お金貸して 掲示板で誰か貸して下さいと人に頼る方法 個人融資

carnival-venice

 あなたは今、お金がなくて困っており、貸してくれる人を探していないだろうか?

 または、お金を貸してほしいとお願いしてみたら、断られて途方に暮れていないだろうか?

 お金を得るには、お金を貸してくれる相手に自分のことを信用してもらう必要がある。そして、ネットでお金を調達する為には注意しなければいけないこともいくつかある。
 
 今日は、銀行以外でお金を貸してくれる人を探す方法を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

ネットの掲示板を利用して調達する

sport-man

 「お金貸して」と、ネット掲示板へ書き込み、お金を調達する方法がある。

 銀行やカードローンからの借入れが現在もあるのに更にお金が必要になったり、支払いに必要なお金が足りない時には、個人のお金の貸し借りができる掲示板が役に立つ。

「お金貸して掲示板」では、銀行やカードローンからお金を借りるときのような、在籍確認(職場に電話連絡をして本人がいるか確認すること)が必要無いのだ。また、現在ローンの残高が残っている状況で、返済がまだ終わってない段階でも借りる相手を探すことができる。

借入の審査に必要な書類を集めなくてよい

 そして、会社から取り寄せる収入を証明する書類も必要ないため手続きは簡単だ。給料日の前に手持ちの現金がなくなってしまった時に、3万円から15万円ほどのお金を借りる方法として利用しやすいのだ。

 来月に(または給料日が来てから)返済する約束をして、借りた金額にプラスして利息(感謝の気持ちのお金)を加えて返済する。お金を貸してくれる相手はボランティアではないので、感謝の気持ちをお金で示さないとないと貸してもらえないのだ。

掲示板で貸してくれる人とは?

bride-wind

 ここで疑問が出てくる。「都合よくお金を貸してくれる人がいるのか?」という部分である。これには、銀行の利息が関係している。

 現在は、お金を銀行の普通預金に預けても利息が全く期待できない。例えば銀行に100万円を預けたとしても、1年後の利息は200円である。

 ところが、個人にお金を貸した場合の利息は18万円にもなる。(利息制限の上限:1年)

 ただ、「お金貸してくれる掲示板」での取り引きでは「返済する時に、五千円を上乗せした金額を返済します」のように、区切りのよい金額の利息が支払われる。このように、この掲示板はお金を貸してくれる側と、お金を借りる側の両方にメリットがあるのだ。

お金貸して掲示板で助かった報告

kittens

 実際に「お金貸して掲示板」でお金を借りて、ピンチを切り抜ける事ができた報告は多い。スピード契約で振り込みがあるため、「家賃の支払いに必要な7万円を明日の夕方までに・・」のようなお願いにも、間に合うかもしれないのだ。

 利用者の多い掲示板が良いため、書き込まれた日付をチェックして、活気のある掲示板にてお金を貸してくれる相手を探すことがポイントとなる。

トラブルにならないように事前に情報を集めること

 最初に理解しておく必要があるのは、ネットを経由してお金を取引をする時には、契約を持ちかけてきた相手が信用できる人であるかを調べられないことだ。

 大企業に勤務していると書き込まれていても、在籍確認(企業にいるか調べること)ができないので、架空の人からお金が振り込まれ、自分も架空の人の銀行口座にお金を振り込む可能性があるのだ。

 手続きでは、個人情報(名前、電話番号、銀行口座番号など)を相手に知らせる必要があるので、要注意となる。最終的に相手がどのような人であるか確認できなかった責任は、自分にあることを覚えておくべきだ。

まとめ

bicycle-cupple

 お金の借入先が見つかないときは、「お金貸して掲示板」で助けてもらえるかもしれない。

 ただし、ネットで個人情報を公開するお金のやりとりは、詐欺にあってしまう可能性が高くなるので、他の借入れの可能性を試してダメだった時の最後の手段とするべきだ。

 まずは、カードローンの借り入れの申し込みを調べていく。ローンを扱う企業によって審査のやり方が違うので、安全に貸してくれるローン会社がまだ残っている可能性があるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加