お金ください! 1万円でも下さいとお願いした結果 あげますスレ

elephant

 お金をくださいと真剣にお願いすると、お金が調達できる可能性がある。

 過去に支払いのお金が足りない厳しい経験をしている人は多いため、お金がなくて悩んでいる人がいると、助けてくれる可能性があるのだ。

 今日は、お金を手に入れる方法を詳しく紹介する。ぜひ、参考にしてほしい。

お金のホームページで「お金をください」とお願いする

mae-boy

 多くの人が利用するネット掲示板がある。生活に困った人達の相談ページがほとんどだが、「支払いがピンチ!すぐにお金ください」のような、お金の援助を求めるページもあるのだ。

 全国の借金生活をしている人たちが、お金をゲットできるかもしれないページに期待して集まってくる。そこで、「銀行の口座番号書くので助けてください」と書き込む人は多いのだ。

冷やかしの書きこみが多くなってしまう

 お金をくださいとお願いする人は多くても、まじめな返信をする人は非常に少ない。何らかの書きこみがあったとしても、悪ふざけ目的の内容ばかりとなる。

 お金を振り込んでもらうために、自分の名前と銀行の口座番号をネットで公表してしまう人がいるが、このような場所で個人情報を書き込んではいけない。

 もう一つの問題は、見ず知らずの人からお金を集める行為は「振り込め詐欺」と同じように法律に違反してしまう可能性があるし、実際にお金を要求しても救世主は現れないはずだ。

お金を手にするためには

people-guiter

 路上ミュージシャンが歌っていたり、ギターやバイオリンなどを弾いてお金を集めているのを見たことがあるはずだ。「どうしてお金を投げる人がいるのか?」を考えてみると、答えは簡単である。音楽が気に入ったか、将来に向けて「がんばれ!」と言いたいのだ。

 音楽を聴かせてくれた見返りにお金を投げたのであって、何もしていないホームレスにお金を差し出す人はいないはずだ。ここに大きな違いがある。

 「お金をください」と誰かにお願いするのであれば、見返りを用意する必要がある。

 それはお金となる。

 おかしな答えに思えるかもしれないが、お金はとても大事なものであるため、簡単に差し出す人はいないのだ。これを出してもらうためには、相手にとって「うまい話」が必要だ。

お金をくださいではなく、借入にする

satuval

 「5万円出してくれたら、利息をつけて返します」と話すと、相手はお金が増えるチャンスとなるため、路上ミュージシャンにお金を投げ入れた時と同じ事をしてくれるかもしれない。

 つまり、利息を5千円でも上乗せして少しずつ返済する約束ができれば、お金を出してくれる人がいるのだ。

 ただ、ネットの先にいる身元が分からない人へ、個人情報(名前や口座番号)を知らせるのは危険がある。そのため、個人からお金を依頼するのは安全な対策をやった後の手段とする。

 まずは安全にお金を貸してくれるカードローンの会社などに申し込み、借り入れ審査に合格できるかチェックすることが先である。

 お金を貸す企業は、各社ごとにローンの審査のやり方が違ってくるため、何社か断られただけで「全てダメ」と決めつけるのは間違っているかもしれない。

 情報はここまで。あとは自分でやって確かめるたけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加