お金を使わない生活へ!大きく出費を抑える6つの秘策を教えます

operator

 気がついてみると月末までの生活費が少なすぎて困ってしまう事はないでしょうか?

  • 結婚式があった
  • 保険料の支払いをした
  • 学費の納付があった
  • 修学旅行の費用を納付した

 このような「特別な支払い」があったときには仕方がないですが、毎月のようにお金がない状態が続くのであれば要注意です。お金を使わない生活に向けて気をつけていくべき事について見ていきます。ぜひ、参考にしてください。

出費の記録を確認してお金を使わない

 まず最初にチェックすべき事は「何にお金を使っているか」です。ここが分からないと対策ができません。出費のバランスを見るためにも家計簿をつける習慣が好ましく、クレジットカードと貯金通帳の数字を見ながらノートにまとめるだけでもかなりの情報が分かります。

POINT

カードの明細や支払い履歴を確認する

 光熱費(電気・ガス・水道)や家賃だけでなく、スマホの利用料金や、ネット回線、衛星放送の料金などもチェックすべきです。そのあたりの無駄遣いが見つからない場合は、外食が多かったり、趣味の(生活に必要のない)物を買いすぎている可能性が高いはずです。

意識せずにお金を使っている可能性

 「毎月のようにいつも買っているから・・」と、深く考えずにお金を使っている習慣がないでしょうか?

POINT

  • お気に入りのファッション雑誌
  • ヘアサロンのカット料金
  • 目的地が遠いときのタクシー利用
  • コンビニで必要なものを買うついでに、スナック菓子や菓子パンを買う

 このような「少しだけお金を使う」の積み重ねが大きなお金になります。無意識に使っている支払いのレシートを集めて、1ヶ月トータルの金額を出してみるべきです。そしてもう一つは、子供のためにはお金を使いやすいことです。

おねだりされると いつも買ってしまう

 特に、子供の教育にプラスに思える本やおもちゃなどは、「子供のため」としてお金を出しやすい傾向があります。この部分も過剰になっていないか再度考えてみるべきです。

よくある無駄遣いのサイクル

 年齢が高くなるにつれて、体重も増えてしまう傾向にあります。運動する意識を高めるために「きっかけ」を作らないと、昔のようなスリムなボディをキープすることは難しくなっています。この「きっかけ作り」に無駄遣いを繰り返すサイクルがあります。

  1. テレビで話題のスイーツのお店に通うようになる
  2. 体重が増加しダイエット食品を定期購入する
  3. なかなか体重が減らずにスポーツジムに加入
  4. やっと体重が減ってきたので、ご褒美にスイーツを食べる

 このループに陥ると健康のために買いたくなる「エクササイズグッズ」や、「ダイエットサプリ」、「やせる食品」を買い続けてしまいます。

POINT

  • B級グルメが安い!
  • 期間限定の裏メニュー
  • 簡単にやせる方法
  • 短期集中ダイエット

 このような「おいしい言葉」に釣られてお金を無駄に使っているかもしれません。

お金を使ってしまうクセを直すには

 お金を使わない生活にしていくには、家計簿(またはクレジットカードの明細書など)で無駄遣いのポイントを探す習慣にしていきます。

お金を使わない習慣を心がける
自動販売機の前を歩くときにコーヒーを買っている 小銭を持たない
電子マネーの残高があると予定外のモノを買う 電子マネーのチャージ制限
買い物をしていると商品がカゴいっぱいになる 財布に予定の金額だけ入れる
友人とお酒を飲むと二次会まで流れてしまう 一次会の会費だけ準備する
欲しい商品があるとATMでお金を下ろして使う キャッシュカードを持たない

 このように、お金を使ってしまうクセがあるのなら、使えないように自分で財布に入れておくお金を調節します。お酒の場で二次会に誘われても、「明日が早いので」という断り方は失礼にはならないので、気心知れた友人なら「節約生活中!」と言ってはっきり断るようにします。

 必要な金額だけお金を持ち、銀行ATMのキャッシュカードも持たずに外出すると、予定通りにお金を使わずに帰宅できるはずです。このように、強制的にお金を使えないようにして節約を優先します。

財布の中身を分かりやすく簡単にすること

 必要以上にお金を使わないようにするためには、財布の中をシンプルに整理することが重要です。「何に使うために入れているお金か?」を、はっきり言えるようなお金の使い方が理想だ。また、使う目的が決まったお金を「細かく分ける」考え方も有効になります。

POINT

  • 給料日に家賃のお金は別の支払い専用の口座へ移動する
  • 食費と娯楽費は1週間分ごとに封筒に入れて保管
  • 財布に1週間分のお金を入れて途中で追加しない
  • お酒のつき合いに使うお金は貯金財布のお金がある時だけ

 予定外の出費が続く時期には、更に細かく節約生活のルールを決めて辛抱するように心がけます。

医療費に関する無駄を回避するには

 近くの小さめの病院は待たずに診察ができて便利ですが、本格的な検査をするために大型病院を紹介されることがあります。この時、2度手間となり診察費を損しているように感じます。

 ですが、入院患者向けベッド数の多い大型の医療施設は、紹介状(診療情報提供書)を持っていない患者には、「3,000円程度の追加料金を請求する」決まりとなっています。そのため、直接診療に行くと損をする可能性が高くなります。

直接大型病院へ行かず近隣の病院から

 これは、患者が人気のある大型の医療機関(大学病院など)に集まらないように、分散させる意図があります。そしてもう一つの注意点は、病院・クリニック・診療所の違いです。

診療費を計算するしくみ

 ○○病院に行くよりも、○○クリニックに行くと診療費が高い・・・のようなことを聞くことがあります。同じ診察の内容で、処方された薬も同じ場合、再診で安くなる医療機関はこのようになります。

条件が同じ場合の再診料の違い
再診料(10割の金額) 医療機関の名称 ベッド数による区分
570円 病院 20~199床
700円 診療所・クリニック 19床以下
710円 総合病院など 200床以上

 ベッド数が200床以上ある大型病院より、199床以下となる病院の再診料は安く設定されています。そのため、簡単な病気は小さめの病院で診療すると安くなります。

 入院用のベッドを用意していないクリニックは、大型病院との競争で経営難とならないように高めの再診料が設定されています。そのため「クリニックの診療費は高くなる」と言われるのは正解となります(再診料の場合)。

高額療養費制度を必ず利用する

 入院する期間が長くなると高額の医療費がかかるので、高額療養費制度を利用して医療費を安くする事が可能です。この制度は収入に応じて支払う金額の上限が設定されます。

  • 高額療養費制度=1ヶ月間に支払う医療費の上限額を設定する
  • 100万円かかる入院の場合、健康保険のみの3割負担では30万円。
  • 高額療養費制度の利用で35,400円や57,600円に(収入により変化)

 この制度は1ヶ月単位で医療費が計算されるため、1月以内にどれだけ入退院を繰り返しても一定額の支払いとなるお得な対策となります(2カ所以上の医療機関を利用した場合でも、上限額以上に支払った金額が後で還付される)。

入院する期日を選択したい

 ここで重要なのが、「1ヶ月単位で医療費の上限額が設定」という部分です。入院してから手術をした日、それから療養してから退院した日が翌月になった(月をまたいだ)場合、請求される医療費の上限額を2ヶ月分支払う必要があります。

POINT

高額療養費制度は1ヶ月あたりで計算される

 入院費の支払いを最小限に抑えるには、退院までを1月以内に納める必要があります。入院と手術の日取りを自分で指定できる場合には、「月の初め」を選ぶ事で、入院費を最小限にすることができる可能性があります。

生活習慣病予防健診で無駄な医療費を削減

 毎年の健康診断を受診していない人が非常に多くいます。政府は医療費の増大を回避するために、無料で生活習慣病健診を受診できるように整備しています。保険証にも「特定検診が無料」と記載されています。

無料で受診できる検診(健康診断)を受診すべき

 これを受診せずにいると糖尿病や高血圧、それに不随する疾患や各部のガンなど、高額の医療費が必要になる可能性が高くなります。お金を使わない生活を目指すなら、無料で受診できる生活習慣病予防健診を必ず受診するように心がけます。

電気料金の節約は基本である

 お金を使わない生活の基本は光熱費を削減することです。毎日続けて行けば、大きな違いが出てきます。多くの裏技の中でも効果が高い方法はこのあたりです。

POINT

  • 電源タップにコンセントを集めて、就寝や外出中はまとめてカットする
  • エアコンの設定温度を2度下げて、扇風機と併用する
  • 1時間だけ出かける時はエアコンをつけっぱなしにする
  • エコ家電の早期買い替えは、節電効果よりも出費が多すぎる
  • 冬場は部屋全体を暖房せずに、電気毛布などで部分保温を重視する
  • 冷蔵庫はワンサイズ大きめにして(庫内の隙間を作る)と節電できる
  • 冷蔵庫の手前に出し入れ頻度の多い食品を置いて冷気を逃がさない
  • 冷蔵庫の背面に隙間をつくり、上に何も置かない方が節電となる

 家電製品を賢く使うコツはまだまだ沢山あります。少しの知恵で年間の電気代の無駄遣いを改善していくことができます。

ガス料金を減らしていく対策

 強火のガスを使う時は、小さな鍋では火の先端が鍋の周りからはみ出てしまうので、大きな鍋を使うようにします。

ガスの火力を全て鍋やフライパンで受け止めるべき

 熱のコストパフォーマンスを考えると、電気で加熱するホットプレートよりも、ガスが有利となります。そのためお湯が必要なときには、コンロで加熱した方がお得になります。

 また、煮込み料理などは、沸騰した後に火を止めて余熱で温めるようにすると光熱費の削減となります。

電話代を節約するには

 職場や友人からの連絡には携帯電話を使用するため、自宅にある固定電話の使用回数がめっきり減ってきているはずです。そのため、固定電話を解約する考え方を検討します。

自宅の(固定)電話は不要である

 そして、日本は外国に比べて携帯電話の通話料が高い傾向にあります。そのため、docomoやauの回線を借りて格安で通話・通信サービスを提供している格安SIMの会社を利用する対策ができます。

 自宅と会社にWi-Fiがあるなら、スマホのデータ転送量を大きく減らした格安プランを検討することができます。

ネットを利用して賢く買うように

 現在はあらゆる物がネットショップで購入できます。家電製品や家具、寝具、バッグ、趣味の道具など、生活に使う全てをネットで調達できます。

 ネットスーパーなら、牛乳やタマゴ、レタスや豆腐などもネットで注文し、玄関口まで届けてもらえます。お店に車で移動するガソリン代や、商品を選ぶ時間を節約できるのでお得になります。

買い物の時間を減らして副業ができる時間を確保すべき

 ネットショップの商品は、近隣にあるお店の価格よりも安くなっています。

 ネットショップは注文を受けるシステムと商品管理の倉庫があれば運営できるため、普通のお店のように営業する場所(貸店舗)の家賃、販売スタッフを雇うお金が不要であり、その分だけ商品の価格を安くできます。

近くのスーパーを利用するとき

 バーコードが付いているようなパッケージの商品はネットで買う方が断然に安くなりますが、野菜や肉、魚などの食料品はスーパーの安売り(特売日)を利用します。また、遅い時間になると値下げシールを貼って処分価格となって更にお買い得となります。

お店ごとの値下げシールを貼る時間を覚えておく

 スーパーでは、利用可能な電子マネー、チラシに掲載する特売商品を提供する時間、値下げシールを貼る時間を把握して賢く利用します。複数のお店を比べながら、お金を使わない賢い買い物を目指していきます。

かさ増し料理でお金を使わない対策

 食品は毎日消費していくため、ずっと食料調達を続ける必要があります。より工夫して安い食材の調達ができるようになると、節約の効果を出しやすくなります。

 ここでポイントなるのは、かさ増し料理を作る事です。例えば、大きなエビフライを食べてみると、エビは小さく衣だけが大きいタイプがあります。小麦粉はコストが安いので、ジャンボエビフライを楽しむことができます。同様な節約メニューはいくつもあります。

POINT

  • 挽肉を減らして、豆腐やおから、パン粉を入れたかさ増しハンバーグ
  • 肉と一緒に豆腐をキャベツで巻いたロールキャベツ
  • ごはん(白米)におからをプラスした おからかさ増しご飯
  • ゴボウの肉巻きにコンニャクをプラスしてかさ増しする
  • 厚揚げに豚肉スライスを巻いて揚げた かさ増しとんかつ

 このように、できるだけ安く購入できる食材をうまく利用して、激安メニューを作っていきます。ポイントは、本物のメニューで使われる同じソースを使えば、低コストでも本物のような味わいが楽しめるはずだ。

お金がないときの節約簡単レシピ

 予算が少ないからといって肉を使わない食事ばかりを食べていると、体力が低下してしまうかもしれません。抵抗力が落ちて風邪を引いてしまうと、かえって医療費にお金を使うことになります。そのため、安い食材でも栄養分が偏らないレシピを心がけます。

栄養バランスを考えた節約レシピにする

 食べ応えがあって様々な栄養分が凝縮している食品に豆腐があります。豆腐は肉類にも変わる事ができる良好な植物性タンパク質を含んでいます。そして、節約料理では使い勝手が良く、価格も安いためお得なのです。

本格的な中華料理でもコストを抑えて

 子供でも食べやすい麻婆豆腐は、もかなりオススメメニューとなります。豆板醤やコチュジャンの辛さが強調されるため、安い挽肉を少量だけ使っても違和感がなく、満足な料理となります。

 玉葱や青ネギ、ピーマンやナスを入れて麻婆茄子のスタイルも有効です。激安スーパーで買ったおつとめ品の食材や、冷蔵庫にある残り物の野菜や肉を追加しても、ピリ辛の味付けで美味しい料理へ変身させる事ができます。

野菜で簡単な漬け物をつくる

 料理にあと1品追加する時や、お酒のつまみなどで重宝するのが、野菜の漬け物です。

野菜の漬け物で品数を増やす

 ぬか漬けのような手間のかかるメニューではなく、歯ごたえのある野菜に塩をまぶして、しばらく置くだけで完成する手抜き塩漬けが良好です。

 白菜、大根、きゅうり、キャベツなど、シャキシャキな食感の野菜なら何でも使えます。塩漬けした後は、ごま油やオリーブオイルで味付けしたり、ポン酢、醤油にみりん、お酢と砂糖、浅漬けの素、キムチの素、胡麻ダレがあるとより楽しめます。

キムチや浅漬けなどのタレなどで味にバリエーションを

 白ごまや鷹の爪でアクセントを加えると、居酒屋で出てくるメニューのような綺麗な見た目に仕上げる事ができます。タコやイカ、サーモンの刺身がある時には、カボスなどを添えて簡単カルパッチョにすることもできます。

 お金を使わないメニューは野菜を多く使うため、見た目が鮮やかになり食べ応えもアップします。激安にこだわってインスタント食品のメニューばかり食べていると、体調を崩して病院の診察にかかる出費がかさんでしまう結果となるかもしれません。

Posted by mon