ソッコーで 大量の貯金を貯めたいなら・・500円玉貯金がベスト!

500円硬貨

 楽にお金を貯める方法として「500円玉貯金」を始める方がいます。500円玉は1000円札とは違って・・

  • 硬貨なので財布からお金が減ったダメージが少ない

  • 100円玉貯金よりも増えるスピードが早い

 このメリットがあるので、貯金箱を満タンにするまでモチベーションが続きやすいのです。この500円玉貯金にまつわる・・

  • 500円硬貨1枚の重さ 新・旧硬貨の重さの違い

  • ダイソーの30万円貯まる貯金箱 満タンの重さ

  • 500円玉だけで 10万円・30万円・100万円の重さとは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

500円硬貨は出番が多くて貯めやすい

現金5千329円。500円硬貨と100円、10円硬貨など

 500円玉は出番が多い硬貨であり・・

  • ワンコインで食事ができる

  • 入場料・使用料金がワンコイン

 ワンコインは「少額・ダメージ少ない」というイメージなので お手軽に使えるえるのですが、500円玉貯金をはじめると・・

POINT

2500円 → 3000円 → 3500円・・

 のようにハイスピードで貯金額がアップしていきます。苦労せずにソッコーで貯まった実感を楽しみたいならオススメです。

500円玉貯金専用の貯金箱

500円玉で100万円貯まる貯金箱

 ダイソー・セリアなどの100円ショップでは、500円玉だけを入れていく専用の貯金箱が売られています。

 デザインが凝っているタイプよりも、中が透けて見えるスケルトン貯金箱は・・

中が見えるのでモチベーションを維持できます

100万円貯まる貯金箱は本当に100万円貯まるのか

 陶器でできた豚や招き猫のような「割って中身を取り出す」タイプの貯金箱では 現在の途中経過が分かりにくいために、いつまでも貯金が終わらないイメージで やる気ダウンの要因となります。

貯金した500円玉の重さで貯金額を予想する

 500円硬貨専用の貯金箱は筒状の缶タイプやプラスチック製品があります。「30万円貯まる貯金箱」のように満タンの金額が書いているので、購入前に目標達成のゴールラインを決めてから開始します。

500円貯金箱開けたらとんでもない額が

 中身が「見える・見えない」どちらのタイプでも、見た目や手持ちである程度の金額を予想できますが、ほぼ確実に金額を当てるにはこのようにします。

500円玉の重さの合計で10万円・20万円の重さを予測する

現金1万円札を10枚並べている

 正確な金額が知りたいならヘルスメーターに乗せて、その重さを割り算することで、枚数・金額を知ることができます。三菱UFJ信託銀行によると・・

500円硬貨の重さは 7.0g(平成11年までは:7.2g)

100万円たまる貯金箱

 現在のところ旧500円硬貨(7.2g)の流通量は1割ほどまで減少しているので、旧500円硬貨の0.2グラムは「誤差」と考えて、全て7.0gの重さであるとして計算すると・・

POINT
  • 2,000円 = 280グラム

  • 4,000円 = 560グラム

  • 6,000円 = 840グラム

  • 10,000円 = 1,400グラムb

  • 15,000円 = 2,100グラム

  • 20,000円 = 2,800グラム

  • 30,000円 = 4,200グラム

 このように30万円を貯めると、4キロオーバーになります。お米より体積が小さいのでズン!とくる重さです。

10万円、20万円、50万円、100万円貯まる貯金箱の重さ

現金2万円。1万円紙幣の表が2枚

 分かりやすく10万円から100万円まで貯まる貯金箱を利用して、容器がパンパンになる最高額まで入れた場合の「重さ一覧」をまとめます。

10万円~100万円貯まる貯金箱・満タンの重さ
500円玉貯金箱の種類重さ(キロ)
10万円貯まる貯金箱1.4キロ
20万円貯まる貯金箱2.8キロ
30万円貯まる貯金箱4.2キロ
50万円貯まる貯金箱7キロ
100万円貯まる貯金箱14キロ

 こうしてみると、500円玉で100万円を集めると重さは14キロなので、およそ4歳の子供の重さになります。強度のあるバッグに入れると、女性でもどうにか銀行の両替機までは持っていけそうです。

市販されている500円硬貨貯金箱の重さ

市販されている500円貯金箱の重量

 500円玉硬貨の枚数・重さが分かりましたが、実際は貯金箱をヘルスメーターに乗せたときに貯金箱の重さも加算されています。この重さを引かないと正確な「500円硬貨のみ」の重さが算出できません。

 現在、市販されている缶タイプの貯金箱の重さの平均はこうなります。

POINT
  • 10万円貯まる500円硬貨貯金箱(缶)70グラム

  • 20万円貯まる500円硬貨貯金箱(缶)100グラム

  • 30万円貯まる500円硬貨貯金箱(缶)130グラム

 この貯金箱の重さを含めた500円硬貨貯金箱の重さ(満タンまで貯まったとき)は・・

  • 10万円貯金箱満タン(10万円の時)1,470グラム

  • 20万円貯金箱満タン(20万円の時)2,900グラム

  • 30万円貯金箱満タン(30万円の時)4,330グラム

 これだけの重さになるはずです。

 まだ満タンになっていない途中の段階にあるとき、満タンの重さから「貯金箱の重さを引き算」して、残りの重さを7グラムで割ると枚数と金額がわかります。そこから、貯金箱の「満タン達成」までの期間も予想できます。

うまく硬貨を集めていくために

 500円玉貯金の目標を達成するまでの期間をスピードアップするには、財布に500円玉硬貨がある事がポイントになります。

 普段の買い物では「小銭が増えすぎないように」と考えるために、小銭から先に探す習慣があるはずです。

POINTいつも小銭を優先して使う

 財布が小銭でパンパンにならない習慣ですが、この考え方ではなかなか500円玉を手にする事はできません。

 例えば千円札を出して490円のおつりの時は500円硬貨は増えず、さらに ここで増えた100円玉を消費しないとお札の出番がない(500円硬貨のチャンスは無い)ので、タイミングが悪いといつまでも500円玉硬貨が増えません。

計画的に500円硬貨を増やすために

お金。日本円1万円札と1000円札で12万9000円と500円硬貨2枚で合計13万円

 友人との食事で割り勘をする時に、会計を終えて小銭を受け取るときがあります。その前に「500円玉貯金をしている」と言っておけば、気を利かせて500円玉が集まるかもしれません。

 そして毎日のショッピングでは、レジでどれくらいの合計金額になるのか考えながら買い物をします。例えば・・

POINT
  • 消費税込みで500円より少なくする

  • または、1,500円より少なくする

 これが有効です。買い物をする前にある程度購入する商品を決めておき、上限の金額を決めます。

税込み499円まで(1,000円札を出す)
税込み1,499円まで(2,000円札を出す)

 このように計算した範囲で買い物をすると、お釣りに500円玉が必ず入ります。購入金額をイメージするショッピングは、節約のために「買いすぎないルール」としても有効です。

自動精算タイプのレジが利用できるとき

 最近増えてきたのが、レジではスタッフが商品のバーコードをスキャンして合計金額を算出し、お金を投入する自動精算機に移動してお札を入れて精算をするスタイルのお店です。このような現金投入タイプの自動精算機の場合は・・

財布の中にある小銭を全て自動精算機へ投入する

 この方法が有効です。自動精算を終えた後は小銭が全てまとまり、財布に収まる最小の硬貨枚数となります。つまり・・

  • 10円玉は最高4枚まで

  • 50円玉は最高1枚まで

  • 100円玉は最高4枚まで

 このように小銭が集約されるので、500円硬貨が出てくる可能性があります。

毎月貯金すべき枚数を計算して計画的に

目標を立てて計画的に

 500円玉貯金をするときは、目標金額だけでなくゴールの期日を設定するとモチベーションがアップします。

 10万円貯金箱が満タンの目標を・・

POINT
  • 一年で達成には、一月あたり17枚の500円玉が必要

  • 二年で達成するには、一月あたり8.5枚

 目標金額が20万円であるなら・・

POINT
  • 一年で達成には、一月あたり34枚の500円玉が必要

  • 二年で達成するには、一月あたり17枚

 この枚数が必要です。

 普通に買い物をしてレジでお札を出したとき、お釣りの中にに500円玉が入る確率は・・

およそ50パーセントです

新しい500円硬貨2011年11月から発行へ 2色構造を導入

 一月あたり34回の買い物をすると、平均すると17枚の500円玉をゲットできる計算になります。こうしてショッピングの回数にしてみると、年間10万円分の500円玉を集めるのは かなりハードルが高いことが分かります。

まとめ:五百円硬貨 1枚の重さ 30万円貯まる貯金箱 |2021年版

 目標を決めて500円玉貯金をする以外に、臨時収入があったときに「へそくり」のお金を隠しておく方法があります。数年後に見つけてハイテンションになれるかもしれませんが、永久に忘れてしまうリスクもある方法です。

 500円玉は小銭ではあるものの・・5,000円、10,000円まで到達するのが早いので、貯金の成果をすぐに楽しみたい方には500円玉貯金は向いています。

タイトルとURLをコピーしました