お金を使わない生活へ!大きく出費を抑える6つの秘策を教えます

operator

毎月の支払いのお金に追われる生活が続くと、次の給料日までに使えるお金が残らずに困ることがある。

美味しいものを食べてリフレッシュしたり、趣味のために使える良いお金が残らないため、ストレスを感じながらの生活が続いてしまう。

今日は、お金を使わず生活していく対策を紹介する。ぜひ、参考にしてほしい。

お金を使わないと心に決めること

adult-gray

家計が厳しくなると、後ろめたいような気持ちでお金を下ろす事もあるはずだ。銀行預金の残高が少ないことが分かると、更に出費を抑えるための対策が必要になってくる。

預金残高が少ないの事が分かるとストレスに

特に問題なのは、無駄遣いの意識をすることなく、お金がなくなっていることだ。

意識せずにお金を使っている

いつものクセで「毎月のようにいつも買っている物だから・・」と、深く考えずにお金を使っている習慣になっていないだろうか?

  • お気に入りのファッション雑誌
  • ヘアサロンのカット料金
  • 目的地が遠いときのタクシーの料金

生活をするために必要な出費である可能性もあるが、節約のために考え直せる部分であることを知ることが重要である。

また、育児や教育の費用を確保する事は重要となるが、何もかも「子供のため」と考えてお金を使うのも考えものだ。

お金を使ってしまうクセを直すには

dollar-roll

お金を使わない生活にしていくためには、家計簿をつけて無駄遣いのポイントを見つける事が大事である。特に、娯楽に使っているお金や、食事やお酒など、毎日の習慣で使いすぎているお金がないだろうか。

食事を終わった後にも、コンビニで菓子パンを買う 小銭を持たない
電子マネーの残高があると予定外のモノを買う 電子マネーをチャージしない
スーパーに買い物に行くと予定外に買う物が多くなる 財布に予定の金額だけ入れる
友人とお酒を飲むと二次会まで流れてしまう 一次会の会費だけ準備する
買いたい物があると近くの銀行ATMでお金を下ろす キャッシュカードを持たない

このように、お金を使ってしまうクセがあるのなら、使えないように自分で財布のお金を調整しておくべきだ。お酒を飲むために二次会に誘われても、「明日が早いので」と言えば断ることができるはずであるし、気心知れた友人なら「節約生活だから」とはっきり断るべきだ。

財布の中にお金を入れず、銀行ATMのキャッシュカードも入れずに外に出れば、予定通りにお金を使わずに帰宅できるのだ。このように、強制的にお金を使えないようにして節約を優先していく。

財布の中身を分かりやすく簡単にすること

必要なお金以外を持ち歩かないようにすることがお金を使わない基本となる。そのためには、財布の中をシンプルに整理していくことが重要であり、「何に使うお金なのか?」をはっきりと分かりやすいようにするように心がける。

  • 給料日に家賃などの支払い分を別の口座に移す対策
  • 食費と娯楽費は1週間分を封筒に入れて分けて保管する
  • 1週間分のお金を財布に入れて途中で追加をしない
  • 暮らしに必要な現金を入れておく財布をもう一つ用意する

予定外の出費が多くなってしまう時には、更に細かく節約生活のルールを作っていくことが大事になる。お金を使わない意識を高め、無駄な買い物をしない習慣を心掛けなければ節約の結果は出ないはずだ。

医療費に無駄を回避するように

progress

病気の時に近くの小さな病院に診察に行くと、更に詳しい検査をするために大きな病院を紹介される事がある。そうなると診察費が無駄になるので、最初から大きな病院に行った方がお得に感じる。

だが、大型病院では紹介状(診療情報提供書)を持っていない患者には3千円程度の追加料金を請求する決まりとなっているため、損をしてしまうのだ。これは、大学病院など人気のある大型の医療機関に患者が集中してしまうため、小さな病院に分散させるための処置である。

入院する期日を選択したい

入院する期間が長くなると高額の医療費がかかるので、高額医療費の支払制度を利用し安くする対策がある。これは1ヶ月単位で医療費が計算されるため、1月以内にどれだけ診察費が高くなっても一定額の支払いとなるお得な対策となる。

ところが翌月まで入院が続いてしまうと、翌月分の自己負担額を支払う状況となってしまう。つまり、退院までを1月以内に納めるために月の初めに入院の日取りを設定できれば、入院費が圧倒的に安くなる可能性があるのだ。

生活習慣病予防健診で無駄な医療費を削減

stethoscope

とても当たり前の事であるが、毎年の健康診断を受診していない人が非常に多くいる。患者が増えれば健康保険でカバーするお金が増えるので、政府は無料で生活習慣病健診を受診できるように整備している。保険証にも検診が無料と記載している。

これを受診せずにいると糖尿病や高血圧、それに不随する疾患や各部のガンなど、高額の医療費が必要な病気になる可能性が高い。お金を使わない生活を目指すなら、無料で受診できる生活習慣病予防健診は必ず受診すべきだ。

電気料金の節約は基本である

お金を使わない生活の基本は光熱費の削減である。家電製品は電源タップにコンセントを集めておき、外出時や就寝時にはてスイッチをオフにして待機電力をカットしたい。

エアコンの設定温度を2度ほど下げて、体感の温度を下げるために扇風機と併用すると電気代を節約できる。その他、風量を自動設定にすると風量と電気代のバランスが最適になる。そして、1時間以内の用事で出かける時は、エアコンをつけっぱなしの方が電気代は安くなる。

もう一つは、家電量販店がエコの為にエアコンを買い替えた方が良いと宣伝しているが、多くの場合、買い替えの費用が高すぎるので電気代で取り戻すことが難しいのだ。節約できる電気料と、エアコンが10年ほど使える想定で、しっかり計算してから決断すべきである。

冷蔵庫の選び方でお金を使わない方法

常に電力を使って冷やし続ける冷蔵庫の使い方は電気代に大きく影響している。冷蔵庫は小さめタイプが電気代が安い傾向にあるが、食品を満タンに詰めて使っているのであれば、もっと大きめサイズに買い替えて余裕を持って使った方が電気代が安くなる。

特に冷気が逃げてしまう開閉時間を減らすために、中に入れる食品の位置を決めておくこと。そして、ドアの数が多いタイプを選べば冷気が逃げる量を減らすことができるのだ。

冷蔵庫を設置する時には、背面の壁から離して隙間を空けて利用すべきである。これは背面だけでなく側面も多少の隙間を確保していると電気代を節約できる。また、上面排熱の冷蔵庫であれば、上に物を置いていてはいけないので説明書をよく読むべきである。

ガス料金を減らしていく対策

venice-sepia

ガスで加熱するときには、出来るだけ大きな鍋を利用するべきだ。小さな鍋はガスの火力が鍋の底からはみ出てしまい、全て受けていない状態なのだ。大きめの鍋やフライパンでも、強火にすると鍋の外まで熱が拡散してしまうので、中火程度がガス代が節約できるのだ。

調理をするときには、電気を利用するホットプレートなどを利用できるが、加熱する熱量と支払う料金を比べていくとコストパフォーマンスはガスが有利となるため、料理を作ったり、お湯を沸かす時にもガスを優先して利用すべきだ。

電話代にを節約するには

家族や友人、会社関係の連絡は携帯電話がメインとなり、すでに固定電話の必要性は薄いので解約が望ましい。仕事やプライベートの契約においても自宅の固定電話がなくて困ることはないはずだ。

そして、日本は外国に比べて携帯電話の通話料が高い傾向にある。ドコモやauの回線を借りて格安で提供している格安SIMの会社を利用すべきである。サービスの質とコストを考慮して安心できる格安MVNOサービスの状況を確認し、利用者の多い会社に乗り換えるべきである。

賢い買い物でネットを使う

bulb-onion

毎日の生活でお金を使う頻度が多いのが食料の購入となる。この食費を減らすことができれば家計はかなり楽になるはずだ。

スーパーで食事の材料を購入する際は、消費期限間近の値下げ食材を探すべきだ。値下げシールを貼るタイミングが夕方以降であったり、早朝となるお店があるため、それぞれのお店の流れと日替わりの特価品をチェックしていく。

ネットショップで購入できる食品は、まとめ買いをすればネットの方が安くなるはずだ。ネットは店舗を賃貸する必要もなければ、従業員も少ないので商品に無駄なコストがかからないのだ。ネットで近隣のスーパーのチラシと、ネットショップの価格を比べて選ぶのだ。

かさ増し料理でお金を使わない対策

appetite

毎月の出費の中で、家賃や水道光熱費などは固定費用となり、大きく節約する事は難しい部分となる。その反面、食費をコントロールするのは非常に簡単であり、価格の安い食材を求めて近くのディスカウントショップや、激安スーパー、野菜屋を歩いて回れば、良い食材を見つける事ができるはずだ。

ここで重要になるのは、かさ増し料理を作る事だ。例えば、大きなエビフライを食べてみると、衣の部分が大きな割合を占めている場合がある。しかし、サクサク感のある美味しい仕上がりになっていれば、かさ増ししている状況はそれほど気にならないはずだ。

基本的には、コストのかかってしまう肉を使わずに似たような食感の食材を追加していく。以下のようなメニューが人気となる。

  • 挽肉を減らして、豆腐やおから、パン粉を入れたかさ増しハンバーグ
  • 肉と一緒に豆腐をキャベツで巻いたロールキャベツ
  • ごはん(白米)におからをプラスした おからかさ増しご飯
  • ゴボウの肉巻きにコンニャクをプラスしてかさ増しする
  • 厚揚げに豚肉スライスを巻いて揚げた かさ増しとんかつ

このように、できるだけ安く購入できる食材をうまく利用して、安いコストのメニューを仕上げていく事が可能となる。ポイントは、いつもと変わらないソースを使用すれば、激安な食材の割合が多くても さほど気にならないことだ。

安い食材を多用していく方法はかなり容易な対策であるが、後は美味しく料理を仕上げる事ができるかが重要となる。ネットにはダイエット向けのかさ増しメニューのレシピが多いので、安い食材が使われているレシピを参考にしていけば、オリジナルのお金を使わないメニューが完成するはずだ。

お金がないときの節約簡単レシピ

maboup

予算が少ないからといって肉を使わない食事ばかりを食べていると、体力が低下してしまう可能性がある。抵抗力が落ちて風邪を引くなどして体長不良になると、かえって医療費にお金を使うことになる。そのため、安い食材でも栄養分が偏らないレシピを心がけるべきだ。

栄養バランスを考えた節約レシピにする

食べ応えがあって様々な栄養分が凝縮している食品に豆腐がある。豆腐は肉類にも変わる事ができる重要な植物性タンパク質を含んでいる。そして簡単料理での出番が多く、価格も安いため狙い目の食材である。

見ただけで食欲が増進してしまう麻婆豆腐は、豆腐料理の中でもかなりオススメである。ポイントは、豆板醤の辛さが強調された料理のため、安い挽肉を使っても分からないことだ。

玉葱や青ネギ、ナスを入れて麻婆ナスのスタイルも有効であり、冷蔵庫にある残り物の野菜や肉を追加したり、激安スーパーでおつとめ品を買った食材を追加してもピリ辛の味付けで美味しく食べることができる。

野菜で簡単な漬け物をつくる

hakusaisio

料理にあと1品追加する時や、お酒のつまみなどで重宝するのが、野菜の漬け物となる。

野菜の漬け物で品数を増やす

ぬか漬けのような手間のかかる方法ではなく、歯ごたえのある野菜に塩をまぶしてしばらく置いておけば完成する手抜きメニューである。

白菜、大根、きゅうり、キャベツなど、シャキシャキな食感の野菜なら何でも可能だ。塩漬けした後は、ごま油やオリーブオイルで味付けしたり、ポン酢、醤油にみりん、お酢と砂糖、浅漬けの素、そしてキムチの素があるとより楽しめる。

キムチや浅漬けなどのタレが重宝する

白ごまや鷹の爪でアクセントを加えると、居酒屋で出てくるメニューのような綺麗な見た目に仕上げる事ができる。タコやイカ、サーモンの刺身がある時には、カボスなどを添えて簡単カルパッチョにすることもできる。

白菜やキャベツは、生の状態か塩漬けで食べるとかなり食べ応えが高まる。加熱して食べるよりも量が多くてお腹いっぱいになるため、節約メニューの食材として重宝する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加