お金貸してください掲示板|困ったときの個人間融資・支援サイト

 あなたは今、お金がなくて困っており、貸してくれる人を探していないでしょうか?

  • お金を貸してほしいとお願いしてみたら断られた
  • 月末の支払いに必要なお金を使ってしまった
  • 少しの間だけでも貸してくれる人がいないか・・

 お金を手にするためには、「お金を貸してくれる人」を探すことががとても難しいのですが、知り合いに頼めない場合には「ネットの掲示板」を使って探していく方法があります。

 今日は、お金を貸してくれる人を探す方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

生活福祉資金の制度を利用する

 生活福祉資金という無利子で一定額を貸してくれる制度があります。これは、あくまでも貸してくれるのであり、給付される(もらえる)お金ではありません。しかし、収入が低い(貧乏である)なら条件にあてはなる可能性があるので検討しみるべきです。

生活福祉資金の制度が利用できる条件

  • 低所得者世帯(年収200万円未満)と認定されている人(市町村民税が非課税となっている場合)
  • 障害者のいる世帯(身体障害者手帳、療育手帳の交付を受けた者が同居している場合)
  • 高齢者が同居している場合など

 連帯保証人を立てることができない場合は、多少の利子がついてしまう条件となります。それでも、他のカードローンの利用よりも利息は少ないため、利用する価値は十分にあります。

市役所で緊急小口資金を申請する

 お金に困ってしまう状況によっては、国から利息無しでお金を確保できる可能性があります。「生活福祉資金」と言われる制度であるが、ある条件を満たすことができればお金を借りることが可能となります。

 その条件の一つが、安定した収入があるかどうかとなります。つまり、現在の段階だけ緊急時にお金が足りない状況となっているのなら、生活福祉資金制度の最も借りやすい緊急小口資金を利用する事で、その場のピンチを回避出来る可能性があります。

 これは、10万円までのお金が利息無しで借入出来る制度となる。利用が想定される状況としては

  • 地震などの災害で生活資金が不足している
  • 転職のため給与収入が期待できない月がある
  • 急な入院で医療費の支払いが困難である
  • 年金や公的な給付金の支払いまでの生活費として
  • 盗難などにより生活資金が確保できない状況

このような状況の場合に緊急小口資金を利用することができます。

緊急小口資金の返済は2ヶ月後から

緊急小口資金の申し込みをする場合には以下のものを用意します。

  • 世帯全員分の住民票
  • 申請者本人確認の書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 実印と印鑑証明証
  • 世帯全員分の収入を証明する書類(所得証明書など)
  • 銀行の普通預金口座の通帳の写し

 必要書類は簡単に集めることができるはずなので、ピンチである状況が分かった段階で早めに動けば、すぐに必要な資金を確保することができるはずです。書類を提出した後には審査が必要となるため、早くても数日から一週間程度の期間が必要となります。

 問題点の一つとしては、緊急小口資金の返済は2ヶ月後から開始となる。安定した給与収入がある条件で借り入れしているはずなので、無駄遣いをしない謙虚な生活を続けていれば返済能力は十分にあるはずです。

 緊急小口資金は、市町村の社会福祉協議会で依頼する事が可能となる。まずは電話で連絡して貸し付け条件などを聞いてみます。

緊急小口資金でも必要な金額に届かないときには

 緊急小口資金は少額の融資となるが、更に大きな金額が必要なのであれば福祉費という借入項目もある。これは、結婚式や葬儀の際なの場合であり、緊急小口資金の10万円ではカバーできないような金額を融資してもらえる制度となります。

 貸し付け上限は50万円となっているので、一般的な葬儀に必要な金額をカバーする事が可能となる。ただし、連帯保証人が必要となる。保証人を立てた場合は無利子で借入可能であり、保証人が無理な場合は年1.5%の利息が必要です。

 このような買い付け制度は、低所得者向けに相談窓口を設けて経済面をサポートする意味で設定されているため、ちゃんとした仕事について返済能力があることを証明できれば貸し付けて貰える可能性が高くなります。

ネットの掲示板を利用して調達する

 「お金貸して」と、ネット掲示板へ書き込み、お金を調達する方法があります。

 銀行やカードローン、消費者金融からの借入れがあり、「借入金額」が増えてしまっている状態でも更にお金が必要になったり、家賃や電気、ガス料金の支払いに必要なお金が足りない時には、個人の間でお金の貸し借りができる掲示板が役に立ちます。

個人でお金の調達ができる掲示板がある

「お金貸して掲示板」では、銀行やカードローンにてお金を借りる審査に必要な在籍確認(職場に電話連絡をして本人がいるか確認すること)が必要ありません。また、現在ローンの残高が残っていて、返済がまだ終わってない段階でも借りる相手を探すことができます。

借入の審査に必要な書類を集めなくてよい

 もう一つのメリットは、会社から取り寄せる収入を証明する書類(収入証明書、給与明細書を6ヶ月分など)が不要となるため、手続きはとても簡単になります。

給料日までのつなぎのお金(3万円から10万円)を借りる時に便利である

 来月に(または給料日が来てから)返済する約束をして、借りた金額にプラスして利息(感謝の気持ちのお金)を加えて返済します。

掲示板で個人間融資を依頼する時には利息(借りた金額に上乗せするお金)を支払う約束をする

 お金を貸してくれる相手はボランティアではないので、感謝の気持ちを「お金で示さないとないと」貸してもらえません。

掲示板で貸してくれる人とは?

 ここで疑問が出てきます。「都合よくお金を貸してくれる人がいるのか?」という部分です。この部分には、銀行の利息が関係しています。

 現在のところ銀行にお金を預けても利息が期待できません(1%よりも低いのでお金が増えない)。そのため、掲示板などで個人にお金を貸して利息で儲けたい(1%よりも多くの利息がほしい)と考える人がいます。

銀行に預けるよりも個人にお金を貸した方がお得になる

 ですが、高額の利息で貸し付ける事はできません。利息の最高限度は法律で決められているからです。

お金を貸す側のメリットとは

 お金を貸す場合には、法律:総量規制により1年での利息は最高18%と決められています(100万円までの金額を貸すなら利息は1年で18万円)。そのため、銀行の利息よりも格段に良い(割に合った)お金の増やし方ができます。

 そのため「お金貸して掲示板」では、お金を借りる側、貸す側ともに得をする取引が期待できます。

お金貸して掲示板を利用するメリット
お金を貸す側 銀行よりも多くの利息を得られる
お金を借りる側 銀行などと比べて借りやすい

 「お金貸してくれる掲示板」での取り引きでは「返済する時に、五千円を上乗せしたお金を返済します」のように、区切りのよい金額の利息をつけて支払う約束が基本となります。

お金貸して掲示板で助かった報告

 ネットの掲示板をチェックすると「お金支援掲示板で助けられた(ピンチを切り抜けた)体験談」を見る事ができるはずです。

お金貸してください掲示板の利用で助けられた体験談を見ておくべき

 積極的に対応してくれる「融資者:貸し手」が見つかれば、すぐに対応してもらえる事もあるため「家賃の支払いに必要な7万円を明日の夕方までにお願いします」のような要求でも間に合うかもしれません。

明日までに必要なお金が間に合う事もある(銀行の営業日も影響する)

 早く対応してもらうためには、「最近の日付の書きこみ」がある活気のある掲示板で「お金を貸してくれる相手」を探すことがポイントとなります。

トラブルにならないように事前に情報を集めること

 最初に理解しておく必要があるのは、ネットを経由してお金の取引をする時には、契約に応じてくれる相手が信用できる人であるかを調べられないことです。

契約前に取引する相手が信用できるか調べるのは難しい

 「大企業に勤務している」と書き込まれていても、在籍確認(企業にいるか調べること)ができないので、架空の人からお金が振り込まれ、自分も架空の人の銀行口座にお金を振り込む可能性があります。

個人情報を知らせてから取引を開始する

 取引の段取りにおいては、名前(本名)、銀行口座番号と支店名、電話番号などを相手に知らせる必要があるので、個人情報を「信用できるか判断できない人」へ教える事となります。

取引前に個人情報を知らせる必要がある

 最終的に相手がどのような人であるか「確認できなかった責任」は、自分にあることを覚えておくべきです。

詐欺に注意!手数料を前払いしてはいけない

 最も注意しなければいけないのは、詐欺にあってしまうことです。「お金貸して掲示板」においては詐欺まがいの取引を持ちかける人が必ずいるので、以下のような場合は要注意となります。

  • 取引開始の手数料(手付金)の振り込みを最初に依頼される
  • 直接お金を渡すための交通費を先に振り込み依頼される
  • 借用書の作成に必要な料金を先に振り込み依頼される

 本来なら、こちらが欲しいお金を相手が先に振り込んでから取引が開始となりますが、その前にお金を請求される場合は、「詐欺であるかもしれない」と疑うべきです。

取引の段取りが予定と違うと思ったら、取引中止(借入の依頼をキャンセル)すべき

 「お金貸してくれる掲示板」においては、個人での取引となるため多額の手数料は不要であるずです。

まとめ:お金貸してくれる掲示板の利用は安全か?

 お金の借入先が見つからない時は、「お金貸して掲示板」で助けてもらえるかもしれません。

 ただし、ネットで個人情報を知らせてのお金のやりとりは、詐欺にあってしまう危険度が高くなります。お金を確保するには、素性の分かる「トラブルなくお金を借してくれる企業」に依頼する方法が安全です。

お金貸して掲示板は最後の手段と考える

 「お金貸して掲示板」については、他のお金の借り入れを試してダメだった時(審査が通らない場合)の最後の手段とするべきです。

「お金貸して掲示板」の前に安全な借入先を確認してから

 銀行、ろうきん、カードローンの会社、消費者金融など、有力となりそうなの借り入れを先を調べていきます。消費者金融について不安に感じる人もいますが、貸金業法の正しい融資となるため「お金貸して掲示板にて個人からお金を借りる」よりも格段に安全です。

消費者金融・ヤミ金・掲示板の個人融資の違い
消費者金融 正しい借入・利息・返済
ヤミ金 貸金業法に反する高額な利息
掲示板で個人融資 借入ルールがない・トラブルの可能性

 ローンを扱う企業によって審査する内容(現在の借入金額や必要となる収入の基準)が違うので、安全に貸してくれるローン会社がまだ残っている可能性がありあます。

Posted by mon