誰かお金貸して!10万貸したい掲示板|市役所 個人間 融資

 あなたは今、お金がなくて困っており、貸してくれる人を探していないでしょうか?

お金を貸してほしいとお願いしたら断られてしまった

少しの間だけでも貸してくれる人がいないか・・

 「お金を貸してくれる人」を探すこはとても難しいのですが、知り合いに頼めないなら「ネットの掲示板」を利用する方法があります。

 今日は、市役所から「利息なしで借りる」方法、「掲示板でお金を貸してくれる人を探す」方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

市役所で生活福祉資金の制度を利用する

出典:厚生労働省 生活福祉資金貸付制度

 まずは、「生活福祉資金」の説明をしますが、「お金貸して掲示板」について探している方は、「第5章:掲示板から貸してくれる人を探す」へ飛んでください。

 市役所の庁舎内にある社会福祉協議会には、「生活福祉資金」という無利子でお金を貸してくれる制度があります。

POINT

生活福祉資金は(利息なし)で借入できる制度

 これは、あくまでも「貸してくれる」のであり、給付される(もらえる)お金ではありません。生活福祉資金制度の「緊急小口資金:10万円まで」を利用できる条件はこのようになります。

  • 低所得者世帯(年収200万円未満)と認定されている人(市町村民税が非課税となっている場合)
  • 障害者のいる世帯(身体障害者手帳、療育手帳の交付を受けた者が同居している場合)
  • 高齢者が同居している場合など

 連帯保証人を立てることができない場合は、少額の利子(年1.5%)がついてしまいます。それでもカードローンのキャッシングよりもかなり「お得な条件」で貸してくれる制度となります。

貸してくれる条件は、お金に困っている理由を示すこと

 「緊急小口資金」の借入れを申請するには、明確な「理由」が必要になります。

  • 地震などの災害で生活資金が不足している
  • 会社の都合で給与の支給が遅れている
  • 失業保険の給付が終了し、新たな給料の振り込みまで期間がある
  • 年金の支払いが開始されるまでの生活費として
  • 急な入院で医療費の支払いが困難である
  • 盗難により生活するためのお金がないとき

 「お金に困っている状況」でありながら「間もなくお金が入ってくる予定」があるのなら、貸してもらえるはすです。この制度はクレジット会社のキャッシングとは違い・・

POINT

他の(消費者金融など)から借入ができない「金融ブラック」

 でも「借り入れ可能」な条件にあてはまります。また、すでに自己破産の申請が終わり「借入ができない期間」であっても「借入申込み」が可能となります。

生活福祉資金制度の「緊急小口資金」を申請する

緊急小口資金を利用するには、社会福祉協議会(市役所内)へ、これらを用意して申請を行いまます。

  • 世帯全員分の住民票
  • 申請者本人確認の書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 実印と印鑑証明証
  • 世帯全員分の収入を証明する書類(所得証明書など)
  • 銀行の普通預金口座の通帳の写し

 必要書類は市役所で数百円で発行してもらえます。すべての書類を提出した後には審査が必要となるため、早くても数日から一週間程度の期間が必要となります。

緊急小口資金でも必要な金額に届かないときには

 緊急小口資金は少額を貸してくれる制度ですが、更に大きな金額が必要なら「福祉資金:福祉費」の申請ができます。

  • 結婚式など冠婚葬祭に必要となる費用:貸し付け上限は50万円。返済は3年以内
  • 災害時に臨時で必要となる費用:貸し付け上限は150万円。返済は7年以内
  • 就職に必要となる費用:貸し付け上限は50万円。返済は3年以内
  • 日常生活で一時的に必要となる費用:貸し付け上限は50万円。返済は3年以内
  • 連帯保証人が必要(保証人を立てた場合は無利子。保証人が無理な場合は年1.5%の利息)

 「就職に必要となる費用」とは、新居にかかる費用、スーツ代金など。「日常生活で必要な費用」とは、エアコン、ヒーターなどの購入・家賃未納で退去時の支払い費用・修学旅行費などです。

ネットの掲示板を利用して調達する

 パソコンやスマホでネットにアクセスして・・

誰かお金貸して!

と、掲示板へ書き込んで、お金を調達するやり方があります。

 カードローンや消費者金融から(すでに)借入れがあるのに更にお金が必要になったり、電気代などの「公共料金の支払い」のお金が足りない時には、個人でお金の貸し借りができる掲示板が役に立ちます。

POINT

お金を貸してくれる人、借りたい人を結びつける掲示板がある

お金貸して掲示板」では、カードローンの申込み審査などで必要となる

在籍確認(職場に電話連絡をして本人がいるか確認すること)

 が、ありません。他のクレジット会社からのローンが「返済途中」であっても、借りる相手を探すことができます。

借入の審査に必要な書類を集めなくてよい

 もう一つのメリットは、会社から取り寄せる収入を証明する書類・・

収入証明書、給与明細書を6ヶ月分など)が不要

 となるため、手続きが簡単なことです。

POINT

給料日までのつなぎのお金(3万円から10万円)を借りる時に便利である

 来月に(または給料日が来てから)返済する約束をして、借りた金額にプラスして利息(感謝の気持ちのお金)を加えて返済します。

利息(借りた金額に上乗せするお金)を支払う約束が必ず必要である

 お金を貸してくれる相手はボランティアではないので、感謝の気持ちを「お金で示さないと」貸してもらえません。

掲示板で貸してくれる人とは?

 ここで疑問が出てきます。

都合よくお金を貸してくれる人なんて本当にいるのか?

 という部分です。その答えには、現在の銀行の「マイナス金利:利息がまったくつかないこと」が関係しています。現在のところ・・

POINT

銀行に100万円を預けても、1年で300円しか増えない

 ようになっています。これが不満なので、掲示板で借りてくれる個人を探して利息で儲けたい(より多くの利息をゲットしたい)と考える人がいます。ただし・・

個人向けに高額の利息で貸し付ける

 事はできません。利息の最高限度は、どのようなスタイルでの融資であっても 法律で決められています。

お金を貸す側のメリットとは

 お金を貸す時には、総量規制という法律によって

100万円までの金額を貸すなら、利息は1年で18万円まで可能である

 と決められています。その「利息18%などの上限」があったとしても、貸す側にとっては銀行へ預けるよりも「かなり儲かる:割に合った」お金の増やし方となります。つまり、「お金貸して掲示板」での取引きは・・

POINT

お金を借りる側、貸す側ともに利益

 があります。貸す人・借りる人の考えかた:メリットはこのようになります。

お金貸して掲示板を利用するメリット
お金を貸す側 銀行よりも多くの利息を得られる
お金を借りる側 借してくれる人がやっと見つかる

 「お金貸してくれる掲示板」での取り引きでは・・

返済する時に、五千円を上乗せしたお金を返していきます

 のように、区切りのよい金額の利息をつけて支払う約束をすることで契約が成立します。

お金貸して掲示板で助かった報告

 ネットの掲示板をチェックすると「お金支援掲示板」で助けられた(ピンチを切り抜けた)体験談を見る事ができるはずです。

「お金貸してください掲示板」で助けられた体験談を見ておく

 積極的に対応してくれる「貸し手」が見つかれば すぐに取引を開始できるため・・

家賃の支払いに必要な7万円を明日の夕方までに・・

 のような要求でも間に合うかもしれません。

POINT

「明日まで」のような「急ぎのお金」の確保に利用できることもある

 早く対応してもらうためには、「最近の日付となる新しい書きこみ」がある(活気のある)掲示板にて、「お金を貸してくれる相手」を探すことがポイントとなります。

トラブルにならないように事前に情報を集めること

 最初に理解しておく必要があるのは、ネットを経由してお金の取引をする時には、契約に応じてくれる相手が・・

信用できる人であるか

 について調べられないことです。

 最初に書いたように、収入の証明書や、電話での職場の確認(在籍確認)などがないのは、「個人での取引」であるからであり、これは同時に「相手の素性が間違いないか確認できない」ことでもあります。

契約をする前に、取引する相手が信用できるか調べるのは難しい

 「大企業に勤務している」と書き込まれていても、在籍確認(企業にいるか調べること)ができないので、架空の人からお金が振り込まれ、自分も架空の人の銀行口座にお金を振り込む可能性があります。

個人情報を知らせてから取引を開始する

 取引をする最初の段階で、こちらの・・

POINT

  • 名前(本名)
  • 銀行口座番号と支店名
  • 電話番号

 などを相手に伝える必要があるので、個人情報を「信用できるか分からない人」へ教えることになります。

相手に個人情報を伝えないと取引できないリスクがある

 相手がどのような人であるか(素性を)確認できなかった責任は、自分にあることを最初に理解しておくべきです。

詐欺に注意!手数料を前払いしてはいけない

 そして、最も注意しなければいけないのは・・

POINT

詐欺にあってしまう

 ことです。「お金貸して掲示板」においては、詐欺まがいの取引を持ちかける人が必ずいます。特にこのような要求をされた時には要注意となります。

  • 取引開始の手数料(手付金)の振り込みを最初に要求される
  • 直接お金を渡すために移動にかかるお金(交通費)を先に要求される
  • 借用書の作成に必要な「書類作成費用」を要求される

 本来なら、こちらが欲しいお金を「先に相手が振り込む」段取りとなるはずですが、その前にお金を請求してくるのであれば、「詐欺であるかもしれない」と疑うべきです。

取引の最初に「お金を請求」されたなら取引中止すべき

 「お金貸してくれる掲示板」は個人での取引となるため、「手付金」や「書類費用」などの手数料が発生するのはおかしな事です。

ダマされている事に気がつかないでいると・・

 その他にも・・

  • 車を担保に
  • クレジットカードのショッピング枠を現金に

 のような、お金以外の物を要求されることもあるかもしれません。特に金融取引の知識や経験が少ない若い人(特に女性)は・・

POINT

お金以外の要求をしてくる「詐欺師」に狙われやすい

 傾向にあります。「お金を借りて・利息をつけて返済する」シンプルな取引なのに、あれこれ予想外の要求をしてくるなら、「ダマされている」とみて間違いないはずです。

お金貸してくれる掲示板は信用できる?

 お金の借入先が見つからない時は・・

「お金貸して掲示板」でお願いすると助けてもらえる

 かもしれません。ただし、ネットで個人情報を知らせてのお金のやりとりは、詐欺にあってしまう危険度が高くなります。そのため、「お金貸して掲示板」については、他のお金の借り入れを試してダメだった時の・・

POINT

審査が通らない場合の「最後の手段」

 とするべきです。お金を借りる先は、銀行カードローン・ろうきん・消費者金融・クレジットカードのキャッシング枠などがありますが、「掲示板」はもっとも下の方です。トラブルの可能性は、「ヤミ金」 「街金」と、さほど変わりません。

「お金貸して掲示板」の前に安全な借入先を確認してから

 まずは、銀行、カードローンの会社、消費者金融など、貸してくれそうな借入れを先を調べていきます。

まとめ:カードローン・消費者金融がダメなときに

 消費者金融について不安に感じる人もいますが、「貸金業法」に基づいた正しい融資となるため「お金貸して掲示板で相手を見つける」よりも格段に安全です。

消費者金融・ヤミ金・掲示板の個人融資の違い
消費者金融 正しい借入・利息・返済計画・過払い金は払い戻せる
ヤミ金 貸金業法に反する高額な利息・違法な取り立て
掲示板の個人 借入れルールがない・詐欺・トラブルの可能性

 安全に貸してくれるローン会社によって審査する内容(他社から借りている金額、収入の基準)には違いがあるので、まだチェックしていない会社が残っているなら、一通り検討してみるべきです。

Posted by mon