年会費無料で運営できる理由とは?お得なクレジットカードを選ぶ

審査・契約

デートの際には多くの現金を所持するよりも、カードを利用する方が何かと便利です。

カードで決済をすることで信頼のある人であるとアピールする事ができるし、ゴールドやプラチナなどのステイタス感の高いクレジットカードを提示して見せることができれば、経済的な安心感をアピールできるかもしれません。

ですが、多くの人が欲しがるゴールド以上のカードには年会費がかかります。それは、より多くの保証を提供するためには仕方のない事ですが、現在は年会費無料のカードも非常に多くなっており、その保証しているサービスも非常に充実しています。

年会費無料のカードがお得

年会費無料のタイプを選ぶことは、お金を払わずに様々なサービスを得る事になるので、年会費が必要になるカードよりも無料の方が当然にお得になる事は間違いありません。

カードの所持に費用がかからない

このメリットを最大限に生かすためには、年会費を支払わずに多くのメリットを得る為のカードを探す事です。

年会費無料タイプのカードは非常に多く存在するため、そのカードのブランドの違いであったり、利用できる加盟店、特にレストランやカラオケハウス、ガソリンスタンドや映画館などで割引きを受けられるカードは非常に利用価値があります。

年会費無料タイプに限ったことではありませんが、これらのサービスを比較していくと年会費を支払わなくても多くのメリットを得る事が可能となります。

いくつかのデメリットも考慮する

年会費の支払いがない分だけ、年会費を津よとするカードに比べていくつかのデメリットがあります。最も大きいのは以下となります。

  • 空港のラウンジ利用など優良なサービスがついていない
  • 高級ホテルの予約や品質の高いサービスが受けられない
  • ポイントを得る際に高い還元率ではない

年会費無料のカードでは、どうしてもサービスの内容に限界があります。空港のラウンジでフリードリンクを利用できるサービスはとても人気があるのですが、年会費を無料のカードでこのサービスを提供するのは非常に困難となります。

そして、同じ金額の商品を購入しても、年会費が必要なタイプのカードを提示すると高い還元率のポイントがつきます。そのため、一つのポイントサービスをメインに大量に集める事を念頭においているなら、年会費が必要となる高い還元率のカードを選択する対策も有効です。

年会費無料タイプは注意が必要

年会費無料という言葉は非常に魅力的なので、多くの人がクレジットカードを探す時の基準としています。ですが、カードを提供しているホームページなどにおいては、年会費無料と記載されていても断り書きが書かれている場合があります。

初年度のみ年会費無料

このような文字が書かれている場合があります。非常に紛らわしいのですが、カードを提供してる会社にとっては年会費を1年限り無料にすることは、多くの会員を集めるために有効な手段となります。

そのため、2年目以降に年会費が必要になるカードであるかしっかりとチェックする事が大事です。また、年会費は無料であったとしても、解約の際に手数料が必要になるカードもあります。そのため、後で後悔しないようにするためにも、これらの情報を事前にチェックしておきます。

年会費を無料にできるしくみ

クレジットカードを提供してる会社は、多くの人にカードを所持してもらい様々なお店で使ってもらう事が大前提となります。商品を販売しているショップは、商品代金の3%から5%前後をクレジットカード決済手数料としてカード会社に支払います。

そのため、多くの人がカードを所持して使ってもらう事が最重要となります。そのために、様々なお得な付帯サービスを付けたクレジットカードを年会費無料で提供しているのです。

そのように考えると、お得な特典がついたカードを契約するだけで、大量のポイントがゲットできる入会キャンペーンがある事が理解できます。

年会費を優良にして長く使ってもらう

カードの会員に質の高いサービスを提供する場合には、年会費の徴収が必要となります。年会費が必要なカードは、利用者もよりステイタス感のあるカードを所持して高いサービスを受けたいと考えている人ばかりです。

そのため、年会費無料で利用できるカードの利用金額を増やし、信用力を高めてからゴールドカードやプラチナカードの招待状を受け取るという方法があります。

プレミアム感のあるカードは、このようなカード会社からの招待でしか獲得できないタイプもあり、よりステイタス感が高まります。このようなレアなカードを獲得する事を狙うようになると、年会費については二の次という考え方になります。

まとめ:年会費を考慮したカード選び

現在は節約を念頭においてクレジットカードをうまく使っていく人が増えたため、年会費無料タイプのカードが非常に人気となっています。

楽天EdyやWAONTポイントなどの電子マネーチャージをするときにもポイントが加算されたり、通常の買い物でもより多くのポイント還元率のサービスが付帯するカードが人気となります。

年会費無料タイプであれば、毎年の支払いが無料となるため、複数前を所持して使いどころによって最適なカードを利用する対策が可能となります。ショッピング専門カードと、海外旅行の付帯サービスが充実したタイプなど、年会費無料のカードを複数枚所持しておく事が賢い対策となります。

Posted by mon