残高スライドリボルビング方式の仕組みを知って素早く返済する

お金が欲しい時の対策として、銀行やカードローンなどでキャッシングをしたり、クレジットカードのキャッシング機能を利用するなどの対策が可能となります。

一度、カードを作成しておけば、銀行のATMで操作するだけで簡単にお金を貸してもらえる便利な方法となります。そのため、もしもの時のためにすぐに借入が可能な状態にしておくことは重要となります。

借入をするときには、借入の条件について知っておく事が重要です。消費者金融やクレジットカードなどで借りれる時には、残高スライドリボルビング方式が採用される場合が多くあります。

この方式の特徴を知っておくことは、借り入れに対する不安を取り除くこともできるし、賢く対策をして早めに借入の返済を終わらせることも可能となります。

残高スライドリボルビング方式とは?

お金を借り入れる際には、貸し付け条件が提示されます。それに同意することによってお金を借り入れる事が可能となります。その条件の中に、残高スライドリボルビング方式と書かれている場合が多いはずです。

残高スライドリボルビング方式とは

毎月、現在の借入の残高を計算して、その残高に応じた最低返済額を決める方式

となります。キャッシングは、毎月のように返済をし、また、必要な金額があれば借入が行われます。つまり、毎月借入金額の増減があるため、同じ金額の返済を続けていると残高が減っていかない可能性があります。

それを回避する為に、現在の借入金額に応じた返済額が自動的に設定されるようになります。

採用する企業により少しばかり設定が違う

残高スライドリボルビング方式は、大きく分けて二つの設定方法があります。その一つは、毎月返済を続けていると借入残高が段々と減ってきます。借入金額が減ると言うことは、残高に応じて返済金額を減らしていくことができます。

これが残高スライドリボルビング方式の基本となります。つまり、順調に返済を重ねていけば、毎月の返済額が段々と少なくなっていきます。返済額が減ってきたことをチェックして生きれば、現在の借入金額が減ってきていることを確認することができるのです。

翌月以降の返済額が決定される

そして、もう一つが返済の金額が変わらない方法です。これは、お金を借りた時点で返済の金額が設定されるようになります。返済する途中で借入が発生すると、この借入をしたときの残高によって翌月以降の返済の金額が設定されます。

つまり、大きな金額を借りた後に、全く追加の借入をしない状態でいると、大きめの返済金額の設定がそのまま継続していく事になります。毎月の返済の金額が多くなって厳しいですが、完済までの期間は短くなります。

元利定額や元金定額などの違いがある

残高スライドリボルビング方式には、元金が一定の方法や、定率でリボルビングする方法もあります。

元利定額リボルビング方式
毎月の返済額が一定であり、利息を支払う割合が多いので元金定額リボルビング方式よりも毎月の返済額は少なくなり、元金の減りが遅くなる
元金定額リボルビング方式
毎月の返済額に利息を含まず一定であり、現在の利息がその金額に上乗せされる。そのため毎月の返済額は元利定額リボルビング方式よりも多くなる
元金定率リボルビング方式
毎月の返済額は、借入総額の割合(何%か)で決める。返済額は返済後半にはかなり少なくなるが、完済までの期間がかなり延びてしまう

残高スライドリボルビング方式にはデメリットがある

残高スライドリボルビング方式は、現在の借入額に応じて返済額が決定されていくので、少額だけ借りていれば返済額も少なく済みます。そのため、少額の返済なので翌月以降の負担が少なくなるため、借入のストレスがかなり軽減されます。

その反面、借りた金額に応じて返済すると言うことは、元金の返済が少額だけで利息だけ毎月支払っているようなスタイルになる傾向があります。つまり、返済の負担が少ないと言うことは利息を払いながら元金が減らず、長期的に借入の状態が継続してしまうデメリットがあります。

残高スライドリボルビング方式の問題

  • メリット:毎月の返済額が少額なので安心できる
  • デメリット:返済額が少ないので元金が減らない

このようになりますが、お金の借入をするような厳しい生活環境にある場合、翌月の返済の金額の負担を減らすことを第一に考えてしまいます。そのため、残高スライドリボルビング方式のデメリットを返済の負担が軽くなるメリットと考えてしまう人が多くいます。

まとめ:残高スライドリボルビング方式とは

多くの消費者金融やカードローンなど、キャッシングの借り入れ条件として採用されている残高スライドリボルビング方式ですが、貸し付ける側にとっては返済がいつまでも終わらず、その間に再度借入をしてくれるメリットがある良い方法となります。

ただ、借り入れる側にとっては早めに返済を終わらせるためには、残高スライドリボルビング方式のメリットを期待していてはいけないのです。借入額が少なくなってきて負担が軽くなってきた頃には、積極的に繰り上げ返済をしていかないと、完済までの期間は確実に長くなります。

そのため、最低返済額が低くなっても、自分の生活サイクルで余裕があれば、積極的に返済額を増やして完済を目指します。

Posted by mon