お金を借りる前にお得な選択であるかよく考えるべきである

ローン・借入

kanekarim

 金融機関にてお金を借りたい時には、簡単な手続きをするだけで借り入れることが可能になっています。生活費が足りない時や、ちょっとしたお祝い、入院費用を集める為にお金を借りる選択をしますが、できればお金を借りる優先順位は下げるべきです。

 お金を借りると翌月から返済の義務があります。10万円借りたとしても数千円だけですが毎月返済に充てられます。最近は、毎月の返済額が下がってきている金融機関が多くなっており、返済額が少なくて助かるのですが、その分だけ完済までの道のりは長くなってしまいます。

 そうなってくると、いつまでも借り入れの返済に追われる生活になってしまいます。現在の生活の費用を確保しながら、返済の費用も必要になってくるのです。そのあたりを考慮に入れて借り入れをするべきです。

お金を借りるには身分証明書が必ず必要になってきます

 基本的には身分証明書があれば、お金を借りることが可能です。ほとんどの場合高額(100万円以内)でなければ身分証明書のみで借り入れできる金融機関が大半です。

身分証明書とは

  • 運転免許証
  • 健康保険
  • パスポート
  • 外国籍である場合は、特別永住者証明書(外国人登録証明書)

を指します。これらの身分証明書に記載されている現住所と、現在住んでいる場所が違う場合は、現在から6ヶ月以内の公共料金(ガス、電気、水道など)の支払いの領収書を添付します。そして、役所で住民票を取ってくる必要があります。

 そして、もう一つ大事なのが就職をしてることです。パートやアルバイト、または契約社員のような雇用形態であっても、収入があれば仕事をしている条件としてクリアできます。

 仕事をやっていない主婦の場合でも、夫が公務員や会社員として勤務しているのであれば、ほとんどの金融機関は融資可能となります。このあたりの決まりは多少の違いが出てくるので、借り入れしたい金融機関の条件をよく確かめることです。

100万円以上の借り入れを予定している場合

 消費者金融などの多くの金融機関は、ある程度の金額以上を借り入れるためには、その人の収入額がどれくらいであるかを証明する必要があります。大手の金融機関は100万円あたりがボーダーラインとなります。

 100万円以上の借り入れに必要になってくるものは収入を証明する書類となります。

収入を証明する書類とは

  • 源泉徴収票・・・・・・・1月頃に会社から渡されます。
  • 住民税決定通知書または納税通知書・・・市役所から随時郵送されます。
  • 所得(課税)証明書・・・市役所で数百円で取ることができます。
  • 給与明細書・・・・・・・会社から支給される。もしくは申請して発行してもらいます。

 源泉徴収票や給与明細書などは、会社から渡されているはずなので、捨てていなければ重要書類を入れている引き出しを探せば見つかるはずです。見つからなかった場合は、市役所に行き住民票などを申請するのと同じ要領で所得証明書を取るだけです。 

 給与明細書の場合は、1月分ではなく連続した2ヶ月以上の給与明細書が必要となります。できれば賞与を頂いた月のボーナスの額が記載されている給与明細書も添付した方が良いのです。

賞与を含む給与明細書を添付する

 このように、金融機関からお金を借りる場合は、手持ちの身分証明書、または所得証明書などを探して持っていくだけなので簡単にお金を借りることができます。

 最も気にするところは、少ない給与の仕事をしている場合ですが、週に数日出勤するだけのアルバイトでも借り入れが可能な場合が多いのです。仕事よりも、過去に借り入れした時に真面目に返済をしたかどうかが重要になるのです。

新規に住宅購入にてお金を借りる場合

 将来的にマイホームが欲しいと考える人は多いのですが、その為に貯蓄をしていても必要な物件の購入資金を集めるのは相当に時間がかかることです。

 そうなってくると、住宅ローンを利用してお金を借りる対策が賢い考え方となります。銀行を始め労働金庫やその他の金融関連の企業は、住宅目的でお金の融資をしているため、様々な金融企業の条件をチェックしていき、自分でも住宅ローンが可能であるのか確認してみる事です。

不動産を購入するなら住宅ローンを検討する

 住宅向けにお金を借りるときに最も重要になってくるのは、返済額のシミュレーションをしっかりやることです。現状で準備できる頭金の金額から考えて、数年後に貯蓄できそうな金額を返済に充てる計算で計画していくのです。

長期的なローン

 当然のように、30年以上のローンを目指す事が多くなりますが、あまりに長期間お金を借りるとストレスになってしまうので、ほどよい金額で早めに払い終える考え方が必要となってきます。

 ほとんどの融資のプランでは、繰り上げ返済が可能となっているためボーナス時など、大きな収入型時にはまとめて返済をする考え方が有効です。

 最初に住宅ローンを予定しているときには、毎月の負担額をどうにか減らさなければいけないと心配になりますが、あまりにも完済までが遅くなってしまうと、最終的な利息の金額は大きくなります。

 時代と共に物価の変動も想定できるのですが、昔のように順調に物価が上昇するとは限らず、住宅に対する貸し付けの利息の支払いが厳しくなってしまう可能性も考えられます。そのような時のために収入が少なくて厳しくなる状態と、早めに返済が可能となるどちらのプランも考えておくべきです。

金利切り替えシミュレーションを想定する

 住宅ローンを想定している場合、住宅専用タイプの金利方式を見直す事があります。当然のように何年も前にプランを考えたように生活がうまくいかない可能性もあり、その都度金利方式を切り替えたりして自分の生活にあったプランに作り変えて借りるのです。

 この時重要になるのは、借入残高となります。残高が多ければどうしても返済期間が延びてしまうので、金利方式切り替えをして返済期間を大きく縮めても中々変化が現れない状況が考えられます。

 その時は、ボーナスなどを増額返済を考慮します。住宅ローンは金利を考慮して借りるべきであり、少しばかり数字が思わしくない住宅ローンを選択すると、少しの数字が何年後もずっと影響してくるので、金利を極限まで抑える為のプランを最初に考えておくことが大事となります。

無担保の融資で注意すべき事

 資金調達の基本は無担保融資となります。これは、担保を設定することで大きくお金を借りることが出来るのですが、基本的には住宅など大きな借入に関しては、特別な住宅ローンを選択するなど他のプランがいくつもあるのです。

 無担保にて借りる時には、利息がどうしても大きくなる事が避けられないので、用途に応じて無担保を選択するようにします。

 例えば学生向けの融資などの使い道であったり、ちょっとした事業資金に使う場合には、その条件を提示して無担保の融資ではなく、もう少し利息を下げる専用タイプで借りるべきです。

 特に銀行などにおいては、借りることができる金利が金融商品で大きく変わるため、最初に使途を聞いてから最適なタイプを選択する事が大事となるのです。

ネットで将来の返済の金額を考慮するべき

 最近はどこの銀行でもネットですぐにシミュレーションをする事が可能です。これはフリーローンであっても、住宅向けやその他の教育関連要途など、あらゆるお金を借りるプランで最初にどのような返済予定になるのか想定してから借入を依頼することが可能になるのです。

 そんな事から、ある程度の金利で銀行や労働金庫などの貸し付け条件を比較していき、そして実際にシミュレーションして確実な数字を出してからお金を借りるのです。

 このように確実に数字を出して比較することによって、極限までロスを抑えて生活を安定させることができるようになるはずです。

 特に大手のクレジット会社などは、こちらの条件をいろいろと聞いてきて最適なローププランを設定してもらえる可能性があります。そんな事から、広告で良く見る無担保ローンや、その他の借り換えなどに使えるおまとめローンなども、実際はその企業の担当者と話をしてどのような条件になるのか決めていくべきです。

 お金を借りる条件は人によって大きく変わってくる可能性があり、経済状態などによっても返済金額がかなり変わります。そんな事から、条件が良い場合は提示しているフリーローンよりもより好条件で借り入れる事が可能になるかもしれません。

 このあたりの教育向けやリフォームローンなど、使途を限定し出来るだけ多くの金額を確保する考え方と、フリーローンのような割と自由に使える借入の中で、様々な企業が提供している条件を比較してから使いやすいタイプを選択すると言う方法もあります。

 最近はカードローンを提供している銀行が増えてきており、消費者金融として多くの人に知られているブランドが銀行と提携して銀行の名前も加えて信頼度が更に高まってきています。

 多くの人が利用している銀行が提携していると言うことから、様々なクレジット関連企業から借りること利用しやすい物となっています。当然のように、提携してる銀行のATMで自由に出し入れが可能となるので、カードローンの使い勝手は非常に良いのです。

 お金を借りるためには、審査の際に年収を提示できる書類を準備する事と、運転免許証などの身分証明書を提示する事ができれば、ほとんどの場合審査に通ることができるはずです。

審査に通るために必要になる条件とは

 無職で長期的に仕事がない場合は、年収がネックとなり融資してもらえない可能性もありますが、多くの場合はアルバイトなどの一時的な仕事であったとしても収入がある人であれば、ある程度の金額の融資は可能となるはずです。

 最近では信販会社や労働金庫、その他のクレジット関連の企業との差がほとんど分からない状態になっており、その利息の金額においても横一線に並んでいるような状況です。

 特に利息が低く設定されている借入に関しては、審査が厳しくなると言われていますが、非常に少ない金利で借り入れる時だけ審査が厳しくなる傾向にあり、それ以外は使い勝手やその他のメリットとなる条件を比べて選択しても良い結果になるはずです。

 お金を借りるときには、利息の低い企業から審査してもらい、最終的に利息の差が無いような消費者金融でお金を借りるようになるはずです。この時重要になってくるのは、返済が開始される時期までに借り入れた金額を用意するようにできるかどうかです。

 返済は翌月から開始されるため、とりあえず一度目の給料日が来るので、その給与の金額のほとんどを返済に充てるようになると、早めに完済する事が可能となるはずです。

ネットでダイレクトに操作できる

 利用しやすい事が話題となってネットバンキングを利用している人が増えています。振込手数料が無料になったりと様々なサービスがつくので、とりあえずは地方銀行や都市銀行の口座を持っていたとしても、ネットバンクの口座も追加で作っていくと良い選択となるはずです。

 どこのネットバンクでも、口座維持の手数料は無料となっているはずなので、とりあえず口座を開設しておき、より大きなサービスを受けたいのであればある程度まとまった金額を常に預けておく考え方が必要です。

 特に、他社への振り込みに関しての回数制限がありますが、これがある程度の金額の預金があった場合はフリーになる可能性があります。そんな事から、いくつものネットバンクを利用するのではなく、サービス内容などを比較して最も良い銀行に絞り込む事も重要です。

一本化するように考えてみる事

 お金を借りるときには、どのような要途で借り入れるのか詳しく説明していきます。特に初めて顔を合わせる消費者金融などの担当者の場合、どのようにお金に困ってるのか相談するように心がけるのです。

 こちらの都合に合わせて融通してもらえる可能性が高いため、現状の年収の金額と将来的に想定している収入なども同時に相談しておくべきです。経済的にゆとりのある人の場合は、最初の段階でもまとまったお金を融資してもらえる可能性があります。

 お金を借りるときは、出来るだけ少ない金額で抑える努力が大事です。使うかも分からないお金を借り入れてしまうと、返済金額がどんどん増えてしまうので後でお金のやりくりが困難となってしまうのです。

キャッシングをするときに考える

 インターネットなどから自分の指定口座にお金を振り込んでもらえるサービスが非常に便利なのです。これは、カードローンの会社や消費者金融などお金を融資してもらえる企業は、迅速にお客さんにお金を振り込むことがベストなサービスとなっているので、借入が決定したらすぐに利用できるのです。

 そんな事から、キャッシングをするときに重要になってくるのはスピードです。お金がどうしても必要になってから借入の申請をし、そこから融資可能となって手元に現金が届くまでにはかなりの時間を要する可能性があります。

 その時間を短縮できれば、大きなサービス向上になるため、どのローン会社も即日融資のサービスをメインにしてサービスをしています。お金を借りたいと考えてから、電話をして担当者と相談し一時間後には振り込まれているというケースも十分にあり得るのです。

 そんな事から、キャッシングをするときにはスピーディーに対応できる企業を選択するべきであり、もし時間に余裕があるのであれば、スピード優先ではなく金利の優先順位を高めておき、そこから期日無いに借入出来るかどうかを考慮に入れていきます。

 お金を借りる時は、対象の企業の営業時間に注意するべきです。24時間利用できるATMが設置されているお店を優先して利用します。特に夜間にお金が必要になったときに困るので、よりスピーディーに借入が可能なローン会社がベストとなるはずです。

提携ATMの数を比較するように

 ここで重要になってくるのは提携ATMがどれくらいあるかです。自分の住んでいる市町村で、何カ所ATMが利用できるかの情報を比較していきます。

 車で町中を走っていると、様々なクレジット関連の会社の看板を目にするのですが、実際にお金を借りるときにそのお店に寄るかどうかがポイントとなります。つまり店舗数が多くても自分で良く足を運ぶ生活圏の中に提携ATMがどれだけあるかが重要となります。

 お金を融資してもらう場合や、返済をするときに遠出をしてATMを探すような状態というのは間違った借入となるはずです。

 ある程度の金利の消費者金融などを比較していくと、サービス内容に差は無いはずなので、後は自分の生活のスタイルの中でお金を借りる対策で出来るだけ時間を使わないようにやりくりできるかどうかです。

 つまり提携ATMの数が多ければ多いほど、自分の毎日の生活のスタイルを崩さずにお金のやりくりが可能となるはずです。

ご利用限度額を自覚するように

 カードローンの会社などからお金を借りるようになると、気になるのはどこまで借入が可能であるか調べておくことです。

 初めて利用するローン会社の場合には、最初は小さな金額をすぐに借り入れる事が可能になります。そして数ヶ月利用するようになると、担当者から電話がかかってきて現状の年収の金額を聞かれるはずです。

 これは、年収の3分の1までしか融資できないという決まりがあるため、誰でもこの制限にかかってしまうのです。これを総量規制と言っていますが、この総量規制のおかげで多くの金額を借りれずに悩み続ける人も多いのです。

 一度借入をして生活をするようになると、翌月以降は返済の金額を確保していかなければいけないのですが、すぐに毎月の収入をアップさせることは困難なので、結局は翌月以降はずっと借入の金額が増えていくような状況が考えられます。

 そして、ずっと借り続けているところで総量規制の上限の金額まで到達してしまうと、今度はお金を借りる宛てがなくなります。これは、お金を貸してくれる企業のほとんどは総量規制を守る必要があるので、他の金融関連の会社から借入をしている人の場合は、別のローン会社も融資が出来ないのです。

 そんな事から、利用限度額を守る事は最低限必要なことなので、後どれくらいで限度額に到達するのか自分で想定しながら生活する事が大事になります。

銀行では更に多く借りることができる

 先に説明した総量規制ですが、銀行はこの制限を守る必要が無いため別の基準で貸し付けの上限額を設定しています。そんな事から、他のローン会社から限度額まで借り入れている場合には、銀行などの金融関連の企業からお金を借りる事ができるかもしれないのです。

 その審査基準は銀行によって変わってくるので、一律でどの条件を守るべきなのか線を引くことは難しいのです。そんな事から、他の会社から融資が困難な場合には、あえて審査が厳しいと結われている銀行に行って現在の状況を相談してみるのも良い選択となるはずです。

 もしかしたら、他社から借入をしている現状であったとしても銀行の査定では融資してもらえる可能性があります。このあたりの情報はネットのお金を借りる人達の情報ページをチェックしていけば、思いがけないような情報も確認することが出来るはずです。

自動車ローンを想定しているとき

 良く勘違いされるのが自動車ローンなどは、お金の借り入れとは関係ないという考え方です。しかしローンを提供している会社などから見るとお金を借りて商品を分割払いしているような状況なので、フリーローンなどでお金を借り入れたときと条件的にはあまり変わらないのです。

 そんな事から、フリーローンよりも自動車ローンは金利が大きく下がる可能性があるので、使途が明確に分かっているときにはフリーローンを使わずに、購入予定の自動車の内容を離しながら自動車ローンで申請することが大事になるのです。

 この時、お金を借りる前提で大きく貯金をしておく必要があります。最近は頭金が少なくても収入などの条件が揃っていれば、簡単に自動車ローンのサービスを受けることが可能となるはずなので、収入とローンの返済のバランスを考えながら相談してみることです。

 借入れを依頼する事はそれほど難しくもないのですが、問題は返済の期間が長くなるとその間で、返済しているお金が尽きてしまう可能性がある事です。安定した生活を続けながらお金を借りるのは中々難しい条件をクリアしていく必要があるのです。

Posted by mon