Aliexpress LinePayを使う|安全性 JCB クレジットカード 支払い

 ネット通販で安い商品を買い求める経験が増えてくると、さらに最安値で商品をゲットするために「海外のネット通販」を利用するようになります。中でも中国の大型ショッピングサイト・・

POINT

「Aliexpress:アリエクスプレス」には驚くほど安い商品が売られています

 日本の価格より ずいぶん安い掘り出し物が見つかるので、興味深いネット通販を体験できます。しかし、安く商品を手にできる代わりに、マイナス要素を知っておく必要があります。この「Aliexpress:アリエクスプレス」にまつわる・・

  • クレジットカードで支払い手続きは大丈夫なのか
  • LinePayを使う・JCBカードの安全性とは
  • 荷物が不足・ずっと到着しない・自動キャンセルとは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Aliexpressは中国の大手:アリババグループのショップ

 日本でネット通販と言えば、楽天市場、ヤフーショッピング、Amazonあたりが有名ですが、中国EC市場は日本の10倍を超える規模であり、その中心がAliexpressのサービスを提供す「アリババ」です。

Aliexpressは中国 → 世界に向けて商品を提供している

 Aliexpressは、日本で言うところのヤフオクに似たシステムであり、中国・香港の出品者(セラー)がほとんどです。

 販売している商品は、宅配できるものなら何でも揃っています。家電製品から、ファッションアイテム、おもちゃまで、ショッピングセンターで見かける物なら何でも見つかります。

コピー商品も大量に販売されている

 中国では、ヒットした商品を真似した模造品が大量に出回っています。本物と同じ材質・同じデザインでありながら、価格は半額以下というタイプの商品がいくらでも見つかります。そのため・・

POINT

想定外に悪いセラーからコピー品を買ってしまう
最初から模造品を知りながら激安で手に入れる

 このどちらのパターンもあり得ます。

 ただし、スマホや電化製品、ファッションブランドなどは、本物の商品を提供するメーカーの直販店(正規のショップ)のセラーを確認して購入する事で、コピー品の問題を回避することは容易に可能です。

Aliexpressの安全性が気になる

 大きなショッピングサイトであったとしても、安全性が問題になるなら利用せずにスルーする方は多いはずです。Aliexpressは、中国のサイトなので不安に思う方が多いのですが、それでも・・

商品の価格が安すぎるので不安でも利用したい

 このように判断する方が多くいます。

 例えば、新発売の中華スマホ 日本のAmazonで15,000円で売られている商品だと、Aliexpressでは常時11,000円(税込み・送料込み)で販売されています。これが、セールの期間中には 9,800円になることがあります。

安全性を考慮したAliexpressの使い方

 トラブルに遭遇してしまう可能性があったとしても商品をより安く手に入れたいなら、「安全性を最大」にするためにトラブル対策を考慮に入れたAliexpressの使い方を目指します。

 まずは、Aliexpressを利用する時に遭遇するかもしれないトラブルを一覧にします。

POINT

  • 見た目が大手ブランドの商品にそっくりで間違った
  • 購入した商品がいつまでも到着しない
  • 梱包が甘くて、箱・袋の破損がひどい
  • 到着時に商品がすでに破損している
  • 注文の商品とは違った品が届いた
  • ネットの写真より品質が悪い・ほつれ・汚れがある

 考えられる問題点はこのあたりになるはずです。

 そして、もう一つは中国のネットショップなのでクレジットカードを使っても大丈夫か?についてです。

Paypalが使えると安心・安全である

 海外のネットショップを利用する時には、クレジットカードを使わずに「PayPal」で支払うことができれば クレジットカード情報を教えなくてよいので、セキュリティ面で安心できます。しかし・・

AliexpressではPayPalが使えません

 厳密には、アメリカ・イギリス・フランス・イタリアなどの国を限定して「PayPal決済が使えます」というルールになっています(日本は利用可能な国に入っていません)。

カード決済を利用しても大丈夫なのか?

 Aliexpressの決済に PayPalが使えないとなると・・

  • クレジットカード決済
  • 海外送金:銀行口座への振込

 このどちらかを利用する事になります。

 まず、海外送金ですが、これはAliexpressの銀行口座へ国内の銀行などから振込します。20米ドル以上のショッピングから利用できますが、どんな送金手段を使っても必ず手数料がかかります。

SMBCダイレクトで海外送金すると手数料は4,000円

 三井住友銀行で外国送金サービスを利用したとします。SMBCダイレクトとはインターネットバンキングのサービスです。その手数料は・・

三井住友銀行で外国送金する手数料
窓口での手続きSMBCダイレクト
4,000円3,500円

 こうなります。すべての都道府県に店舗があるゆうちょ銀行を利用した場合を想定すると・・

ゆうちょ銀行で外国送金する手数料
窓口での手続きゆうちょダイレクト
4,000円2,000円

 これだけの手数料がかかります。最安のゆうちょダイレクト(ネットバンキング)でも2,000円の出費となるので、得策でないことが分かります。

 そんな高すぎる外国送金の手数料を抑えるために「TransferWise」を利用する方法があります。

TransferWiseで送金すると安くなる

 TransferWiseとは、本社がイギリスにあるP2Pタイプの送金サービスです。日本ではあまり聞き慣れませんが・・

世界中の利用者は100万人を超えています

 このTransferWiseを利用してAliExpressへ送金する場合を想定します。送金額を300ドルとする場合には・・

 手数料は778円となるので、銀行を利用する送金よりも格安になります。

最安を狙うならクレジットカード決済を

 ただ、そもそもAmazonではなくAliExpressを利用するのは、「最安で商品をゲットしたい」という理由であるはずなので、コストを最も下げためにも手数料がかからないクレジットカード決済にすべきです。

 AliExpressは中国の巨大ECサイトであり、世界を相手に商売してます。これまでにも世界のクレジットカードが大量に使われているので、いまさら・・

中国のネット通販でカードを使って大丈夫?

 という心配は不要です。仮にカードが不正利用されたとしても 問題を確認できた段階でカード会社へ報告することで、カード会員の保護ルールが適用され 身に覚えのないお金を請求されることはありません。

 そして、海外送金・クレジットカード意外にもう一つ、LinePayカードを使う方法があります。

LinePayカードがAliExpressで使える

LINE Pay公式サイトトップ
出典:LINE Pay

 Aliexpressでは日本のクレジットカードJCBカードが使えます。そのため、JCBカードと紐付けしているLinePayカードを決済に利用できます。ただし・・

POINT

LINE Cashは利用できない

 こうなっています。LINE Cashとは、本人確認(認証)を済ませていない段階のLinePayであり、「友達へ送金・割り勘」などのLINE内では利用できますが、他の決済には利用できません。そのため・・

本人確認手続きを完了し「LINE Moneyアカウント」にします

 これで、Aliexpressの決済に利用できるようになります。

Aliexpressは商品の到着がかなり遅い

 アリエクスプレスを利用していて最も気になるのが・・

商品の配送が遅すぎることです

 中国からの郵便物は圧倒的に遅くなります。これは、ある程度荷物がまとまってから発送しないと割に合わない事情が関係しています。アリエクスプレスで商品を購入する時には、これらの配送方法を選べます。

アリエクスプレスの配送手段・日数
配送方法日数追跡
China Post Ordinary Small Packet Plus14日〜20日あり
China Post Registered Air Mail14日~28日あり
AliExpress Standard Shipping13日~20日あり
AliExpress Premium Shipping8日~14日あり
Fedex・DHL・UPS3日~7日あり

 下の3つ、は追加料金(送料)がかかります。「Premium Shipping」では数百円。Fedex・DHL・UPSを依頼する時には3,000円以上になるはずです。

DHLなどの国際宅配便は、税関でのチェック:通関審査が圧倒的にスピーディなので、普通のエアメールでは2週間以上かかる商品が、5日ほどで到着します。

追跡:トラッキング可能であるとトラブルが明確に

 アリエクスプレスでのトラブルの多くは・・

  • 発送は完了している
  • 移動中に紛失している
  • 関税で止められている
  • 国内の業者へ引き渡された

 これらの情報が「分かる・分からない」で大きく変わります。そのため、いま商品がどこにあるのか「トラッキング情報」を確認できる発送方法を選んでおけば安心です。トラッキング情報のあり・なしは・・

商品の追跡が可能であるか
可能Tracking information available
不可No tracking information available

 「tracking」の単語の前に「No」がついています。この「No tracking」と書かれている発送方法ではトラッキングできないので、避けるようにします。無料の発送方法の中にも、トラッキングできる発送方法があります。

Aliexpressで商品が発送されないとき

 配送の工程だけでも長く待たされるのに、商品の発送のアクションが遅すぎるセラーがいます。

POINT

発送準備完了の状態で非常に待たされることがある

 これは明らかにおかしいので、1週間たってもアクションがないなら、AliExpressへ問い合わせてみるべきですが、まずはTracking number(トラッキングナンバー)が出てるなら 現在どこにあるのかチェックしてみるべきです。

20日で自動キャンセルになる

 Aliexpressでは、商品の発送ができない状態が長く続いたとしても・・

20日で自動キャンセルとなります

 つまり、お金の支払いは発生せず、白紙の状態に戻ります。待たされた上にキャンセルなので、買う側からするととても不満の残る取引となります。この不満は Aliexpressからセラーへのペナルティとなるので、それを避けたいセラーは・・

偽の(実際はない)トラッキングナンバーを使います

 商品を発送していないのに、在庫があって発送したというウソの申告をします。このTracking numberは実在していないので、日本まで追跡して自宅へ到着することはありません。

 ただし、希にニセモノのトラッキングナンバーであっても商品が届いたという方もいます。そのため・・

発送が遅すぎるならAliexpressへ問い合わせ

 それ以外の ニセのトラッキングナンバーを使っているかもしれない時であっても、まずは「待つ」ことになります。

まとめ:LinePay JCB エラー 自動キャンセル 発送|2019年版

 Aliexpressを利用する時に気になるのは安全性です。正しく荷物が届くのか、不足していないか・破損していないか気になります。そして、ウソをつくマナーの悪いセラーもいます。そのため・・・

口コミレビューを参考に利用するセラーを判断する

 これが非常に大事です。とても買いたい商品があっても、信用できないセラーであるなら買わない判断にすべきです。

POINT

  • 商品が到着せず
  • 不良品・パッケージにキズ
  • 返送する送料でもめる

 こんなOpen Dispute(紛争を提起)につき合わされることになると、何もかもがマイナスです。

 いい加減なセラーの商品を購入したことにより、意味不明な英語・紛争のルールのヘルプを熟読することになります。商品の管理・梱包・メール対応などが危険な(ヤバい)セラーであるなら、どんなに安くても「スルー」が鉄則です。

 以上、Aliexpress LinePayを使う|安全性 JCB クレジットカード 支払い...についてでした。