを得るには、最高のサービスが受けられるカードを所持すべきです。各社ともに最上級のグレードには「ブラックカード」を設定しています。

プラチナグレードの上にブラックカードがある

 ブラックカードを手にできれば、レストラン・国内・海外旅行においても最上級のサービスを楽しむ事ができます。

日本国内で手に入るブラックカード

 国内で発行されるクレジットカードの中で「ブラックカード」のランクとされているのはこのようなカードです。

ダイナースクラブ プレミアムカード
JCBザ・クラス
スルガVISA Infiniteカード
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

 どのカードも年会費がかなり高く設定されていますが、最高の付帯サービスがつきます。

ブラックカードを手にする条件

 ブラックカードを取得するとき、審査基準の最重要項目が年収であり、その基準をクリアできないと、職業やこれまでのローンの信用があったとしてもカードは発行されません。

ブラックカードの審査を通過するための年収の基準
年収1,500万円以上(最低でも1,000万円)

 主に審査の基準は、過去にローンで未払いなどのマイナスの記録がないかを調べ、年収の金額・勤務先の情報も参考にします。

年収だけでなく多くのステータスが影響する

 場合によっては300万円台の年収であっても、過去のカード決済の利用金額が多額であり、支払いの滞りがない場合にはブラックカードが発行されたというケースもあります。

POINT

ブラックカードの審査条件には過去のカード払いの実績(総額)も考慮される

 そのため、ブラックカードの審査を通過する最大のポイントは・・

  • 年収が基準値を超えている
  • 大量にカードで買い物をする
  • カード利用金額の引き落としの延滞:滞納がない

 長期間にわたり信用があることが最低条件となります。

申し込み条件:センチュリオンカード

 アメリカン・エキスプレスが提供するセンチュリオンカードは世界的にも知名度が高く、ブラックカードといえば「アメックス・センチュリオンカード」と言われるほどイメージが浸透しています。

 以前はアメックス・センチュリオンカードの年会費は16万円に設定されていました。その後、サービスの増強とともに年会費は35万円へと値上がりしました。そして現在はさらに値上がりして・・

年会費は50万円になっています

 本当の富裕層しか所持できない最高ランクのクレジットカードになっています。

 また、噂によると・・

POINT

「アメックス・センチュリオンカード」の会員数は日本国内で3,000人

 これくらいと言われています。会員数を増やさずに質を維持することで最上級のサービスが提供できます。

誰でも欲しければ獲得できるものではない

 このようにブラックカードの取得条件などを見ていくと、欲しいからと言ってすぐに手に入るわけではありません。

 カードを提供する企業の方針や厳正なる審査を通過する必要がありますが、その条件は公表されていません。例えば、人気のブラックカードである「ダイナースクラブプレミアム」(年会費は10万円以上)に関しても・・

必要な年収の条件は記載されていません

 しかし、ダイナースクラブのカードに関しては一般のカードでも600万円以上の年収が条件とされているため、更に高い年収が必要である事は間違いないはずです。

保有している資産残高を重要視している

 ブラックカードの取得条件として詳細な年収が提示されていませんが、実際に取得している方の年収をチェックしていけば・・

およそ最低年収のボーダーラインは1,000万円

 このあたりに設定されていることが分かります。

 その他にも銀行系でブラックカードを提供している企業では、「個人が保有している資産残高を重要視している」というデータもあります。これらをまとめるとブラックカードを取得できる条件はこのようになります。

POINT

  • 年収が1,000万円を超えている
  • 毎年多額のカード決済を利用している
  • 不動産など多額の資産を保有している

 ブラックカードを手にできる条件は、カード払いの頻度(利用金額)が多く、カード利用金額の引き落とし日の残高不足の懸念がない経済的な余裕があることです。

 過去に多額の買い物をカード決済した履歴が最重要となるので、ブラックカードが欲しいのならプラチナカードの実績を増やしていくことが重要になります。

ブラックカードを提示すると驚かれるのか?

 プレミアム感の高いカードをまだ所持してない人達が気になるのは、ブラックカードを実際に使用する時にお店のスタッフの反応が変わるのか?という疑問です。

 実際にブラックカードを利用している人達の意見をまとめていくと、「全く変わらない」というのが答えとなります。その理由はいくつもありますが、大まかにはこのようになります。

ブラックカードを提示しても反応がない理由
カードのプレミアム感でサービスの質を変えてはいけないと教育されている
スタッフがカードの色を見てもステイタス感の高いカードだと認識していない

 このどちらかであるはずです。

 サービス業の経験豊かなスタッフは、顔色を変えずに業務を行いながらも(顧客を覚えるために)ブラックカードを提示する方を意識しています。

ブラックカードを見たスタッフは → 興味なし

 ホテル・レストラン・アミューズメント施設などで支払い時にカードを提示すると、スタッフがお客さんのクレジットカードを手にする瞬間があります。そのとき・・

  • ブラックカードだ!
  • 初めてセンチュリオンカードを見た!
  • 大企業の社長なのかも?

 こんな事を考えるスタッフは少数であるはずです。接客にあたるスタッフは若い方が多いですが、支払い可能であるカードであるかのチェック(オーソリゼーション)に集中しているので、デザインの関心は二の次となっています。

まとめ:センチュリオン・スパレイティブ・カード ブラック|2019年版

 ブラックカードの所持は最高のステイタスを確保する良い方法です。年間あたり何十万円もの年会費を支払います、ゲットしたい方はとても多くいます。

 ただ、ブラックカードを1年間だけ利用して、プラチナカードへ戻ってくる方もいます。つまり、高額な年会費とサービスの質が釣り合っていない(プラチナグレードの方がコスパが良い)と考える方です。

 以上、ブラックカードとは|アメックス センチュリオン スパレイティブカード 条件...についてでした。