自動車ローンを選ぶ時に注目すべきポイントを教えます

将来にマイホームを購入したいと考えている場合には、日々の生活のお金をできるだけ節約して必要なお金を確保する為に勤めていくはずです。この時に必要になってくる節約のポイントが自動車を利用する方法です。

会社に駐車場が確保されているのであれば、通勤を電車通勤からマイカーに切り替える事によって通勤のコストを大きく下げることができるはずです。基本的にはガソリン代の方が電車賃よりも安くなるはずなので、燃費の良い車を選択する事で交通費を大幅に下げていく対策が必要です。

自動車は休みの日に遊びに行くためにも重要な役割があるし、安い業務用の食料品スーパーで大量に食材を買い込んで生活費を節約するためにも良い働きをしてくれるはずです。そのため、移動手段はマイカーにするべきですが、このマイカーを購入するための資金が必要となります。

自動車ローンを組む事で資金調達が可能となりますが、どこの自動車ローンを利用した方が支払いの総額が安くなるのか、一目見ただけでは分かりにくい部分が多いのです。

自動車ローンを賢く選ぶ為には

車を購入するときには、車を販売しているディーラーが「現金で購入ですか?ローンですか?」と聞いてくるはずです。その時にローンが希望であれば、自動車ローンの話になります。その時、ディーラーのスタッフは自社で取り扱っている自動車ローンを利用するように勧めてくるはずです。

しかし、この時そのままディーラーのススメに乗って自動車ローンの契約をするのは間違っています。車を販売するディーラーにとって、自動車ローンの利益は大きいのです。言い換えれば、自動車ローンに加入する人にとってはディーラーの自動車ローンは損をしてしまう事になります。

自動車ローンの基本となるのは金利です。つまり、長期にわたってローンを提供してる会社の儲けとなるお金ですが、その金利は自動車ローンによって大きく変わります。特に最近では、実店舗を持たないネットで契約が完了するネット銀行が提供する自動車ローンに低金利なタイプが増えてきています。

勤めている会社で低金利にお金を借りる事ができる

比較的大きめの法人に勤めている場合には、従業員向けのお金の貸付制度があるはずです。少しばかり大きな買い物をするときに利用が可能であり、自動車もその範囲内に入ってるはずです。そのような貸付制度を利用します。

    地方職員共済組合の貸付制度

  • 貸付対象:自動車の購入、マイホームの取得、医療、教育冠婚葬祭など
  • 連帯保証人:不要
  • 繰り上げ返済の手数料:不要

このような貸し付け条件となっているので、生活していて大きなお金が必要なときにはほとんど対応出来るはずです。申し込みは地方職員共済組合の支部へ問い合わせることで段取りを教えてくれるはずです。

自動車ローン(普通貸し付け)

自動車ローンとして借りる場合には以下のような条件となります。

  • 貸し付け自由:組合員が臨時の資金が必要になった場合(自動車を購入する場合も該当)
  • 貸付額:給料月額の6倍(最大で200万円まで)
  • 弁済期間:120月以内
  • 貸付金利率:年2.66%

この世になります。最大で200万円までを10年で返済する貸し付けとなります。年2.66%は自動車ローンとしてはかなり良い条件となるはずです。この貸付制度が利用できるのであれば、ディーラーや銀行などの自動車ローンよりもお得に自動車購入の資金を調達することができるはずです。

信販系の自動車ローンや銀行のマイカーローンを検討

勤めている企業にて有利な貸付制度がない場合には、様々な企業が提供する自動車ローンを検討する事になります。金利などの条件から信販系のオートローンが条件が良いのか、銀行が提供するマイカーローンが良いのか詳細を比較していく事になるはずです。

金利の低さが目立つ銀行系のマイカーローンの場合には、審査が厳しくなる傾向があります。そして、審査が完了して結果が出るまでの期間も長期間になる可能性があるので、自動車購入の予定日があれば、かなり早い段階からマイカーローンを申請しておくべきです。

それに対して信販系の自動車ローンは、比較的審査も早くて通りやすくなりますが、金利はやや高めになっている可能性が高くなります。

担保の違いを知っておくべき

信販系の自動車ローンを契約する際には、担保が必要であり自動車ローンの場合には、該当する車両が担保となっています。当然のように支払いが滞った場合には車両を売却して支払う事になってしまいます。

もう一つは、返済が完了する前に車両を売却する事はできない契約となります。完済後に所有権が自分の物になる条件となるため、信販系の自動車ローンを契約する際には、ローンが終わるまで確実に車を所有したまま完済をする必要があります。

まとめ:自動車ローンとは

自動車ローンが必要な時には、様々なお金の借り入れ形態がある事を調べることから始めます。信販系の自動車ローンか、銀行系のマイカーローンにするのか迷った場合は、まずは銀行系に仮審査を依頼するべきです。時間がかかるので購入予定よりもかなり早い段階で申し込む必要があります。

自動車ローンには変動金利と、固定金利があります。返済方式や金利に差があるのでじっくりと検討して選ぶ必要があります。元利均等返済の返済方法が可能であれば、早めにおおく返済できるので、次第に返済の負担が減ってきます。

ボーナス時なのに大きく返済するために、繰り上げ返済が可能なプランを選ぶ事も重要です。生活にゆとりがあれば積極的に繰り上げ返済をして返済期間を短縮させます。そうすることで金利を大きく減らす事ができるのです。

Posted by mon