自動精算機でコストを削減 価格を抑えたレジ ホテル 駅 電車等

駅や病院、ゴルフ場やスーパーなどにおいても、精算をする際に多くの行列ができてしまう可能性がある店舗の場合には、自動化をすることによってスピーディーに決済をする事が可能となります。

人件費を削減することも可能であるため、自動精算機を導入するお店は増えてきています。ただ、導入するときには人に問い合わせて決済をする事ができなくなるので、様々な要望に応える事ができる端末を準備する必要があります。

しかし、自動精算機を導入するだけで、支払いのストレスを大幅に軽減し、支払いの際の計算ミスなどを大幅に減らすことが可能となります。その他にも自動精算機にはいくつものメリットがあるため、更に注目度が高まっています。

自動精算機とは

自動精算機とは、お金を支払う手続きを自動化してくれる端末であり、一般的には電車の乗車券を購入する自動券売機ではなく、何らかの商品を購入したり、サービスを受けた後の支払いに利用する端末を指します。

自動精算機とは料金の支払いを自動的に行う端末

自動車を有料駐車場などに駐車した後に、出口で料金を支払う際に自動精算機が設置されていますが、そのような屋外用の端末や、スーパーや医療機関などの精算に利用できる屋内用の端末があります。

資金の流れを分かりやすく

自動精算機を導入する考えの一つに、資金の流れを透明化するという考え方があります。どうしても人がお金を触る業務となれば、不正にお金を着服したりする可能性があります。

どのような方法であるにせよ、担当者を考慮せずに自動精算機に全て任せるという方法にする事で、資金の流れを明確にし、計算ミスを排除することが可能となります。

自動精算機を導入し資金の流れを透明化する

そして、会計時に領収書やその他の書類が必要な人は、別途ボタンを押すだけでプリントアウトして出力することが可能となります。このような手間を削減する対策が可能となります。

人員を減らすことでメリットがある

スーパーやデパートなどの場合には、店舗を借り受ける家賃以外に、スタッフの人件費が大きな経費となります。この部分を削減する事ができれば、利益の幅を大幅に増やす事が可能となります。その人件費を減らす一つの方法が自動精算機の導入となります。

自動精算機を取り入れて人件費を減らす

できるだけ少ないスタッフの人数でお店の運営が可能になれば、将来的に利益幅は必ず増えます。自動精算機の導入に多くのお金が必要であったとしても、長期的に支払う必要のある人件費よりも安く済みます。

精算が遅くなることも

自動精算機を利用すると、人が対応するよりも計算が正確で速くなる為、機能的には精算のスピードが早くなる事が考えられます。その結果、精算手続きを早めに終える事が可能となるので、支払いをする人達の行列ができる可能性が少なくなります。

しかし、病院などにおいては、手元の操作が困難な人や、高齢者が試行錯誤しながら手続きをする事になるため、生産機を導入することで精算を完了するまでのスピードが遅くなってしまう可能性もあります。

自動精算機の導入で逆に行列ができる時間が長くなる可能性

自動精算機を導入する初期においては、操作に手間取りスタッフに説明を受けたりする人も出てくる可能性がありますが、自動精算機の操作に慣れることで次第に緩和されてくるはずです。

自動精算機の使い方

一般的な自動精算機の使い方は、以下のようになります。

医療機関など会員カードで精算をする場合
1.診察券(または会員カード)を入れる
2.画面に請求金額が表示される
3.現金支払い、電子マネーカード払いなどを選択
4.カード払いでは4桁の暗証番号を入力する
5.現金払いでは釣り銭が出てくる
6.領収書と明細書が出力される

重要なのは現金を支払う場合でも、電子マネーやクレジットカードなど様々な決済方法に対応できる事です。自動精算機は小さなスペースで現金払いの対応にカード決済、レシートと明細書の出力ができます。

交通系ICカードが利用できる

交通機関を便利に利用するために、Suicaなどの交通系の電子マネーを所持している人は非常に多くなっています。プリペイドタイプである為、未成年でも利用できる使い勝手の良いカードとなっています。

このような交通でICカードを利用して決済できる自動精算機がリリースされているため、現金やクレジットカードだけでなく様々な決済手段に対応する事が可能となります。

自動精算機で交通系ICカードが使用できる

特に高齢者においては、交通機関専用の電子マネーをメインに使用している人も多いため、地元で多く利用されている電子マネーで決済できることは非常にメリットがあります。

大型液晶モニターで操作できる

特に医療関連の自動精算機においては、見やすさと操作のやりやすさを最重要とする為、自動精算機のディスプレイを大型化する必要があります。

大型のカラーディスプレイの自動精算機を準備する事により、非常に見やすくタッチしやすいため、生産が完了するまでのスピードを高めることが可能となります。

大型モニターがついている自動精算機が良好

操作ボタンを大きくすることで、老眼で困っている高齢者にも好まれる環境となります。

現金のみの自動精算機

本来、自動精算機を導入する際には様々な決済サービスを1台で処理できるタイプを利用することが基本となりますが、カード決済を導入するとクレジットカードの加盟店に「加盟店手数料」が必要になります。

その加盟店手数料は3%から5%程度となっていますが、高額な商品を販売するショップにおいてはかなりのコスト増となってしまいます。そのため、現金のみの生産が可能となる自動精算機を導入するケースがあります。

現金のみ精算できる自動精算機でコストダウン

自動精算機を導入することで一時的なコストが高まりますが、クレジットカード手数料が不要でありながら、人件費を削減する事が可能となるため、精算に関するコストが大幅に節約できる可能性があります。

まとめ:自動精算機を導入する

ゴルフ場などの娯楽施設であたり、会員制のスポーツ関連の施設の場合、常時スタッフが対応するのではなく自動精算機を導入する事でスタッフを人員削減をする事が可能となります。

駐車場の精算手続きであったり、医療機関などにおいても自動精算機を導入しお金の受け取りのミスを無くしつつ、決済スピードを速めることが可能となります。

会計時に行列ができるのを防ぐだけでなく、お金のやりとりのミスを無くす為にも非常に有効な対策となります。

Posted by mon