500円玉貯金とは 【100万円・30万貯金箱の重さ】使い道・両替

 楽しくお金を貯めていくために500円玉貯金を始める方がいます。500円玉は1000円札とは違って・・

POINT

  • 硬貨なので高額なお金を貯金しているイメージがない
  • 100円玉貯金よりも増えるスピードが速い

 このようなメリットがあるため「貯金をする基準」としては、ほどよいルールになるはずです。この500円玉貯金の・・

  • 生活リズムを安定しながら貯金するには
  • 目標を達成したあとの使い道
  • 両替するときに気がつくこと

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

500円玉貯金とは?

 五百円玉硬貨は、1982年に五百円紙幣に代わって登場しました。500円がお札ではなく硬貨となったことで、使い勝手が向上しました。しかし、500円が硬貨に代わったことで・・

POINT

自動販売機で使えるようにするために改修が必要

 などのデメリットもありました。

 ですが、500円が硬貨に変わったことにより、貯金箱に入れやすいサイズとなったのです。

500円玉貯金専用の貯金箱

 500円玉硬貨の使用開始と同時に、100円ショップ、または雑貨品を扱っているファンシーショップでは、500円玉貯金をする専用の貯金箱が販売されるようになりました。

 デザインが凝っているタイプよりも、中がスケルトン状態で透けて見える貯金箱が人気となっています。

中の硬貨が見えるとモチベーションを維持しやすい

 陶器でできた豚や招き猫のような「割って中身を取り出す」タイプの貯金箱の場合には、現在の途中経過(いくら貯まっているか)が分かりにくいので、いつまで貯金を続けたらよいのか分からず、関心が薄れてしまう問題があります。

重さで貯金額を予想する

 500円硬貨専用の貯金箱は、筒状の缶タイプが多くあります。「500円玉貯金」のようなタイトルがそのまま記載されており、誰が見ても500円硬貨を入れるための缶であることが分かります。

 ただ、問題なのはやはり中身が見えない事です。現在どれくらい貯まっているのかを確認するときには、持ち上げて重量で確認します。ほぼ正確な金額が知りたいときには、ヘルスメーターに乗せてみることです。すると何枚投入されているかある程度予想できます。

500円硬貨の重さ 7.0g(平成11年まで:7.2g)

 現在のところ旧500円硬貨の流通量は1割ほどまで減少しているため、旧500円硬貨一枚あたりの0.2グラムは「誤差」の範囲と考慮して(全て7.0gとして)計算すると・・

POINT

  • 20,000円 = 280グラム
  • 40,000円 = 560グラム
  • 60,000円 = 840グラム
  • 10,000円 = 1,400グラム
  • 15,000円 = 2,100グラム
  • 20,000円 = 2,800グラム
  • 30,000円 = 4,200グラム

 このようになります。30万円を貯めると4キロオーバーとなります。これくらいの重さになると、銀行へ持っていく時には 強度のあるカバンを準備する必要があります。

市販されている500円硬貨貯金箱の重さ

 500円玉硬貨の枚数と重さが分かりましたが、実際は貯金箱をヘルスメーターに乗せたときに貯金箱の重さも加算されています。この重さを引かないと正確な「500円硬貨のみ」の重さが算出できません。一般的に市販されている缶タイプの貯金箱の重さは・・

POINT

  • 10万円貯まる500円硬貨貯金箱(缶)70グラム
  • 20万円貯まる500円硬貨貯金箱(缶)100グラム
  • 30万円貯まる500円硬貨貯金箱(缶)130グラム

 平均的にこれくらいの重さになります。この貯金箱の重さを含めた500円硬貨貯金箱の重さは・・

  • 10万円貯金箱満タン(10万円の時)1,470グラム
  • 20万円貯金箱満タン(20万円の時)2,900グラム
  • 30万円貯金箱満タン(30万円の時)4,330グラム

 この重さになるはずです。まだ満タンになっていない途中の段階なら、満タンの重さから引き算をするとで「目標金額に到達するまで500円硬貨が何枚必要であるか」を計算できるはずです。

うまく硬貨を集めていくために

 この貯金スタイルのポイントは、財布に500円玉硬貨が存在するかです。普段の買い物では「小銭が増えすぎないように」と考えて買い物するので、小銭から先に出す習慣があるはずです。

POINT

小銭が増えすぎないように小銭を優先して使っている

 財布が小銭でパンパンにならないようにするための「あたりまえの習慣」ですが、この考え方ではなかなか500円玉を手にする事はできません。

 例えば千円札を出して、おつりが490円であれば、500円硬貨は財布の中に増えません。そして、この時受け取った100円玉を消費しないとお札を出さないので、タイミングが悪いといつまでも500円玉硬貨が増えない事になります。

計画的に500円硬貨を増やすために

 友人と一緒の食事で割り勘をする時に、会計を終えて割り勘の小銭を渡すことがあるはずです。その時に、「500円玉貯金をしている」と最初に言っておくと、気を使って500円玉を渡してくれる可能性も多くなるはずです。

 そして、日頃のショッピングにおいてもレジでどれくらいの金額になるのか考えながら買い物をします。

POINT

  • 消費税込みで500円以内に抑える
  • または、1,500円以内を上限にする

 スーパーに買い物へ行くときには、購入する物を決めておくと買いすぎてしまう「衝動買い」を抑えることができます。500円、または1,500円を上限として買う物を選びます。そしてレジで1,000円札、または2,000円を出します。すると・・

お釣りの500円玉を想定した買い物となります

 500円硬貨をゲットする事が目的の一つですが、節約のために「買いすぎない」方法としても有効です。

自動精算タイプのレジの場合

 最近増えてきたのが、レジではスタッフが商品のバーコードをスキャンして合計金額を算出し、お金を投入する自動精算機に移動してお札を入れて精算をするスタイルのお店です。このような現金投入タイプの自動精算機の場合は・・

財布の中にある小銭を全て自動精算機へ投入する

 この方法が有効です。すると、小銭が全てまとまった金額になります。10円玉は最高4枚まで、100円玉も最高4枚までとなり、勘定できていなかった小銭を集約して500円硬貨が出てくる可能性があります。

 小銭の枚数を最小限にして、財布をスリムに維持できる有効な方法です。ただ、自動精算機のミスがおきないことを前提にしています。

毎月貯金する枚数を計算してみる

 貯金の最終的な目標の金額を設定しておくと、モチベーションアプリもつながります。目標をしっかりと設定して満タンの金額が一致する貯金箱を用意します。

 目標を10万円と設定する場合・・

POINT

  • 一年で達成させるためには、一月あたり17枚の500円玉が必要
  • 二年で達成するには、一月あたり8.5枚

 目標を20万円とするなら・・

POINT

  • 一年で達成させるためには、一月あたり34枚の500円玉が必要
  • 二年で達成するには、一月あたり17枚

 自宅に帰宅したとき、または買い物に行く前の段階で財布の中身をチェックします。そしてコツコツとその月の予定枚数をクリアしていきます。

 買い物の際にお札を出すと、小銭の中に500円玉が入る確率はおよそ50パーセントとなります。一月あたり34回の買い物をするなら、17枚の500円玉を確保できそうな計算になります。このように見ると、年間10万円というのはかなりハードルが高いことが分かります。

まとめ:500円玉貯金とは 100万円 30万貯金箱の重さ 使い道 両替

 目標を決める貯金となる500円玉貯金とは違い、臨時収入があったときに「へそくり」としてお金をキープするという考え方もあります。数年後に見つけた時に楽しめる方法ですが、「永久に忘れてしまう」リスクもあります。

 貯金をしていくためには、目標を設定して気持ちを引き締めることが大事です。500円は小銭ではありますが、5,000円、10,000円へと到達するのはとても早いため、楽しく貯金できます。

Posted by mon