手取り 中央値とは|平均年収 年齢別・世代別 20代 30代 40代

 世代別の平均年収について触れますが、その前に・・

20代・30代・40代の手取り 中央値とは?

 この情報を探している方が非常に多いので、先に「手取り 年齢別の中央値」から見ていきます。そして、平均年収にまつわる・・

  • 年齢別の平均年収
  • 手取りの金額の平均値
  • 20代・30代・40代の違い

 これらの疑問についてまとめます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手取り 中央値:年齢別の年収から算出

 まず、手取りの中央値からです。年収や報酬の統計では高額所得者が平均値を大きく引き上げてしまうので、年収平均よりも 全体のちょうど真ん中を抽出する → 中央値が、現実的な指標として有効です。

 厚生労働省や国税庁が提供する資料には中央値を導き出せる内容が少ないため、求人情報・転職のサイトdodaが提供している年収の分布から年代別の「およその中央値」を算出します。

各年代別の手取り 中央値
年齢年収平均年収中央値年収中央値 手取り
20代346万円346万円277万円
30代452万円439万円351万円
40代528万円498万円398万円

 手取りの金額は、各家庭の状況によりバラツキが大きくなりますが、最も近い数値になる年収に0.8を掛けて概算しています。

20代の年齢別の「手取り 中央値」

 まず、dodaの資料による20代の年齢別の年収平均です。

平均年収:男性・女性別
年齢全体男性女性
20歳268万円291万円250万円
21歳272万円294万円253万円
22歳277万円290万円265万円
23歳292万円306万円279万円
24歳320万円335万円304万円
25歳344万円360万円325万円
26歳363万円380万円338万円
27歳377万円398万円347万円
28歳390万円412万円354万円
29歳404万円426万円365万円

 この平均年収に20代全体の中央値比率・手取りの概算(0.8倍)を導き出すとこのようになります。

手取り中央値 20代
年齢全体男性女性
20歳214万円291万円233万円
21歳218万円235万円202万円
22歳222万円232万円212万円
23歳234万円245万円223万円
24歳256万円268万円243万円
25歳275万円288万円260万円
26歳290万円304万円270万円
27歳302万円318万円278万円
28歳312万円330万円283万円
29歳323万円340万円292万円

 20代は、中央値が年収の平均値と全く同じとなっているので、分布に大きな変化はありません。同様の算出方法で30代・40代と見ていきます。

30代の年齢別の「手取り 中央値」

 30代の年齢別 平均年収はこのようになります。

平均年収:男性・女性別
年齢全体男性女性
30歳414万円439万円367万円
31歳429万円457万円375万円
32歳439万円467万円382万円
33歳451万円483万円387万円
34歳459万円497万円381万円
35歳465万円502万円387万円
36歳474万円512万円392万円
37歳481万円525万円390万円
38歳489万円535万円394万円
39歳494万円540万円399万円

 この平均年収に30代全体の中央値比率・手取りの概算(0.8倍)を導き出すとこのようになります。

手取り中央値 30代
年齢全体男性女性
30歳322万円341万円285万円
31歳333万円355万円291万円
32歳439万円363万円297万円
33歳350万円375万円301万円
34歳357万円386万円296万円
35歳361万円390万円301万円
36歳368万円398万円305万円
37歳374万円408万円303万円
38歳380万円416万円306万円
39歳384万円420万円310万円

 30代の中央値は、平均値よりわずかに低くなっています。次は40代です。

40代の年齢別の「手取り 中央値」

 40代の年齢別 平均年収はこのようになります。

平均年収:男性・女性別
年齢全体男性女性
40歳505万円555万円402万円
41歳507万円555万円408万円
42歳521万円576万円410万円
43歳517万円572万円409万円
44歳524万円584万円408万円
45歳526万円584万円409万円
46歳540万円595万円423万円
47歳551万円604万円432万円
48歳564万円621万円431万円
49歳573万円633万円427万円

 この平均年収に40代全体の中央値比率・手取りの概算(0.8倍)を導き出すとこのようになります。

手取り中央値 40代
年齢全体男性女性
40歳381万円419万円303万円
41歳383万円419万円308万円
42歳393万円435万円309万円
43歳390万円432万円309万円
44歳395万円441万円308万円
45歳397万円441万円309万円
46歳407万円449万円319万円
47歳416万円456万円326万円
48歳426万円469万円325万円
49歳432万円478万円322万円

 40代も年収の中央値は、平均値よりわずかに(約30万円ほど)低い金額になっています。

賃金と年収 給与の違いとは

 最も正確な平均年収の数字を確認するために、厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」の賃金平均値を参考にします。平均年収でななく平均賃金となりますが、違いはこのようになります。

POINT

  • 賃金 → 雇用者(雇い主)から労働の対価をして支払うお金(つまり給与)
  • 年収 → 賃金を含むすべての収入(家賃収入や、財産の売却で得たお金も含む)

 会社に所属して 給与をもらって生活している(他の収入源がない)なら・・r

会社からもらう給与 = 年収

 こうなります。アパート経営などをしていない限り、普通のサラリーマン・パートで働く人も「毎月の給料の合計(1月から12月)が年収となります。

年齢別の平均賃金:男性

 男性を年齢別(5歳区切り)でまとめている平均賃金(厚生労働省の資料による)はこのようになります。

年齢別(5歳区切り)の平均賃金:男性
年齢階級賃金前年度から増減年齢ごとの格差
20~24歳209万円2%100
25~29歳245万円1%117
30~34歳286万円1.5%137
35~39歳323万円0.8%154
40~44歳360万円0.3%172
45~49歳401万円-1.1%191
50~54歳425万円-1.0%203
55~59歳411万円0%196
60~64歳291万円-0.2% 139
65~69歳270万円2.3%129
全年齢の合計335万円0%160

 一番右側の項目「年齢ごとの格差」とは、「年齢階級間賃金格差」と言って・・

POINT

「20から24歳」を基準に(100%)とした場合の各年齢の比率となります

 つまり、年齢が離れていくと賃金がどれくらい開くのか?という指標となる数字です。男性の年齢ごとの格差はかなり広がりますが、次の「平均賃金:女性」の表の数値では、差は広がらないことが分かります。

年齢別の平均賃金:女性

 女性を年齢別(5歳区切り)でまとめている平均賃金の表です。

年齢別(5歳区切り)の平均賃金:女性
年齢階級賃金前年度から増減年齢ごとの格差
20~24歳199万円1.5%100
25~29歳225万円1.6%112
30~34歳243万円2.1%122
35~39歳253万円1.8%127
40~44歳261万円-0.5%131
45~49歳268万円0.5%134
50~54歳269万円1%135
55~59歳259万円1.8%130
60~64歳218万円-1.6%109
65~69歳212万円-5.3%106
全年齢の合計244万円1.1%122

 女性の平均賃金も男性同様に 50歳をピークに緩やかに減少しますが、年齢ごとの格差は男性ほど大きくありません。

 これは 夫の「扶養」に入るために、130万円の壁にお超えないように調整しているパートタイマーが多いことが要因であると考えられます。そして、次は・・

  • 学歴:高校卒・大学(大学院含む)の違い
  • 勤めている企業の規模:大・中・小企業の違い

 このあたりについてです。

企業の規模(大・中・小企業)と学歴別

 平均年収の中央値を見るときに影響するのが「学歴・企業の規模」です。まず、企業の大きさ別に賃金の平均値を見ていきますが、企業の規模:サイズを示す言葉がいくつかあります。

大企業は、うちのような零細企業とは違って・・

 このような会話を聞くことがあります。企業規模を示す言葉として、「大企業」「中企業」「小企業」「零細企業」がありますが、この違い(ボーダーライン)はこのようになります。

 大企業と中小企業の線引きは、業種によって分け方が異なります。

中小企業を分けるライン(中小企業庁)
業種の分類資本金の額従業員数
製造業その他3億円以下300人以下
卸売業1億円以下100人以下
小売業5千万円以下300人以下
サービス業5千万円以下100人以下

 そして、中小企業の範囲内から「小企業:小規模企業者」を分類します。小企業の範囲は・・

POINT

  • 製造業その他 ・・ 従業員20人以下
  • 商業・サービス業 ・・ 従業員 5人以下

 こうなります。「零細企業」については規定はなく、イメージとしては、3~4人以下、または家族など「身内でやりくりしている」企業を指しています。

大学・大学院卒の平均賃金:男性

 大学・大学院卒の男性・企業の大きさ別・年齢別の平均賃金の表です。

大学・大学院卒の男性・企業規模・年齢別の平均賃金
年齢階級大企業中企業小企業全企業計
20~24歳233万円223万円215万円226万円
25~29歳277万円251万円238万円261万円
30~34歳346万円298万円281万円318万円
35~39歳418万円347万円326万円374万円
40~44歳483万円401万円370万円431万円
45~49歳555万円453万円402万円498万円
50~54歳589万円507万円425万円535万円
55~59歳575万円497万円418万円517万円
60~64歳408万円377万円333万円377万円
65~69歳467万円418万円317万円401万円
全年齢の合計443万円375万円337万円399万円

高卒の平均賃金:男性

 次は学歴が高卒の場合です。高卒の男性・企業の大きさ別・年齢別の平均賃金の表です。

高卒の男性・企業規模・年齢別の平均賃金
年齢階級大企業中企業小企業全企業計
20~24歳206万円194万円195万円198万円
25~29歳239万円220万円218万円226万円
30~34歳266万円246万円249万円253万円
35~39歳301万円272万円271万円280万円
40~44歳342万円299万円292万円310万円
45~49歳376万円321万円303万円331万円
50~54歳406万円330万円307万円347万円
55~59歳403万円325万円303万円341万円
60~64歳257万円238万円255万円249万円
65~69歳216万円211万円237万円225万円
全年齢の合計320万円276万円271万円288万円

 「大卒」と「高卒」の賃金平均をいくつかピックアップするとこのようになります。高卒・大卒の男性:中企業の場合。

POINT

  • 30~34歳  高卒:246万円 | 大卒:298万円
  • 40~44歳  高卒:299万円 | 大卒:401万円
  • 50~54歳  高卒:330万円 | 大卒:507万円

 中企業に勤めていると30歳で50万円差。40歳を超える頃には100万円、50歳を超えると170万円以上も賃金の差が出ることが分かります。次は女性の場合の「大卒」「高卒」、そして「企業規模別」の表です。

大学・大学院卒の平均賃金:女性

 大学・大学院卒の女性・企業の大きさ別・年齢別の平均賃金の表です。

大学・大学院卒の女性・企業規模・年齢別の平均賃金
年齢階級大企業中企業小企業全企業計
20~24歳222万円215万円204万円216万円
25~29歳257万円235万円220万円243万円
30~34歳292万円267万円251万円276万円
35~39歳322万円295万円270万円301万円
40~44歳366万円322万円302万円336万円
45~49歳414万円363万円310万円376万円
50~54歳437万円385万円315万円392万円
55~59歳399万円396万円316万円376万円
60~64歳319万円383万円309万円341万円
65~69歳408万円402万円342万円382万円
全年齢の合計303万円284万円261万円288万円

高校卒の平均賃金:女性

 高校卒の女性・企業の大きさ別・年齢別の平均賃金の表です。

高校卒の女性・企業規模・年齢別の平均賃金
年齢階級大企業中企業小企業全企業計
20~24歳186万円182万円171万円180万円
25~29歳198万円192万円185万円192万円
30~34歳206万円201万円192万円200万円
35~39歳216万円212万円200万円209万円
40~44歳231万円213万円205万円216万円
45~49歳236万円216万円206万円219万円
50~54歳251万円219万円211万円226万円
55~59歳246万円213万円207万円219万円
60~64歳210万円183万円187万円191万円
65~69歳231万円181万円190万円196万円
全年齢の合計224万円204万円198万円208万円

 女性の場合の「大卒」と「高卒」の賃金平均をいくつかピックアップするとこのようになります。高卒・大卒の男性:中企業の場合。

POINT

  • 30~34歳  高卒:201万円 | 大卒:267万円
  • 40~44歳  高卒:213万円 | 大卒:322万円
  • 50~54歳  高卒:219万円 | 大卒:385万円

 中企業に勤めていると30歳で60万円差。40歳を超える頃には100万円、50歳を超えると170万円ほどの賃金の差が出ることが分かります。

手取りの給与を概算で求める

 上の表へ記載されている平均賃金(年収)は、会社側から支給される金額です。多くの場合、実際に給与を手にする金額「手取りの金額」が気になるので、手取額を調べるためには「控除額」を算出する必要があります。

  • 基礎控除(誰でも適用される)
  • 扶養控除、特定扶養控除(扶養人数により増減)
  • 社会保険料控除
  • 配偶者控除または配偶者特別控除
  • 医療費控除(病院で高額な請求があったとき)
  • 生命保険料控除

 このときの計算式はこのようになります。

手取りの金額=給与(総支給額)- 税金・社会保険料など

 そのため、友人などと給料の話をしていて

今の会社、手取りでいくらなの?

 このように聞いたときの答えには、「配偶者の給与の金額」「契約している生命保険のグレード」「大きな病気になって入院したこと」などが影響してくるので、自分の手取りと単純比較はできません。しかし、計算が手間なので・・

POINT

年収(1年間の賃金)× 0.8

 この計算式を用いて「ざっくり」な手取り額を算出します。

 友人が出した手取り額についても 医療費や保険料の変化を考慮しない「ざっくりした計算」であるはずなので、毎年のバラツキが少ない比較しやすい数字であるはずです。

まとめ:中小企業 手取り 中央値 年収 年齢別|2019年版

 企業のジャンルが近くて規模が同じくらいであるとき、勤務時間もほぼ同じであったとしても、手取り金額がかなり変わることがあります。

 転職したいときに重要となるのは、正しい数値を見て判断することです。ネットでは「転職で年収が700万円以上に!」のような広告もあふれているので、焦って判断ミスをしないように多くの情報を集めて判断します。

 以上、手取り 中央値とは|平均年収 年齢別・世代別 20代 30代 40代...についてでした。